軽自動車

【まるでミニデリカ】三菱の新車「ekクロス」はアウトドア向き軽自動車の決定版!

アイキャッチ画像出典:Mitsubishi Motors/三菱自動車 Facebook

三菱からクロスオーバーモデルの軽「ekクロス」が登場

出典:Mitsubishi Motors/三菱自動車 Facebook 「ek X(イーケークロス)」

元祖クロカン車の「パジェロ」に4WD電気自動車「アウトランダーPHEV」など、時代の流れに沿って様々なアウトドア車を輩出してきた三菱自動車。

新しい時代を迎えた今年、軽自動車もさらに進化! SUVテイストの「ek X(イーケークロス)」が誕生しました。

出典:Mitsubishi Motors/三菱自動車 Facebook 「デリカD:5」

特徴は何といっても、先日マイナーチェンジされた「デリカD:5」を彷彿とさせるやんちゃなフェイス! こう並べてみると兄弟のようです。

見た目だけでなく性能も、歴史ある三菱の技術やスピリットをしっかりと受け継いだタフ仕様。

そんな注目の新車種「ekクロス」の魅力を、アウトドアシーンやアウトドアファンにマッチする点を中心に掘り下げてみます。

完全アウトドアユースである理由① ダイナミックなエクステリア

このイカついマスクが最大の魅力!

ボディはコンパクトながらその雰囲気は他の軽自動車と一線を画す理由は、このマスク。

特にハードなフロントグリルが特徴的で、ミニバンやハイトワゴンといった普通車に負けずとも劣らないオーラを放っています。

タフ感をさらに強めるフロントバンパー

ポジションランプがボンネットフードに配置されていることも、ハードな雰囲気に貢献しています。顔つきを引き締め、視認性も上げるというまさに一石二鳥!

さらに上下に厚みのあるフロントバンパーは、よりタフで力強い印象を与えています。

重心を高めたSUVらしいフォルム

ボディサイドもこの通り、どっしりと重厚感があります。サイドシルをブラックアウト化することで視覚的な重心高アップを狙い、SUVらしいフォルムに。

さらにホイールアーチにはeKクロス専用のサイドデカールが施されるなど、アウトドアシーンにフィットするよう足回りも強化されています。

カラバリ豊富で自分色に染められる!

カラー展開は、なんと11通り! モノトーンのほか2トーンカラーも選択可能です。

さらにルーフやエクステリアをドレスアップするパッケージといった純正オプションも豊富で、このあたりもオリジナリティを出したいキャンパー好みと言えるのではないでしょうか。

完全アウトドアユースである理由② 小ワザ満載のインテリア

水平基調のインパネデザイン

近年主流となっている軽自動車同様、ekクロスもエンジンルームが小さく設計されています。その分ホイールベースを可能な限り長く取ることで前方の視界が開け、フロントシートのまわりもゆったりとしています。

足元にも荷物を置きたい軽キャンパーにとって、このゆとりは嬉しいですね。

エアコンはタッチパネル式で、スリム化。軽自動車での長距離移動を楽にしてくれるこういった工夫が、随所に散りばめられています。

収納・積載面もチェックポイントです! ラゲッジルームの下には、容量54Lのアンダーボックス(※2WDの場合)を設置。縦に長いギアも、すっぽりと収納できます。

ここからはオプションとなりますが、キャンパーの救世主とも言うべくデジタルルームミラーも設置可能。乗車人数や荷物が多いなら、あらかじめ装着しておくと安心です。

さらに泥や水濡れ対策に樹脂製フロアマットをチョイスできるなど、SUV的観点から取り揃えられた様々なオプションも充実しています。

とはいえこの手のアウトドアユースな軽自動車は多いだけに、やはり決め手となるのは「燃費性能」です。その点、ekクロスはどうなのでしょう?

完全アウトドアユースである理由③ ロングドライブに適した燃費性能

提供:instagram by @kanazawamitsubishimotor

海辺など遠出も多いアウトドア、燃費は良いに越したことはありません。

ekクロスの燃費について、三菱自動車の公式サイトではカタログ燃費である「JC08モード」と、公道想定の現実的な燃費「WLTCモード」の2種類を公開しています。検討材料になるのは、より実燃費に近い後者でしょう。

eKクロスのWLTCモードの燃費(タイプM・2WDの数値)
・平均:21.2 km/L
・市街地モード 16.9 km/L
・郊外モード 23.0 km/L
・高速道路モード 22.6 km/L

30㎞/Lというトップクラスの低燃費を誇る軽自動車があることを鑑みると、まずまずといったところ。

ちなみにSUVを意識した同系車のハスラーは、18.68 km/L。スぺーシアギアは20.50km/Lと、ekクロスが若干上回っていると言えそうです。

燃費向上を後押しするサポート技術も強み!

数値のみではなかなかピンとこないものですが、燃費向上をバックアップする最新技術に目を向けてみると納得度が上がるかもしれません。

そのひとつが減速時のエネルギーを充電し、そのパワーを加速時に生かす「HYBRIDシステム」。パワフルかつ低燃費な走りを実現します。

また燃費に影響するもうひとつの要因が、ドライビング。快適で効率的な運転で燃費の向上を図る各種技術も搭載されています。

それが「マイパイロット」。前の車との距離を一定に保ったり、ステアリング制御で車線中央をキープしてくれるなど、ロングドライブをサポートしてくれます。

またアクセルペダルの踏み加減を表示してエコ運転をキープする「エコペダル」など、運転面から燃費向上を目指す工夫も満載です!

今アウトドア向けの軽を選ぶなら「ekクロス」!

軽自動車もタフで当たり前の時代となりつつある今、選ぶならやはりアウトドアを知り尽くした三菱!

見た目も性能もアウトドアマンを満足させてくれるこの一台、気になる方は試乗に出かけてみてはいかがでしょうか。

“アニキ”はこちら

新モデルもカッコいい……生まれ変わったデリカD:5をクローズアップ!

New Compact SUV “ekX“!

軽SUV「ekクロス」は超タフ!

Source: CAMP HACK

軽キャンパーもアリかも!軽自動車の「積載」事情をリアルに調べてみた

アイキャッチ画像出典:WAKE ダイハツ工業 Facebook

軽自動車って、どれくらい荷物が積めるの?

これまでは「日常の足」というイメージが強かった軽自動車ですが、最近は車載性能が飛躍的に進化し、アウトドアシーンでの出番も多くなりました。

収納面も然り、キャンプへ行くと「一体この車のどこから、こんなにたくさんの荷物が!?」と驚く、あっぱれな軽積載も見かけますね。

普通車に比べるとスペースは少ない軽自動車。軽キャンパーの方々は、実際どのように積載されているのでしょうか?

実例を見る前に、まずは軽でキャンプへ行くとどんなメリットがあるかを考えてみましょう。

そもそも、軽自動車でキャンプへ行くメリットって?

キャンプ向けの車というと、馬力やラゲージスペースの広さがモノを言うイメージですよね。その裏で、軽自動車だからこそキャンプにフィットするメリットもたくさんあるんです。

メリット1. 高速料金が安い

高速料金は「大型」「普通」「軽・二輪」など車種によって異なり、車体が小さく軽いほど安くなります。これは日常的にはもちろん、頻繁にキャンプへ出かける人にとっては大きなポイントです!

メリット2. サイトを広く使える

車体がコンパクトなため、サイト内の駐車スペースが抑えられます。車に場所をとられることなく広く使えるのは、狭い区画サイトならよりメリットと言えるでしょう。

メリット3. 小回りがきく

出典:PIXTA

キャンプ場内はもちろん、道中の山道も整備されていない箇所はたくさんあります。細い小道で対向車とすれ違ったり方向転換なども、コンパクトな軽自動車ならスムーズです。

もちろんデメリットも

維持費も安く、運転もしやすい軽自動車ですがもちろんデメリットも。高速道路ではエンジン音が大きかったり、安全性能に不安があったりと人によっては譲れないポイントも。

軽自動車のトランクルーム、その大きさは?

そんな軽自動車ですが、実際にキャンプに行く際に気になるのはやっぱり「積載力」。といっても、これは車種ごとに違います。

今回は、キャンパーに特に人気の2台を例に、実際のラゲッジスペースの数値を見てみましょう!

軽自動車の荷室、実際のサイズをチェック!

スズキ ジムニー

出典:SUZUKI

キャンパーに圧倒的人気の軽自動車といえば、ジムニー。20年ぶりにフルモデルチェンジをしたことでも、話題になりましたね。

出典:SUZUKI 新型ジムニー XC 4AT車

スクエア型のボディのおかげで、隙間無く効率的に荷物を積むことができます。

リアシートを倒しサイドの空間をフルに使えば、荷室幅は1.3m。荷室高も0.85mと、長さのあるチェアやテーブルも余裕で入りそうです。

Instagram PhotoこちらジムニーJB23型の積載のご様子。お手本のようなキッチリとした積載です!

出典:SUZUKI

軽ならではの工夫である、デッドスペース収納も。リッド開閉式のラゲッジボックスには、車内に持ち込みたくない汚れたシューズなどを入れておくことができます!

ダイハツ ウェイク

車高のある軽自動車といえば、トールワゴンタイプの「ウェイク」。従来の軽自動車の積載力を大きく超える軽自動車が登場したことで、軽キャンパーも増えた印象です。

出典:ダイハツ

荷室幅は0.87mで、荷室高は1.14m。横より縦のほうが長い長方形フォルムが、積載力を大幅にアップさせています。大人サイズの自転車も、余裕で積めちゃいます!

Instagram Photoマックスで詰め込むと、こんな感じになるようです。目視で後方確認できるよう上部スペースを空けれれば更にGood!

石油ストーブなど破損が心配なものは、ケースに入れるか上の写真のように「ベルトで留める」という工夫も。勉強になりますね。

出典:ダイハツ

すべてをフルフラットにすれば、この広さ! 床下部分には、縦幅30.2cmのアンダートランクも装備。

長い荷物を入れたい場合は、上部スペースと一体化させて全体を広く使うこともできます(※2WDの場合)。

みんな頑張ってる!軽キャンパーの積載をチェック

それでは実際に頑張っている軽自動車たちの積載テクニックを見てみましょう! 様々なテクニックがありますが、真似してみる際はあくまで自己責任で。

テトリスの基本を動画で学ぼう

Instagram Photoタントの積載を分かりやすく撮っている動画がこちら。テントを横ではなく縦に立てて入れているのが軽自動車らしい(?)積載かもしれませんね。

重いものを下に、縦と横の空間を使って隙間無く積み上げる……積載の基本テトリスを改めて動画で見ると、爽快です。テーブル・テント・クーラー・ラックなど、バッチリ収まっています!

助手席フル活用

Instagram Photoハスラーの車体とコンテナのバイカラーをはじめ、カラーリングの統一感が美しいこちらの積載。

出典:Instagram by @ yu_ho.japan

あらゆるスペースを荷物置き場として使うことも、積載力アップの秘訣! 足元やシート下の空間も意外と入りますが、荷物の行方不明率は高いので要注意です。

天井にくくる

Instagram Photo軽自動車こそ、ルーフラックを活用している方は多いですね。キッチリ載せられていますが……

出典:Instagram by @ nicohanaworks

実は、こんなところにも! 忍術感すら漂う積載テクには脱帽ですが、上部のデッドスペースを有効活用するためにネットを使うなど参考になりますね。

なるべく箱に入れて、積む

Instagram Photoこちらはジムニー。Instagram Photoそしてこちらはハスラー。細かいものはなるべくコンテナや収納ボックスにまとめておくと、荷積みもすっきり。車載時間も短縮できますね。

軽でも、後方片側は空けたい

Instagram Photo視界確保の為、片側だけでも空けて積めると◎。こちらはホンダ「バモス」に4人分の荷物を積んでいますが、このように片側だけでも空けておきたいですね。

やっぱりシェルコン強し

Instagram Photoこちらはekワゴンでの積載。軽積載でもシェルコンは大活躍、三段積みも余裕です。

左側にあるのは大型のスチールベルトクーラーであることを考慮すると、軽自動車の積載力にはますます驚きです!

Instagram Photoこのようにうまく積み込めば、ekワゴンにも2名が乗ってスノーピークの「ドックドームPro.6」や「ヘキサエヴォPro.」など中~大型テントも張れるようです。参考になります!

軽自動車でキャンプへ行くときの注意点

Instagram Photo軽自動車には予想以上の積載力があることはわかりましたが、やはり「軽」ならではの注意点はあります。

過積載

軽自動車の貨物積載量は350kg以下と、法律で定められています。「入るから」と積みすぎてしまうと、ブレーキやエンジンに負担がかかる場合も。

特に、標高が高いキャンプ地は急勾配を登りきれない危険にも繋がりかねないため、積み過ぎには注意です。

車上荒らし

軽自動車は窓が大きく狙われやすいという危険性も。キャンプにも、セキュリティグッズがあると安心ですね。

ITEM



カーメイト カーセキュリティ ナイトシグナル
●サイズ:(幅)63×(高さ)9×(奥行き)25mm
●質量:15g 

軽自動車でも余裕でキャンプへ行ける!

軽自動車じゃアウトドアに行けない、なんていうのは昔の話。あらゆるスペックが進化したこれからの時代、むしろかしこくキャンプを楽しむなら軽自動車に乗り換えるのもアリかもしれませんね!

軽キャンも気になる・・・

小回りがきいて車税が安い、その上車内で快適に寝泊りができちゃう夢の乗り物「軽キャンピングカー」。気になる方は、こちらからどうぞ!

Source: CAMP HACK

車中泊おすすめ軽自動車15選。軽が今のブーム!

アイキャッチ画像出典:スズキ

軽自動車でも車中泊ができる!?

車中泊に最適な広々空間
出典:鳥栖建材屋

最近では車中泊そのものを楽しむ愛好家たちも増えてきました。さて、車中泊と言えば大きなワンボックスカーを想像する方が多いでしょう。しかし、軽自動車でも車種を選べば一人や二人での車中泊を楽しむことができるんです!軽自動車で車中泊ができれば経済的にもとてもお得。その選び方とおすすめ車種をご紹介します!

車中泊用として選ぶ基準

車中泊に最適な軽自動車の基準がイメージできる画像
出典:スズキ

一番大事なポイントは「体を休めて寝ることができるかどうか」です。休憩や仮眠くらいならシートのリクライニングを倒すだけでも十分ですが、しっかりと睡眠となるとそうはいきません。旅先で十分な睡眠なく、疲れが取れないとあっては本末転倒です。車両の購入前なら実際にシートを倒して寝転がってみたりと、しっかりと確認をしてから車種を選ぶようにしましょう。

また、絶対に必要なのがマットです。シートがフラットになると言ってもデコボコな部分が多く、ちゃんと寝るには不十分です。マットでデコボコを埋めてしっかり眠れるようにしましょう。人気車種なら専用のマットが発売されているものもありますし、キャンプ用品のマットでも十分に使えます。空気を入れるエアマットならデコボコを消して、快適な寝心地を確保できるので特におすすめです!

おすすめ軽自動車

《ダイハツ》

ウェイク
車中泊におすすめ軽自動車紹介(ダイハツ:ウェイク)
出典:ダイハツ

背の高い室内は荷物を積むにも余裕があり、アイポイントも高いので視界が広く、運転に余裕が生まれます。ラゲッジスペースの下に設けられたアンダートランクに荷物を収められるほか、多彩なシートアレンジを組み合わせることで大量の荷物持っていても車中泊が可能です。アウトドアブランド、モンベルとのコラボモデルも登場。

車中泊におすすめ軽自動車紹介(ダイハツ・ウェイク詳細説明画像)
出典:ダイハツ

アトレーワゴン
車中泊におすすめ軽自動車紹介(ダイハツ・アトレーワゴン)
出典:ダイハツ

内装は、上質でモダンかつ広々空間を意識されてた設計です。フルフラット時でも多少段差があるので、クッションやマットがあるとより快適でしょう。広いラゲッジスペースはふだん使いから旅行、車中泊まで余裕を持って使うことができます。快適な車中泊ができる軽キャンピングカー「楽旅」モデルもあります。

車中泊におすすめ軽自動車(ダイハツ・アトレーワゴンの広々空間)
出典:ダイハツ

ハイゼットカーゴ
車中泊におすすめ軽自動車(ダイハツ・ハイゼットカーゴ外観)
出典:ダイハツ

ビジネスモデルならではの、広くフルフラットになる空間は、助手席を倒さなくても就寝スペースが作れるほど余裕があります。アクティと同様に「旅楽」モデルも用意されていて、ベットマット、キャビネット、テーブル等快適な車中泊ができる装備を備えています。

車中泊におすすめ軽自動車(ダイハツ・ハイゼットカーゴの荷室画像)
出典:ダイハツ

《スズキ》

ハスラー
車中泊におすすめ軽自動車紹介(スズキ・ハスラー外観画像)
出典:スズキ

カーオブザイヤーも受賞した人気のハスラー。フラットになるシートレイアウトの他、ベットクッション、シェード、カーテンといった車中泊でも必須のアイテムが正規アクセサリーとして用意されており、販売店で直接見て購入できるのもうれしいポイント。

車中泊におすすめ軽自動車紹介(ダイハツ・ハスラー荷室画像)
出典:スズキ

ジムニー
車中泊におすすめ軽自動車紹介(スズキ・ジムニー外観)
出典:スズキ

強い人気を誇るジムニーは、軽唯一の本格オフロード車。そのままではフラットにできませんが、社外メーカーによる用品で対応可能。その人気ゆえにパーツが数多くあり、DIYで加工するなど情報も豊富なのも魅力です。

車中泊におすすめ軽自動車紹介(スズキ・ジムニー荷室)
出典:車中泊まとめwiki

ワゴンR
車中泊におすすめ軽自動車紹介(スズキ・ワゴンR外観)
出典:スズキ

そのスタイルと走行性能の良さから人気のワゴンR。助手席側がフルフラットになるほか、ちょっとしたクッションなので運転席側もフラットに。背が高めの車なのでマットなどで高さを上げても圧迫感がありません。

車中泊におすすめ軽自動車紹介(スズキ・ワゴンR荷室)
出典:車中泊まとめwiki

エブリィワゴン
車中泊におすすめ軽自動車紹介(スズキ・エブリィワゴン外観)
出典:スズキ

ビジネスモデルベースで後方空間が広く、シートアレンジが幅広いエブリィ。スライドドアで人や荷物の出し入れがしやすいのも◎。一人車中泊+自転車など用途に合わせて自分なりのレイアウトを楽しもう!

車中泊におすすめ軽自動車紹介(スズキ・エブリィワゴン荷室)
出典:スズキ

《ホンダ》

NBOX+
車中泊におすすめ軽自動車紹介(ホンダ・NBOX+外観)
出典:ホンダ

マルチボードを活用することでフルフラットのベッドにしたり、スロープで自転車を出し入れしやすくしたりと多彩です。専用のシェード、カーテン等が用意された車中泊用のオプションパッケージもあり。

車中泊におすすめ軽自動車紹介(ホンダ・NBOX+荷室)
出典:ホンダ

バモスホビオ
車中泊におすすめ軽自動車紹介(ホンダ・バモスホビオ外観)
出典:ホンダ

ハイルーフ仕様で天井が高いので大きな荷物の出し入れがしやすく、圧迫感も少ないホビオ。余裕のある後方空間はリアシートを前倒しすれば自転車も積載できるほど。自分好みのレイアウトが可能です。

車中泊におすすめ軽自動車紹介(ホンダ・バモスホビオ荷室)
出典:ホンダ

アクティバン
車中泊におすすめ軽自動車紹介(ホンダ・アクティバン外観)
出典:ホンダ

ビジネス用ならではの広い空間は、前列のシートを倒さなくても就寝空間が作れるほど。バモス同様自分好みのレイアウトで車中泊の空間を作ることができますね!

車中泊におすすめ軽自動車紹介(ホンダ・アクティバン荷室)
出典:ホンダ

《マツダ》

スクラムワゴン
車中泊におすすめ軽自動車紹介(マツダ・スクラムワゴン外観)
出典:マツダ

フルフラットにしても微妙な段差があるのでクッション等で埋めよう。助手席、リアシートと繋いで寝ても後ろに荷物が置けるラゲッジスペースが確保できます。ハイルーフ車仕様もあるので天井の圧迫感を少なくして荷物の出し入れをしやすくすることもできます。

車中泊におすすめ軽自動車紹介(マツダ・スクラムワゴン荷室)
出典:マツダ

《三菱》

ミニキャブバン
車中泊におすすめ軽自動車紹介(三菱・ミニキャブバン外観)
出典:三菱

ビジネスモデルならでの広い空間と完全なフラット状態にできるのは、車中泊をする上でうれしいところ。こちらも助手席を残したまま就寝スペースを作ることができます。棚を据え付けたり大規模な車中泊用の改装ベースにも最適。

車中泊におすすめ軽自動車紹介(三菱・ミニキャブバン荷室)
出典:三菱

《スバル》

サンバーバン
車中泊におすすめ軽自動車紹介(スバル・サンバーバン外観)
出典:スバル

しっかりした足周りで、力強い走りを実現した人気のサンバー。こちらもビジネスモデルならではの広い空間を自由にアレンジして、車中泊用の空間を作ることが可能。走りと就寝、どちらも楽しみたい人向けの一台!

車中泊におすすめ軽自動車紹介(スバル・サンバーバン荷室)
出典:スバル

《日産》

NV100 クリッパーリオ
車中泊におすすめ軽自動車紹介(日産・NV100 クリッパーリオ外観)
出典:日産

大人4人が座っても後ろに荷物をたっぷり詰めるほど広い室内空間。さらに荷物や人数に合わせて自由なシートアレンジができます。子どもが乗り降りしやすい電動オートステップなど、細かい所の装備も充実していているので、日常でも使いやすさを実感できます。

車中泊におすすめ軽自動車紹介(日産・NV100 クリッパーリオ荷室)
出典:日産

《トヨタ》

ピクシスバン
車中泊におすすめ軽自動車紹介(トヨタ・ピクシスバン外観)
出典:トヨタ

広い空間だけでなく、実用性の高い小物入れなど細やかな装備も充実。特に大きなグローブボックスなどは、宿泊用の小物をいれるのにも最適です。

車中泊におすすめ軽自動車紹介(トヨタ・ピクシスバン荷室)
出典:トヨタ

 マナーを守って楽しい車中泊を!

車中泊をする人が増えたことで、残念ながらマナーの悪い人たちの行為が目立ち、指摘されるようになってきました。気楽だからと言って、どこでも停めて勝手に休んでいいというわけではありません。公共の場所でも禁止であったり、事前に連絡が必要な場合もあります。周囲に配慮して、本当に快適な車中泊を楽しみましょう!

Source: CAMP HACK