着火

リップクリームが火起こしに役立つ?と聞いて、光の速さで試してみた!

記事中画像撮影:すべて筆者

リップクリームってくちびる専用じゃない!



カサカサのくちびるに潤いをもたらす「リップクリーム」。必需品として毎日持ち歩いている方も多いと思います。

もちろんくちびるにも塗るけれど……



冬だけでなく、大量の紫外線を浴びる夏もくちびるケアはしっかりしておきたいものですが、リップの用途はそれだけじゃありません。

じつは、リップクリームは火起こしに一役やってくれるのです。

なんと、火起こしに効く!

出典:PIXTA

調理、焚き火……キャンプでは火起こしするシーンがたくさん。市販の着火剤を忘れたときなんかに「リップクリーム」が重宝するんです!

そのままでは着火できない



ただ、そのまま直接リップに火をつけても溶けるだけ。心強いアシスト役と心得ましょう。ロウソクのロウ部分に直接火をつけてもつかないのと一緒で、ちょっとした工夫が必要なんです。

コットンをアルミホイルで包めば即席着火剤が完成!



それではまず、自作の着火剤を作ってみましょう。作り方はいたって簡単。

用意したのはコットン。化粧水などを肌になじませるのに使うものです。たまたまこれがあったので使いましたが、コットンでなくても包めて燃えるものであれば何でもいいでしょう。



リップを5mmほどの厚さにカットします。



それをコットンで包んで、よく揉み込みます。



アルミホイルでさらに包んで、クルクル丸めます。



広げればハイ完成! リップがしっかり染み込んだコットンが着火剤代わりです。



いざ着火! さてさて……。



ご覧のとおり、かなりしっかり燃えてくれます! コットンだけならすぐ消えてしまうところですが、リップと混ぜ合わせたおかげで炎の持続力が大幅アップ。

包んだアルミホイルが風防の役割を果たしてくれますし、動かす際も便利なんです。

リップなしと比較してみる

ではここで「リップなしに比べてホントによく燃えるの?」というギモンを解消すべく、ふたたび実験してみます。

麻にもに塗り込んでみる



試してみるのは手軽な着火剤として知られる「麻ひも」。



同じ長さカットした麻ひもを2本用意しました。上は元の状態のまんまで、下がリップを塗り込んだものです。

同時に着火して燃焼時間を比較



それぞれの麻ひもに同時に火をつけてみて、どちらが長く燃えるかを比べてみたいと思います。では着火!

明らかに炎の持続力アップ!



リップなしの上の麻ひもは火はつくものの、あっという間に消えてしまいました。対してリップを塗り込んだ下の麻ひもはまだ燃え続けています。やはりリップを塗り込んだもののほうが炎が長持ちするようです。

理由は、リップクリームはおもにワセリンや蜜蝋といったものでできており、元はといえばオイルやロウだからです。

ローソク代わりにもなるのでは?

出典:PIXTA

リップがロウなら、きっとロウソクにもなるはず……ということでこちらも試してみます!

綿棒を用意



まずは綿棒を用意。これが芯代わりになります。ちょっと長すぎるので半分にカットします。

リップを塗り込んで



綿棒にリップクリームをしっかり塗り込んでいき、全体になじませます。

リップに差し込み



これをリップクリーム本体に差し込みます。何やらロウソクっぽくなってきましたよ。

火をつければ完成



おもむろに火をつけると……。



いい感じのロウソクになりました! 小さいのですごく明るいというわけにはいきませんが、緊急時には役立つかもしれませんね。

何かと役立つリップを常備しよう!



着火のアシストをしてくれるリップクリームが、いかに有能かお分かりいただけたかと思います。

くちびるケアにはもちろん、ナイフの可動部に塗って潤滑油にしたり、革製品を保湿したり、靴擦れを緩和したりと何かと役立つリップクリーム。

携帯しやすいのでポケットにしのばせたり、ファーストエイドキットに加えてみてはいかがでしょうか。

Source: CAMP HACK

薪についての基礎知識。用途別おすすめ種類をご紹介

アイキャッチ画像出典:PIXTA

薪、正しく選べていますか?

薪 焚き火

本格的なアウトドアに欠かせない薪。伐採した木材を切断し、さらに割って水分を飛ばし乾燥させるなど実は手間がかかっています。

そして種類も豊富!焚き火や料理などをスムーズに進めるには、シチュエーションに合った薪をきちんとチョイスすることが重要です。

焚き火に適した薪を使わないと…

焚き火の際、いきなり巨木に着火して火がおこせなかったり、生木を燃やしてしまって煙がモクモク…なんて失敗に陥った経験はありませんか?

ここで薪についてしっかり学んで、正しく選んで使いましょう!キャンプで薪を使うシチュエーション別に最適な薪の種類をご紹介します。

火おこしにはスギ・マツ・ヒノキ!

薪 火おこし 薪販売 会津の与作

火おこしは、細く小さなものからはじめ、次第に長く太い薪へ移るのがセオリー。ヒノキやマツなどの針葉樹系は火がつきやすく、中でも割れやすいスギは着火時の焚つけ材に適しています。

【針葉樹薪】

スギ/杉 薪

燃えが早く勢い良く炎を上げるため、焚きつけにおすすめ。火持ちが多少必要な場合はナラの薪と混ぜると良いでしょう。

ITEM

エーワン 火付のいい杉薪 A006A
●重量:約5kg


マツ/松 薪

火力はとても強くパワフル!油分が多い分煙が出るため、投入する量とタイミングにコツが要ります。

ITEM

マツ/松 薪
●重量:10kg以上


よく乾燥している感じです。量も思っていたより入っており満足です。また機会があったら購入したいです。
出典:楽天

ヒノキ/桧 薪

針葉樹の中でも火持ちは比較的◎。太いものは着火性が良くないため、細割りや焚付け材を使うと良いでしょう。

ITEM

スギ・ヒノキ混合薪


飯ごうなどアウトドア料理にも針葉樹系をチョイス!

アウトドア料理は最初の火入れが肝心なものが多いことから、基本的には火持ちよりも火つきの良さを重視するのがポイント。特に、油分が多いため火がつきやすく燃焼力にも期待できる、マツがおすすめでです。

キャンパー憧れの薪ストーブに必要な薪は?

薪 薪ストーブ キャンパーの憧れ

薪を使用する本格的アクティビティのひとつが、薪ストーブ。薪ストーブや暖炉用には火持ちを重視して太めの”広葉樹薪”がおすすめですが、太すぎると着火しにくいため焚きつけ用に”針葉樹薪”も必要です。

【広葉樹薪】

ナラ/楢 薪

薪ストーブや暖炉で使う広葉樹薪の代表格。日本の大部分の地域で手に入れやすく、物量も豊富で火持ちも良いことから最もコストパフォーマンスに優れています。

ITEM

檪楢の薪
●重量:20kg


クヌギ/椚 薪

ナラと同じ広葉樹ですが、ナラの中でも抜群の燃焼時間と熱量を併せ持ち、薪としては高級品とまで言われる木。他の薪と比べて乾燥時間が短いのも魅力。

ITEM

プレミアム薪 ナラ クヌギ
●重量:約20kg


カシ/樫 薪

「薪の王様」と呼ばれるほど火持ち・火力とも最高峰で、かなり長い時間燃え続けます。熾き火も長く続くため、薪の消費も抑えられます。

ITEM

カシの薪
●重量:10㎏


ケヤキ/欅 薪

その硬さと耐久力から、高級家具に使用されることの多い木材。火持ち性能などはナラには劣ってしまうものの、おき火を作るのに適しています。

ITEM

ケヤキの薪
●重量:約15㎏


サクラ 薪

燃焼時間や熱量はナラやカシに劣りますが、燃焼時に独特な良い香りがするため、料理や焚き火などに人気。チップ材は燻製にも使用されます。

ITEM

サクラの薪
●重量:15kg


キャンプの時の焚き火で使用しました。焚いてるといい香りが漂ってきて良かった。
出典:楽天

レッドガム 薪

レッドガム 薪 ディー・ケー・ケー

ユーカリ系の薪。 非常に硬く着火性は劣りますが驚異的な火持ちで、追加投入用としておすすめです。

メープル 薪

メープル 薪

出典:薪Club

メープルは火持ちのよさが最大の特徴。入手できる薪の多くは輸入製品で、欧米のストーブ愛好家に人気です。
薪ストーブには、役割の異なる針葉樹と広葉樹2つの薪を上手に組み合わせて使う必要がありそうですね。

キャンプファイヤーには持久力のある広葉樹薪!

薪 キャンプファイヤー 薪まきハウス

キャンプファイヤーや煮込み料理など長時間の火持ちが必要な場合は、ナラやカシなどの広葉樹薪を選ぶと良いでしょう。一般的に密度の高い広葉樹は火持ちがよく、暖める力が高いとされています。

【番外編】石窯には、ナラやカシなどの細木を!

本格的なピザ作りなど憧れる石窯用には、着火性に優れ火力調整もしやすい細めの広葉樹薪がおすすめ。石釜のあるお店でプロに使用されているのは、ナラの細割薪などが主流のようです。

薪を極めて失敗のないアウトドアを!

薪 焚き火準備

出典:snowpeak

過去に失敗してしまったあの焚き火やあの料理も、今度は薪の種類と特性をしっかり把握して、用途に合ったものを選んで再チャレンジすれば成功するかも!? 薪を極めて、失敗のないアウトドアを楽しみましょう!

 

Choose The Firewood Definitely!

正しい選びを!

Source: CAMP HACK