Bluekitchen

Blue Kitchenのフォトジェニックな季節料理 #06 肉や魚介系レシピに最適なジャガイモ料理

BBQレシピにぴったりなじゃがいも料理を2品ご紹介

img_8656

暖かくなり外ごはんが楽しい季節になりましたね。本格的なキャンプには行かない方でもBBQをする機会は増えるのではないでしょうか。

今回はお肉や魚介類どんなBBQにも相性抜群のじゃがいも料理2品をご紹介。

img_8569
春になると出回る新じゃがは皮ごと食べられるので調理が簡単な上に、熱にも強いビタミンや栄養素がたっぷりです。

1品目は、オーブン不要!ガスコンロとスキレットで出来る、ハッセルバックポテト

簡単なのに見た目の可愛さ&写真映えでSNSでも人気のスウェーデンの伝統ジャガイモ料理。本来オーブンを使うのですが、アウトドアでも気軽に出来るレシピです。

材料

新じゃが数個
にんにく(薄くスライス)
オリーブオイル
塩こしょう
お好みでハーブやチーズ

img_8576

割り箸を2本置いた上にジャガイモを乗せ、薄くスライスする。

img_8577

こうすると下の部分だけが繋がった状態にカットできます。

img_8582

水をはったボウルで切り込みの間のでんぷん質を洗い流し、キッチンペーパーで水分をとります。この一手間で、くっつかず綺麗に開いた焼き上がりになります。

img_8587

1枚1枚の間に、にんにくやハーブ、(お好みでチーズなど)を挟み、オリーブオイルをかけて塩胡椒。

img_8589

スキレットを火にかけ、同時に蓋も熱します。ある程度ジャガイモに火が通ったら蓋をします。

img_8593

本来は家庭のオーブンを使ったり、アウトドアの場合は蓋の上に熱した炭を置くのですが、熱伝導率が良い鉄の蓋はしっかり温めればオーブン代わりに。

img_8591

串がすっと通るくらいになれば出来上がり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

仕上げに軽くバーナーで炙ると見た目にも美味しい焦げ目もついておすすめです。

2品目はアンチョビポテト

材料

小粒の新じゃが 1袋
オリーブオイル大さじ3
にんにく1片
アンチョビペースト少々
塩胡椒

お家での下ごしらえが現場で簡単に仕上げるポイントです。新じゃがは洗って、すっと串が通るくらいまで茹でる、

もしくはラップに包んで4~5分チンした状態にして持っていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フライパンにオリーブオイルとにんにくを熱し、香りが出たらジャガイモを入れ全体に焼目をつける。(揚げ焼きのようなイメージ)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アンチョビペースト、塩こしょうで味付けしたら出来上がり。下茹でしたジャガイモがあればほんとにあっという間に出来る簡単本格メニュー。

ローズマリーなどハーブを入れても美味しいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メインのBBQ料理を作りながらもささっと美味しいサイドメニューが出てくると大人にも子供にも喜ばれるのでとってもおすすめです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

photo by Misato Takamatsu

Takamatsu Misatoの他の記事はこちらから

 

Source: CAMP HACK

Blue Kitchenのフォトジェニックな季節料理 #03 豪快ロールキャベツ&カルボナーラ

1品目は巻かないロールキャベツ

#03の今回は、生でも煮ても炒めてもおいしいキャベツがテーマ。

キャベツを丸ごと使って鍋一つで出来る、巻かなくていいとっても簡単な豪快ロールキャベツです。

【材料】
img_0185

キャベツ1個
ハンバーグたね(合挽き肉200g、玉ねぎみじん切り1/2個分、パン粉1/2カップ、卵1個、スライスチーズ1枚(小さくちぎる)、塩胡椒、ナツメグ 少々全てをボウルに入れ粘りが出るまでよく混ぜる)
トマト缶1個
水100cc
コンソメ小さじ2
ローリエ

【作り方】
img_0186

img_0187

キャベツの芯とその周辺をナイフとスプーンを使ってくり抜き、中にハンバーグのたねを詰め、芯で蓋をする。

img_0188

芯を下にして鍋の中央に置き、トマト缶、水、塩胡椒、ローリエ、コンソメ、塩胡椒を入れ、蓋をして約40分煮込む。(最初は中火、グツグツしてきたら弱火)

img_0198

出来上がりがこちら。

img_0199

ケーキのようにカットしていただきましょう!断面も綺麗です。

img_0196

くり抜いた時に余ったキャベツは捨てずにもう一品。柔らかい中心部分はコールスローにぴったりです。

瓶に詰めてキャンプに持って行くとすぐに食べられますし、朝ごはんの付け合わせやサンドイッチの具財にもなるのでおおすすめです。くり抜いたキャベツに、ツナ缶1個、コーン缶1/2個、マヨネーズ大さじ1、塩胡椒を混ぜるだけ!

2品目は水漬けパスタのワンポットカルボナーラ

img_0195

パスタを別茹でする必要もなくスキレット一つで出来る、こちらもアウトドアにオススメ簡単メニュー!

【材料】
img_0190

ショートパスタ 80g(1-2時間ほど水につけておく)
キャベツ1/4個分(小さくちぎる)
卵黄1個分
ベーコン1パック(40g位)
牛乳150ml
水50ml、

パルミジャーノレッジャーノ
ニンニク1片
塩胡椒 適宜
オリーブオイル大さじ3
バター10g

img_0191

キャンプでは、水や火力をたくさん使うパスタは時間も手間もかかるのでなかなか作る機会が少ないですよね。

この水漬けパスタ。乾麺は1-2時間水に浸しておくと、すぐに火が通るのでキャンプにお勧めです。

【作り方】
img_0194

スキレットにオリーブオイル、ニンニクを熱し、香りが出たらベーコンを炒める。火が通ってきたらキャベツ、パスタ、牛乳、水を入れ、塩胡椒をして弱火でパスタに火が通るまで煮る。

火からおろし、中央に卵黄、バターをのせ、全体にパルミジャーノレッジャーノをすりおろしたら出来上がり。

img_0200

少し余ったり、時間が経ってふやけてきたら上にチーズをたっぷりのせて、バーナーで炙れば熱々の出来立てグラタンがまた楽しめます。

冬のアウトドア料理は、あっという間に料理が冷めてしまったりもするので、こういったアレンジも喜ばれますよ。

次回#04は、「ブリッコリー」をテーマにお届け予定です、お楽しみに!

photo by Misato Takamatsu

#01・#02の記事はこちら

 

Source: CAMP HACK