長谷部雅一

すぐできる!長谷部雅一・自然遊びのたからばこ#5 ~ワイルドフラワー アレンジメント~

女の子にぴったりの春の遊びを紹介!



春も少しずつ進んでいくと、自然の中は赤や白、黄色や緑などのグラデーションの野の草花が目に入ってきます。

すべての生き物が夏に向けてグングンと成長していくためのエネルギーが自然の中に満ちあふれている季節です。

この季節は、昆虫好きの男の子だけではなく、女の子にとってもワクワクする楽しい時期でもあります。キャンプ場や近所の公園ではきっと時間を忘れてお花摘み遊びがはじまるはず。


この時期はたくさんの野の草花を目にすることができる

今回はせっかく摘んできた野の草花を、遊びの次の展開としてフラワーアレンジメントにしてみたらいかがだろうか? 完成品は、きっと食卓やキャンプサイトを綺麗に彩ってくれるはず。

フラワーアレンジメントの遊び方

まずは、必要な道具から紹介


小瓶はなるべくシンプルな物にしてあげると、草花を生けた際に見栄えがグンと良くなる

必要な道具は、2つだけ!
・フラワーアレンジメントをする瓶
花を生ける瓶は、基本的にはなんでもかまわないがあまり大きすぎないものがオススメ。また、口が細くなっているタイプだと、草花を入れたときのバランスが良いので使いやすい。
・ハサミ
ハサミはなくてもいいが、草花の茎が子どもではむしりにくい硬さのときなどに活躍する

茎が硬い場合はハサミをつかうと子どもが自分ですべてできるので達成感が大きく変わってくる

遊び方① 草花摘み

草花摘みは、一度はじまるともう止まらない。この日は2時間近く楽しんだ

まずは春の自然を存分に楽しもう。気になる草花を摘みながらお散歩をするだけ。後で花を生ける際にアレンジしやすいので茎の長さを長めに摘むのがコツ。

たくさん摘むことが出来たら、一時保護者が預かってあげるのも子どもの機動力に繋がる。

遊び方② フラワーアレンジメントをする

アレンジメント作業も子どもは夢中になって楽しみます。この日は2つのフラワーアレンジメントを同時に制作した

子どもが思うがままに、水を入れた小瓶に草花を生けていく。もしも気温が高い場合は、摘んだ草花がしおれてしまうので一時水に浸けておくといい。草花の長さが長いものは、ハサミで切って調整する。

遊び方③ 完成したものを活用する


完成したフラワーアレンジメント。写真を撮る際は、どの角度からみたら一番綺麗なのかを子どもに聞くのがオススメ

完成した生け花は、食卓などに飾ってあげよう。活用することでこの遊びが完結し、子どもの達成感に繋がります。

子どもがもっと夢中になる、保護者の関わり方

草花摘みをじっくりと楽しもう

草花摘みは、ただその行為だけが目的なのではなく、「歩く」「感性を刺激する」「コミュニケーション」の3つが込められています。

草花を探すことで、気づけば不整地をたくさん歩くことが出来ます。そして様々な自然の色に触れることで、感性を刺激されます。

また、保護者が積極的に「それ面白いの見つけたね!」「それどこで見つけたの?」などコミュニケーションをとることで子どもの気づきが増えたり、保護者と子どもの関係性もより深まっていきます。

草花を生ける際は、子どものイメージを最優先にする

制作系の作業をしていると、ついつい保護者は手や口を出したくなるもの。だけどそのひとことが子どもの感性が豊かになるチャンスを邪魔してしまう場合があります。

子どもが思うがままに、自由に完成までいっしょに時間を共にすることを心がけよう。

この遊びで気を付けたいこと!

野の草花の採取は、大概が「雑草」に属するので何も言われることはないでしょう。

しかし場所によっては許可が必要だったり、誰かがが育てている草花の場合もあるので注意するようにしましょう。


お気に入りの草花を見つけるたびに子どものやる気はどんどん高まっていく。「かわいい〜」「これ面白い!」と、元気な声が森に広がる

~第6回につづく~

▼気軽に、子供が夢中になれる! 長谷部雅一の過去連載はこちら

Source: CAMP HACK

すぐできる!長谷部雅一・自然遊びのたからばこ#4 ~葉っぱプリント~

彩り豊かな春にぴったりの遊びを紹介!



春になると、ライトグリーンからディープグリーンまで、綺麗な緑のグラデーションが世界を彩りはじめる。きっと、この時期ほど葉っぱの生命力を感じられる時はないだろう。

葉っぱが面白いこの季節、せっかくだから葉っぱと友だちになってみたらいかがだろうか? 今回は、幼児のコレクター魂に火を付ける葉っぱプリントを紹介します。キャンプ場でも、近くの公園でも簡単にできるので、みなさんも是非チャレンジしてみてほしい。

葉っぱプリントの遊び方

まずは、必要な道具。手軽さが魅力です



必要な道具は、クレヨン、A4のコピー用紙、下に敷く硬い物(スクールファイルなど)の3つだけ。
・クレヨンは出来るだけボロくて、周りについている紙を剥がしてもよいものがベスト
・紙は厚手のものでなければなんでも大丈夫
・舌に敷く物は硬ければなんでも大丈夫。今回は紙を入れて運べるのでスクールファイルを使用

遊び方① 好きな葉っぱを探す



森の中で好きな葉っぱを探す。

葉っぱは葉脈がしっかり出ていた方が模様がきれいに出るのでおすすめ

このとき、葉っぱの裏にしっかりと葉脈があるものを選ぶと、あとで綺麗な葉っぱのプリントがつくれる。

  • 遊び方② 葉っぱをセットする

  • 葉っぱを置くときは、スクールファイルの中心に置くと後の作業が楽になる

葉っぱの葉脈がしっかりでている面(通常裏面)を上にして、下に敷いたスクールファイルの上に置く。

  • 遊び方③ 紙を上に置く

  • 紙を置くときは、葉っぱが風圧で飛ばされないように慎重に置くようにしよう

葉っぱのプリントをしたい場所を選んで、紙をそっと置く。これで、下からスクールファイル、葉っぱ、紙の順番で置かれたことになる。

遊び方④ クレヨンでこする

こすり出す方向は中心から外へ。これを守って作業をすれば、必ず綺麗な葉っぱの模様をこすり出すことができる

紙の下の葉っぱが動かないように、クレヨンで紙の上をこする。この時に、クレヨンを横にしてこすると葉っぱの模様がきれいにでる。

こすり出すときのコツは、2つだけ

慣れればとっても簡単なこの遊びは、はじめは少し苦戦する子供もでてくる。次の2点のコツを紹介するので、子どもと楽しい時間を過ごしてほしい。

●クレヨンの周りについている紙を全て剥がし、横に持ってクレヨン全体を紙の上でこする
●こするときは、葉っぱの中から外を繰り返して葉っぱの形を出していくようにする。

子供がもっと夢中になる、保護者の関わり方

コツを掴むまで、じっくりとつきあってあげよう

クレヨンで葉っぱの模様を擦り出す方法は簡単だけど、綺麗にするには少しコツがいる。子供が上手に出来るようになるようにアドバイスをしてあげよう。

この時に親が上手なアドバイスが出来ないとくじけて止めてしまう場合もあるので注意。

子どもが飽きるまで、何回でも一緒に遊ぼう

子どもはきっと面白くて何枚もいろいろな葉っぱや色で葉っぱのプリントをしたくなるだろう。

この時、もしも親はもう飽きてしまっていても、子どもが満足いくまで一緒に遊んであげよう。

途中でお絵かきがはじまるのもご愛敬。遊びはどんどん発展していくものなのです

葉っぱ遊びで気をつけたいこと(アレルギーやかぶれる葉っぱには注意!)

イチョウの葉などアレルギーを持っているひとには反応が出てしまう葉や、かぶれてしまうウルシの葉など、子どもが葉っぱを集める際には注意をするようにしよう。

色々な葉っぱでこすりだした綺麗な葉っぱ達は、ハサミで切って家の飾りにするなど、使い方も一緒に考えてみよう

~第5回につづく~

▼気軽に、子供が夢中になれる! 長谷部雅一の過去連載はこちら

Source: CAMP HACK

すぐできる!長谷部雅一・自然遊びのたからばこ#2~Natural ice making~

冬だからこそできる遊びを紹介します

霜柱が出来て朝晩の冷え込みが全国的に厳しくなる頃、子ども達が夢中になる遊びがある。それが氷づくりだ。家の冷蔵庫でも簡単に氷ができるが、自然の気温でできる氷の方が数倍も自由で、想像力をかき立てられるおもしろい遊びなのだ。

気温が低いキャンプ場など、場所によっては3月初旬まで存分に楽しめるが、関東含め大概の場所は2月いっぱいが遊びのピークになる。遊び方を紹介するので、すぐにでも外に出て早速試してみよう!

必要な道具


氷を作るための器は、熱伝導率が高い物がオススメ。今回は主に琺瑯を使った。

基本的には氷を作るための器があればいい。器選びのポイントは、金属製か、琺瑯のものにすること。熱伝導率が高ければ高いほど、器がよく冷えて氷ができやすい。

その他にあるとおもしろいのは絵の具や自然物だ。これから遊び方は紹介していくが、その他にも「これがあったらもっと面白い!」と思うものがあればどんどん取り入れていこう。

氷の作り方

氷の作り方はとってもシンプルだ。念のためポイントも踏まえて説明しておこう。
① 用意した器に水を入れる
水を入れる量は遊び方によって大きく変わってくる。この後の説明も踏まえて好きな量を入れよう。
② 水を入れた器を翌朝まで保管する
氷は一番外気が冷え込む夜から朝にかけてできてくる。住宅地なら北側、キャンプ場なら日が当たらない場所を選んで置いておこう。

氷づくりの変化球〜その1〜 自然物を使ったデコレーション氷をつくろう


今回の自然物の収穫物はこれ。これを集め、厳選するのに2時間は遊んだ。自然物探しだけでも十分楽しい時間になる。

氷を作る前に自然物を入れると、簡単に素敵なステンドグラスができあがる。作り方もシンプルでほとんど準備に手間がかからないので実践しやすいのも特徴。

① お気に入りの自然物を探して採取する
落ち葉や木の実など、気になる自然物を好きなように採取する。周辺に花びらがあれば入れてあげると完成後の氷のイメージがグンと上がる。

② 水を器に1〜1.5cm程度入れる
水は多めに入れすぎないようにするのがポイントだ。水が多いと自然物が沈んでしまったり、狙った厚さの氷が出来ないことがある。

③ 水を入れた器に採取した自然物を配置する

水をはった器に自然物を配置する。吟味した自然物だけに、配置にもこだわりが出る。

自然物は一度濡らしてから配置すると動きにくくなるので、お気に入りの一枚を作りやすい。

④ 翌朝までなるべく平らな場所において氷にする
器を斜めに置いてしまうと氷が薄い部分と厚い部分が出来てしまい、割れやすくなることもある。可能な範囲で水平に置くようにしよう。

⑤ 完成!


完成したデコレーションの氷。一晩待ったあとの成果に大満足。

氷づくりの変化球〜その2〜 色つきの氷をつくろう


絵の具は色つきの氷を作るのには最高の道具。こういうときは惜しげもなくたくさん使って遊ぼう。

色つきの氷を作るのもオススメの遊びのひとつ。絵の具さえあれば幼児でも簡単に作ることが出来る。100円で売っている絵の具でも問題無いので試してみよう。

① 器に多めの水を入れる


この遊びでは、器に水を多めに入れるのがポイントだ。そうすることで、絵の具を入れて色水を作る遊び自体をしやすくなる。

② 好きな絵の具を入れる


色水づくりが止まらなくなって、家中の器につくることに……。

絵の具をそのまま水の中に絞り出して良くかき混ぜる。この時に、数食混ぜて面白い色を作るのも面白い。ポイントは、濃いめの色水を作ることだけ。

③ 翌朝まで保管する
色水氷の方は、水平に余りこだわらなくても大丈夫だ。おそらく翌日には表面に色つきの氷ができているはず。

④ 完成!

色水氷も無事に完成。思った色が出来ると子どもの満足度も上がる。氷はこの後子どもの破壊衝動がなすままに砕かれていった。これも氷遊びの醍醐味だ。

この遊びについてわかっておきたいこと

保護者の関わり方は?

1:遊びから自然科学を体感させてあげよう
自然物拾いや色水づくりは、氷づくりの遊びの一環だが、これをきっかけに自然の季節感や色の三原則を体感することも出来る。目的からはみ出して心ゆくまで自然科学で遊ぼう。
2:時間をかける遊びの面白さを伝えてあげよう
今回の遊びは1日では完結しない。翌朝までかけることで氷ができあがるので、その時間の経過も一緒に楽しもう。

気をつけたいこと

1:低体温症や凍傷に注意しよう
子どもは気づくと身体が冷え切っていることもしばしば。また、霜焼けなどは軽度の凍傷になっている証拠。もちろん霜焼け程度なら子どもに是非とも経験させてあげたいところだが、遊んだあとにしっかりと暖めてあげるようにしよう。

気軽に、夢中になれる! 長谷部雅一の過去連載はこちら

Source: CAMP HACK