有料ページ

刺される前に…「ブヨ」「ハチ」「アブ」対策しよう!2つの救世主グッズを使ってみた

刺されたらもう遅い……痛~い虫刺されから身を守れ



梅雨が明ければ、ファミリーキャンプのハイシーズンが到来です。海や山で、子どもたちとたくさんの思い出をつくりましょう……と、そこで注意したいのが、夏~秋は虫のハイシーズンでもあるということ。

体質によっては刺されると高熱を出すこともある「ブユ」、そして毎年、死者すら出ている「ハチ」、なんとか刺される前に対策したいところです。

今年の夏はこの2アイテムが救世主になる!?



そこで今回は、設置するだけでブユを近づけない画期的なアイテムと、ハチを撃退できる強力なアイテムをご紹介。いずれも屋外専用で、キャンプでの使用に最適です。実際にキャンプ場で使用し、効果をテストしてみましょう。

厄介なのが、キャンプ場によくいる「ブユ」



ブユは関東では「ブヨ」、関西では「ブト」と呼ばれることもあります。3~5mmと小さな虫ですが、噛まれると症状が重くなる場合があり、酷くなるとかゆいのを通り越して痛みを引き起こし、足がパンパンになって歩けなくなったり、高熱が出るような症状も……。

赤い噛み跡が残る程度で済む人もいますが、それは実際に噛まれてみないとわかりませんし、予防するに越したことはありません。

キャンプ場では比較的遭遇しやすい虫



ブユの出現しやすい場所は、水のきれいな渓流の近く。これはブユの幼虫が、きれいな水場に生息するためです。そして活発になる時間帯は、朝と夕方。

「渓流の近く」「朝と夕方に活発に活動」……これって完全にキャンパーを狙ってきてますよね。美しい川のあるキャンプ場にテントを張って、焚き火の準備をしている夕方の心地よいひとときは、ブユ的には危険極まりない状況なんです。

「アウトドア用 ブユ・虫シールド」をキャンプで使ってみた

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


そこで頼りになるのが、THERMACELL(サーマセル)の「アウトドア用ブユ・虫シールド」。サーマセルは20年以上にわたって、虫よけ製品を送り出し続けている実績あるブランド。世界中の29ヶ国で販売され、認められています。

そうした信頼性以前に、キャンパーとしてはアウトドア感の強いビジュアルに目を奪われますね。グリーン&ブラックの2色展開で男前、キャンプサイトの雰囲気を損ないません。ブラックは2021年5月発売予定です。

軽量で握りやすく、ポケットへの収まりも◎



ギア感のあふれる握りやすいフォルムは、バックパックやチェアに備わったポケットなどに挿し込みやすく、快適に持ち運びできます。



さらにオプションの専用ケースを購入すれば、このようにスマートに持ち運ぶことも可能。

使い方はこれから説明しますが、熱を発するタイプの虫よけなので、持ち運ぶ際は絶対にスイッチをOFFにしておきましょう。

使い方は簡単な4ステップ

それではセットアップ方法を見ていきましょう。といっても次の4ステップだけで完了します。

①青いマットをセット


有効成分が染み込んだマットを、ブラックの網の下に挿し込みます。

②カートリッジを装填


ボディの蓋を外し、付属のカートリッジを挿し込みます。カートリッジはねじ込み式なので、回転させながら固定します。

③スイッチをONに


ボディ中央のスイッチを入れます。ON/OFFは一目瞭然の文字が刻まれています。ONにしたら5~10秒ほど待ちましょう。

④スタートボタンを3~5回プッシュ


これによりカートリッジ内のブタンガスが燃焼します。ライターのような着火方法なので、電池は使いません。ボディ上部の窓から覗き込むと、燃焼が目視できます。



カートリッジ内のブタンガスが燃焼することで、マットに染み込んでいる有効成分・プラレトリンが加熱され、揮散するという仕組みです。揮散したプラレトリンが、直径1~2mの範囲にわたってシールドを展開し、ブユを寄せつけません。

ブラックの網状の部分が熱くなりますので、むやみに触らないようにしましょう。



ついランタンスタンドなどに吊るしたくなるアイテムではありますが、それは絶対にNG。必ず平らな場所に、水平に寝かせて稼働させます。また小さな子どもや食品からは、距離をとるようにしてください。

効果は1セットで最大12時間持続



青い虫よけマットは、3枚付属します。1枚あたりの揮散時間は最大4時間、そしてカートリッジの燃焼時間は最大12時間なので、1セットで12時間、ブユをシャットアウトできます。要注意なのは朝と夕方ですから、一泊二日のキャンプなら充分な持続時間ですよね。

また虫よけマットとブタンガスカートリッジはセットで別売りでも用意されているので、好きなだけ補充できます。

肌に薬剤をつけず、そのうえ無臭で簡単虫よけ



虫よけといえば肌に直接塗るタイプが一般的ですが、ブユを甘く見てはいけません。やつらはピンポイントで塗りムラを狙ってきます。その点、足元に置いておけばブユを遠ざけてくれるんですよね。

また香料無配合なので、食事の際にニオイが気になることもありませんでした。

キャンプで使用してみて



実際に渓流近くのキャンプ場で使ってみましたが、見事にブユ被害はゼロでした。感想としては、「ここにいれば大丈夫」という安心感が大きかったですね。この安心感は、子どもと一緒のキャンプで、いっそうありがたく感じられると思います。

不安に思っていたマット交換のタイミングも、色が青から白っぽく変化するのでわかりやすいです。あとはブユだけじゃなく、蚊柱(小さな虫の大群)が鬱陶しい「ユスリカ」にも効くので、キャンプ以外にも庭でのガーデニングやスポーツ観戦などで、普段から活用できそうです。

「アウトドア用ブユ・虫シールド」の詳細はこちら

万全を期すなら「ハチ・アブ・ブユ用殺虫スプレー」も一緒に持っていきたい



繰り返しますが、夏~秋は虫のハイシーズン。警戒すべき相手はブユだけじゃありません。刺されるとチクリと地味に痛い「アブ」、そして毒針のある「ハチ」。これらをまとめて撃退できる、頼もしい殺虫スプレーも携帯したいところです。

しかも強力な殺虫スプレーといえば、黄色や赤など原色カラーを使用した派手なデザインのものが多いですが、このスプレーは違います。キャンプのイラストが施されたナチュラルテイストな見た目は、良い意味で目立ちすぎません。

30秒で全噴射しきる強力噴射!



こちらSHE&YOUの「ハチ・アブ・ブユ用殺虫スプレー」は、見た目とは裏腹に超強力な噴射力。2~3m先にまで有効成分が届くので、安全な距離から危険な虫を撃退できます。

ブユの場合は空間全体を攻撃するイメージで、アブやハチの場合は狙い撃ちで排除しましょう。

有効成分100%天然物由来なのにハチにはしっかり効く



殺虫成分は100%天然物由来。環境にやさしく、キャンパーが使う殺虫剤として最適です。ピレスロイド系殺虫剤なので即効性があり、スズメバチ(オオスズメバチを除く)やアシナガバチ、クマバチへの効果はバツグン。

ただしスズメバチは非常に危険ですので、それだけご注意を。見かけたら姿勢を低くして静かに遠ざかるなど、撃退よりも刺激しない行動を優先しましょう。

万が一のために。安心できる1本を



厚生労働省の調査によると、毎年20名もの人がハチに刺されることで亡くなっています。ある日突然、ハチに襲われる可能性があることを、キャンパーなら念頭に置いておくべきでしょう。

万が一に備えて、コンテナには「ハチ・アブ・ブユ用殺虫スプレー」を常備したいですね。

※子供の手の届くところや、直射日光・雨水・潮風のあたるところ、高温になる車内や火気の近くには置かないでください。

「ハチ・アブ・ブユ用殺虫スプレー」の詳細はこちら

「ブヨ」+「アブ」「ハチ」対策のセットで万全のキャンプを!



いかがでしたか? パパママキャンパーに特に注目してほしい、虫対策に有効な2アイテムをご紹介しました。

キャンプ地には「嫌い」というだけでは済まない、危険な虫も存在します。「アウトドア用ブユ・虫シールド」でバリアを張りつつ、いざというときは「ハチ・アブ・ブユ用殺虫スプレー」を出動させる二段構えで、夏~秋のキャンプを安全に楽しみましょう。

「アウトドア用ブユ・虫シールド」の詳細はこちら
「ハチ・アブ・ブユ用殺虫スプレー」の詳細はこちら

撮影協力:NONIWA

Sponsored by 住化エンバイロメンタルサイエンス株式会社

The post 刺される前に…「ブヨ」「ハチ」「アブ」対策しよう!2つの救世主グッズを使ってみた first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

こりゃいいや!新作クーラーは見た目も機能もイケてる「ROVR」が狙い目!

結局のところ、クーラーボックスって何が正解なの?



多くのブランドやメーカーが次から次へと新作キャンプアイテムを発表、多種多様なアイテムがひしめき合っている昨今はキャンプアイテムの戦国時代!

そんな中で自分だけのベストな1つを選ぶのに、迷ったり慎重になったりするのは当然ですよね。そして、クーラーボックスも選ぶのが悩ましいアイテムの1つです。値段も安くはないし、そう簡単には買い換えたりするものでもありません。


保冷力や容量、はたまたどのブランドを選ぶのかなど……選ぶポイントは人それぞれで、結局のところは「どんなクーラーボックスが正解なの?」と思っている人は多いはず。

そんな皆さんに朗報です! 2019年に日本に上陸してローラー付きクーラーボックスで話題になったアメリカのクーラーブランド「ROVR PRODUCTS(ローバープロダクツ)」から発売される新作が見た目も機能もイケてるとのこと!

アメリカのクーラーブランド「ROVR PRODUCTS」



多くのアウトドアマンが住み着くアウトドアカルチャーの聖地、コロラド州ボルダーから2016年に生まれた「ROVR PRODUCTS」。

今回、新作のクーラーボックスだけでなく、ギアやドリンクをまとめて収納できるオーガナイザーバックもリリースするとこのことで、注目の新作たちを全部まとめてイチ早くレビューしちゃいます!

新作クーラーボックスをレビュー!

ポップなカラーリングがちょうど良いサイズの新作2種



今回登場する新作が写真の左手が「IC35」、容量35Lの横長のデザイン。そして写真の右手が「IC25」で容量23.7Lの縦長のデザインのクーラーボックスです。



他にはない鮮やかなカラーリングが特徴のクーラーボックス。前作でもイエローやブルーといった鮮やかなカラーリングが目を引きましたが、今季の新作でもその鮮やかさは健在。

今作はブルーにも近い深みのあるネイビーカラーと、発色がよく鮮やかさが目立つレッドカラーの2色展開です。前作に続きトップがホワイトカラーで統一された2トーンデザインがその色鮮やかさをさらに増しています。



続いてはサイズをチェック。IC25は内寸サイズで横30cm、幅24.5cm、そして高さが34.5cmもある縦長のデザインがポイント。なんと2Lのペットボトルを立てた状態で6本も入るという便利設計! 容量も23.7Lと申し分ない容量を誇ります。

IC35は横42cm・幅28.5cm・高さ25.5cmの横長デザイン。スタンダートな設計で、入れるものを選ばない汎用性が高いデザインです。

オプションパーツで広がる利便性!



前作と同様、クーラーボックスに着脱できるオプションパーツを豊富に揃えているのも「ROVR PRODUCTS」の面白さ。

写真の「プレップボード」はボックスのふちの引っ掛けるだけというお手軽テーブルです。ちょっとしたギアやおつまみ置きにちょうどいいサイズで、使わない時はボックス内の仕切り板にもなるという無駄のない便利アイテム。



こちらは2本まで収納可能な「カップホルダー」。暗くなったときに手元が見えにくくなってボトルや缶を倒したりこぼした経験はありませんか?

ドリンクホルダーがあれば、その心配は無用。キャンプシーンでかなり重宝するんです。こちらはIC25、IC35ともに取り付け可能です。



カラビナで引っ掛ける仕様の「スタッシュバッグ」はクラーボックスだけでなく、他のバックやタープに吊るすなど色々な場所で使うことができる優れもの。

サイズも程良く、今回はワインボトルを入れてみました。前と横に2つのジップポケットが付いているので栓抜きやオープナーなどちょっとした小物が収納できるのも嬉しいポイント!

保冷力も耐衝撃性もあるタフ仕様



前作に引き続き、新作の2モデルでもロトモールド製法を採用しています。型に材料を流し込み回転させて仕上げる製法で、その特徴はパーツの溶接やつなぎ目のない一体型であること。

密閉性がとても高く、冷気が外に逃げにくので非常に高い保冷力を誇ることが特徴です。前作の「RollR60」ではなんと10日間も中の氷を保持できるという驚きの保冷力を発揮します!



頑丈さもロトモールド製法の特長の1つ。どんなアイテムも壊れやすいのはパーツの接合部分や関節部分です。しかし、つなぎ目がないのであればその心配なし!

さらには危険度の高い薬品の貯蔵や運搬にも同製法のタンクが用いられるというので、信頼の高さは折り紙つきです。写真のように大人が軽く腰掛けてもビクともしません!



ボックス内はダイレクトに水や氷を入れて、ドリンクや食材を冷やすこともできます。ボトム側面に水抜き栓が付いているので使い終わったあとの手入れも簡単。中が汚れてしまっても、さっと洗える便利な機能です!



ボトム部分には四隅に少しだけ高さを出した足が付いているので、地面からの熱を軽減する効果も。

これだけの質の高さを誇りながらも25L弱容量の「IC25」で¥29,700(税込)とアンダー3万。35Lの大容量の「IC35」でも¥39,600(税込)と相当なお手頃価格なんです!

この新作も気になる!「IceR」&「KeepR」



続いて、独自アイディアが光る、2つの新製品をチェックしていきます!

ありそうでなかった氷キーパー「IceR」



こちら新作のアイスキーパーボトル。構造は保冷ボトルによく使われる真空二層構造で抜群の保冷力を誇ります。使い勝手のいい蓋付きのデザインを採用し、蓋を閉めると冷気漏れも防げます。持ち手が付いているので持ち運びも便利です。

氷の運搬や保氷専用に作っているだけに、かゆいとところに手が届いたアイテムです。

二刀流で使える「KeepR」



そして「IceR」をより活かすアイテムがこの「KeepR」。飲料やグラス、ベグやハンマーといったグッズなど一緒に収納できるオーガナイザーバックですが、中央部分には「IceR」がピッタリ収まる仕様!



併用することでワイン入れにも使えて、全てまとめれば簡単なワインキットに変身。「IceR」と「KeepR」2つを揃えることで、焚き火を囲みながら、冷えたワインを嗜む贅沢な時間を過ごせますよ!

ギミック満載のROVR新作でキャンプに行こう!



今回レビューした新作の「IC25」「IC35」のデザインは、車への積み込みなどもしやすい収まりの良さもポイント。見た目から機能まで申し分のないクーラーボックスでした!

だんだんと気温も上がり、いよいよこれから本格的なキャンプシーズンを迎えます。冷たい飲み物や衛生上で食材をしっかりと保つためにも保冷力の高いクーラーボックスはマストギア!

そんな楽しい時間を約束してくれる「ROVR PRODUCTS」と今年のキャンプを一緒に迎えてみるのはいかがでしょうか?

「ROVR PRODUCTS」新作の詳細はこちら!

撮影協力/RECAMPおだわら

Sponsored by 津田商会

 

The post こりゃいいや!新作クーラーは見た目も機能もイケてる「ROVR」が狙い目! first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

【間違いない3つの選択肢】今年のサンダル選びは、KEENにお任せあれ!

あなたならどれを選ぶ? 個性豊かなKEENの新作&新色



これは間違いない、と言える3つのサンダルが今季登場しました。

ウェビングベルトによるイージーフィット構造で履き心地抜群のゼラポート ツー」。タウンユースを意識し、クッション性に富んだソールを備えたユニーク スニーク スライド」。

そして女性の足を美しく魅せる構造とアウトドア的なファンクションを兼備した新作アストリア ウエスト コレクションの2モデルこちらの計4足を今回はピックアップしてご紹介します。



それぞれ特徴が異なる個性豊かなこの3つのコレクションの中に、今季のあなたのベストとなる1足がきっとあるはずです!

【1足目】新色が登場した水陸両用サンダル「ゼラポート ツー」



キャンプシーンに打ってつけなのが脱ぎ履き楽チンの「ゼラポート ツー」。アッパーには一連となったウェビングベルトを備えており、ワンアクションでフィット感を調節できます。

解放的なデザインなので水の中にもそのまま入れ、一方でトゥ・プロテクションをしっかり備えているので安全面もバッチリ。テント周りから水遊びまで非常に重宝すること間違いなしです。

ワンアクションで簡単フィット調整



「ゼラポート ツー」は二箇所でフィッティングが可能。先にカカト部分のストラップで足位置を固定します。

その後の脱ぎ履きは、くるぶし部分にあるウェビングベルトのバックルでフィット感を調節するだけでOKです。



カカト部分は面ファスナー仕様となっているので、一度固定すると簡単にはズレてきません。2点調整で高いホールド感を生み出します。

グリップ力に優れて機動力も高い



ホールド力の高さと同じく注目したいのがグリップ力の高さです。足裏形状に合わせた立体成型EVAフットベッドと耐久性に優れオリジナルパターンが刻まれたアウトソールを併用。

まるで足で地面を掴むかのような高いグリップ力を持ち合わせます。

キーンを象徴するトゥ・プロテクションが、川遊びも安全サポート



水に流されることのないホールド力と安定した足場を生むグリップ力。この2つに成型ラバーガードを使用したトゥ・プロテクションがプラスされることで、サンダルとしての性能が格段に上がります。

大小さまざまな岩がコロがる川底はもちろん、キャンプサイトに飛び出したペグや林間の木の根などアウトドアフィールドの足元には危険ポイントがたくさん! 「ゼラポート ツー」はそんなシーンを上手にカバー。キーンがブランドとしてこだわってきた“安全性の高いサンダル”を象徴するモデルとなっているのです。

初のコラボモデルも入れて男女計8色がラインナップ!

メンズ全6色展開(メンズオンリーカラーはサファリとブライトイエローの2色) 各¥9900
レディース全5色展開(レディースオンリーカラーはオリーブドラブとシルバーバーチの2色) 各¥9900

「ゼラポート ツー」としては初となる「SHANTii(シャンティ)」とのコラボカラーを加えた多彩なラインナップは全8色。キーンを象徴する機能を備えたサンダルでありながらカラバリも豊富となれば、ファッション好きキャンパーも見逃せないですね!

そしてこれだけの条件を揃えて1万円を切るコスパの高さに驚かされます。もしもカラーで悩むようなら、迷わずカラバリで揃えちゃいましょう。絶対後悔はしないはずです!

「ゼラポート ツー」の詳細はこちら!

【2足目】精悍なデザインと極上の履き心地を備えた「ユニーク スニーク スライド」



ユニークのシリーズ中、最高の安定感を持つユニーク スニークの履き心地はそのまま、快適かつラフに履ける「ユニーク スニーク スライド」が今季初お目見え。

スニーカー然としたふかふかの履き心地にミニマルかつ脱ぎ履き楽チンなスライドスタイルが組み合わさりました。

どこかチープな既存のスライドサンダルとは異なり、しっかりファッションの軸にもなりうるユニークならではのデザイン性の高さも魅力的です。

肉厚のソールによる最上級の履き心地



アッパーデザインに引けを取らない存在感を放つのが、スニーカー並みの履き心地を持つ肉厚ソールです。

ふかふかとしたリラックス感のある履き心地をもたらし、アクティビティやキャンプ設営の後のチルアウトタイムにもピッタリ。最上の履き心地がアイテムとしての魅力を飛躍的に高めてくれます。

仕事の相棒としても優秀



カフェでくつろぐときやワンマイルサンダルとしても有用な「ユニーク スニーク スライド」。あるいは端正なアッパーのデザインからサンダル特有のラフさが際立つこともなく、オンスタイルにも流用できます。

オフィスに常備しとけばリラックス効果により仕事の効率アップにも繋がるかも!?

カラバリも豊富で1stシーズンから完成度が高い!

メンズ全4色展開 各¥9900

レディース全3色展開 各¥9900

特徴的なコードアッパーがスライド型サンダルでは考えられない常識破りのフィッティングを実現し、軽量かつクッション性に優れるEVAソールがスニーカー同等の安定した履き心地を提供。

そこにサンダル離れしたスタイリッシュなデザインや豊富なカラバリなどが相まって、デビューシーズンながら完成度の高い1足に仕上がっています。

「ユニーク スニーク スライド」の詳細はこちら!

【3足目】女性の足が一番綺麗に見える「アストリア ウエスト」コレクション



最後の3・4足目には女性限定のコレクションとなるアストリアをピックアップ!

ラフな印象のスポーツサンダルは、履いたときの見た目が気になる! なんて女性の要望に応えたのがこのアストリア ウエスト コレクションです。

女性用のラスト(木型)を使い、履いたとき足が美しく見える設計を採用しています。約5㎝のヒールもポイント!

機能性も快適性も妥協なく、より美しく



アストリア ウエスト コレクションの中で都会的なシーンにもフィットする「アストリア ウエスト オープン トゥ」。

女性デザイナーがデザインを手掛けており、厚みのあるソールと独自のアーチ構造で、かかとが絶妙に上がったポジショニングをキープします。そうすることでしなやかかつナチュラルな脚線美を生み出すのです。

もちろんキーンならではのグリップ力などアウトドア的な機能も持ち合わせているので、クロスオーバーに活躍できる1足となっていますよ!

全5色展開 各¥12100

合わせやすいモノトーンから流行のペールトーンまで、ミニマルなスタイルや女性らしいフェミニンなコーディネートに合う全5色が展開されます。

「アストリア ウエスト オープン トゥ」の詳細はこちら!

嬉しい2タイプ展開。つま先を保護してくれるタイプもあります



足先の安全性をグンっと高めるトゥ・プロテクションがついた、キーンならではのタイプ「アストリア ウエスト サンダル」も展開されています。

前述したオープントゥタイプと同じ設計を採用しているので、女性の脚線美を引き出しながらアウトドアシーンでも心強いという、なんとも贅沢な1足です!

全5色展開 各¥13200

こちらも全5色を展開。トゥ・プロテクションによる安全面はもちろん、水抜けの良さや速乾性、グリップ力などあらゆる面で外遊びをサポートしてくれます。

「アストリア ウエスト サンダル」の詳細はこちら!

どのモデルが好みだった? 今年は街でもフィールドでもKEENに頼ってみよう



外遊びに圧倒的なパフォーマンスを見せる「ゼラポート ツー」、人気のユニークをシティ顔に仕上げた「ユニーク スニーク スライド」、女性の足の美しさを引き立てる「アストリア ウエスト オープン トゥ」と「アストリア ウエスト サンダル」。以上、4つのモデルをピックアップしてご紹介しました。


いずれのモデルにも共通しているのは、リサイクルPETを使っていたり、プロバイオティックスを採用したケミカルフリーの防臭加工を施していたりと環境配慮型のモデルであるということ。そういうエコなアイテムを生み出すところもキーンのブランドとしての魅力です。

どうしてキーンが環境問題に取り組むのか、サンダルでどんな変化が起きるのか……気になった方は下記リンクをご覧ください。

<STAY COOL WITH KEEN SANDAL>を見てみる
というワケで、今季のサンダル選び、キーン1択でも間違いなしです! ただモデルに関しては目移りしちゃうかも。そんな方は是非、こちらの記事とより詳細が掲載された公式ホームページをにらめっこしながら、自身のライフスタイルにあった1足をご決断ください。

ひとつ確実に言えることは、どのモデルを選んでも間違いなく「ベストチョイス!」ということです。

 

撮影協力/Let It Be Coffee
Sponsored by キーン・ジャパン合同会社

クレジットページはこちら

The post 【間違いない3つの選択肢】今年のサンダル選びは、KEENにお任せあれ! first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

我が家の「虫よけ対策」教えます!これで劇的にキャンプが快適になりました

ファミリーキャンパーが実践している「虫よけ対策」を聞いてみた!



今回、虫よけ対策についてお話を伺ったのは、神奈川県横浜市にある人気アウトドアショップ「デバイスワークス」のオーナー秋山さん。

一年を通してファミリーでキャンプをするからこそ、季節ごとの工夫と対策には余念がありません。



さすがギアの目利き! と思わずにはいられないスタイリッシュなキャンプサイトですが、秋山さんファミリーは虫よけ対策も一歩先を行っていました。

秋山さん

虫を避けて標高の高いキャンプ場に行ったとしても、やはり蚊はいます。だからといって、長袖と長ズボンで過ごすというのはキツイので、しっかりと対策をして、快適に過ごせるようにしていますよ。

さっそく、秋山さんファミリーの虫よけ対策を聞いていきましょう。

我が家の虫よけ対策はズバリ、「KAKOI」のフル活用



秋山さんが虫よけ対策として使っているのが、『STRONTEC®屋外用蚊よけKA・KO・I(以下、KA・KO・I)』です。知人のベテランキャンパーからおすすめされて以来、その蚊よけ効果が気に入られて、いまでは2台を併用して万全の対策を講じているそうです。

さっそく、秋山さんが愛用しているKA・KO・Iの魅力を紐解いていきましょう。

【KA・KO・Iを使うワケ】バリアを張る感覚で蚊を寄せ付けない効果がある



KA・KO・Iの最大の特徴は、本体を中心に40㎡(半径3.6m)の範囲で蚊を寄せ付けにくくするバリアを張り巡らせることです。

※噴霧が風の影響を受ける場合、十分な効果が得られないことがあります。

屋外専用の商品ですが、本品を中心に40㎡(半径3.6m)の空間を覆ってくれるので、ファミリーキャンプであればリビングのまわりなどをすっぽり囲うことができる計算です。

秋山さん

うちは念には念を入れて2台使い。タープを張るときは、タープのメインポールの足元に置いておくことで、タープ下に蚊が入ってくることはありません。

【KA・KO・Iを使うワケ】使いたいときにパッと使える

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


KA・KO・Iのスターターパックには、乾電池や薬液ボトルなど、必要な部品がすべてセットされています。使い始めるにはまず単3形アルカリ乾電池を2本セットし、薬液ボトルを本体下部の所定の位置に設置するだけ。薬液のキャップは本体下部の裏側に収納スペースがあるので、紛失する心配もありません。

虫よけグッズ「KA・KO・I」詳細はこちら

セットが完了したら、スライド式の電源ボタンをONにするだけ。薬液ボトル1本で約30時間使用できるので、一泊二日のキャンプであれば、屋外での活動15時間程度と想定して2回分は賄えそうです。

【KA・KO・Iを使うワケ】人感センサーで子どもへの安全性も◎



薬液は、スイッチをオンにした15秒後に初回の噴霧、その後は30秒ごとに自動で噴霧する仕組みです。音もしないので、気をつけて見ていないと気が付かないほど。

この霧状の薬液が粒子となって空気中を漂い、蚊を寄せ付けにくくするというわけです。



本体の上部には人感センサーが搭載されているので、例えば噴霧口を覗き込んだりするとセンサーが反応して一時的に噴霧を停止してくれます。小さいお子さんがいる家庭でも、これなら安心です。

さらに万が一、電源をオフにするのを忘れても、5時間で自動的に停止する機能も搭載されているので、電池や薬液の節約もバッチリです。

【KA・KO・Iを使うワケ】煙が出ず臭いも気にならないので、ご飯もおいしくいただける



また、KA・KO・Iから噴霧される薬液は臭いが気にならないし、煙が漂うこともありません。

秋山さん

蚊取り線香だと、どうしても特有の臭いが気になりますが、KA・KO・Iだとほとんど臭いがしないんです。煙も出ないので、食事中でも気にならないのはうれしいですね。

臭いが気にならないということは、まわりにも迷惑をかけないということ。キャンプはもちろん、屋外でのスポーツ観戦やガーデニング、洗車のお供にも重宝しそうですね。

【KA・KO・Iを使うワケ】熱くないから火傷の心配なし



また火や熱を一切使っていないので、本体が熱くなる心配もありません。

秋山さん

乾電池で駆動しているので、子どもが本体を触ってしまっても、火傷の心配はありません。蚊取り線香を使っているときは誤って触ってしまったり、地面においてあると蹴っ飛ばしてしまったりすることがありましたけど、KA・KO・Iに変えてからそういった心配がなくなりました。

【KA・KO・Iを使うワケ】キャンプ場内の持ち運びも楽々



KA・KO・Iにはハンドルが装備されているので、キャンプサイトから離れて遊んだりするときは簡単に持ち運びができます。

秋山さん

子どもと一緒だと、ずっとキャンプサイトにいるわけじゃありません。キャンプ場内にある遊具で遊んだり、持ってきたラジコンを広場で操縦することもあります。

そんなときは、1台をキャンプサイトに置いたまま、もう1台を持ち運んで虫対策しています。2台あるとすごく重宝しますよ。

なお、ハンドルはあくまでも持ち運び用。吊り下げた状態での使用はせず、平らな場所に設置して稼働させるようにしましょう。

【KA・KO・Iを使うワケ】正直見た目の良さも大きなポイント


秋山さん

一見すると、なんのギアかわからないルックスも気に入っているポイントです。カラーはグレイッシュブルーのほかにイエローとピンクの3色展開ですが、個人的にはこのグレイッシュブルーがお気に入り。黒いギアが好きなので、本当はブラックが登場してくれるとうれしいですけどね(笑)。

ギアの目利きに選ばれる「KAKOI



その実力と安全性の高さから、秋山さんをはじめ新しいギアに敏感なキャンパーたちから支持を集めているKA・KO・I。蚊の活動は4月からはじまるそうなので、今年のキャンプにおける虫よけ対策に、KA・KO・Iを導入してみてはいかがでしょうか?

虫よけグッズ「KA・KO・I」詳細はこちら

撮影協力/成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場

Sponsored by 住化エンバイロメンタルサイエンス株式会社

 

The post 我が家の「虫よけ対策」教えます!これで劇的にキャンプが快適になりました first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

コンパクトでも快適なソロキャンプ!成功の秘訣は「ベルモント」の新作にあり

軽量を求めると落ちる「快適さ問題」



一人行動の気軽さと、必要最低限のギアで楽しめる身軽さが魅力のソロキャンプ。

ソロキャンプでは、軽量・コンパクトなギア選びを指針としている人も多いと思います。一方で、軽量・コンパクトを求めると、キャンプの快適さを犠牲にしてしまうことがあるのも事実です。



軽量も快適もあきらめたくない! そんなソロキャンパーのジレンマを解決してくれるのが、新潟・三条発のアウトドアブランド「ベルモント」の新作たち。

今回は、超軽量なチタン製焚き火台など、ベルモントの新作を紹介しながら、軽量&快適なソロキャンプ装備をご紹介します。

今回使うギアの一覧がこちら!

ベルモント初のバッグにまとめてみた



今回の軽量&快適ソロキャンプで使ったアイテムはたったこれだけ。クーラーボックスと薪を除けば、焚き火台やケトル、寝袋など、全てのギアをベルモントの新作バッグ2つに収納することができました。

左手前のバッグが「フィールドトートバッグ」、その右奥が「ワンタッチツールバケット」です。



フィールドトートバッグは、鉄板やゴトクなどバーナー周りのアイテムをまとめて収納するのにピッタリなトートバッグです。脱着可能な仕切りを使ってCB缶を両サイドに収納できるのが嬉しいポイント。



ワンタッチツールバスケットは、ステンレスワイヤーでしっかり自立するツールコンテナ。取り外し可能な小物収納バスケット、側面に配置されたカラビナやフックが取り付けられるベルトループなど、ギミックも満載。

ギアを持ち運ぶのはもちろん、ソロキャンプサイトではギアを使いやすいよう配置する基地づくりにも役立ちます。使わないときはペタンとたたんで厚さ5センチになるので、家で場所を取らないのが嬉しいですね。

全アイテムはこちら!



今回のソロキャンプ装備を全てバッグから出すとこんな感じ。ハンモック泊にしたことでチェアとマットが不要になったので、その分荷物もコンパクトになりました。

焚き火台を始めとした焚き火周りのギアや調理アイテムは、ほとんどベルモントでセレクト。金物の街として知られる新潟県三条市でハイクオリティなアウトドアギアを展開しているブランドだけに、特に焚き火周りの新作は充実のラインナップです。

ベルモント6つの焚き火周りギアで快適に!

では、中でも気になるベルモント焚き火周りのギアをチェックしていきましょう。

アップデートされた「TABI」



火床にチタン素材を使っていて、軽量コンパクトなのにタフなつくりの焚き火台「TABI」。重さは全体で約423gですが、網や側板を外して必要最低限の焚き火台として使うと、わずか298gまで軽量化でき、バックパッキングにも最適です。

組み立ては、2枚の火床プレートをはめ込んで3本の脚パーツで固定するだけ。分解すると15mmの薄さで収納することができます。



収納はコンパクトながらも40cmの薪もくべられる機能性が嬉しいですね。また、今シーズンは網がリニューアルして、重量は変わらず耐荷重が3㎏→5㎏にアップしていますので、調理の幅も広がります。

「TABI」の詳細はこちら!

地面へのダメージを徹底的に排除する「焚き火プロテクトシート」



TABIには灰受けがないので、こぼれ落ちる灰などから地面を守る焚き火シートも欠かせません。こちらもベルモント新作「焚き火プロテクトシート」です。


特徴は、生地自体が燃えにくい難燃性を備えているだけでなく、アルミニウムの熱放射の力で、地面に熱を伝える前に空中に熱を放射すること。

一般的な焚き火シートと比較して、地面に対する熱伝導を45~58%抑えることができるので、地面へのダメージを極力減らすことができます。



収納時は折りたたむのではなく、くるくるっと巻いて収納します。

「焚き火プロテクトシート」の詳細はこちら!

焚き火料理を快適にする!「アイアン焚き火スタンドmini」



マット塗装の無骨な雰囲気で焚き火周りをワイルドに演出できる人気アイテム「アイアン焚火スタンド」に、ソロキャンプで使いやすいミニサイズ「アイアン焚火スタンドmini」が登場しました。

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


組み方によって高さを2段階に変えられるので、いろいろなメーカーの小型焚き火台に対応できます。もちろんTABIにもジャストフィット。耐荷重が20kgなのでダッチオーブンを載せても問題ありません。

「アイアン焚き火スタンドmini」の詳細はこちら!

四角さが便利!「ファイヤーースクエアケトル」



新作の「ファイヤースクエアケトル」は、珍しい角形デザインのステンレス製ケトル。一般的な丸型のケトルに比べて、たっぷりお湯が入るのに高さは抑えられるのでコンパクトです。フタのつまみだけワンポイントで真鍮を使っているのもオシャレですね。



ツルが2本なので手に持った時の安定性も良く、吊り下げて使う時にも安定。注ぎ口にフタがついているので、焚き火で使っても灰が中に入りません。

また、ストレーナー(茶こし)がついているので、お茶やコーヒーの煮だしにもピッタリです。



そして角形デザインの最大のメリットはここ! かさばりやすいケトルがこの通り。収納する時に無駄なスペースが生まれません。

「ファイヤースクエアケトル」の詳細はこちら!

焚き火を楽しむおもちゃ!「焚き火ブロウパイプ」



続いて紹介するのは、ステンレス製の伸縮式火吹き棒「焚き火ブロウパイプ」。

先端には経年変化が楽しめる真鍮、グリップには高級感のあるツヤが魅力の天然木が使われていて、使う程に愛着がわきそうなアイテムです。



収納サイズは23.5cmですが、伸ばすと最長85cmになるので、火に近づき過ぎずピンポイントに空気を送り込めます。

灰が詰まったり汚れやすい先端部分は、取り外して掃除することも可能です。



ユニークなのは、ネジで取り付けられるポンプがセットになっているところ。このポンプ、ダブルアクション方式で押すときにも引くときにも空気が出るので、楽に強い風を送り続けることが可能。これが楽しくて、ついついシュコシュコとしてしまう、まるでオモチャです。

「焚き火ブロウパイプ」の詳細はこちら!

手に持つと分かるそのすごさ!「UL hibasami」



最後に紹介するのは、ブラックアルマイトがオシャレなアルミ製火ばさみ「UL hibasami」です。

重さはわずか約70g! 持ってみると驚くほどに軽いんですが、短すぎることもなく、絶妙なサイズ感。先ほど紹介した焚き火台「TABI」の収納ケースにもしまえる33cmになっています。



実際に使ってみると、爪でしっかりグリップしてくれるので細い枝から太い薪までつかみやすく、火ばさみとしての使い勝手も◎です。

特徴的な爪の形は、ケトルなどのハンドルをひっかけて持ち上げることまでできちゃいます。

「UL hibasami」の詳細はこちら!

ベルモントの新作でソロキャンプを楽しもう!



軽量なギアセレクトでも快適さは犠牲にしたくない。そんなソロキャンパーにおすすめしたいベルモントのアイテムを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

超軽量ながらしっかり焚き火を楽しめるTABI、収納しやすい角形ケトルなど、ユニークなアイテムが揃うベルモントの新作。コストパフォーマンスがいいのもベルモントの特徴です。軽量&快適ソロキャンプのギア選びに加えてみてはいかがでしょうか。

ベルモントの公式HPはこちら!

撮影協力:RE CAMP おだわら

Sponsored by ベルモント株式会社

The post コンパクトでも快適なソロキャンプ!成功の秘訣は「ベルモント」の新作にあり first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

【GoProマスター直伝】 キャンプ動画が“劇的に変わる”マル秘テク5選

GoProの進化が止まらないッ! 新型モデルは最強かも?



アクションカメラのパイオニアであり、現在も最前線を独走するGoPro。コンパクトなボディとクイックな操作性が生み出すダイナミックな映像は、アクティビティ動画に革命を起こしたと言っても過言ではありません。

アイコンモデルのHEROシリーズは日進月歩の進化を遂げていますが、今秋にリリースされた最新モデルの「HERO9 Blackは、フィールド対応の機能性と使い勝手が大幅にパワーアップしています。

GoPro HERO9 Black

最大の特徴は、新しく搭載されたフロントスクリーン。自撮りもスマートに撮影できるため、より直感的な操作が可能に。魅力的なタイムラプス撮影ができる「タイムワープ3.0」や、録画予約できる「スケジュールキャプチャー」などの便利機能も追加されました。

そんなHERO9 Blackをキャンプに持ち込めば、今までにないユニークな映像が撮れそう! ということで、数多くのアクティブ動画をアップしているGoProの達人に、キャンプで使える実用的な撮影テクニックを聞いてみました。

GoProマスターSOUさんが、マル秘テクを伝授!



「コツさえ掴めば、GoProは誰でも簡単にユニークな動画が撮れますよ」。そう語るのはGoProファミリーのSOUさん。 SUPをメインに幅広いアクティビティでGoProを使いこなし、撮影方法や編集をレクチャーする動画も話題になっています。YouTubeチャンネル「So Motion Pictures」も必見!

SOUさん

GoProはスマホでは撮れない、アクティブかつダイナミックな映像が撮れます。しかもカメラの存在を気にしないで遊べるから、自然体の撮影ができるのも魅力です。



SOUさんにレクチャーを受けて、撮影に挑戦するのはアメオさんファミリー。ギアにもこだわり、インスタグラムではameo_gram名義でおしゃれなキャンプ写真をポストしています。ちなみにGoProをちゃんと触るのは今日が初めて。

初めてGoProで撮影するから少し不安もありますが、それ以上に楽しみ。今日は撮影もキャンプも全力で楽しみます!

それでは実際に撮影しながら、キャンパー必見の5つのテクニックを伝授してもらいます!

【テク1】キャンプ向きマウント&アクセを活用!

右から/Shorty(ミニ延長ポール + 三脚)、バイトマウント、 マグネット付きスイベルクリップ、Zeus Mini(マグネット付きスイベル クリップ ライト)

なんといってもGoProには豊富なマウントやアクセサリーが揃っています。それを適材適所で上手く取り入れることが、おもしろい視点で動画を撮るための秘訣だとか。

SOUさん

今回はボクが実際にキャンプで重宝している、マウントやアクセを厳選しました。それぞれのオススメの使用方法や撮影テクもレクチャーしますよ!

定番マウント「Shorty」は出発前からセット!


SOUさん

定番マウントの「Shorty」は、気軽に持ち歩けて自撮りも簡単。出発前からGoProにセットしておいて、クルマを運転するパパや車内から見える景色を撮っていきましょう。キャンプ場に向かう道中にも撮影ポイントはいっぱいありますよ!

作業中の撮影は「バイトマウント」が効果的!


SOUさん

キャンプ場に到着して荷物を積み下ろすときは、口にくわえて使う「バイトマウント」がオススメ。自分の両手が映り込んだ目線の映像が撮れるから、ちょっとした作業でも臨場感のある視点が楽しめます。

テントポールに「マグネット付きスイベルクリップ」を設置!


SOUさん

テント内は「マグネット付きスイベルクリップ」が相性抜群。ポールの上の方にセットしておけば目立たないので、リビングでくつろぐ家族の自然な姿を撮れます。スチール製のポールならマグネットで直接貼り付けることもできますよ。

多用途LEDライト「Zeus Mini」も便利!


SOUさん

さらに、単体でも使える多用途LEDライト「Zeus Mini」もキャンプにオススメ! マグネット付きスイベルクリップにセットできるから、テントポールやクルマのボディに貼り付けたりして、ちょっとした作業をするときに重宝するんです。

【テク2】サイト設営は「タイムラプス」で撮影!



サイトの設営時に使いたい機能が、HERO9 Blackで進化した「タイムラプス」や「タイムワープ」。

ショーティを三脚にして、設営の全景がフレームインする位置にGoProを固定したら、この機能で撮影をスタート。あとは家族みんなで設営するだけ!

SOUさん

今回、「タイムラプスビデオ」の撮影間隔は2秒で撮ってみます。編集のときに再生スピードを早めることもできますが、30分くらいかけた設営の様子が、30秒ほどの動画に仕上げることができますよ。

完成後はサイトを1周して立体的に記録


SOUさん

完成したサイトは、「タイムワープ」を使って、グルっと1周撮影してみてください。この機能を使えば、お気に入りのサイトを360度の視点で楽しめます。一緒に回ってみましょう!

タイムラプスとタイムワープを使って撮影した設営ムービーがこちら。サイトが完成していく様子をコミカルに見ることができます。

SOUさん

設営はなるべく家族みんなで協力してください。少しドタバタするくらいのほうがおもしろくなりますから(笑)。「タイムワープ」でテントを1周するときは、モニターにグリッドを出して、画面に映るテントの高さを常に揃えておくことが、綺麗に撮れるコツです。

【テク3】アクティビティも多視点でダイナミックに!



キャンプではアクティビティを楽しむ人も多いのでは? アメオさんファミリーはMTBが趣味ということで、複数のマウントと最新機能と組み合わせてダイナミックな撮影に挑戦!

SOUさん

アクティビティ中は決定的瞬間を狙おうとしないで、少し長めに撮影したほうが、自然な表情や動きを撮ることができますよ。

左から/ハンドルバー/シートポスト/ポールマウント、Chesty

自転車の撮影に使いたいマウントは、ハンドルにセットできる「ハンドルバー/シートポスト/ポールマウント」と、胸に装着する「Chesty」。この2つのマウントで交互に撮影するだけで、多視点のアクティブ動画が簡単に撮影できるとか。

SOUさん

「ハンドルバー/シートポスト/ポールマウント」はハンドルにセットしたまま、GoPro向きを前後に変えられるのが便利なんですよ。「Chesty」はアウターの下に着用してジッパーの隙間から出しておくと目立ちません。自転車は前傾姿勢になるので、GoProを逆さに装着すると丁度いい角度に収まります。

「ハイパースムース3.0」の手ブレ補正ムービーは必見!

SOUさん

もちろん、アクティビティもいろんな視点で撮影してほしいですが、HERO9 Blackならではの「HyperSmooth 3.0」も活用してください。ムービーを見れば一目瞭然ですが、驚くほどスムーズに動画のブレを修正してくれますよ。

【テク4】「スケジュールキャプチャー」で朝焼けを狙え!



そしてHERO9 Blackに初搭載された話題の機能が、撮影予約ができる「スケジュールキャプチャー」。日の出時間に設定しておけば、電源をオフにして寝ても自動で朝焼けを撮影することができます。

SOUさん

これは是非キャンパーの人たちに試してほしい使い方。タイムラプス機能と併用がオススメです!

テントも一緒に撮影するとキャンプ感がアップ!

SOUさん

せっかくキャンプで朝焼けを撮影するなら、背景にテントも入れておきたいですね。ちなみに今回は、日の出タイムの前後1時間を予約して、「タイムラプスビデオ」の撮影間隔は10秒にセットしてもらいました。

【テク5】編集はスマホアプリにお任せ!



ということで早速、撮影した映像を編集してみましょう。といっても、専用のスマホアプリ「GoPro」を使えば、実はめちゃくちゃ簡単にできるんです。もちろん、その日のうちにテント内で編集&シェアも可能!

SOUさん

まずは今日撮影した動画をスマホに転送してください。専用アプリがあれば、Wifiがない環境でも転送できますよ。


SOUさん

そして使いたい動画や画像を選択するだけ。あとは編集ボタンを押せば、アプリが自動で編集してくれるんです。最後に、音楽や尺、画角などを調整すれば、あっという間に、唯一無二のアクティブなキャンプ動画の完成!

完成したムービーは、家族の宝物!

アメオさんがSOUさんにレクチャーを受けながら、一緒に撮影や編集をした動画がこちら。想像以上のクオリティに大満足の様子です。

出発シーンから映像があるとストーリー性がアップしますね。SOUさんから教えてもらったGoProらしいユニークな撮影方法や臨場感のある視点も楽しいです。しかも編集も驚くほど簡単にできました。それでこのクオリティは凄い! このムービーは、家族の一生モノの宝です(笑)。

SOUさん

今回紹介した5つのテクニックを駆使すれば、誰でも気軽におもしろいキャンプ動画が作れるんです。もちろんアイデア次第で、他にもいろんな視点で撮影が楽しめますよ!

HERO9 Blackはキャンプのマストギアに決定!



GoProの最新機種、HERO9 Blackを使えば、いつものキャンプの記録動画がドラマチックな映像作品になりました。

前作から比べると、バッテリーの駆動時間も最大30%アップしているのも、野外で長時間使いたい外遊び好きにとっては嬉しい進化です。もちろんコンパクト&タフなボディも魅力。水深10mの防水性能もあるため、雨の中でも気軽に持ち歩くこともできます。

定番のキャプギアと一緒に常備しておけば、フィールドでの遊び方や楽しみ方の幅が格段に広がりますよ!

「HERO9 Black」の詳細はこちら! 

Sponsored by GoPro, Inc.

撮影協力/黒坂オートキャンプ場

The post 【GoProマスター直伝】 キャンプ動画が“劇的に変わる”マル秘テク5選 first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

冬キャンプを幸せにする4つのアイテム

冬キャンプを快適に過ごしたい!



澄んだ空気が気持ちよく、虫に悩むこともない冬キャンプ。寒ささえ克服してしまえば、冬は最高のキャンプシーズン!? 実際、先輩キャンパーの中では、夏よりも秋冬シーズンを好む方も多いんだとか。

今回はCAMP HACKのyoutubeチャンネルから、冬キャンプの寒さを克服し、幸せになれる4つアイテムをご紹介します。

4つの幸せアイテム

背面を幸せにするアイテム



まず、1つ目にご紹介するのが、チェアの背面をカバーするrevir of river「チェアクッション」。

背面の隙間だけでなく、4cm厚のクッションが下からの冷気もシャットアウト! 1,500円という値段も嬉しいポイントです。

食材を美味しくして幸せになるアイテム



2つめは、テンマク デザイン「男前グリルプレート」。波型のプレートが特徴で、誰でも焼き上がりがプロのような仕上がりに!

スーパーで買ってきたセール品のお肉も美味しく焼けちゃいます。

面倒臭さを省き幸せになるアイテム



温かい飲み物から、湯たんぽ・お皿洗いまで、冬キャンプで活躍するのが“お湯”です。いちいち沸かすのが面倒な場合、保温ジャグを用意したいところ。そこでおすすめなのが、RIVERS「サーモジャグキート」。

真空二重構造で、10時間で56℃以上の保温効果。見た目もおしゃれでインテリアとしても最適です。

足下から幸せになるアイテム



着込むだけで寒さ対策が難しいのが足元。厚手の靴下や、ホッカイロを足下に貼って活動するのは、圧迫感があり不快に感じてしまうかも。

そんな悩みを解決するのが、暖かさとリラックス感を両立させた理想の冬サンダルがSUBU(スブ)です。



“誰も知らない冬のサンダル”として2016年にデビューした、日本発のフットウェアブランドSUBU。4層インソール採用でふわっとソフトな履き心地は、一度履いたら病みつきになります。

また、裏側は起毛加工で肌触りがよく、素足でルームシューズとしての活用も可能。この冬からラインナップも新たに加わり、選択肢も広がりました!

足下から冬キャンプを快適に!



冬キャンプを幸せにする4つのアイテム、いかがでしたか? 冬キャンプを快適に過ごすアイテムや工夫は、今回ご紹介したほかにもたくさんあります。

足下から快適な空間まで、万全の準備で冬キャンプを楽しんでくださいね。

アイテム詳細&お得なプレゼント情報もある!動画はこちら

今回、ご紹介したアイテムの詳しい説明は、CAMP HACKチャンネルの動画をチェックしてみてください。

お得なプレゼントキャンペーンの情報もありますよ!

Sponsored by 株式会社イデアポート

The post 冬キャンプを幸せにする4つのアイテム first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

【山を買った人のリアル】プライベートキャンプ場オーナーに聞いた、”マイ森林”の楽しみ方

キャンプ用の森林と上手く付き合う3つの秘訣

出典:PIXTA

芸人のヒロシさんやバイきんぐ西村さんが、キャンプ用に山を購入したことが話題となりましたが、最近はプライベートキャンプ場が注目を集めています。

誰にも邪魔されずに好きなことを自由に楽しめる、自分だけのキャンプ場は確かに魅力的です。キャンパーなら誰もが憧れる理想郷、と言っても大袈裟ではないかもしれません。

出典:PIXTA

しかし、個人的に山を所有するのは、なにかと手間もかかりそうだし場所選びも難しそうです。そこで、実際に森林を購入して、プライベートキャンプを満喫しているリアルキャンパーさんにお話を伺ってみました。

そして分かった、キャンプ用の森林と、安全かつ長期的に上手く付き合っていくための3つの秘訣を紹介します。

お話を伺ったのは、この人

提供:Ø(レイ)さん
Ø(レイ)さん(インスタグラマー)
ジムニーの購入をキッカケにキャンプに目覚め、主に河原や林間でのソロキャンプを満喫。元々、渓流釣りや登山を楽しんでいたこともあり、キャンプも自然の中での野営スタイルが基本。その様子はインスタグラム(@0.degrees.ig)をチェック。

① 森林を所有する前に、やりたいことを明確にする

提供:Ø(レイ)さん

宮崎県在住のØ(レイ)さんは、2020年の4月にキャンプ用に森林を購入したばかり。ブッシュクラフトや直火の焚き火に興味があり、整備されたキャンプ場にはないワイルドな環境を求めて、身近な森林を探し始めたとか。

私の場合、“焚き火台を使用しない焚き火”をするのが1番の目的でした。そのため最初にしたのは、森林を買ったとして、現実的にそこで火が使えるのかを消防署や役場に確認することでした。

提供:Ø(レイ)さん

調べた結果、焚き火は問題ないけど、煙が第三者から見える場所は、その度に消防署への申請が必要になる場合があることがわかりました。

そのため候補地として最初に決めた条件は“人里や民家から少し離れた場所”。幸い、愛車はジムニーなので、細い林道でも問題なく走れます。

楽しむ目的によって、探す森林の条件も変わる

提供:Ø(レイ)さん

森林の購入を周りに相談しても反対されることがほとんどだし、ネットにもネガティブな情報がいっぱい出てきます。でも実際に自分で調べてみると、意外とそうでもないことがわかってきました。個人的にキャンプを楽しむのが目的の場合、そこまで広さも必要ありませんから。

確かに、山をまるごと購入するなんて大きな話ではなく、ピンポイントで特定の一区画を所有するだけって考えると、ちょっとハードルが低くなりそうです。

所有したい森林の規模や環境をしっかりと見極めていけば、そんなに非現実的な話でもないんですよ。もちろん、そこで何をするのかによって条件も変わってくるので、まずは自分がやりたいことを明確にしてから探すのがいいと思います。

実際にØ(レイ)さんが所有した森林も、一反(300坪)ほど。それでも50mプールよりも少し小さいくらいなので、プライベートキャンプ場としては充分です。

② 森林の環境を把握して、万が一の備えもしっかり!

提供:Ø(レイ)さん

限られた区画とはいえ、快適に楽しむためには自分が管理する森林の環境は細部まで把握しておく必要があります。

まず森林の環境としては竹が生えてないことは意識したほうがいい部分。竹は根が深いため、切っても直ぐに生えてくる。管理が大変だし、除去をするにもお金がかかるんです。

それと沢の位置や場所もポイントです。近くに沢があると遊びの幅が広がるから楽しそうですよね。でも実際には沢が身近にあると虫が多くなるし、大雨で増水することもあるから危険です。だから沢は適度に離れている方が快適に過ごせると思いますよ。

ちなみに購入した森林に無名の沢が流れていても、それは公共物と同じ扱いになるらしく、自由に使えるけど所有はできないとか。その森林に行くまでの林道も公共性が高く、使う人がみんなで管理することが多いようです。

提供:Ø(レイ)さん

ブッシュクラフトを満喫したいØ(レイ)さんにとっては、なるべく自然の景観も魅力のひとつでした。

いろいろ調べたうちにわかったことですが、最初の手入れがしっかりしている森林は、木漏れ日がいい感じなんですよ。雑木の上のほうだけが元気よく茂るから、山肌部分まで太陽の光が当たりにくいんです。

だから草も育ちにくいため、虫も少ない。しかもちょっとした小雨くらいなら気になりません。なるべく自然の状態でキャンプを楽しみたい私にとってあまり光が差し込まない雑木林が理想なんです。

電波が届く場所を選び、火の管理は徹底する!

提供:Ø(レイ)さん

そんな誰も来ないような山奥の森林だからこそ、Ø(レイ)さんは安全対策も徹底しています。

やはり携帯の電波が入ることも重要です。なにかあったときに家族と連絡が取れないのは不安ですから。もちろん心配もかけたくないので、山に入るときは必ず事前に伝えて、スマホのGPS機能をオンにしています。

とはいえ何か事故が起きても、家族が直ぐに来れる場所ではありません。そのため、家族経由で森林組合やキャンプ仲間に連絡が行く手配も整えてあります。

それと焚き火を楽しむときは、山火事にならないための対策も怠りません。専用の場所を決めて、常に水を多めに用意して近くに置いているし、終わったあとは必ず土と水をかけることを徹底しています。

③ 森林を維持するため、自然に配慮しながら遊ぶ

提供:Ø(レイ)さん

理想に近い“マイ森林”を手に入れたØ(レイ)さんですが、もちろんそのままではキャンプ場として使えません。所有後はどのように付き合っているのでしょうか。

基本的に斜面なので、自分でスコップを使って整地をしています。今は4m×10mほどの平地を2段作って、上をテント場、下を焚き火のスペースにしています。

そんな悠長なことやっていたら遊ぶ時間がなくなるよって周りから言われたりするけど、そうやって少しずつ自分で手入れをするのが楽しいんですよ(笑)。ブッシュクラフトが好きだから、それ自体が遊びなんです。

提供:Ø(レイ)さん

野営スタイルとはいえ、やはり水場やトイレの問題も気になるところ。民家から離れていると、野生動物と遭遇する心配もありますが……。

飲料水はポリタンクに入れて持ち込んでいます。トイレは登山などでも使える携帯トイレで。テントやタープは張るけど、寝るのはハンモックですね。草原ではないから虫が大量に発生することはないけど、イノシシが出そうなのでその対策として。

だからハンモックを吊るす場所も、なんとなく用意してみました。でも、なるべく自然のまま楽しみたいから、キャンプ場としての整備は最低限に留めています。

提供:Ø(レイ)さん

これはブッシュクラフトが好きなØ(レイ)さんだから可能なキャンプスタイルかもしれません。ちなみにご家族の理解は?

やっぱり最初は反対されましたよ。でもこないだ初めて娘を連れていったら、思った以上に喜んでくれて、嫁も安心したみたいですね。ワイルドな焚き火の料理も一緒に楽しんでくれました。だけど、やっぱりトイレの問題が出てきたから、今後は車中泊でも使える水洗式ポータブルトイレの導入を検討しています。

長期的に付き合っていく覚悟も必要!

提供:Ø(レイ)さん

「今はやってみたいことが次々と溢れ、ほぼ毎日のように遊びに行っています!」と、すっかりプライベートキャンプ場に魅了されている様子ですが、まだ購入して半年ほど。森林の土地を所有し続ける限り、今後はずっとそこを管理していく義務も発生します。

もちろん身体が動く限りは、遊び尽くすつもりです。私の遊び方なら維持費もあまりかからないですから。でももし自分が維持できないときが来れば、森林組合に木を買い取ってもらったり、土地の買い手を探してもらったり、いろいろと協力してもらえる話をしています。

林道の幅を少し広げれば、このあたりの木も伐採できるらしく、有効活用できるみたいですよ。正直、ソーラーパネルを設置する業者に買われるよりもずっといいって、言っていただけました。

もちろん私もできる範囲で森林の維持に協力していくつもり。遊びにいく度に、林道の石を整備したり、倒れている木を解体して薪として再利用するようにしています。

提供:Ø(レイ)さん

森林の管理はもちろん、自然を維持していくための環境整備にも積極的に取り組んでいるØ(レイ)さん。これなら今後も安心して遊べそうです。そして森林組合と友好的な関係を構築しておくのも“マイ森林”と長く付き合っていくための、重要なポイントになりそうです。

ということで改めて最後に、プライベートキャンプ場を所有する上でのメリットとデメリットを伺ってみました。

デメリットは、台風や大雨のときに自宅以外に心配する場所ができちゃったことくらいですね。こないだの雨のときも、山のことばかり心配していて家族に怒らました(笑)。

メリットは、やはり自分だけのキャンプ場ってことですよ。直火の焚き火も堂々とできるし、なによりも想像以上の癒し空間です。本当に最高の遊び場を手に入れた気分ですね。多分一生飽きないと思います。

上手く付き合えば“マイ森林”は一生モノの遊び場に!

出典:PIXTA

今回、お話を伺ったØ(レイ)さんは、プライベートキャンプ場のオーナーの中でも、かなり維持費をかけずに遊んでいる特殊な一例かもしれません。

本人も語っている通り、場所や遊び方によって森林の地価も大幅に変わってきますし、雑草対策や獣害への対応、最低限のインフラ整備や維持費に、想像以上のお金がかかることも多いようです。さらにアクセスが良いわりに人通りが少ない場所は、ゴミの不法投棄などの問題もあるとか。

他にも、自身が所有する山で土砂崩れがおき、道路を塞いだり民家を破壊した場合は所有者の責任になるため、場所選びに失敗すると負の遺産になることもあるため注意が必要です。

出典:PIXTA

それでも、森林整備の協力や事故対策、地域との対話も含めて上手く付き合っていける森林が手に入れば、Ø(レイ)さんのように一生モノの遊び場になることは間違いなし。

もしかするとプライベートキャンプ場は憧れの理想郷ではなく、わりと現実的な選択肢なのかもしれません。

あなたの「森の楽しみ方」を発見しよう!

sponsored by 森林サービス産業プロモーション共同企業体(林野庁委託事業)

The post 【山を買った人のリアル】プライベートキャンプ場オーナーに聞いた、”マイ森林”の楽しみ方 first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

人気過ぎて売り切れ続出!「ヨセミテストラップ」は全キャンパー必見です

ヨセミテストラップって知ってる?



いま感度の高いキャンパーで話題のアイテム「ヨセミテストラップ」をご存知ですか?

クライミングロープを使った、アウトドアライクなスマートフォン用の肩掛けストラップで、大量生産できないハンドメイド製品のため、品薄・売り切れが続くほどの人気なんです!



もともとはカメラ用のストラップとして考案されたもので、一部のカメラ好きから高い評価を得ていたアイテムでしたが、昨年からスマートフォン用の「ヨセミテ モバイル ストラップ」が発売され、幅広いユーザーに使われるように!

人気の理由は見た目だけじゃない……? 今回は「ヨセミテストラップ」の6つの魅力を深掘りします!

人気の秘密を徹底検証!

1.極太ロープ!こだわり抜かれた質の高さ



ヨセミテストラップ、最大の特徴といえば、目を惹く極太ロープ! クライミングロープを採用し、1つ1つの商品を日本の職人が手作業で制作しているということ。



クライミングロープを採用したストラップは、ねじれ跡がつきにくく、結んで使ってもOK。太さ9mmのロープを好みの長さに調整することが可能です。

さらにこの秋から、12mmという極太タイプもラインナップに加わりました。重たいスマホやカメラも肩に食い込みずらく、見た目にも無骨で男前です。

2.グッドデザイン賞も受賞!ルーツは写真家が考えたカメラストラップ



ヨセミテストラップは、日本人写真家のHobby Izaki氏が、カリフォルニア州のヨセミテ公園でひとりのクライマーと出会ったことに始まります。

カメラ好きなら誰しもが憧れる「ライカ」にも採用されるなど、海外の評価も高いんです!



さらに、2018年に耐荷重20kgを実現する「アリゲーターロックシステム」をYKKと共同開発。クライミングロープだけではなく、細かい部品までアウトドアで必要なタフさを実現しています。

3.極太ロープがファッションのアクセントに!



カメラストラップとして始まった「ヨセミテストラップ」ですが、極太ロープはアウトドアファッションとの相性もバッチリ。

人気のセレクトショップ、BEAMS(ビームス)や、FREAK’S STORE(フリークスストア)でも取り扱われるほどです。



キャンプ中に、「あれ?スマホどこに置いたっけ?」となることもなく、紛失のリスクを減らしてくれます。ファッション性の高さと実用性を兼ね備えた秀逸なアイディア商品ですね!

4.どんなスマホも基本OK!



スマートフォンとの接続に専用のケースは不要。ストラッパーと呼ばれる付属アイテムをケースの充電部分に入れるだけでしっかりと固定されるという手軽さも人気の理由です。

今使っているお気に入りのスマホケースをそのまま使えるのは嬉しいポイント。

5.ぶら下げるアイテムは自分次第にカスタマイズ!



カメラ・スマートフォン向けに発売されているヨセミテストラップですが、アイディア次第でいろいろな使い方もできますよ!

例えば、キャンパーに人気の軽量LEDランタン「ゴールゼロ」や、ペットボトルホルダーとの組み合わせで実用的に使うのも良さそうです。



普段使いには、スマートフォンだけでなく、財布や鍵をぶら下げておくのもいいですね。



また、先端のカラビナだけでなく、レザーフックのパーツにも引っ掛けられることが可能。レザーに刻印された「yosemite」のロゴも印象的です。

6.様々なカラーバリエーションが選べる!

ヨセミテストラップ

ヨセミテストラップは、カラバリエーションも豊富。どんなファッションにもハマる定番のブラックから、ポップなカラーのブルーまでお気に入りの1本を選べます。



さらに12月18日、坂口憲二さんが手掛けるコーヒーショップ、「ザライジングサンコーヒー 」とのコラボモデルも発売!

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


水や汚れに強いファスナーポーチが、ストラップとセットで販売するということ。アウトドアでの使い勝手は間違いなさそうです!





さらに注目したいのが、12月20日に発売されるステルスモデル! フックのシルバー部分がマットなブラック仕様に。使い込むとブラックの塗装が削れて金属が見えてくるという、経年変化を楽しめるモデルです。

限定500個というプレミア商品なので、気になる方は早めに手に入れましょう!

「ヨセミテストラップ」は、2021年も爆売れの予感!



キャンプ・アウトドア好きなら、絶対にハマる「ヨセミテストラップ」。日常使いから、キャンプシーンでの活用のほか、登山や釣りなどのアクティビティでも活躍すること間違いなし。

人気カラーはすぐに売り切れてしまうため、気になる方は売り切れ前に早めの決断を!
ヨセミテストラップの詳細はこちら

sponsored by 株式会社SmokySunday

The post 人気過ぎて売り切れ続出!「ヨセミテストラップ」は全キャンパー必見です first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

コールマンの最新コラボは、お得すぎる福袋で話題の「マクドナルド」!?

マクドナルドの「2021年版福袋」は全キャンパー必見!

マクドルド コールマン

この時期になると気になるのが、年始限定でリリースされるお得感満載の福袋。様々なショップで展開されますが、なかでも見逃せないのが「マクドナルド」です。

昨年から全国で販売を開始し、福袋でしか入手できない限定コラボアイテムが話題に。2020年版はniko and…と一緒に、アメリカ雑貨のような秀逸なプロダクトを展開していました。

マクドルド コールマン

そして2021年版でタッグを組むのは、キャンパー御用達の定番ブランド「コールマン」。日常からアウトドアまで大活躍してくれる、実用的なアイテムがセットになっているとか。

ということで正月気分を少し先取りして、2021年版の福袋の中身をチェックしていきます!

お得過ぎる「限定5点セット」がこちら!

マクドルド コールマン

福袋に入っていたのは、トートバッグ、スクエアポーチ、マグカップ、ポテトクロック、商品無料券の5点セット

マクドナルドらしいポップなカラーリングは、コールマンのロゴとも相性抜群ですね。早速、各アイテムを実際に使ってみましょう。

街でもキャンプでも重宝する「トートバッグ」

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


まずは最も大きなアイテムとなるトートバッグから。ほどよく厚手のキャンバス生地で、手持ちも肩掛けもしやすい絶妙なサイズなので、デイリーで活躍してくれます。

片面にコールマンのロゴとアイコン、もう片面にマクドナルドのロゴとポテトのイラストがプリントされているため、その日の気分やシチュエーションに合わせて使い分けられるのもグッド。

マクドルド コールマン

そしてマチが結構あるため、見た目以上の収納力を誇ります。実際にキャンプに持ち込んでみたところ、LEDランタンやクッカーセット、調味料ボックスなど入れても、まだ余裕がありました。これならファミリーキャンプはもちろん、日常の買い物でも大活躍してくれますね。

「スクエアポーチ」は日用品や小物ギアの収納に最適!

マクドルド コールマン

続いては、様々なデザインが用意されているスクエアポーチです。

使い勝手のよい手の平サイズながら、どこに置いても目立つデザイン&カラーリングが特徴的。バッグインバッグとしても重宝しそうです。



ハンドクリームやリップに加え、除菌スプレーや予備のマスクなど、普段持ち歩く日用品が増えている昨今。これくらいのサイズのポーチがひとつあると便利ですよね。このままバッグに常備したくなります。

キャンプなら小型LEDランタンやスマホのバッテリーなど、小型ギアやガジェットを収納しておくのに最適。コンパクトだけど目立つポーチにまとめておけば、コンテナボックスの中やテント内で探す手間も省けます。



全3色展開のカラバリも魅力のひとつ。トートバッグ同様に、片面にコールマンのロゴとアイコンが入っていますが、ベースの色が赤、緑、黄のどれかになっています。そしてもう片面のマクドナルド側は、カラーリングによってデザインが異なるという遊び心も。

福袋のセットにはどれかひとつが入っているため、どの色が出るかはお楽しみです。

家でも外でもチルタイムに欠かせない「マグカップ」

マクドルド コールマン

キャンパーなら、いくつ持っていても困らないのがマグカップ。もちろん日常でも使えるアイテムです。こちらはコールマンのステンレスマグのシルエットを踏襲しながらも、軽量かつポップなプラスチック製。往年のアメリカン雑貨のような雰囲気なので、自宅で使ってもオーバースペックに見えません。

カラバリは落ち着いたオフホワイトとヴィヴィッドなイエローの2色を用意。どちらのモデルにも、マクドナルドのロゴとコールマンのランタンロゴが立体的に刻印されています。

マクドルド コールマン

キャンパー御用達のコールマンの定番マグがベースになっているだけに、焚き火やキャンプで使っていると、「それなに?」って言われることも多そう。

福袋にはイエローとホワイトの、どちらかひとつが入っていますが、色違いで揃えたくなりますね。

CMでお馴染みのメロディが楽しい!「ポテトクロック」

マクドルド コールマン

みんな大好き、マックフライポテトのオブジェかと思いきや、ケース部分をスライドさせると時計の文字盤が出てくる「ポテトクロック」もセットのひとつ。トイ感覚で扱える雑貨ですが、なによりもオフィシャルのアイテムというのが嬉しいですよね。もちろん限定デザインのため、レア度もマックス。

しかも目覚まし機能もついているから実用的。タイマーをセットした時間になると、マクドナルドのCMでお馴染みのメロディで軽快に起こしてくれます。ちなみにスライドして外したフタは、裏側にセットできますよ。

マクドルド コールマン

自宅のベッドサイドはもちろん、キャンプに持ち込むのもあり。軽くてかさばらないから気軽に持ち運べる上、話題性も抜群です。

サイトの一角にさりげなくディスプレイしても楽しいし、テント泊の枕元で目覚ましタイマーをセットしておけば、美しい朝焼けの瞬間を見逃すこともありません。

「商品無料券」は、家族でお腹いっぱいになる3,160円(税込)相当!



福袋の中身は、限定グッズだけではありません。マクドナルドの商品無料券も入っています。

しかも定番のビッグマックやてりやきマックバーガーが揃い、合計3,160円(税込)相当! 福袋が3,000円(税込)なので、これだけでも元が取れてしまいます。

マクドルド コールマン

※画像はイメージです。

商品無料券で食べられるハンバーガー、ナゲット、ポテトを並べるとこんな感じ。5、6人の家族がお腹いっぱいになる量です。

1回のキャンプで使ってもいいですし、日常で少しずつ使っていくのもいいですよね。お腹いっぱい食べたい人には嬉しいポイントです。

さらに、1/10の確率で「マックカード」も当たる!



必ず入っている5つのアイテム以外にも、1/10の確率で500円分の金(※)のマックカードも入っているとか。
マクドナルドで気軽に使える商品券だから、運良く当たれば、さらにお得感もアップ! お正月早々、運試しとしてチャレンジしてみては?

※金属ではありません。

気になる入手方法は……今年はWeb抽選予約!



気になる入手方法ですが、今年は事前にWeb上で予約が必要。抽選に当たった人だけが1月1日から3日の間に店舗で購入できる仕組みになっています。応募期間は、12月14日の15時から22日の23時59分までの9日間。

そのかわり当選すれば、新年早々に並ぶ必要もありません。詳しくはマクドナルドの公式サイトをチェックしてみてください!

WEB抽選予約はこちらから!

スマホからも予約可能!抽選予約サイトに今すぐアクセス!!

マクドルド コールマン

ということで、マクドナルドの2021年版の福袋は、キャンパーなら要注目のコールマンとの限定コラボアイテムが入っていました。もちろんキャンプだけでなく日常でも活躍するものばかりです。

しかもコールマンとマクドナルドのロゴが一緒に入ったグッズは、この機会を逃すと手に入らない貴重な限定グッズ。どちらもアメリカを代表する老舗企業ながら、実は日本でコラボをするのは今回が初だとか。もしかすると本国のキャンパーも羨むほどのレアなアイテムになるかも?

WEB抽選予約は、スマホから簡単に申し込みできるので、今すぐ特設サイトにアクセスしてみよう!

WEB抽選予約はこちらから!Sponsored by 日本マクドナルド株式会社

撮影協力/RECAMP しょうなん

The post コールマンの最新コラボは、お得すぎる福袋で話題の「マクドナルド」!? first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK