高松美里

Blue Kitchenのフォトジェニックな季節料理 #07 BBQメニューと相性抜群なチョップドサラダ

サイドメニューにピッタリなサラダ料理を2品ご紹介

これから本格的なキャンプ、BBQシーズンですね。

定番のBBQのサイドメニューには、
ヘルシーで見た目も綺麗なサラダはいかがでしょうか?
高松美里さんのInstagramはこちら!

1品目はビーンズとナッツが入った彩り野菜のチョップドサラダ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

チョップドサラダ、とは好きな食材をザクザク切ってあえるだけ、いろんなバリエーションが楽しめるN.Y発のサラダ。ドレッシングもよく染み込むし、何よりスプーンですくって簡単に取り分けられるので、外ご飯にぴったりなんです。

好きなお野菜を選んだら、あとはザクザクカットするだけ。歯ごたえもあり味のアクセントになるナッツ類は個人的には欠かせません!
アウトドアクッキングでは、このようにパックされた雑穀やキヌア味に味付けされたオリーブなどもオススメです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

野菜を洗うのにはこのようなペタンコになるシリコンのボウルやそのままテーブルに出しても可愛い足つきのものなどが大活躍。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハーブを刻んだり、野菜をボウルの中で簡単にカットできる便利なグッズもありますよ。

今回はレタス、ベビーリーフ、紫キャベツ、アボカド、ミックスナッツ、ブロッコリースプラウト、ミックスビーンズ、ミニトマトをチョイス。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
バルサミコドレッシングで和えました。(オリーブオイル大さじ4 赤ワインビネガー大さじ1、バルサミコ酢大さじ2、塩胡椒、レモン汁少々をよく混ぜたもの。)
材料を瓶に入れてよく振ったら出来上がり。少し大きめの瓶だと混ざりやすいですよ。お好みで自由にアレンジしてみてくださいね。

【材料】ビーンズとナッツが入った彩り野菜のチョップドサラダ

サラダ

  • ●レタス
    ●ベビーリーフ
    ●紫キャベツ
    ●アボカド
    ●ミックスナッツ
    ●ブロッコリースプラウト
    ●ミックスビーンズ
    ●ミニトマト
    ドレッシング(よく混ぜることが重要です)
    ●オリーブオイル大さじ4
    ●赤ワインビネガー大さじ1
    ●バルサミコ酢大さじ2
    ●塩胡椒少々
    ●レモン汁少々

もう一品はタンドリーチキンのチョップドサラダ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
タンドリーチキンは前日からジップロックに漬け込んで味をよく染み込ませて

現地ではスキレットで焼くだけです。

材料…
鶏モモ肉 500gに塩胡椒をして、ヨーグルト100g、カレー粉大さじ1、ケチャップ大さじ2、ニンニクすりおろし1片分、あればパプリカパウダー(大さじ1/2)をよく混ぜたものに漬け込みます。

ブロッコリー、ゆで卵、ミニトマト、ベビーリーフ、カッテージチーズと合わせました。


img_0700
その他トッピングとして普段から日持ちがするマリネなどを作っておいて小分けにしてキャンプに持っていくのもおすすめです。色鮮やかで楽しいサラダ、ぜひ作ってみてくださいね。

【材料】ビーンズとナッツが入った彩り野菜のチョップドサラダ

●鶏モモ肉500g
塩胡椒、ヨーグルト100g、カレー粉大さじ1、ケチャップ大さじ2、ニンニクすりおろし1片分、あればパプリカパウダー大さじ1/2をよく混ぜたものに漬け込みます。
●ブロッコリー
●ゆで卵
●ミニトマト
●ベビーリーフ
●カッテージチーズ

photo by Misato Takamatsu

Source: CAMP HACK

Blue Kitchenのフォトジェニックな季節料理#01:キノコの簡単ホットサラダとピクルス

Blue Kitchen高松美里がお届けする、四季を感じるアウトドア料理

img_0026

アウトドアでの料理企画から雑誌やイベントなどのスタイリストとしても活動中、「Blue Kitchen」代表 高松美里です。そんな私がここCAMP HACKで連載を持つことになりました。テーマは、季節の野菜を使ったアウトドア料理!みなさんが真似してもらえるような簡単にできるフォトジェニックなレシピをご紹介していきます。

今月のテーマはキノコ。

簡単に出来て、見た目にも身体にもいい3つのレシピをご紹介します。どれも、いろんな種類をミックスして自由に楽しむのがおすすめです。

キノコとベーコンのホットサラダ

BBQでは定番のキノコのホイル焼きを一手間でおしゃれなサラダに。

img_0038

レタスやベビーリーフ、キャベツなど葉物野菜をお皿に敷いて準備しておきましょう。ホイル焼きが完成したら、準備しておいたお皿に、旨味をたっぷり吸ったキノコのホイル焼きをスープごと、どーん!と真ん中に乗せるだけ。

キノコのホイル焼きがそのまま食べるドレッシングに。

img_0029

【材料】
角切りベーコン1パック
塩胡椒、お醤油を少々
お好きなキノコ

これにプラス、ホイル焼きにして美味しそうなものなら色々と足しちゃうのも楽しいです。ズッキーニ、ジャガイモ、ベーコンの代わりにサーモン、コーン、バターなどなど。アレンジは無限大です。

img_0027

ホイル焼きで使用するホイルは、できる限り厚手のものを使いましょう。破れにくく、保温性も高いので美味しく出来ます。なければ普通のホイルを二重にしてもOKです。

img_0030

中央にキノコをたっぷり敷いてベーコン(その他味が濃いものや、出汁が出るもの)は旨味が全体に染み込むよう上から均等に乗せていきます。

img_0031

ドレッシングとなる美味しいスープがこぼれないように、しっかり端はきちんと折り返してくださいね。

img_0034

あとはBBQと一緒に焼きましょう。フライパンでもOKです。

img_0036

いい香りがしてきたら開けてみて・・・グツグツいい感じに出来ていたら、用意していたサラダに乗せて出来上がり。

img_0037

キノコが地味な茶色なので、ベースのサラダには色味を加えると一気に華やかになります。今回は紫キャベツを混ぜました。

img_0039

最後に黄色パプリカをピーラーで薄く散らしてポイントに。黄色でなくても、ミニトマトの赤を挿し色にしたり、ニンジンを薄くピーラーで削って散らしたり・・などなど、彩を考えて盛り付けると一気にフォトジェニックなサラダになりますね。

img_0057

そしてもう一品はキノコのマリネ&ピクルス

img_0032

こちらはキャンプに行く前にお家で仕込んでいきます。そのまま食べるのはもちろん、お肉の付け合わせやサンドイッチの具材にしたり、何でも合います。ガラスジャーなどに入れていけば、そのまますぐにテーブルに出せて簡単便利、そして何となくおしゃれ。

img_0033

左がマリネ。右がピクルス。どちらもキノコは適当にミックスして、同じくらいの量です。作り方は本当に簡単。

□マリネ
【材料】
オリーブオイル適量(大さじ1-2)
にんにく1片
レモン汁(レモン1/3〜1/4個分)
レモンの皮すりおろし
塩胡椒少々
お好みのキノコ

【作り方】
フライパンにオリーブオイルを熱し、ニンニクみじん切りを入れて香りが出たらキノコを入れて炒める。塩胡椒して、粗熱が取れたら、レモンをぎゅっと絞って、皮も少量すりおろして加える。最後にオリーブオイルを適量加える。

□ピクルス(ちょい足しで風味と見た目もUP)

【材料】
市販のピクルス液
ローリエ1枚
赤唐辛子1本
ブラックペッパー10粒
お好みのキノコ

【作り方】
キノコはさっと湯がいて水気を切っておく。瓶に入れて、ピクルス液をひたひたになるまで注ぎ、その他の材料を入れて漬けるだけ。

img_0035

どちらもお肉との相性がいいので、ハンバーガーに入れたり・・・

img_2243

ホットドッグやサンドイッチの具材にもおすすめです。

アウトドア料理と聞くと少しハードルが高そうに思えますが、じつはそんなことない!というのがわかってもらえたのではないでしょうか?思わず写真を撮りたくなるような簡単キノコ料理、ぜひ色々とアレンジを楽しみながら作ってみてくださいね。次の季節野菜は「さつまいも」を予定しています。

photo by Misato Takamatsu

Source: CAMP HACK

Blue Kitchenのフォトジェニックな季節料理 #08 グルテンフリータコス&セビーチェ

パーティーの主役になれるヘルシータコスと、セビーチェを紹介!

img_0756
太陽が眩しい季節は、陽気にみんなでタコスパーティーはいかかでしょう!? カラフルで見た目も鮮やか、みんなで楽しめる、夏のオススメアウトドアメニューですよ。
高松美里さんのInstagramはこちら!

1品目は、グルテンフリーのタコス生地

img_0764
タコスの生地は、トルティーヤ。市販のものもありますが、実は簡単に手作りできます。出来立ての香ばしさはなんとも言えません! マサ(トウモロコシ粉)で作るのが基本ですが、それだけだとポロポロと崩れやすいので、一般的には小麦粉と合わせたりもします。今回は小麦粉の代わりに米粉を使ってヘルシーなグルテンフリー生地に。
img_0766
マサ200gに米粉50~100gオリーブオイル大さじ2、塩小さじ1、水1カップがベースですが、よく捏ねて耳たぶくらいの柔らかさ、まとまりやすくなればそれで大丈夫です。ゴルフボール大に丸めます。
img_0762
こちらは便利なトルティーヤトルティーヤプレス。オンラインショップでも購入できます(まな板などを使い、上下で挟んでも同じように作れます)。
img_0765
生地がくっつかないようにクッキングペーパーを挟んで、
img_0763
img_0767
一気にプレス。
img_0768
油をひかずに、スキレットやフライパンで軽く両面焼けば美味しい出来立てトルティーヤの出来上がり!
img_0751
ピンクの生地はビーツ缶の汁、ブラックの生地はイカスミを混ぜました。その他、ほうれん草みじん切り(グリーン)人参みじん切り(オレンジ)の生地なども簡単に出来ますよ。ほんのり風味もついて美味しいです。(シリコンマットは生地をまとめたり、滑り止めになったり、色々と使えるのでキャンプでも大活躍です。)
img_0757
専用のスタンドも色々あって、便利ですよ!
img_0760
タコスは具だくさんなので、お皿に並べるとだとこぼれてしまうことも。スタンドだときれいに並べられるので、パーティーをより演出してくれますよ。

【材料】グルテンフリーのタコス生地

●マサ200g
●米粉50~100g
●オリーブオイル大さじ2
●塩小さじ1
●水1カップ

2品目は、タコスにピッタリな魚介のセビーチェ(マリネ)

img_0761
そしてタコスに合わせる具材。夏のオススメは魚介のセビーチェ! タコスと言えばお肉のイメージもありますが、メキシコやサンディエゴで食べた魚介のセビーチェのタコスがとても美味しくて、今では定番で作るようになりました。

白身魚とアボカド、ライムのセビーチェ

img_0752
鯛などお好みの白身魚、ライム汁(レモン)1/2個分、オリーブオイル大さじ2、塩胡椒 適量、コリアンダーみじん切り、ハラペーニョ(お好みで)

海老、帆立、マンゴー、キュウリのフルーティーなセビーチェ

img_0749
海老、帆立などお好みの魚介、キュウリ、ライム汁(レモン)1/2個分、塩胡椒、オリーブオイルオリーブオイル大さじ2、はちみつ大さじ1

スモークサーモン、マグロ、トマトの真っ赤なアカプルコ風セビーチェ(トマトとケチャップがポイント)

img_0769
スモークサーモン、マグロ、生鮭 ライム汁(レモン)1/2個分、塩胡椒、ハラペーニョ適宜、白ワイン大さじ2、ケチャップ大さじ2、トマトサルサ大さじ2
img_0753
img_0748
簡単で美味しい、フライパンで焼くソフトなメキシカントルティーヤ。専用のタコシェルメーカーで挟んで揚げると、カリッカリのアメリカ風ハードタコシェルにも早変わり!
img_0759
ハードタコシェルはチリビーンズとも相性抜群ですよ。

何にで合う、トマトサルサは汎用性抜群!

img_0750
完熟トマト2個ざく切り、紫玉ねぎ1/4スライス、ライム汁(レモン)1/2個分、塩胡椒 少々、ハラペーニョみじん切り(お好みで)、パクチーみじん切り(お好みで)
img_0747
img_0758
BBQで余ったお肉や海老など(魚介類)、オリーブオイル&ニンニクでソテーしてトマトサルサをかけるだけで更にもう一品、が簡単に作れますよ。色々とアレンジを楽しんでみてくださいね。

photo by Misato Takamatsu

【材料】白身魚とアボカド、ライムのセビーチェ

●白身魚
●ライム汁1/2個分(レモンでも可)
●オリーブオイル大さじ2
●塩胡椒適量
●コリアンダーみじん切り
●ハラペーニョ(お好みで)

【材料】海老、帆立、マンゴー、キュウリのフルーティーなセビーチェ

●魚介(海老、帆立などお好みのもの)
●キュウリ
●ライム汁1/2個分(レモンでも可)
●塩胡椒
●オリーブオイル大さじ2
●はちみつ大さじ1

【材料】スモークサーモン、マグロ、トマトの真っ赤なアカプルコ風セビーチェ

●スモークサーモン
●マグロ
●生鮭
●ライム汁1/2個分(レモンでも可)
●塩胡椒適宜
●ハラペーニョ適宜
●白ワイン大さじ2
●ケチャップ大さじ2
●トマトサルサ大さじ2

【材料】トマトサルサ

●完熟トマト2個ざく切り
●紫玉ねぎ1/4スライス
●ライム汁1/2個分(レモンでも可)
●塩胡椒少々
●ハラペーニョみじん切り(お好みで)
●パクチーみじん切り(お好みで)

Source: CAMP HACK

Blue Kitchenのフォトジェニックな季節料理 #12 秋にぴったりのあったかメニューはいかが?

秋刀魚のパエリア&ジャガイモとさつまいものドフィノア

img_1608

キャンプではもう薪ストーブや石油ストーブが欠かせないシーズンになりましたね! これからの季節はこんなあったかメニューはいかがでしょうか?
高松美里さんのInstagramはこちら!

秋にぴったり!脂がのった秋刀魚のパエリア

img_1602

キャンプ仕様で、今回は出汁パックを使います。とても簡単に味が決まるのでオススメです。

秋刀魚に塩をふり、フライパンで焼きます。この時焦げ付かないホイルを敷くと、洗い物が楽ですよ。

材料は、秋刀魚2匹、ミニトマト6こ(半分にカット)、にんにくみじん切り、玉ねぎ1/2~1/3 みじん切り、セロリ5センチ分みじん切り、無洗米2合、水400cc、出汁パック1袋、塩胡椒適宜、レモン1/4個、イタリアンパセリ(パセリ)適宜、あればサフラン適宜です。

img_1609

鍋にオリーブオイル、にんにくを入れ弱火で温め、香りが出たら玉ねぎ、セロリを入れじっくり火を通す。米を入れて炒め、透き通るくらいに全体に油が回ったら……

img_1603

水、出汁パック、サフランを入れて、塩胡椒をします。

img_1598

出汁パックは袋を破ってそのまま使えるので本当に便利! 今回は茅野舎の野菜だしを使いました!

全体をざっくり混ぜたらミニトマトを並べます。

img_1596

中火で温め、沸騰したら蓋をして弱火で10分炊き、秋刀魚を上にのせます。

img_1600

蓋をして(もしくはアルミホイルをかぶせて)10分蒸らす。イタリアンパセリを散らして出来上がり!

img_1601

秋刀魚をほぐして全体をざっくり混ぜていただきます。やや薄味に仕上げたご飯と、塩焼きの秋刀魚が混ざった時絶妙なバランスの美味しさがたまらないです。材料のまとめは記事の最後にありますよ! それでは次の料理にいきましょう。

2品目はジャガイモとさつまいものドフィノア

img_1606

ドフィノアというのは、フランスのグラタンのような感じの料理です。今回は生クリームと豆乳を使ってさっぱりヘルシーに仕上げます。

材料は、ジャガイモ3こ、さつまいも小1本(それぞれ薄切り)、生クリーム150cc、豆乳150cc、ナツメグ・塩コショウ適宜、にんにく1片を半分に切り、バター10gです。

さあ、作っていきましょう。ジャガイモとさつまいもは薄切りにしてボウルに入れ、塩を振りしばらく置く。水分が出たら全体を絞ります。

img_1604

スキレットの内側全体に、にんにくの断面を擦り付け、風味をつけます。その後はみじん切りにして置く。その後バターもスキレット内側全体に塗ります。

スキレットにジャガイモとさつまいもを入れ、生クリーム、豆乳、ナツメグ、塩胡椒、にんにくを混ぜたものを流し入れるだけ。

img_1605

アルミホイルで蓋をして火にかけ、10~15分くらいグツグツ温め、全体に火が通ったら出来上がり! 仕上げにチーズをのせたり、バーナーで表面を炙ったり……色々とアレンジも楽しんでみてくださいね!

【材料】秋刀魚のパエリア

●秋刀魚2匹
●ミニトマト6こ(半分にカット)
●にんにく みじん切り
●玉ねぎ1/2~1/3 みじん切り
●セロリ 5センチ分 みじん切り
●無洗米2合
●水400cc
●出汁パック1袋
●塩胡椒 適宜
●レモン 1/4個
●イタリアンパセリ(パセリ)適宜
●サフラン適宜(あれば)

じゃがいもとサツマイモのドフィノア

●ジャガイモ3こ(薄切り)
●さつまいも小1本(薄切り)
●生クリーム150cc
●豆乳150cc
●ナツメグ・塩コショウ適宜
●にんにく1片(半分に切る)
●バター10g

Source: CAMP HACK

Blue Kitchenのフォトジェニックな季節料理 #10 とうもろこしご飯とベジヌードル

今回も、夏野菜をたっぷりと!

img_0941
今月も夏野菜をたっぷり使ったアウトドア料理のご紹介です。
高松美里さんのInstagramはこちら!

夏野菜と言えばコレ!1品目は、とうもろこしご飯

img_0894

1品目はとうもろこしご飯。キャンプでは一本丸々使って豪快に。毎回蓋を開けた瞬間、湯気がもわっと立つと、歓声が起きる一品です。

img_0953

このように実の部分を包丁でこそぎ落とします。芯は旨味が出るので一緒に炊き込みます。

材料はとうもろこし1本、お米2合、水4400cc、酒大さじ1、塩小さじ1です。基本は全てを鍋に入れて蓋をして火にかけ、沸騰したら弱火で10分、蒸らし10分で簡単に美味しくできます。(火加減や水の量は適宜調整してくださいね)

お好みでバターを最後に10gを混ぜたり、塩をふりかけても美味しいです。

img_0937

こちらは黄色と白のとうもろこしを使ったアレンジバージョン。お米を3合にして、雑穀、昆布、だし醤油大さじ1を加え和風に仕上げます。

img_0933

大葉とミョウガをたっぷりのせて。

img_0935

夏にぴったり。とてもさっぱりといただけます!

img_0950

こちらは余った白ご飯から作る炒飯寄りの、とうもろこしご飯。

img_0954

材料は、とうもろこし1本分、白ご飯を茶碗2~3杯分、ごま油大さじ1、刻みネギ1/4本分、だし醤油大さじ1.5、塩胡椒少々です。

フライパンにごま油を熱し、ネギ、とうもろこしを炒める。だし醤油を加え、香ばしい香りがしてきたらご飯を加え、全体を混ぜ合わせます。塩胡椒で味を整えたら出来上がり!簡単ですね。

img_0942

アウトドア料理では、持ち運びやすい小ぶりのパックに入ったこちらのだし醤油が大活躍。鎌田醤油というメーカーの、だし醤油です。仕上げにトマトやパクチー、胡麻などをトッピングしても美味しいですよ!

img_0929

そしてさっぱりしたとうもろこしご飯は、夏野菜カレーとの相性も抜群なんです!

img_0938

色々な組み合わせが楽しめる、夏のおすすめメニューです。

野菜なのに麺!?2品目は、ベジヌードルサラダ

img_0946

2品目はベジヌードルサラダ。野菜の切り方がちょっと変わった料理です。

img_0947

ヌードルカッターは、webショップやキッチングッズのお店で簡単に手に入ります。

img_0952

ヌードルカッターはこんな感じで、しゅるしゅると細長く野菜が切れるものです。ない場合は、もちろん千切りなどでも大丈夫ですよ!

img_0955

フライパンにオリーブオイル、にんにくを火にかけ、香りが出たらエビを入れて炒める。火が通ったらミニトマト、カットしたズッキーニの順に加え、サッと火を通し、全体をなじませる。

img_0944

そのままテーブルに出しても、涼しげな器に盛り付けてもGOOD!

img_0957

こちらは彩鮮やかな人参と黄色ズッキーニのサラダ。ズッキーニは薄く切って少しマリネすれば生でも美味しく食べられます。人参、ズッキーニそれぞれ1本、オリーブオイル大さじ2、レモン汁大さじ2、塩胡椒、胡麻大さじ1。材料全てを混ぜ合わせたら10分程置いて全体を馴染ませていただきましょう。

img_0945

キャンプ場の近くには道の駅や直売所で美味しいお野菜がたくさん手に入ったりしますよね。その場でカットしてあえるだけのこのサラダは特に準備もいらず、簡単でヘルシーなのでおすすめです!

img_0931

残暑もきっと続くし、夏野菜もまだまだおいしい季節! 夏野菜のアウトドア料理、彩りやアレンジも楽しんでみてくださいね。
photo by Misato Takamatsu

【材料】とうもろこしご飯

●とうもろこし1本
●お米2合
●水400cc
●酒大さじ1
●塩小さじ1
●バター10g(お好みで)

【材料】とうもろこしご飯の和風アレンジ

●とうもろこし1本
●お米3合
●水600CC
●雑穀
●昆布
●だし醤油大さじ1
●大葉
●ミョウガ

【材料】とうろもろしご飯の炒飯

●とうもろこし1本分
●白ご飯茶碗2~3杯分
●ごま油大さじ1
●刻みネギ1/4本分
●だし醤油大さじ1.5
●塩胡椒少々

【材料】ズッキーニのベジヌードル

●オリーブオイル
●にんにく
●エビ5尾
●ミニトマト5~6個
●カットしたズッキーニ

【材料】人参と黄色ズッキーニのサラダ

●黄色ズッキーニ1本
●人参1本
●オリーブオイル大さじ2
●レモン汁大さじ2
●塩胡椒
●胡麻大さじ1

Source: CAMP HACK