掃除

ダルトンで買えるこのギア……「コレな〜んだ?」

記事中画像撮影:筆者

キャンプで使えるギアを「ダルトン」で発見!



家具や雑貨をそろえる人気ブランド「ダルトン」。「便利ではないかもしれないが心に豊かさを感じさせる物を創っていこう」をモットーに、オシャレなこだわりアイテムを展開しています。

アウトドアギアの取り扱いも豊富なので、ご用達の方も多いのでは?



そんなダルトンで、キャンプでも活躍するアイテムを発見しました!

突然ですが、問題です。持ち手が2つ付いているようにも見えますが、一体コレ、何だかわかりますか?

正体は……



答えは、ホウキとチリトリが一体になったクリーニングギアです! その名も「ハンディ ダストパン ブラシ」。

このブラシ、オシャレなだけでなく素晴らしい実力も兼ね備えています。実際に使って確かめてみたので、ご覧ください。

ハンディからロングまで4つの長さに変形

最大の特徴は、自在に長さを変えられるギミック。シーンに合わせ、4パターンのサイズ変更ができます。

①ハンディサイズ



取手を収納したまま、ハンディサイズのホウキとチリトリとして使用できます。テントやマットに付いた土や汚れをサクサク落とせました。

ホウキの重量はたったの420gほどなので、腕への負荷もそこまでありません。

②ミドルサイズ



取手を一段階伸ばしたミドルサイズ。このサイズにすると、中腰で(もしくは立膝を突いて)扱う体勢に。体勢的にはソロやカップル向きなど、天井が低めのテント内の掃除に向いていますね。

③セミロングサイズ



ミドルサイズより一節分取手が長い、セミロングサイズ。筆者の場合、背が低めのギアの掃除向きと感じました。例えば、ロータイプのファニチャーなどを掃くには体勢が楽でちょうど良かったです。

④ロングサイズ



コチラが一番リーチが長いロングサイズ。約830㎜まで取手が伸びるので、立った状態で地面の掃き掃除をする際のホウキとして機能します。チリトリもこの高さまで取手が伸びるから、しゃがんでチリトリを使う必要はありません。

天井が高いワンポールテントなど、立ち上がったままで掃除ができる空間での掃除におすすめですね。

スタイリッシュな収納スタイル



収納時はホウキやチリトリに見えないほどスタイリッシュ。フックを通す穴が付いているので、壁掛けなど保管場所の選択肢も幅広く便利です。

出典:楽天

クリーニングギアでビジュアルにこだわっているものって少ないので、見つけたときはテンションが上がりました!

カラバリは4種

出典:楽天

出典:楽天

出典:楽天

カラーはオリーブの他に、インクブルー、スレート、クリームイエローの計4種。どの色も工業系のコンテナなどに使われるカラーで、無骨なイメージが漂います。

ITEM



ダルトン ハンディー ダストパン ブラシ
●カラー: オリーブ/インクブルー/スレート/クリームイエロー
●サイズ /収納時:165×368×43mm/ブラシ最長:830mm/チリトリ最長:760mm
●材質 /本体:PP/ポール:アルミニウム

<!–

–>

最後に、ブラシの素材についてメリット&デメリットをご紹介します。

PP素材のブラシは、濡れたアイテムの掃除もOK!



ブラシの素材はPP(ポリプロピレン)で吸水性がないため、濡れた場所の掃除に向いている素材です。なので、雨などで濡れることがあるキャンプ道具の掃除にも最適!

弱点は、ブラシに跡がつきやすいこと。保管時は毛並みを整えておくのが長く使うためのポイントです。

定番ギアのひとつに



「ハンディ ダストパン ブラシ」、シーンに応じて簡単に長さを変えられる、とっても実用的で使いやすいアイテムでした! 見た目にもこだわりたい筆者にとって、一見ホウキとは思えないスタイリッシュさも好印象。

ぜひ皆様も、こんなオシャレなクリーニングギアをキャンプライフに取り入れてみてはいかがでしょうか。

キャプテンスタッグの△ブラシならBBQ後のめんどい鉄板、網そうじがラックラク!

アイキャッチ画像撮影:筆者

楽しかったBBQ!でもそのあとの片付けが面倒……

撮影:筆者

夏はもうすぐそこ、いよいよ本格アウトドアシーズンの到来です! 家族や友人とBBQの予定を立てている方も多いのでは!?

みんなでワイワイ過ごすBBQはアウトドアの醍醐味。外で食べるアウトドア飯ってなんであんなに美味しいのでしょうか。筆者もさっそくBBQへ行ってきましたよ!

でも、面倒なあの作業が待っている

撮影:筆者

一方で、BBQのにつきものなのは後片付け。思いきり楽しんだ分だけ、鉄板、網は油や焦げでギトギト、カピカピになってしまいますよね……。

今回も〆の焼きそばを食べ終わった頃には鉄板はご覧のとおりのありさまに。

BBQではあるあるのこの汚れ。筆者はいつもため息交じりにたわしでごしごし洗っていました。しかし、今回は一味違う秘密兵器を用意したんです!

救世主の3WAYブラシ発見!

撮影:筆者

ジャジャーン! どうにか掃除の手間を楽にできないかとBBQ前にアイテムを物色していたら、気になるものを発見したんです!

それがこのキャプテンスタッグからでている『レスト鉄板焼器・アミ用ブラシ トライアングル』です!

スポンジとブラシ、ヘラの3つがひとつになった万能ギア。今回はコレを試してみます! まずはこちらのスペックを紹介しますね。

汚れに負けないポリエステルスポンジ

撮影:筆者

黒いスポンジ部分はポリエステルでできています。触った感じは金たわしかと思うくらい硬め。ギュッと密度が高い印象です。これは汚れが落ちそう!

丈夫な真鍮製ブラシ

撮影:筆者

ブラシは真鍮(しんちゅう)製。銅と亜鉛の合金をブラシ状にしているのでとても丈夫です。ブラシの毛というより、細い針金が束になって並んでいるとイメージしてもらった方が近いと思います。

錆びずらいステンレス鋼のヘラ

撮影:筆者

ヘラはステンレス鋼でできていて、固く錆びづらいのが特徴。鉄板や網のしつこい汚れにはある程度の耐久性は必須です。水場で使うので錆びにくいのもポイント高いですね。

実際に使ってみた!

撮影:筆者

今回のBBQで使ったのは網と鉄板です。網の汚れはそこまでひどくはありませんが、ところどころ油が焦げて固まっています。まずこちらからキレイにしちゃいましょう!

網はブラシ部分で一掃!

撮影:筆者

網用のブラシで軽くこすってみると……。洗剤をつけていないのに、すぐに元の銀色が顔をだしました。恐るべし真鍮製ブラシの威力! 独特のトライアングル形状も持ちやすく、動かしやすいです。

撮影:筆者

網にへばりついた汚れを固いブラシがガシガシと落としてくれます! 一本一本の毛は細いので、隙間にもしっかり届いてくれる!

撮影:筆者
全体をブラッシングして、最後に洗剤をつけたスポンジで軽く洗えば終了です。文句なしの仕上がりに大満足。

頑固な汚れはヘラが活躍!

撮影:筆者

お次は鉄板です。鉄板は冒頭でもご覧いただいたとおりギトギト、カピカピ状態……。

まさにキャプテンスタッグのブラシの威力を試すにはもってこいの状況です! これは腕の見せどころ。

撮影:筆者

頑固な焦げはまずはヘラをつかって落としていきます。「え!? こんなに簡単に落ちるの!?」

撮影:筆者

そこまで力を入れなくてもサクサクと焦げが剥がれていきます。これは期待してた以上のスムーズぶり。

全面の焦げを落とすのに1分もかからず、あっという間です。あまりに気持ちよく剥がれてくれるので、もはや楽しい!

角の汚れもヘラが役立つ!

撮影:筆者

角の汚れが気になったのですが、ヘラを使えば簡単に削れました。痒いところにちゃんと手が届きます!

鉄板の油汚れにはスポンジが効く!

撮影:筆者

あとは洗剤をつけてスポンジ面で全体を磨いていきます。普通のスポンジより硬いので、ヘラで取り残した汚れがみるみる落ちていきました。

撮影:筆者

瞬く間に汚れを一掃! こんな感じで油のギトギトも一緒にスッキリです。

網と鉄板が使用前とほとんど同じ状態に!

撮影:筆者

網と鉄板を洗うのに、なんと合計でたった10分程度。効率よく汚れを落とせるので、すぐに終わっちゃいました!

ちなみに、上の写真がBBQ前に撮影した写真で、下の写真が汚れを落とした後の写真です。

撮影:筆者

ほとんど使用前と同じ状態に戻りました。鉄板なんてむしろ使用前よりキレイになったようにも見えます。

鉄串の汚れを落とすことも可能

撮影:筆者

ヘラの先にあいている穴は鉄串用です。串を穴に通して焦げついた汚れを落とすのに使います。今回は鉄串は汚れていなかったのですが、こういう使い方もできるのは嬉しいですね。

一体このブラシ、何役までこなしてくれるの!? 効率的すぎる、めちゃくちゃ頼もしいアイテムです。

ITEM



キャプテンスタッグ レスト 鉄板焼器・アミ用ブラシ トライアングル
■ 製品サイズ:(約)幅73×105×120mm
■ハンドル材質:ポリプロピレン
■金具材質:ステンレス鋼
■ブラシ材質:真鍮
■スポンジ部材質:へちま

<!–

–>

気になる点は……

撮影:筆者

使って気になった点は、網を洗うのにスポンジ面も使ってみたところ、写真のように毛羽立ってしまいました。消耗が早くなるのでオススメしません。

あくまでスポンジ面は鉄板など平らなものに使用した方がよさそう。ブラシ部分で網の汚れは十分落ちると今回は感じました。ただもっとしつこい汚れだとどうなったかは未知数です。

後片付けが楽しくなるなんて!

撮影:筆者

いかがでしたか。面倒なBBQの後片付けですが、キャプテンスタッグの三角ブラシがあればそれこそあっという間です。

キャンプ場で働いていたことのある友人も現場にいたのですが「当時これがあれば楽だったのに」と絶賛! 筆者は今シーズンはこのブラシを常備することに決めました。みなさんもぜひ試してみてくださいね。

真っ黒クッカー、磨いてみたら……

どれほどキレイになるか、挑戦してみました!

Cleaning is also fun with this brush!

このブラシで掃除も楽しく!

Source: CAMP HACK