秋キャンプ

【かしこく利用しよう】電源サイトで、秋冬キャンプを楽しくするHOW TO

アイキャッチ画像出典:coleman

秋冬キャンプは電源サイトが心強い!

tyuui

いよいよ本格的に寒い季節に突入する気配ですが、寒さに負けずアウトドアを楽しむ強い味方が「電源サイト」。手軽に暖まれるだけでなく、夏場にはない楽しみ方ができるというメリットも!

そんな電源サイトを120%活用するための知識をチェック。まずは実際の活用例を見てイメージを掴んでみましょう。

キャンパーたちのかしこい電源サイト活用例

ホットカーペット+石油ストーブ、こたつ

1-1さん(@1.1sk)がシェアした投稿 – 2017 2月 13 5:11午前 PST

電源サイトでの暖の取り方で多く見かけるのが、この組み合わせ。足元はカーペットで、テント内の空気はストーブで。そして秋冬らしさを楽しむならこたつ&みかんで楽しむのも◎。

石油ストーブの使用は換気に充分注意を! パワー別におすすめ石油ストーブを紹介している記事はこちら。

コットに電気毛布

コットに電気毛布らしきものを敷いて、その上にシュラフをセットされています。冬場は下からの冷気がこたえますが、これなら地面にマットを敷かずとも暖かく眠れそうです!

延長コードは何かと優秀

Sabroさん(@mixsab)がシェアした投稿 – 2016 12月 19 6:58午後 PST

あとちょっとの距離が届かない……そんな時にあると便利、というより無いと困るのが延長コード。3mくらいのものを用意しておくと、長すぎず短すぎずちょうど良し。

PCが使える

自然と親しみにきているキャンプですが、結局あると助かるのがPC。のんびり数泊するキャンプや、雨に降られてしまった時は特に便利です。

たこ焼き

キャンプでたこ焼きもアリ! 鉄板より電気タイプのほうが火力調整ができるので、慣れていなくても上手にできますよ。

プロジェクターで映画会

組み立て式のスクリーンとプロジェクターで、映画を上映。

夜の2時間、子供たちが映画にクギヅケになっている間に大人たちは落ち着いて過ごせるというわけです。ただし、周りの方に声がけをして音量を落とすなどの配慮は必要です。

携帯の充電ができる

万が一の事態が起こった時に、携帯が使えないのは心配。携帯でたくさん写真を撮る方や、電池が切れて連絡がつかなくなると困る方は電源サイトがおすすめです。

電源サイトをフル活用するためのおすすめアイテム

osusume

お次は、電源サイトで快適に過ごすためにあると便利なグッズをご紹介。定番のホットカーペットは、本体に好みのカバーをかけて見た目にもこだわると雰囲気もアップ。

延長コードは、必須とも言える便利アイテムです。その他にも電気毛布ならぬ電気ひざ掛けや、炭火を使わない電気調理器も手軽!

ITEM

山善 セラミックヒーター
●サイズ:幅26.5×奥行13×高さ38.5cm
●重量:2.5kg
● 消費電力(50/60Hz):1200/1100(強)・600/550(弱)W
●電気代目安(1時間あたり):約26.4円/h
●コード長さ:約1.8m

狭いスペースに置ける薄型かつある程度の温風を期待して注文しました。
操作は簡単。コンセプトをつないでダイヤルを回すだけ。
その場で温風が出だすので
強度の切り替えが出来るので強くすると期待以上のパワーでしたよ。
一番気に入ったのは持ち運びが軽くて楽だと言うこと。必要な場所にすぐに移動出来るので子供でも楽々運んでいます。

ITEM

U-ING 電気カーペット本体ユニット 2畳相当
●サイズ:176×176㎝
●消費電力:500W/250W
●素材(本体表皮):ポリエステル100%
●表面温度:約45℃(強)
●収納方式:12つ折りタイプ
●電気代のめやす:約8.7円/時

10,000円以上する国産メーカーのホットカーペットを使いましたが2シーズンで壊れたので、安いので充分だと思いこちらの商品を購入
しました。適度な大きさで暖かさも充分です。値段も手頃で素晴らしいです。

ITEM

萩原 ラグ ホットカーペットカバー 「ベニエ」
●サイズ:185X185cm、約200X240cm
ITEM

日本製 なかぎし 電気ひざ掛け毛布 レッド
●サイズ:約140(135)×82(80)cm
●消費電力:55W
●素材:アクリル100%
●製品重量:約0.85kg
●表面温度:強:約52℃/中:約36℃/弱:約20℃
●コードの長さ:電源側 約1.9m、毛布側 約0.6m

マットタイプのホットカーペットもあるが、使用方法によっては充分に暖かさを確保できないので、暖かさ重視なら、こちらの毛布タイプの製品を購入する事を強くお勧めする。
毛布タイプなら、重ねて使う事で、熱量を高める事ができるし、暖めたい部位を包んだり、上からさらに普通の毛布やひざ掛けをかぶせる事で、熱をこもらせることができるので、暑いくらいの温度がほしい方にも十分に対応できる。

ITEM

ユーアイ 少煙電気調理器 焼きグルメ
●サイズ:幅42.7×奥行23.0×高10.6cm
●重量:2.8kg 
●焼き網の大きさ:縦19×横32cm
●消費電力:1200W
●コードの長さ:1.48m
ITEM

ELECOM 電源タップ 3m
●サイズ:幅39×奥行126×高さ22.5mm
●重量:312g
●スイングプラグコード長:3.0m
●定格:125V・15A・1500W
●材質:本体/ABS樹脂、プラグ/PVC 

吊り下げのフック穴等は無いので地面用として使っています
不具合は無く、ほこり防止シャッターもいい感じに機能しています
シンプルで安価なタップを探しているならお勧めできます。

最後に、電源サイトを実際利用するにあたり覚えておきたい注意点をチェック!

電源サイトを利用する際の注意点

設営はプラグの位置を確認してから

ichi

撮影:編集部

ヒーターやカーペットなど、持ち込む電気器具がちょうどいい場所で使えるように全体をレイアウトします。

延長コードがあればある程度対応できますが、足元の引っ掛かりを少なくするためにもなるべく配線はすっきりさせておきましょう。

電力の使いすぎはNG

1026_2

出典:Sweet grass

「せっかく電源サイトだから」とタコ足配線でいくつも電化製品を使うと、ブレーカーが落ちてしまうことも。電源サイトの多くは1000W (10A)と電力に限りがあります。

使用目安としては、消費電力にもよりますが1サイトにつきヒーターとホットカーペットなど、1~2アイテムが妥当でしょう。

絶対ダメ! 電気ドロボウ

ac

プラグが設置された何区画かが隣り合っている電源サイト。残念ながら、延長コードを駆使して空いているサイトの電力を勝手に使うというマナー違反のキャンパーも中にはいるようです。

当然ですが、使用できるのは自分のサイトのみ!

電源サイトで秋冬も快適キャンプ!

aa_yaさん(@aa8ya)がシェアした投稿 – 2017 4月 4 6:57午前 PDT

電源サイトは、通常の利用料に500~1,000円上乗せされる場合が多いようです。考えようによっては、たったそれだけで寒いシーズンも快適にアウトドアが楽しめるのです!

自然と相反するという理由で電源サイトを敬遠している方こそ、この秋冬ぜひ利用してみてください。想像以上の快適さに、価値観が少し変わるかもしれませんよ。

電源サイトの魅力はここにも

電源サイトを利用しているキャンパーのリアルなコメントや、電源サイトがある全国のおすすめのキャンプ場を網羅。この冬は電気の力を借りてぬくぬくキャンプ!

Electricity Is Necessary In Cold Season!

秋冬は、電源サイトで!

Source: CAMP HACK

【秋のキャンプ場の選び方】見るべき5つのポイント&おすすめスポット10選

アイキャッチ画像撮影:編集部

秋はキャンプのベストシーズン!

概要

出典:ツキイチ

清々しい秋はアウトドアのベストシーズンですが、一瞬で終わってしまうもの。このタイミングを逃さぬよう、秋ならではの雰囲気を楽しめるキャンプ場を積極的に選んでみませんか?

img_5688

撮影:編集部

まずはその、秋キャンプならではのキャンプ場の″選び方″からチェックしてみましょう!

″秋に行きたいキャンプ場″はこんなところ

秋のイベントや味覚が楽しめる

hallowin

年々浸透しつつあるハロウィン、9~10月にイベントを開催するキャンプ場も増えました。仮装はもちろん、サイトをハロウィン風にデコレーションする楽しみ方も。

秋刀魚やキノコなど、季節ならではの食材を堪能するキャンプも秋感たっぷり!

チェックアウトが遅いキャンプ場

nonbiri

出典:Hammock Life

日中も気温がそこまで上がらず湿度も低く、とにかく外にいるのが気持ちの良い季節。特に何をするわけでもない贅沢感を味わうには、秋が一番!

というわけで、なるべく長居できるキャンプ場を選ぶのがおトクです。

予約不要のキャンプ場

yoyaku

撮影:編集部

晴れれば最高な一方で、台風が発生したりと天気が読みづらいのも秋の特徴。天気予報に一喜一憂するぐらいなら、いっそ予約不要のキャンプ場を狙いましょう!

西湖や本栖湖など富士五湖周辺には、当日の天気次第でフラリと行けるキャンプ場がたくさんありますよ。

標高の低いキャンプ場

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

撮影:編集部

秋は朝晩の寒暖差が激しく、防寒対策が難しいですよね。軽い装備で標高の高い高原などに行ってしまうと、寒くてキャンプを楽しむどころではない場合も。

秋なら標高100~300m程度のエリアを選ぶとちょうど良いでしょう。

温泉のあるキャンプ場

onsen

出典:なっぷ

旅行気分が高まる秋は、キャンプとセットで温泉も楽しみたいという人もいるのでは? 場内にお風呂が併設されているキャンプ場や、徒歩数分圏内に温泉施設があるスポットを選ぶと楽しみも倍増!

秋だから行こう!全国のおすすめキャンプ場10選

ハロウィンイベント開催!赤城山オートキャンプ場(群馬県)

akagi

アスレチックやじゃぶじゃぶ池で、通年人気のキャンプ場。直営ブランド豚「こめこめ豚」のバーベキューも堪能できます。

秋は何といっても、名物「ハロウィンフェスタ」が楽しい! 10月末まで、毎週末開催されているので要チェックです。

住所:群馬県前橋市三夜沢町425-1
詳しくはこちら

秋が旬のきのこを堪能!伊那きのこ王国(長野県)

kinoko

長野県は伊那市にある、南アルプスの絶景を一望できるキャンプ場。空気の澄んだ秋の夜は、一段と美しい星空も魅力。注目は場内併設の「伊那きのこ王国」。

この場所・シーズンにしか味わえない、様々な種類のきのこを狩って食べることができます。

住所:長野県伊那市西春近3390
詳しくはこちら

チェックアウトは17:00まで!青野原オートキャンプ場(神奈川県)

aonohara

神奈川県・相模原市と都心エリアからも好アクセスながら、北丹沢の豊かな自然の中でのんびりと過ごせるキャンプ場。

チェックアウトは17:00までOK。心ゆくまで秋キャンプを楽しめます!

住所:神奈川県相模原市緑区青野原918-1
詳しくはこちら

同じく17:00まで居られる!成田ゆめ牧場(千葉県)

narita

出典:なっぷ

牧場での動物との触れ合いにキッズパーク、売店での自家製パンなどキャンプ以外にも楽しめる要素満載の「成田ゆめ牧場」。

こちらもチェックアウトは17:00まで、長時間滞在で場内をとことん遊びつくしましょう!

住所:千葉県成田市名木730
詳しくはこちら

予約不要!西湖自由キャンプ場(山梨県)

saiko

撮影:編集部

西湖のほとりにある、自然そのままの環境が楽しめるシンプルなキャンプ場。こじんまりとしたサイズ感とアットホームな雰囲気で、リピーターの多い密かな人気スポットです。

予約不要とあって、受付開始と同時に並び湖畔際のサイトを狙う人も!

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖1003-2
詳しくはこちら

予約ナシで気軽に行ける!笠置キャンプ場(京都府)

kasaoki

出典:なっぷ

河川敷がそのままフリーサイトになっていて、河原バーベキューや夏は目の前を流れる木津川で水遊びを楽しめます。

予約不要、泊まりだけでなくデイキャンプ利用客も多い地元の人気キャンプ場です。

住所:京都府相楽郡笠置町木津川河川敷
詳しくはこちら

標高約100m!ロハスガルテンキャンプ場(埼玉県)

rohasu

一万坪という広大な敷地内にあるキャンプ場。手ぶらプランやキャンプガイドによる設営のアドバイスなど、初心者向けのサービスが充実しています。

標高約100mで都内からもアクセスしやすく、この秋からアウトドアを始めたいビギナーにおすすめ!

住所:埼玉県児玉郡神川町小浜1341
詳しくはこちら

標高約175m!大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ(茨城県)

taishi

手入れの行き届いた美しい芝生が評判のキャンプ場。

標高約175m、場内には山の斜面を生かしたスリリングなアスレチックにチューブスライダー・サウナのある「フォレスパ大子」など、施設充実のレジャースポット!

住所:茨城県久慈郡大子町矢田15-1
詳しくはこちら

温泉入り放題!日光まかなの森 キャンプ&スパリゾート(栃木県)

makana

出典:なっぷ

木立に囲まれた、日光の大自然の中にあるキャンプ場。日光猿軍団の校長先生が作ったというログハウスが有名です。

地下1,500mから汲み上げた本格的な天然掛け流し温泉があり、宿泊者に限り何回でも入湯できるという嬉しいサービス付き!

住所:栃木県日光市瀬尾2620
詳しくはこちら

天然温泉が魅力!十二坊温泉オートキャンプ場(滋賀県)

jyuni2

出典:なっぷ

滋賀県・湖南市の十二坊温泉併設のキャンプ場。すぐ近くに天然温泉や室内温泉プールがあり、キャンプで疲れた身体をやさしく癒してくれます。

スノーピークポイントカード提携キャンプ場となっていて、カード所持者のみ受けられるサービスもありますよ!

住所:滋賀県湖南市岩根678-28 十二坊の森内
詳しくはこちら

秋キャンプをとことん楽しもう!

matome

イベントに食べ物に清々しい空気にと、魅力満載の秋。これからの季節、せっかくなら秋をとことん味わうためにベストなキャンプ場へ出かけてみませんか?

秋キャンプに興味が出てきた人におすすめな記事はこちら

Autumn Is The Best Season For Camp!

はキャンプのベストシーズン!

Source: CAMP HACK