新作

【ogawa2021年新作まとめ】見逃し厳禁なNEWテント・タープ全7型を一挙見!

ヒット候補の新作続々!2021年春頃発売予定のNEWモデル



日本発の老舗アウトドアブランド『ogawa』より、2021年春頃発売予定の新作テント・タープのラインナップがお披露目されました。

ユーザーからの声に応え、既存人気モデルのT/C版を拡充。さらに伝統の「オーナーロッジ」シリーズには、話題になること必至、フォルムの美しさが際立つ新作も発売を控えています。



また広がる車中泊需要に向けたカーサイドタープも豊作。より使いやすく、充実のサイズ展開で幅広いスタイルをカバーしてくれそうです。それでは気になる新作全7型を見ていきましょう。

【T/Cバージョンが仲間入り】人気の3モデルが、選べる素材展開になった!

続々とヒット作を飛ばすogawa。そんな中ユーザーからの要望も多かった「オーナーロッジ タイプ52R」「タッソ」「アポロン」の既存モデルに、T/Cモデルが追加されました。



T/C(ポリエステルとコットンの混紡繊維)は、通気性・吸湿性に優れたコットンと、強度と耐水性を備えるポリエステルの特徴を兼ね備えたハイブリッド素材。

2021年は、既存のポリエステルモデルと選べる素材展開となっています。

オフホワイトカラーが映える「オーナーロッジ タイプ52R T/C」



格子状の窓枠が印象的な「オーナーロッジ タイプ52R」。ogawaの歴史ある「オーナーロッジ」シリーズの復刻版として、「タイプ52R」が2020年に発売されましたが、早くもT/Cバージョンが仲間入りしました。

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}

既存モデルはインナーテントにのみT/Cを採用していましたが、新作「オーナーロッジ タイプ52R T/C」では、フライシートもT/Cに変更。

通気性・保温性が向上しただけでなく、T/Cならではのオフホワイトカラーが美しく、ナチュラルな見た目の可愛らしさもパワーアップしました。



またフライシートの屋根部分のみ、あえてT/C素材ではなくポリエステル素材(耐水圧1,800mm)にすることで、耐水性にも配慮されています。

「オーナーロッジ タイプ52R T/C」の詳細はこちら

さらに使い方が拡張された「タッソ T/C」

slider image

slider image

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


ポールの高さを調整することで6角形、7角形、8角形とフォルムを変化させることができるバリエーション多彩なモノポールシェルター「タッソ」にも、T/Cモデルが追加。

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


ファスナーの開閉により本体を展開していく機能はそのままに、T/Cを採用したことで室内の快適さがアップ。天井部のベンチレーションや巻き上げ可能なスカートを完備しているので、幕内の温度調節も容易です。

「タッソ T/C」の詳細はこちら

大人気トンネル型2ルームテント「アポロン T/C」



すでに先行発売が始まっている「アポロンT/C」は、素材がT/Cに変更になった以外にも変更点が! 下記記事では、企画・広報の大木さんに話を伺いながら、既存モデルとの違いを詳しくご紹介しています。購入を検討している方は、ご参考にどうぞ。

伝統シリーズの新星「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」がデビュー!



次は、2021年の注目作! 完全新型として登場する「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」を見ていきましょう。ユニークな中抜け構造になっており、そのスタイリッシュなフォルムに目を引かれますね。

テント中央の玄関口から入ると両サイドに居住スペースが広がる、全長520cm×225cmフロアレスシェルター です。

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


使用スタイルの幅もアレンジが効き、左右それぞれのスペースに別売りの専用T/Cインナー(2人用)を吊り下げ可能。



1つ付ければデュオキャンプに丁度いい2ルームテントに。両サイドに付ければ、家族4人で使用できる大型テントとしても機能してくれます。

テント入り口の中央部分の天井高は、最大205cm。メインの動線となる中央の高さがしっかり確保されている上、四隅にサブポールを設置することで圧迫感のない居住空間が広がります。

「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」の後部

さらに「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」には、ユニークな点が。それは、本体後部に張り出し可能なキャノピーが備わっているということ。

通常キャノピーと言えば、テントの入り口に設定されているのが定説。しかし本モデルは、玄関から入り、後部の張り出し部分を自宅の中庭のような感覚で使って欲しいという思いの元デザインされているのだそう。



ロッジ型ながらも個性的な雰囲気漂う「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」。幕体側面はT/Cを使用し、屋根部分にはポリエステルを採用。適材適所な生地の使い分けにより、快適さと安心感を両立させた新生テントです。

「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」の詳細はこちら

タープは3モデル追加!カーサイドタープが充実

しっかりと影を落とす「システムタープ ヘキサDX」



美しい曲線を描くogawaのヘキサタープの真髄が、新色サンドベージュカラーで登場。明るい色味ながら、遮光コーティング加工を施した210dポリエステルの生地で日差しをしっかりカットしてくれます。



もちろんogawaの代名詞である機能も健在! テントとタープをスムーズに連結するための「セッティングテープ」が付属しています。いわゆる“小川張り”と呼ばれる設営スタイルが楽しめるというわけです。



セッティングテープは4mもの長さがあるので、大小問わず幅広いテントと連結できますよ。

「システムタープ ヘキサDX」の詳細はこちら

連結・単体使用もできる「カーサイドリビングDX-Ⅱ」



誕生から18年を数え、ロングセラーアイテムとして愛され続けている「カーサイドリビング」が新色のサンドベージュカラーでリニューアル。

どんな車にも合わせやすいナチュラルなカラーとブラックのフレームで、シックなキャンプサイトを演出できます。

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


チェアやテーブル、コットを置いてもまだまだ余裕のある大空間。フラップで開閉可能な大きなメッシュ窓やランタン吊り下げ用のリングなど、キャンパーにとって嬉しい細かい気配りも行き届いています。



別途ポールを2本準備すれば、タープ単体として使用することもできるというギミックも。

ちなみに車とジョイントさせる場合の対応車輌は、車高が170〜200cm程度を推奨。この他詳しい設置内容については、下記詳細ページよりご確認を!

「カーサイドリビングDX-Ⅱ」の詳細はこちら

常に車に忍ばせておきたい!コンパクトサイズの「カーサイドタープAL-Ⅱ」

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


最後にご紹介するのは、よりコンパクトなサイズ感の「カーサイドタープAL-Ⅱ」。落ち着いた印象のダークブラウンカラーの本体に、要望の多かったメッシュ窓を追加し、新たにラインナップされました。



なおこちらのタープはカーサイドだけでなく、車のリアゲートにも装着が可能。荷台から下ろしたアイテムをその場に広げれば、車内と繋がった快適空間を作ることができますよ。

「カーサイドタープAL-Ⅱ」の詳細はこちら

ogawaの新作テント・タープで快適なキャンプを!



2021年ogawaの新作、いかがでしたか? T/C素材のアイテムが追加され、さらに選択の幅が広がりましたね。

もちろんogawaでは、T/C素材ではない従来のテントも引き続き販売する予定。カラーリングの好み、素材感、使用する人数に合わせて、お気に入りのアイテムを探してみてください!

The post 【ogawa2021年新作まとめ】見逃し厳禁なNEWテント・タープ全7型を一挙見! first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

【スノーピーク2021年新作速報】2way仕様の「卓上バーナー」が登場!?厳選11アイテムをレポ

※掲載製品は、仕様変更や発売延期、中止になる場合があります。予めご了承ください。また記事内の価格は、全て税抜表示です。

ヒット候補が続々!発売が待ち遠しい期待のNEWモデルたち



待望の2021年発売予定のスノーピーク新製品がお披露目! 今年はシェルター 、焚き火台、バーナー、ランタン……と多岐に渡るカテゴリーで真新しい機能を備えたギアが揃う豊作っぷり。

 



さらにスノーピークの代表作である「焚火台」にも何やら動きが……! またインドア・アウトドアの垣根を超えて活躍するギアを展開する「HOME & CAMP」シリーズにも新作が追加。どれも早く実物を手に取りたいと感じさせるギミックが満載です。

20を越えるNEWモデルが発売を控えている中から、選りすぐりの11アイテムを詳しくご紹介します。

圧倒的な広さ!ロッジ型2ルームシェルター「グランベルク M / L」

上記写真はLサイズ

スノーピーク史上最大クラスの広さを誇る「グランベルク」は、他に類を見ない個性的なフォルムのインナーテント付きロッジ型シェルター。

全長最大約680×440cmのMサイズ(3〜5人用)、約860×520cmのLサイズ(5〜7人用)の2サイズで展開されます。

上記写真はMサイズ

生地には、コットンと見間違えるほどナチュラルな風合いのポリエステルを採用。初心者でも扱いやすく、耐水圧も2,000mmと雨の日も問題ありません。

大きく取られた出入り口の張り出し部分を巻き上げると、グランピングのような贅沢空間がお目見え。サイドウォールは、フルクローズ・メッシュ・フルオープンもでき、天候に合わせたサイトデザインも楽しめるのも嬉しいポイントです。

上記写真はLサイズ

また大きさ故に、気になるのが設営方法。ロッジ型で一見複雑そうですが、実はタープを張る要領と似ていて簡単!

ガイロープでテンションをかけ中央の3本のメインポールを立ち上げ、さらに6本のサブポールをプラスし圧迫感のない居住スペースを確保。この構造により大型ながら耐風性にも優れているというメリットも。

これまでにないクラシカルな見た目も合間って、一目置かれるキャンプサイトが演出できそうなNEWモデルです。

【グランベルク M】
●価格:¥188,000
●セット内容:本 体 、インナールーム、グランドシート、メインポール(×3)、サブポール(×6)、ジュラルミンペグ(21cm×10)、自在付ロープ(二又用10m×2、2.5m×6)、ループベルト、キャリーバッグ、インナールームケース、フレームケース、ペグケース
●材質:ルーフ・サイドウォール /300Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧2,000mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、インナーウォール/75Dポリエステルオックス・テフロン撥水加工、ボトム・グランドシ ート /210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、メインポール/A6061(Φ30mm)、サブポール/A6061(Φ17.5mm)
●対応人数:3~5名
※基本的な設営には打ち込み長さ25cm以上のペグ×10本が別途必要です。

【グランベルク L】
●価格:¥238,000
●セット内 容:本 体 、インナールーム、グランドシート、メインポール(×3)、サブポール(×6)、ジュラルミンペグ(21cm×10)、自在付ロープ(二又用10m×2、2.5m×6)、ループベルト、キャリーバッグ、インナールームケース、フレームケース、ペグケース
●材質:ル ー フ・サ イド ウ ォ ー ル /300Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧2,000mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、インナーウォール/75Dポリエステルオックス・テフロン撥水加工、ボトム・グランドシ ート /210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、メインポール/A6061(Φ30mm)、サブポール/A6061(Φ17.5mm)
●対応人数:5~7名
※基本的な設営には打ち込み長さ25cm以上のペグ×10本が別途必要です。

レクタとヘキサの良いとこ取り!「HDタープ“シールド”メーヴェL」



一般的なタープと言えば、テーブルを置くリビングの中央部分が最も高くなるようデザインされています。その引き換えに出入りに使う動線部分は、必然的に低くなりがち。これって実は非効率的とも取れますよね?

そこに着眼しデメリットとも取れる空間デザインを逆転させ、動線上の天井を高く確保したのが「HDタープ“シールド”メーヴェL」。



展開図を見てみると、レクタ型でもヘキサ型でもない不思議な構造をしています。この独自構造は、頂点の3か所をしっかり下げて設営するため日差しを遮り、居住スペースに雨が吹き込みにくいという利点も叶えてくれます。

【HDタープ“シールド”メーヴェL】
●価格:¥42,800
●セット内容:本体、自在付ロープ(二又用10m×3、二又用7m×1、3m×2)、キャリーバッグ、ポールケース 、ペグ ケ ー ス
●材質:本体/210Dポリエステルオックス・遮光ピグメントPUコーティング耐水圧3,000mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工
●キャリーバッグサイズ:78×18×21(h)cm
●重量:4.4kg
●対応人数:6名

2wayで使える「HOME & CAMP ランタン」



人気の「HOME & CAMP」シリーズには、吊り下げ・置き型設置の2way仕様で使えるランタンが仲間入り! 最大300ルーメンの明るさで、連続点灯は4時間と一晩活躍してくれるスペックです。

底部の円形プレートが充電台になっており、充電中もインテリアとして美しい佇まいになるようコダワリが詰まっています。



気の利いたギミックにも注目! 吊り下げ・置き型への切り替えは、傘から下の本体を上下逆転させるだけと簡単。ランタン形状にすることで、家でも必要に応じて灯を持ち運んで欲しいという思いが込められています。

吊り下げ型にすることで足元も明るく照らすことができるので、キャンプでも性能を発揮してくれますよ。

【HOME & CAMP ランタン】
●カラー展開:ブラック / アイボリー / カーキ
●価格:¥13,980
● セット内容:本体、充電台
● 材質:ABS樹脂、PC樹脂、ステンレス、シリコーン樹脂
●サイズ:Φ124×245mm(本体のみ )、Φ130×260mm(充電台込み)
● 重量:本体/500g、充電台/250g
● 使用電源:リチウムイオンポリマー電池
●連続点灯時間:4h(最大光量使用時)23h(100lm使用時)
●最大照度:300lm程度
● 防滴仕様:IPX4以上

ベランダや屋内でも使える!新発想の「火焔ストーブ サカン」



焚き火の揺らめく炎を眺める時間は、至極のひと時。そんな体験をより身近に、家のベランダや屋内でも楽しめるよう開発されたのが「火焔ストーブ サカン」です。

屋内で火を扱うとなると心配なのが、安全面。燃料には、一酸化炭素が発生しづらく環境に優しいバイオエタノールを使用します。また本体には高さのあるスタンドが付いているため、テーブルの上で使用しても輻射熱の心配はありません。

 



美しい炎を満喫できるだけに留まらず、調理もできる面白いポイントも! ガラスグローブを覆うように付属の五徳をセットすれば、鍋料理や焼き鳥のような炙り料理にまで対応できます。



もちろん全て分解できるので、調理で汚れてしまった場合水洗いも可能です。

写真のようにコンパクトにまとめて付属の収納ケースに入れれば、直径220×110mmサイズで持ち運びもでき好都合。火を楽しむ道具の新たな選択肢となるのではないでしょうか。

【火焔ストーブ サカン】
●価格:¥19,800
●セット内容:本体、収納ケース
●材 質:ステンレス鋼、アルミニウム、耐熱ガラス 収納ケース/ポリエステル
●サイズ:本体/φ200×140(h)mm、収納ケース/φ220×210(h)mm
●収納サイズ:φ220×110(h)mm

まるっと収納可能!「火焔(カエン)ストーブ コーエン クッカーセット」

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


さらに2021年には、火力調整蓋付きのアルコールストーブもラインナップ! 本体は完全密閉できる仕様になっており、燃料を入れたまま携行できる手のかからなさも魅力です。

最大のメリットは、優れた収納性! クッカーセットの中に、五徳とストーブが全て収まるので、バックパックでの携行でもバラつく心配がありません。

【火焔ストーブ コーエン クッカーセット】
●価格:¥14,000
●セット内容:アルコールストーブ、五徳、クッカ ー 、収納 ケ ー ス
●材質:ステンレス鋼、アルミニウム
●サイズ:ストーブ/φ75×50(h)mm、五徳/130×125×90(h)mm、ポット/φ105×115(h)mm、カップ/Φ110×60(h)mm
●収納サイズ:Φ110×130(h)mm

クッカーが不要な方には「火焔ストーブ コーエン」

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


またストーブと五徳のセット販売もあるので、手持ちのギアと相談して選んでくださいね。

【火焔ストーブ コーエン】
●価格:¥6,980
●セット内容:アルコールストーブ、五徳、収納ケース
●材質:ステンレス鋼、アルミニウム
●サイズ:スト ー ブ/φ75×50(h)mm、五徳/130×125×90(h)mm
●収納サイズ:ストーブ/φ75×50(h)mm、五徳/140×90×10mm

話題沸騰の予感「鉄板焼 エンバーナー」



自宅で使用するホットプレートのような見た目の「鉄板焼 エンバーナー」。特筆すべきポイントは、鋳鉄製の極厚鉄板をセットしていながら、スリムに設計された本体です。

使用時の本体高は、約9cm程度。卓上にバーナーを置いた状態でも、家族みんなが箸を伸ばしやすい低めの高さに設定されているので、団欒時間を遮りません。



おまけに鉄板は取り外しでき、卓上バーナーとしても使える万能仕様! OD缶を燃料に、火力2500kcal/hと申し分ありません。

輻射熱にも配慮されており、本体をダブルウォールマグのような二重構造にすることで熱の影響を大幅に軽減しています。そのため10インチのダッチオーブンを載せて、大胆なキャンプ料理を楽しむこともできるわけです。

無駄のないスタイリッシュなビジュアルながら、抜群の使い勝手を発揮してくれそうな「鉄板焼 エンバーナー」は、早く手に取りたい逸品です。

【鉄板焼 エンバーナー】
●価格:¥25,800
●セット内容:バーナー本体、グリドル、収納ケース
●材 質:ステンレス、鋳鉄(シリコン耐熱塗装)ブラス、アルミ、亜鉛ダイキャスト、樹脂
●本体サイズ:360×330×90(h)mm(ホース、器具栓を除く)
●出力:2500kcal/h

天板がスライドできるテーブル「エクステンションIGT」

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


デュオキャンパーにとってテーブル選びの最適解となりそうな新作も見逃せません。「できるだけ道具を減らしてキャンプに行きたい」そんな要望を叶えるべく誕生したテーブルは、汎用性の高さがピカイチ。

2面に分かれている天板をスライドさせれば、レールが出現。スノーピークの定番IGTシリーズのアイテムを使って機能を拡張させることが可能に! 例えば「フラットバーナー」を設置すれば、メインダイニング兼調理台をコレ1台で賄える効率の良さを発揮してくれます。

【エクステンションIGT】
●価格:¥38,800
●セット内容:本体、収納ケース
●材質:竹集成材、スチール(カチオン電着塗装)、アルミニウム合金
●サイズ:840×498×400(h)mm
●収納サイズ:840×498×70(h)mm
●重量:10.4kg(収納ケースを含まない)

デ、デカイ!名品焚火台に新サイズ登場「焚火台 LL」



スノーピークの代表ギアの一つである「焚火台」には、「焚火台 L」の容積の2倍ほどのビッグサイズ「焚火台 LL」が加わりました。

使用サイズ633×633×440(h)mm、重量11kgというスペックから、そのダイナミックさが伝わってきますね! 一般的に販売されている30〜40cm程度の薪であれば易々と入り、流木などワイルドな燃料も放り込めますよ。

【焚火台 LL】
●価格:¥29,800
●セット内 容:本 体
●材 質:ステンレス 鋼
●サイズ:633×633×440(h)mm
●収納サイズ:882×810×42mm
●重量:11.0Kg
※TAKIBIタープオクタの下では使用しないでください 。
※ジカロテーブルには対応していません。

二次燃焼を「焚火台」でも楽しめる!「フローガ L」

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


焚き火とともに服にまとわり付く匂いは、できれば避けたいもの。なんと「焚火台 L」専用で“二次燃焼”を促すオプションパーツが発売予定です。この二次燃焼とは、焚き火の煙や匂いの原因となる燃えている薪から発生する可燃性ガスを再燃焼することを指します。

つまりこの「フローガL」を装着するだけで燃焼効率が上がり、これまで当たり前だった煙や匂いを激減させることができるんです。匂いが不得意なお子さんにも優しい焚き火ができそうですね。

【フローガ L】
●価格:¥15,600
●材質:本体/ステンレス、収納ケース/ポリエステル
●サイズ:475×475×90(h)mm
●収 納ケースサイズ:195×395×180(h)mm
●重量:4.8kg
※TAKIBIタープオクタの下では使用しないでください 。

「フローガ L」専用収納ケースも!



「フローガL」と併せて手に入れたい収納ケースも発売予定です。

【フローガ L 収納ケース】
●価格:¥5,800
●材質:綿帆布(6号・パラフィン加工)、アクリルテープ(中芯:PP)
●サイズ:220×400×190(h)mm
●重量:390g

複数買い必至!あなたはどっち派?「サーモタンブラー470」「サーモジョッキ700」

ビールを嗜む大人には是非とも両方手に入れてもらいたい! ビールを楽しむために開発された、真空二重構造の保温保冷機能付きタンブラーとジョッキが誕生しました。

香りを楽しむエールにおすすめ「サーモタンブラー470」



ビールにはエールとラガーの2種類があり、それぞれの特徴を活かすべく開発されているこのアイテム。「サーモタンブラー470」は、温度変化による香りを楽しむエールタイプ向けに開口部を広くとり、少しずつ味わえるようワイングラスのように飲み口が薄くデザインされています。

スタッキング収納もできるため、ビールのみならずマイタンブラーとして家族分揃えるのもいいですね!

【サーモタンブラー470(ブラック / オリーブグリーン / サンド)】
●価格:¥3,980
●材質:本体(内側)/ステンレス(外側ポ リ エ ス テ ル 塗 装 )、ボト ム カ バ ー / シ リコンゴム
●本体サイズ:φ84×150mm
●重量:215g
●容量:470ml

【サーモタンブラー470(シルバー)】
●価格:¥3,980
●材質:本体/ステンレス、ボトムカバー/シリコンゴム
●本体サイズ:φ84×150mm
●重量:215g
●容量:470ml

【サーモタンブラー470 4色セット】
●価格:¥13,800
●材質:本体(内側)/ステンレス(外側ポリエステル塗装)、ボトムカバー/シリコンゴム
●本体サイズ:φ84×150mm
●重量:860g
●容量:470mメッシュケ ース 付き

喉越しを楽しむラガーにおすすめ「サーモジョッキ700」



一方ラガータイプは、ゴクゴクと喉越しで味わうのが乙。「サーモジョッキ700」は、中ジョッキのような5mmの肉厚ボディで豪快に一杯を楽しめるのが特徴。飲み口は、底面より狭めることで冷たさのキープにも一役買っているそうです。

【サーモジョッキ700】
●価格:¥4,980
●材質:本体/ステンレス、ボトムカバー/シリコンゴム
●本体サイズ:φ100×170mm
●重 量:415g
●容 量:700ml

発売が待ち遠しい!ユーザー視点の活きた新製品たち

写真左より、缶クーラー 350(¥3,480) 缶クーラー500(¥4,480)

野遊び好きの開発者たちが、ユーザー視点で「欲しい」と思うものを試行錯誤し作っているというだけあって、キャンプ特有の悩みを解決してくれる機能性ギアばかり。

こう言ったアイテムが誕生する背景には、自社のキャンプイベント「Snow Peak Way」で、製品を手にとったユーザーから直接フィードバックをもらうことで新たな製品作りへと活かしているそう。

2021年も幅広いラインナップでキャンプシーンを盛り上げてくれるスノーピーク。詳しい発売開始時期は、随時公式サイトにアップされるとのこと。気になる製品に目星をつけておいてくださいね!

スノーピーク公式サイトはこちら

 

The post 【スノーピーク2021年新作速報】2way仕様の「卓上バーナー」が登場!?厳選11アイテムをレポ first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

パタゴニアの新作5選!この中から1着あるとかなり便利そう!

アイキャッチ画像出典:パタゴニア

アウトドアブランドの雄「パタゴニア」

「故郷である地球を救うためのビジネス」と社訓にあるように、パタゴニアは環境保全やリサイクル生地の開発に全力で取り組んでいます。

自然を相手にビジネスをする以上、環境のことは真剣に考えるというブランド側の意思が素敵ですよね!

最高の製品を作る姿勢

パタゴニアの製品は機能性、修理可能、耐久性を備えたものが多いんです。

過酷な環境下でのアクティビティーに対応出来る丈夫なウェアはとても長く使えるので、結果環境にもお財布にも優しい一石二鳥なアイテム揃い!

それではキャンプや普段使いにもってこいの5選を見ていきましょう

これは買い!パタゴニアの新作5選

①あの名作を春夏も!「フーディニスナップT プルオーバー」

フリースの名作スナップTがリサイクルナイロン素材で登場です! かなり薄手のリップストップナイロンなのでTシャツよりも軽く感じます。

キャンプ中にちょっと冷えるなという時に、これくらい薄手のアウターがあると便利ですよね。

コンパクトに収納できるので、カバンに常に忍ばせておいてカッパ代わりに使うのもいいですね。何より配色がいい!

6色展開とカラバリも豊富なので、好みのカラーを選んでくださいね。

詳細はこちら

②今年の新色も見逃せない「メンズ・バギーズ・ショーツ」

フェスやキャンプだけでなく、街でもファッションアイテムとして定番化しているバギーズショーツ。

毎年買っているという人も多いのではないでしょうか? 今年はペールトーンの優しいカラーが新色にラインナップ

撥水性と速乾性があるので水陸両用。筆者の夏ボトムスはもっぱらバギーズショーツです。リラックスウェアとしても優秀なので汎用性が高いですよ。

少し短めの丈感がかわいいウィメンズやキッズもあるので、家族で色違いで集めてみるのもいいかもしれませんね!

詳細はこちら

③着心地サラサラ「ライトウェイト・オールウェア・ヘンプ・コーチズ・ジャケット」

コットンヘンプ素材を使用しているので、暑い日でも快適に過ごせるアウターです。

キャンプ場や強いエアコン下など、まだアウターが手放せない環境にはもってこい。

胸ポケットが付いているのでアウターではなくシャツとしても使用可能。3シーズン長く使えるので、1着は持っておくといいアイテムですよ。

3色展開でいずれも落ち着いた色味なので、着る人を選ばないところもGOOD!

詳細はこちら

④急な天候の変化に対応「テズロン・ジャケット」

山岳地帯ならまだしも、街でもゲリラ豪雨やヒョウなど突然天気が崩れることが多くなってきましたよね。そんな時の強い味方です。

アゴまでカバーできるフロントジップとフードが雨風から守ってくれます。生地も薄手で紫外線をシャットアウトしてくれるので、これからの時期には最適ですよ。

キャンプでも着替えをコンパクトに収納できたら便利ですよね。

天気が回復したらバッグにしまっておける小ささなので、デイリーに持ち運んでもストレスになりません。

詳細はこちら

⑤これぞクラシック「バギーズ・ジャケット」

スウィングトップのようなオールドスクールな見た目ながら、じつは機能性に富んだアウターです。

生地はリサイクルナイロン性で耐久撥水加工が施してあるので雨の日も安心。UVプロテクションも搭載していて、日差しの強い時も紫外線から守ってくれます。

透湿性も優れているので、汗をかいてもしっかり発散してくれますよ。

アウトドアに対応する機能がなさそうであるという、いい意味で期待を裏切ってくれるアウターです。

詳細はこちら

パタゴニアは小物も面白い!

毎シーズンワクワクと安心感をくれるパタゴニアの新作たち。ウェア以外も見逃せません。

レトロプリントが施されたお弁当箱サイズのトートバッグや、手持ちのギアを飲み込んでしまうその名も「ブラックホール・ギア・トート」など小物も魅力的なものが多いですよ!

パタゴニアの公式アプリは活用するべき

昨年リリースされたパタゴニアのスマホアプリ。公式HPのアカウントと紐付けて、製品の購入や交換などができます。

さらに直営店の在庫が見れたり、チャット形式で製品選びの相談に乗ってもらえたりと至れり尽くせり! ぜひこの機会にダウンロードしてみてください。

日常と自然をシームレスにつなぐパタゴニア製品

パタゴニアの新作5選の中からお気に入りは見つかりましたか? 買いやすい価格帯でハイパフォーマンスなアイテムをリリースし続けるパタゴニアから目が離せません!

人気のアイテムは売り切れてしまう可能性が高いので、気になるものは早めにゲットしておきましょう!

バギーズショーツをさらに深掘り!

軽くて動きやすくて見た目もイイ。最強ショーツを掘り下げ!

You’ll get comfortable outdoor life by Patagonia

パタゴニアでアウトドアライフをもっと快適に!

Source: CAMP HACK

ザ・ノース・フェイスの新作アウターは“行動派”なあなたをしっかりサポート【アウトドア通信.292】

ザ・ノース・フェイスから2着の新作アウターが登場

とどまることを知らないザ・ノース・フェイスの人気っぷり。頭のてっぺんから足先まで、どのアイテムにおいても抜かりないデザイン性と安心の機能性が魅力的ですよね。

そんな同ブランドが、この時期にさらなる新作アウターを投入しました。アウトドア好きな行動派の人にイチ押し! 早速どんなアウターなのか見ていきましょう。

アルピニストでも使える本格中わたパーカー

山の頂を目指して登るアルピニスト(=登山家)は、今の時期寒さとの戦いが中心となってきます。

そんな厳しい環境に立ち向かう人たちのために、ザ・ノース・フェイスが高機能パーカーを提案しました。それがこの「エクスペディショントランゴパーカ」です。

メイン素材には、高い防風性を持つ「GORE-TEX membrane WINDSTOPPER®インサレーション」を採用。冷たい風が中に入るのを防いでくれます。裏地はハーネス着用を考慮し、強度がある「パーテックス®カンタムダイアモンドフューズ」を使用しています。

肩まわりと袖はメイン素材とは違い「スペクトラ補強素材」をつけ、岩などの摩擦に耐えられるように工夫。中わたは高い保温性と撥水性を持つプリマロフト®を入れています。

とは言っても、プロだけでなく一般の人が街中でも着られるデザインに仕上げているのが同ブランドの特徴! スタッフサック付きで、コンパクトに収納でもできるので持ち運びも楽々。新しいパーカーをお探しの人はぜひチェックしてみてください。

ITEM



ザ・ノース・フェイス エクスペディショントランゴパーカー
●サイズ:S〜XL、WS〜WM
●重量:755g(サイズL)
●価格:73,440円(税込)
●カラー:ファイアリーレッド、ブラック

<!–

–>

生地だけでなく“中わた”も伸びて動きやすいインサレーション

こちらも行動派な人にピッタリなインサレーション(=中わたを使ったジャケット)。

「WPB ベントリックス フーディー」は、表地に防水透湿性機能をもつ2層構造の「ハイベント®」を採用。伸縮性にも優れている素材ですが、さらに無縫製の「シームシーリング加工」を施すことで、腕の機動力を妨げない工夫がなされています。

中わたには「ベントリックス™」を使用。こちらはシート状の化繊わたで、規則的に入れたスリットが体の動きに合わせて開閉してくれます。静止時には保温性、行動時は通気性が生まれる画期的な素材なんです。

その他にもハンドウォーマーを兼ねたベンチレーションポケットが両サイドに配備されていたりと、隅々まで寒さ対策が練られています。こちらもスタッフサックが付き。いつでもササッと羽織れるようにバッグに忍ばせておきたい1着です。

ITEM



ザ・ノース・フェイス WPB ベントリックス フーディ
●サイズ:S〜XL、WS〜WM
●重量:430g(サイズL)
●価格:34,560円(税込)
●カラー:ファイアリーレッド、ブラック、イノギュレーションブルー

<!–

–>

CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

Source: CAMP HACK

秋冬もTevaが狙い目!キャンプに履きたい、2つの新作シューズ

アイキャッチ画像出典:instagram by Teva

Tevaの秋冬シューズが狙い目!

Tevaさん(@teva)がシェアした投稿 – 2017 10月 17 4:58午後 PDT

1984年に世界で初めてストラップ付きのスポーツサンダルを販売したTeva。アウトドアサンダルのパイオニアであるTevaから、この秋2アイテムが新登場しました。

img_7532

撮影:編集部

デザインも機能も秀逸で使い勝手がよく、どちらもこれからの季節に幅広く活躍してくれること必至の注目アイテムです。

アウトドアからタウンユースまで使えるおしゃれキャンパー必見のアイテムをご紹介します!

キャンプに最適なセカンドシューズ「エンバーモック」

Tevaさん(@teva)がシェアした投稿 – 2017 9月 25 5:56午後 PDT

まずは、平健一さん連載記事でも登場したこちらのシューズからご紹介! 思わずお揃いで揃えたくなるデザイン性とカラバリの豊富さは必見です。

スリッポン&サンダル履き、どちらでも楽しめる

img_7505

撮影:編集部

img_7517

撮影:編集部

柔らかな生地で出来ているため、スリッポンとしてはもちろん、かかとを踏んでサンダルのように使用することも出来る2WAY仕様。

スタイルが変えられるため、靴の着脱の多いキャンプに最適なアイテムです。

中綿キルティング × ニットの組み合わせ

img_7520

撮影:編集部

img_7523

撮影:編集部

Tevaさん(@teva)がシェアした投稿 – 2017 9月 18 9:39午前 PDT

中綿キルティングのアッパーとリブニットのコンビネーションで、温かみのあるデザインと保湿性能が高い履き心地の良さを実現。タウンユースにも活躍する優しい風合いです。

シックなカラーリングが◎

img_7511

撮影:編集部

ヴィンテージキャンピングから着想を得て生れたというエンバーモックは、シックな深みのあるカラーリングが魅力で、これからの季節にもってこいのアイテム。

%ef%bc%91

出典:Teva Facebook

カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいポイントです。

ITEM

テバ エンバーモック
●メイン素材: 合成繊維
●ソール素材または裏地: 合成底
●ヒールの高さ: 2 cm
●ソールの厚さ:1.5cm
●サイズ展開:25.0-30.0cm
●カラー:4色

カカトの部分が折り返しできて、スリッパ的にも使えます。
折った時も素材が柔らかいので、足裏に不快感はありません。
カカト部分を上げて使えば、フィット感良好です。

ITEM

テバ レディース エンバー モック
●メイン素材: 合成繊維
●ソール素材または裏地: 合成底
●ヒールの高さ: 2 cm
●ソールの厚さ:1.5cm
●サイズ展開:22.0-25.0cm
●カラー:3色

防水仕様の全天候型トレイルスニーカー「アローウッド エボ WP」

アローウッドエボスタイル

出典:Teva

Tevaアローウッドエボ使用感

出典:Teva

続いては、テバのサンダルがそのままシューズになったような、防水性と履きやすさが魅力のシューズが登場!

ストレッチ性のある履き心地&防水仕様

%ef%bc%92

出典:Teva

アッパーには水に強く、伸縮性のある「ネオプレーン」を採用。ライニングには防水透湿素材「T I D Eシール」を採用したウォータープルーフ仕様で、雨にも風にも負けないストラップスニーカーです。

Tevaらしいストラップデザイン

ストラップサンダルのパイオニアであるTevaらしく、ブランドの象徴であるストラップを配したデザイン。ユニバーサルストラップシステムを採用し、フィット感を自分仕様に調整することが出来ます。

街でもアウトドアでも履きたくなるデザイン

%ef%bc%91

出典:Teva

シックなカラーリングとシンプルなデザインはどんなスタイルとも相性がよく、アウトドアはもちろん、タウンユースでも履きたくなるアイテムです。カラーバリエーションはダークオリーブ、ブラック、グレーの3色。

ITEM

テバ アローウッドエボウォータープルーフ
●メイン素材: 合成繊維
●ソール素材または裏地: 合成底
●ヒールの高さ: 4.5 cm
●ソールの厚さ:2cm
●重量:330g/片足
●サイズ展開:25.0-30.0cm
●カラー:3色

デザインと防水機能に惹かれて購入しました。普段は26.5でEEEだと26.0ですが、本品は27.0で合いました。最初はゴムが硬いのか足が入りにくかったけど1週間で馴染みました。

この秋冬はTevaのシューズが大活躍!

Tevaさん(@teva)がシェアした投稿 – 2017 10月 20 3:57午後 PDT

この秋注目のTevaの新作シューズは程よいフィット感で履き心地が良く、どんな天候にも左右されない、どちらもこれからの季節に大活躍が期待できるアイテムです。

街にもアウトドアにもどちらにも映える、秋冬にぴったりなこの2足を是非検討してみては?

KEEN新作も要チェック!

人気のKEEN新作シューズもここから確認しておこう!

Teva warms you in this autumn & winter!

この秋冬はテバで温まろう!

Source: CAMP HACK