軽キャンパー

【混ぜるな危険?】『重量級キャンパー』と『軽キャンパー』が一緒にキャンプしてみると……?

記事中撮影画像すべて:三輪友紀(STUDIO DUNK)

重量級と軽量級のキャンパーが、まさかの一緒にキャンプ



キャンプスタイルは人それぞれ。こちらの画像、かなり対照的なキャンパーがお隣同士になったようです。

左に見えるのが、遠目に見てもアイテム数の多い重量キャンパーさん。そして、右の省スペースで展開しているのが軽量キャンパーさん。今回は、まったく異なるスタイルを持つキャンパー同士の会話から、それぞれの持ち物楽しみ方など、気になる違いについて探っていきたいと思います!

WKC

こんにちは〜、すごい豪華ですね〜。

Hitoc

こんにちは〜、すみません物が多いもので(笑)。そちらはコンパクトですが、今日は泊まりなんですか……?

WKC

はい、これで泊まります(笑)突然声かけてすみません。アウトドアライターのWKCといいます。よろしくお願いします。

Hitoc

あっ、Hitocです。よろしくお願いします。


WKC

とても立派なキャンプスタイルで、あまりの自分との違いに気になっちゃって。よかったら詳しく見せてもらっていいですか?

Hitoc

もちろん、どうぞ! WKCさんもびっくりするくらいミニマムなキャンプスタイルですよね。そちらもとても気になるので、是非いろいろ教えてください。

偶然となり同士になった、快適で充実した装備のキャンパーと、不安を感じるほどミニマムなスタイルのキャンパー。この真逆のキャンプスタイルの2組が、お互いの装備を比べてみることに。

やっぱりクルマが違うよね



キャンプのスタイルを大きく左右する要素は、クルマかもしれませんね。まずはそれぞれの愛車について見ていきましょう。



Hitocさんのクルマは4代目ジープ「チェロキー」。ジープらしいクラシカルなスタイルを維持しながら、ボリューム感のあるデサインにメッキパーツのシャープな印象がかっこいいです。

WKC

やっぱりクルマ大きいですね!

Hitoc

ジープの中ではそんなに大きくないんですが、セカンドシートにも荷物を入れていますし、ルーフラックを使うんで荷物はたくさん積めますね。

WKC

なるほど! 運転席と助手席以外はもうすべて荷物スペースなんですね。



WKCさんのクルマはダイハツ「ハイゼットカーゴ ハイルーフ」。配達用のクルマと間違えられることも多いとか。

Hitoc

いつもこのハイゼットなんですか?

WKC

そうですね、これでどこでも行っちゃいます。もともと貨物運搬なんで荷物はたくさん詰めるんですが、パワー不足なので極力荷物は減らしていますね。

no name

たしかに荷物が少ないですよねー。その分うしろは広々してていいですね。

それぞれ持参のキャンプ道具は……?

クルマが違えば、持ってきているキャンプ道具も違うはず。それぞれ、こだわりのアイテムをチェック!

重量級キャンパーはたっぷり装備!



Hitocさんのサイトでとくに目立っているのは、2ルームテント。ogawaのアポロンは、トンネル型の中でもポール本数が多い頑丈なテント。まさに重量級キャンパーの代表的なテントと言っても過言ではありません。

標準装備のインナーテントを張らず、ヒルバーグのスタイカを入れて寝室にしているようです。各ジャンルでも一級品のテントの共演、まさに贅沢な組み合わせです。



フロアレスで内部はとても広々。側面はすべてメッシュにできるので、夏場も涼しく快適に過ごせるとのこと。



WKC

アポロンだけでも十分に快適そうですが、その中にテントも入れちゃうんですか!

Hitoc

コットもあるのでアポロンだけでもいいんですが、なるべく快適にしたいんですよね~。

WKC

それは寒い時期も意識して?

Hitoc

そうですそうです。奥さんが寒がりなんで、なるべく快適に過ごしてもらえるようにと整えていったら、こんなに荷物が増えちゃいましたね(笑)。

WKC

愛妻家、故に重量キャンパーになったんですね(笑)。

軽量級キャンパーはミニマム装備!



WKCさんのサイトはシンプルの極み。タープはクルマからガーデン用シェードを張り出して利用。テントはアライテントのトレックライズ0です。

Hitoc

設営、一瞬でしたね!(笑)

WKC

面倒なのがとにかく嫌いなんです(笑)。タープもペグ1本で設営できるタイプを使っています。

Hitoc

いつもこのスタイルでキャンプを?

WKC

そうですね。“何もしない”時間を作りたいので。雨が降ったらテントすら出さず、車中泊にしちゃいます。

Hitoc

これならすぐに設営も撤収もできるので、思い立ったらすぐにキャンプに行けていいですね!

アイテムを比較してみた!

サイト全体の印象が大きく違いますが、ひとつひとつのアイテムもかなり違いました。両キャンパーの持ってきたこだわりのアイテムを、ジャンルごとにチェックしてみます!

ランタン



WKC

ランタンはLEDだけです。小型で光量が控えめなタイプなので、そんなに明るくありません。でもガス式などの燃焼系と比べてすぐに使えるから楽ですよ。



Hitoc

僕はサイト全体を照らす用に、コールマン ワンマントルランタン(燃料はホワイトガソリン)とかを使っていますよ。

WKC

やっぱりこの手のランタンはいいですねぇ。ポンピング、時々やりたくなります。

Hitoc

面倒ではありますが、僕は非日常感を楽しみたいので雰囲気づくりを重視していますね。

WKC

であれば、テーブル周りも雰囲気重視で?

Hitoc

はい、テーブル用にはロウソクのような炎で、明るさをグッと抑えたお気に入りのランプ・コールマン ルミエールランタン(ガス式)を置いています!

サイトの広さが違う分、必要な明るさや台数はやはり差が出るようです。LEDやホワイトガソリンのポンプ式といったランタンごとの特徴を、お互いうまく活用していますね。

小物収納&ボックス



WKC

クルマとの距離が近いので、小物はだいたいクルマの中に置いちゃってますね。



Hitoc

僕は、小物類はなるべく手の届く範囲にセットしています。クーラーボックスや調理系アイテムの入ったボックスはラックの上に置いて、調理時の作業効率が良くなればなと。

荷物量の違いが、配置する場所の違いに表れていますね。Hitocさんは荷物を取り出す機会が多いので、外にずらっと。WKCさんは逆に「何もしない」がテーマなのでなるべく外に出さないようにしています。



WKC

クーラーボックスはイエティのローディ20qt。ここは保冷力重視で選びました。



Hitoc

あ、クーラーは一緒ですね! サイズはちょっとだけこちらが大きいですが。やっぱり保冷力は安心できるものがいいですよね。

ここでまさかの同一アイテムが登場。お二人とも保冷力を考えた末のチョイスのようで、イエティの不動の人気が伺えます。

バーナー&カトラリー



WKC

いろいろ悩んでいたのですが、今はアルコールタイプのバーナーに落ち着いています。軽量だし静かでいいんですよね。

普段はトランギアのストームクッカーを使っています。



Hitoc

僕は2バーナーでプリムスのオンジャです。料理をたくさんするので2バーナーのタイプが都合良くて。

初めて買ってからずっと重宝している相棒です。

アルコールバーナーはまさにソロキャンプといった雰囲気で、WKCさんらしさが全開です。Hitocさんのオンジャは、2バーナーの中でも独特なデザインで見栄えも抜群。バーナー類でも個性が光っています。



WKC

カトラリーと食器は山用のアイテムが多いですね。やっぱり軽いのが好きなのでチタン縛りで揃えています。



Hitoc

カトラリーや食器はデザインで選んだものが多いですが、実用性も高くて気に入っています。天然繊維複合素材で作られたクピルカ(KUPILKA)とか、とくにお気に入り。耐熱性があって、電子レンジも使えるので家でも愛用しているんです。

ここでも重さが違うカトラリー類。こういった細かいアイテムからも、目的が違うことが見て取れます。

チェア&テーブル



WKC

このチェアは自作で、テーブルも兼ねています。そもそもそんなに使わないので出番は少な目。どうしても必要なときに使っています。



Hitoc

チェアはヘリノックスのものを使っています。マナスタッシュの25周年を記念したコラボモデルですね。テーブルはThe Arth(ざぁ〜ッス)のヘキサテーブルです。

WKCさんはまさかのチェアとテーブルの兼用! Hitocさんは記念モデルのチェアとヘキサテーブルのコンボ。見た目も機能も妥協がありません。

アイテムを見比べてみると、両者の特徴がより顕著にわかりました。お互いのスタイルを知ることができて大満足の様子です。

WKC

いや~全部こだわりのあるいいアイテムですね! 私もアイテムを増やしたくなってきましたよ。

Hitoc

僕は、WKCさんのアイテムセレクトのストイックな姿勢にすごく興味が湧きました! すぐにキャンプに行ける状態というのもいいですよねぇ……(遠い目)。

WKC

ちなみに、こんなにアイテムが豊富ですけど、使わないものがあったりはしないんですか?

Hitoc

防寒のためにストーブなどもあるんですが、焚き火をするので使わないこともありますね。WKCさんは使わないものは徹底的に減らしていったんですよね?

WKC

そうですね。Hitocさんがお持ちの焚き火道具と2バーナーも最初はあったのですが、見事に消えていきました(笑)。

重量級と軽量級で過ごし方も違う!



アイテムが違うとキャンプサイトでの過ごし方がここまで違う! 料理をメインに詳しく見てみましょう。



WKC

やっぱりダッチオーブンやスキレットを使った焚き火料理が多いんですか?

Hitoc

焚き火料理はしますが、単純に焚き火で「火を操っている感覚」が楽しくて好きなので、その延長でという感じですね。



Hitoc

今日は野菜を大量にいれて煮込んだトマトベースのポトフと、冷凍のエビ、イカ、アサリをつかった簡単アヒージョにしてみました。

基本的に家で下準備をして、キャンプ場では火にかけるだけくらいにしています。WKCさんは?



WKC

私は火を使うのは肉を焼く程度ですね。今回は下味に軽く塩コショウだけして、中に火は通してある牛の塊肉を焼きます。



WKC

あとはインスタント食品をよく活用していますよ。これはインスタントスープのお湯を、規定の分量よりもあえて少なく入れてソース代わりにしています。

Hitoc

インスタントとは思えないくらい美味しそう! アイデアが多くて本当すごい……。

WKC

いやいや。でもHitocさんの方がやっぱり豪華で美味しそう。視覚的にも楽しめる料理ですね!

Hitocさんの焚き火料理は、一見豪勢に見えるものの、現地ではなるべく手間を減らす工夫がちゃんとしてあるんですね。

WKCさんはインスタント食品を使いつつも、決して寂しそうには見えない技ありの一品。両者のテクを合わせれば、効率的かつワイルドな料理が作れそうです!

結局のところ、どっちのスタイルも魅力的



WKC

今回は突然おじゃましてすみませんでした。最初は大変そうだなと思って見ていましたが、やっぱり快適そうでうらやましいです。私も、ちょっと快適アイテムを探してみようと思います。

Hitoc

いやいや、こちらこそとても楽しかったです。サイト設営の速さには驚きました。ミニマムなキャンプもいいかもしれませんね。もう一台クルマ買ったら真似しようかな(笑)。



WKC

やっぱりどんなキャンプスタイルでも、こうやってアウトドアをするだけで気持ちいいですよね。

Hitoc

そうですね。自分のお気に入りのスタイルであれば、さらに楽しくなりますし。

WKC

結局のところ、キャンプってやっぱ最高ということですね(笑)!

Hitoc

そう! キャンプって最高なんです(笑)!

WKC

これからも、お互いのキャンプスタイルで楽しんでいきましょう! ありがとうございました!

真逆のキャンプスタイルを楽しむ2組の対談、いかがだったでしょうか? クルマの種類から細かいアイテムの違いなど、それぞれの過ごし方があって興味深い比較になりましたね。

キャンプスタイルは人それぞれ。自分の好きなスタイルを探して最高な時間を過ごしてください。

Source: CAMP HACK

悔しいけど、カッコイイ!まさかの「軽トラキャンプ」スタイルが今の最前線!?

アイキャッチ出典:instagram by @car_factory_tarbow

キャンプの新しいスタイル!

軽トラキャンプ

出典:Bug truck

軽トラキャンプ、今じわじわ広がりつつあるこの新しいキャンプスタイルをご存知でしょうか?

キャンピングカーでもなくただの車中泊でもない、軽トラの平台を寝室やリビングにするキャンプスタイルです。

バグトラック

出典:Bug truck

テント泊と車中泊の中間のような感覚で、実は双方の良いとこどり。一度ハマるとテントを持ち出さなくなるかも? 今回は魅力たっぷりの軽トラキャンプのリアルをお届けします。

軽トラキャンプ3つのメリット!

ユニークかつ特殊な軽トラキャンプ。なかなかの尖り具合なのでまずはその特徴をしっかり把握しておく必要があります。

3つのメリットと知っておきたい注意点がこちら。

①安くて経済的!

Instagram Photo軽トラキャンプの優れている点の筆頭はやはり経済性。まずは本体価格がキャンピングカーやミニバンなどに比べると圧倒的にお安い。

そして軽なのでもろもろ維持費も安く抑えられます。車でキャンプを楽しみたいけどコストを抑えたい、そんなキャンパーにはハマるジャンルの一つといえます。

②個性的でかっこいい!

Instagram Photo軽トラと言えば農家の車や配達の車、いわゆる”ゴト車”(仕事用の車)のイメージ。しかしキャンプ仕様の軽トラはまるでタフギア。

テント代わりに使うことで超個性的で、他のオートキャンパーと被りづらいスタイルが楽しめます。

③寝床はフラット&高床式!

Instagram Photo軽トラの荷台スペースを寝室にすれば、そこはアウトドアと室内の良いとこどりの空間。冬キャンプの手強い敵となる地面からの「底冷え」からも解放。もちろん地面の起伏の影響もなくフラットな床で快眠できます。

気になる点は?

Instagram Photo軽トラでキャンプをする場合、まずは乗車定員が二名という縛りは絶対。ファミリーでは厳しく、二名までの楽しみ方として限定されます。

またこれは軽自動車における宿命ですが、スピードは期待できません。高速を利用する際には、ややストレスを感じる場合も。軽トラキャンプは、ソロやカップルでのんびりキャンプをする人におすすめのスタイルなんです。

軽トラでのキャンプを実現するおすすめメーカー

まだ馴染みの薄い軽トラキャンプですが、すでに専門ショップやメーカーが登場しています。

軽トラをキャンプに最適化させるカスタマイズが独自に進化中。キャンパーのみならずカーカスタム勢も要注目です!

幌(ほろ)スタイル「Bug-truck」

軽トラキャンプ

出典:Bug truck

軽トラのイメージを一新させる幌カスタムが注目の「バグトラック」。幌(ほろ)を変えただけで軽トラが一気にタフギアなムードに変身。幌とは、荷台に取り付ける覆いのことを指します。

テントをモチーフとした幌はキャンパー必見です。さらにそこには、ビジュアルだけでなく様々な工夫が。

Instagram Photo

出典:Bug truck

バグトラックの幌はまさにテント。オリジナル幌を搭載することで軽トラのリアスペースが移動式テントに変身します。

さらに、こちらはハンドメイド作品ということ。青森の作業場で職人の手によって一つ一つ丁寧に作られている贅沢なアイテムです。

詳細はこちら

ロングキャリアが便利!「HARD CARGO」

Instagram Photo軽トラに特化したオリジナルキャリアをリリースしているのが「ハードカーゴ」。

カヤックなど長尺の荷物も楽々積める構造のキャリアが、キャンプやアクティビティの可能性を広げます。

Instagram PhotoInstagram Photoバグトラックと同じように幌仕様もあり。見た目がよりワイルドなルックスになります。

使い勝手が向上すると同時に、幌仕様ならキャンプの際に荷台を就寝スペースとしても活用できそうですね。

詳細はこちら

自分で組み立てるキャンピングカー!「Kトラハウス」

最後に軽キャンピングカーに近いアイテムもご紹介。

軽トラのキャンピングカー仕様といえばカスタム完成車を購入する方法か、ショップにカスタム依頼をする方法が一般的ですが、こちらはなんとキット販売。ユーザーがDIYで軽キャンピングカーを完成させることができるのです!

キットを購入、ユーザー自身がDIYするというパッケージを作ることで驚きの低価格を実現。この方法ならショップでカスタマイズされたキャンパー完成車を購入するより大幅にコストを抑えられます。

しかもDIYなので個性を出す余地もあり。オリジナルのカスタマイズを楽しめます。

詳細はこちら

軽トラキャンパーはユニークかつ超実用的

Instagram Photo軽トラの平台をリビングに寝室に、快適かつ解放感も味わえる軽トラキャンプ。軽のコスパでユニークなスタイルも魅力的。

キャンピングカーとも車中泊ともまた一味違った軽快で愉快なキャンプスタイル、一度楽しんでみませんか?

軽バンもイケてる

カスタマイズ好きなら「軽バン」という手も。

Keicamper is comfortable and is reasonable and is unique!

軽トラキャンパーは快適で経済的でユニーク!

Source: CAMP HACK

軽キャンパーもアリかも!軽自動車の「積載」事情をリアルに調べてみた

アイキャッチ画像出典:WAKE ダイハツ工業 Facebook

軽自動車って、どれくらい荷物が積めるの?

これまでは「日常の足」というイメージが強かった軽自動車ですが、最近は車載性能が飛躍的に進化し、アウトドアシーンでの出番も多くなりました。

収納面も然り、キャンプへ行くと「一体この車のどこから、こんなにたくさんの荷物が!?」と驚く、あっぱれな軽積載も見かけますね。

普通車に比べるとスペースは少ない軽自動車。軽キャンパーの方々は、実際どのように積載されているのでしょうか?

実例を見る前に、まずは軽でキャンプへ行くとどんなメリットがあるかを考えてみましょう。

そもそも、軽自動車でキャンプへ行くメリットって?

キャンプ向けの車というと、馬力やラゲージスペースの広さがモノを言うイメージですよね。その裏で、軽自動車だからこそキャンプにフィットするメリットもたくさんあるんです。

メリット1. 高速料金が安い

高速料金は「大型」「普通」「軽・二輪」など車種によって異なり、車体が小さく軽いほど安くなります。これは日常的にはもちろん、頻繁にキャンプへ出かける人にとっては大きなポイントです!

メリット2. サイトを広く使える

車体がコンパクトなため、サイト内の駐車スペースが抑えられます。車に場所をとられることなく広く使えるのは、狭い区画サイトならよりメリットと言えるでしょう。

メリット3. 小回りがきく

出典:PIXTA

キャンプ場内はもちろん、道中の山道も整備されていない箇所はたくさんあります。細い小道で対向車とすれ違ったり方向転換なども、コンパクトな軽自動車ならスムーズです。

もちろんデメリットも

維持費も安く、運転もしやすい軽自動車ですがもちろんデメリットも。高速道路ではエンジン音が大きかったり、安全性能に不安があったりと人によっては譲れないポイントも。

軽自動車のトランクルーム、その大きさは?

そんな軽自動車ですが、実際にキャンプに行く際に気になるのはやっぱり「積載力」。といっても、これは車種ごとに違います。

今回は、キャンパーに特に人気の2台を例に、実際のラゲッジスペースの数値を見てみましょう!

軽自動車の荷室、実際のサイズをチェック!

スズキ ジムニー

出典:SUZUKI

キャンパーに圧倒的人気の軽自動車といえば、ジムニー。20年ぶりにフルモデルチェンジをしたことでも、話題になりましたね。

出典:SUZUKI 新型ジムニー XC 4AT車

スクエア型のボディのおかげで、隙間無く効率的に荷物を積むことができます。

リアシートを倒しサイドの空間をフルに使えば、荷室幅は1.3m。荷室高も0.85mと、長さのあるチェアやテーブルも余裕で入りそうです。

Instagram PhotoこちらジムニーJB23型の積載のご様子。お手本のようなキッチリとした積載です!

出典:SUZUKI

軽ならではの工夫である、デッドスペース収納も。リッド開閉式のラゲッジボックスには、車内に持ち込みたくない汚れたシューズなどを入れておくことができます!

ダイハツ ウェイク

車高のある軽自動車といえば、トールワゴンタイプの「ウェイク」。従来の軽自動車の積載力を大きく超える軽自動車が登場したことで、軽キャンパーも増えた印象です。

出典:ダイハツ

荷室幅は0.87mで、荷室高は1.14m。横より縦のほうが長い長方形フォルムが、積載力を大幅にアップさせています。大人サイズの自転車も、余裕で積めちゃいます!

Instagram Photoマックスで詰め込むと、こんな感じになるようです。目視で後方確認できるよう上部スペースを空けれれば更にGood!

石油ストーブなど破損が心配なものは、ケースに入れるか上の写真のように「ベルトで留める」という工夫も。勉強になりますね。

出典:ダイハツ

すべてをフルフラットにすれば、この広さ! 床下部分には、縦幅30.2cmのアンダートランクも装備。

長い荷物を入れたい場合は、上部スペースと一体化させて全体を広く使うこともできます(※2WDの場合)。

みんな頑張ってる!軽キャンパーの積載をチェック

それでは実際に頑張っている軽自動車たちの積載テクニックを見てみましょう! 様々なテクニックがありますが、真似してみる際はあくまで自己責任で。

テトリスの基本を動画で学ぼう

Instagram Photoタントの積載を分かりやすく撮っている動画がこちら。テントを横ではなく縦に立てて入れているのが軽自動車らしい(?)積載かもしれませんね。

重いものを下に、縦と横の空間を使って隙間無く積み上げる……積載の基本テトリスを改めて動画で見ると、爽快です。テーブル・テント・クーラー・ラックなど、バッチリ収まっています!

助手席フル活用

Instagram Photoハスラーの車体とコンテナのバイカラーをはじめ、カラーリングの統一感が美しいこちらの積載。

出典:Instagram by @ yu_ho.japan

あらゆるスペースを荷物置き場として使うことも、積載力アップの秘訣! 足元やシート下の空間も意外と入りますが、荷物の行方不明率は高いので要注意です。

天井にくくる

Instagram Photo軽自動車こそ、ルーフラックを活用している方は多いですね。キッチリ載せられていますが……

出典:Instagram by @ nicohanaworks

実は、こんなところにも! 忍術感すら漂う積載テクには脱帽ですが、上部のデッドスペースを有効活用するためにネットを使うなど参考になりますね。

なるべく箱に入れて、積む

Instagram Photoこちらはジムニー。Instagram Photoそしてこちらはハスラー。細かいものはなるべくコンテナや収納ボックスにまとめておくと、荷積みもすっきり。車載時間も短縮できますね。

軽でも、後方片側は空けたい

Instagram Photo視界確保の為、片側だけでも空けて積めると◎。こちらはホンダ「バモス」に4人分の荷物を積んでいますが、このように片側だけでも空けておきたいですね。

やっぱりシェルコン強し

Instagram Photoこちらはekワゴンでの積載。軽積載でもシェルコンは大活躍、三段積みも余裕です。

左側にあるのは大型のスチールベルトクーラーであることを考慮すると、軽自動車の積載力にはますます驚きです!

Instagram Photoこのようにうまく積み込めば、ekワゴンにも2名が乗ってスノーピークの「ドックドームPro.6」や「ヘキサエヴォPro.」など中~大型テントも張れるようです。参考になります!

軽自動車でキャンプへ行くときの注意点

Instagram Photo軽自動車には予想以上の積載力があることはわかりましたが、やはり「軽」ならではの注意点はあります。

過積載

軽自動車の貨物積載量は350kg以下と、法律で定められています。「入るから」と積みすぎてしまうと、ブレーキやエンジンに負担がかかる場合も。

特に、標高が高いキャンプ地は急勾配を登りきれない危険にも繋がりかねないため、積み過ぎには注意です。

車上荒らし

軽自動車は窓が大きく狙われやすいという危険性も。キャンプにも、セキュリティグッズがあると安心ですね。

ITEM



カーメイト カーセキュリティ ナイトシグナル
●サイズ:(幅)63×(高さ)9×(奥行き)25mm
●質量:15g 

軽自動車でも余裕でキャンプへ行ける!

軽自動車じゃアウトドアに行けない、なんていうのは昔の話。あらゆるスペックが進化したこれからの時代、むしろかしこくキャンプを楽しむなら軽自動車に乗り換えるのもアリかもしれませんね!

軽キャンも気になる・・・

小回りがきいて車税が安い、その上車内で快適に寝泊りができちゃう夢の乗り物「軽キャンピングカー」。気になる方は、こちらからどうぞ!

Source: CAMP HACK