DOD

みんな、最近どんなテントに注目してる?【2019年上半期トレンドまとめ】

アイキャッチ画像出典:Instagram @2z_bace

巷で話題沸騰!最旬トレンドのテントたちを徹底調査!

出典:Instagram by@eboshit

さまざまな新ブランドが参入し、次々とラインナップが刷新されるテントたち。そんな中で今、キャンパーの熱い視線を集めているテントって、一体どんなものなんでしょうか?

出典:Instagram by@zerogramjapan

今回は、巷で話題沸騰中のテントたちをピックアップ。CAMP HCAKが選んだ最旬トレンドと、そのカテゴリーのテント16選について、徹底解剖していきます!

今アツイ、最注目のテントたちはコレだ!

その① 一番話題のテントと言えば。「ゼインアーツ」のテント

今最も注目を集める新ブランド「ZANE ARTS(ゼインアーツ)」。ニッチなニーズに応えてくれる機能性と斬新なデザインで話題のラインナップを詳しくみていきましょう!

【ZEKU-M】

出典:ZANE ARTS

独特のフォルムが目を引くこちらは4人用ミドルシェルター。六角形のボトムが複雑な構造を連想させますが、じつは、4箇所ペグダウンしてポールを立てるだけという簡単設営。

出典:ZANE ARTS

最大の特徴は、ワンポールテント特有のデメリットが画期的に改善されているところ。まずは逆V字のエクステンションフレームが、壁際のデッドスペースを大幅に軽減。

さらに、1面が大きく開口して風通しが飛躍的にアップ。夏も涼しく過ごせるワンポールテントを実現しているんです。

【GIGI-1】

出典:ZANE ARTS

個性的なカタチでキャンプ場の注目を集める2人用ワンポールシェルター「GIGI-1(ギギ)」。なんとこちらはボトムが八角形にもかかわらずZEKU-Mと同じく4箇所のペグダウンとセンターポールの立ち上げで簡単に自立する優れもの。

出典:ZANE ARTS

また、サイドパネルの跳ね上げや開閉により、環境やスタイルに応じた幅広いアレンジが可能です。遊び心くすぐるその姿はまさに変幻自在のトリックスター!

画期的な機能と斬新なデザインが絶妙にマッチしたゼインアーツのテントたちからは、当分目が離せそうにありません!

公式オンラインストアはこちら

その② 不動の人気”トンネル型2ルームテント”は、頑丈さ&汎用性が決め手

近年衰えを知らない人気ぶりの「トンネル型テント」。なかでも高い人気を誇るのが、DODのカマボコテントなどに代表されるトンネル型2ルームテントです。

【ogawa アポロン】

そしてトンネル型2ルームテントの”真打ち”として注目を集めるのがogawa「アポロン」です。他の追随を許さないアポロンの強みは2つ。

まずは「頑丈さ」。一般的なトンネル型テントが横方向3〜4本のポールだけで構成されるのに対し、アポロンは横4本のポールに屋根部分の縦3本のリッジポールが交わって強度を高めています。

2つ目は「汎用性の高さ」。左右どちらでもインナーテントが取り付けられるので、自由度の高いサイトアレンジが可能です。また、パネル全面開閉できる仕様や大きなメッシュパネルにより、他の同型テントにはない圧倒的な開放感が味わえます。

決して安いとは言えないアポロン人気の高さから、トンネル型2ルームテントにはコスパよりも”頑丈さ&汎用性の高さ”を求めるトレンドがうかがえますね。

ITEM



ogawa アポロン
●サイズ:収納/80×45×35cm
●重量:総重量(付属品除く)=23.0kg(内容)フライ=約10.7kg、ルーフフライ=約1.2kg、インナーテント=約3.2kg、ポール=約7.9kg
●付属品:張り綱、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋
●対応人数:5人

<!–

–>

その③ 同じ2ルームでも”コンパクト版”に注目度上昇中!

続いては、トンネル型2ルームテント人気から派生して、最近じわじわ人気上昇中の「コンパクト2ルームテント」! 2ルームの快適な居住性はそのままに、少人数でも使いやすいサイズ感が人気のポイント。

【DOD カマボコテント ソロTC】

出典:DOD

人気のトンネル型2ルームテント「カマボコテント」のソロバージョンがこちら。火の粉に強いポリコットンのTC素材を採用し、テントの側で気軽に焚き火を楽しめます。

出典:DOD

名称こそ「ソロ」となっていますが、前室も寝室も2人で快適に使えるサイズ。ローチェアを使えばタープなしでもリビングで過ごせて、ソロキャンプならゆったりくつろげる広さです。

公式オンラインストアはこちら
【ゼインアーツ ROGA-4】

そして①でもご紹介したゼインアーツからのラインナップ。今年デビューのブランドながら、トレンドへの感度の高さはさすがです。早くも登場したコンパクト2ルームテントも注目を集める存在に。

前室が寝室とほぼ同じ広さなのが特徴で、タープなしでもチェアやテーブルを置いてゆったりと過ごせます。また、寝室の下に敷くグランドシートを前室に設置すればお座敷スタイルもOK。汎用性が高い点も人気のポイントです。

ソロ・デュオキャンプ需要の高まりで、今後ますます注目されるテントになりそうですね。

公式オンラインストアはこちら

その④ カンガルースタイルにハマる!「フライシート無くてもOKなテント」

カンガルースタイル人気に伴って、フライシートをかけないテントの人気が加熱中! なかでも人気なのはフライシート無しでもカッコイイデザインのテントたちです。

出典:Instagram by@asayan_camp

カンガルースタイルと言えば、SNSなどでもよく見かけるのがMSRの「エリクサー」。フライシート無しでも”映える”その姿は、まさにインナーテント界のプリンス。

出典:Instagram by@sw____yasss

そしてノースフェイス「バスティオン4」に至っては、むしろ「フライ無しこそジャスティス!」と思えてしまうカッコよさ。クロスしたポールのラインがデザインの一端を担う、この洗練された機能美……たまりません!

さらに、これからの暑い季節、コット派キャンパーの支持率が高いのが「蚊帳テント」。サーマレストの「コットバグシェルター」やアルパインデザインの「ポップアップメッシュシェルター」などがその代表格となっています。

まだまだ発展途上とも言えるカンガルースタイルは、ハマるマッチングを探す余地が存分にありそう。今後もトレンドに食い込んでくる可能性大です。

その⑤ パップテントをより身近にしたテンマク「炎幕DX」

出典:Instagram by@mlacky_outdoor

人気製品を数多く生み出し、欠品が続出しているテンマクデザインのテントからご紹介。こちらはパップテントのワイルド感は活かしつつ、軍放出品にはない使い勝手の良さで大人気の「炎幕」。

幕体は火の粉に強く、経年劣化で味わいの増す天然素材のコットン製。化繊に比べてかさばるし重いですが、そんな時代に逆行する無骨さが男前キャンパーにヒットしました!

「炎幕」のそんなワイルド感は継承しつつ、「炎幕DX」は風雨を防ぐサイドパネルやポリエステル製のスカートを装備。さらに使い勝手がアップして、冬季の使用にも耐えるバップ系最新テントへ進化。2019年6月には、軽量化された「炎幕DX EVO」も新登場!

夏以外のシーズンだって男気全開で焚き火を楽しみたいキャンパーから、さらなる熱い視線を集めています。

公式オンラインストアはこちら

その⑥ 軽量テントの新時代を担う?「ゼログラム」のテントたち

軽量テントの新時代を担う存在として、登山も楽しむキャンパーや軽量化を重視するキャンパーに人気なのが、ゼログラムのテントたち。

【El Chalten Pro】

出典:ZEROGRAM

1.5kg以下の軽量さと約3分の簡単設営が魅力の「El Chalten(エル チャルテン)」。サイズは「1.5P」と「2P」があり、どちらもゼログラムの代表的なテントとして人気を誇っています。

そんな人気テントですが、2019年6月にクオリティアップと安定供給の為の工場変更等で、新しく“Pro”として生まれ変わったことでさらに注目度の高いテントに!

ITEM



ZEROGRAM El Chalten Pro 2p
●サイズ:インナー/200cm(L) x 120cm(W) x 98cm(H)、前室奥行最大60cm
●重量:最小(フットプリントを除く)1338g、パッケージ 1458g
●構成:フライ、インナーテント、ペグ6、ポール3、スタッフサック ※ガイライン・フットプリント別売 8.5mm
●対応人数:1-2人

<!–

–>

【PCT UL2】

出典:ZEROGRAM

ライトグレー1色のシンプルなカラーリングと、美しいフォルムが人気の2人用ダブルウォールテント「PCT UL2」。こちらは更に軽く、最小1.17kg!

また中央を横に通る1本のポールが居住性を高め、長時間の滞在でもストレスの少ない構造も人気のポイントです。キャンプのほかに、本格的な登山、ハイキングを楽しむ方にも支持されています。

ITEM



ヘルスポート バランゲルドーム 8-10人用
●素材:テント/ポリエステル(Helsport Rainguard 耐水圧3000mm)、ポール/アルミ
●使用時サイズ:(約)横435×奥行470×高さ210cm
●収納時サイズ:(約)幅27×縦65cm
●重量:約9.75kg(ペグ・ポールも含む)
●対応人数:8〜10人

<!–

–>

その⑧ 真夏の救世主!ダークルームテクノロジー「コールマン」のテント

【タフスクリーン2ルームハウス+】

出典:Coleman

メーカーに取材して売れ筋アイテムを聞くCAMP HACKの企画「ぶっちゃけランキングベスト5!」のコールマン編で1位になったのが、「タフスクリーン2ルームハウス+」。この決め手となっているのがコールマンが誇る”ダークルーム™テクノロジー”です。

出典:Coleman

90%の遮光率で、日中でも室内はこの通り驚きの暗さ! 温度上昇を抑えて涼しく快適に過ごせる、まさに真夏の救世主的テントとして昨年から注目を集めています。

ダークルーム™テクノロジーを採用したテントは他にも次々とラインナップされており、今夏もその動向が気になるところ。

公式オンラインストアはこちら

その⑨ 3代目テントならやっぱりエアー式が欲しい?「ロゴス」のテント

出典:LOGOS

続いても「ぶっちゃけランキング」シリーズのロゴス編で2位となった、話題の「エアマジックテント」シリーズ。付属のポンプを使い空気を入れるだけで、簡単に設営できちゃう画期的なシステムを採用したテントなんです。

【エアマジック ドーム M-AH】

出典:LOGOS

【エアマジック PANELドーム L-AH】

出典:Instagram by@logos_enjoy_outing

MとLの2サイズ展開で、Mサイズは約90秒、Lサイズは約5分で設営が完了。撤収も空気を抜くだけなので、子どもでも簡単にテントの設営&撤収が可能です。

そして新たに「グランベーシックシリーズ」にも”エアマジック”システム搭載の「グランベーシック エアマジック リビングハウス WXL-AI」が登場。汗だくの設営&撤収はウンザリという多くのキャンパーが今夏も注目するシリーズです。

ITEM



ロゴス エアマジック ドーム M-AH
●総重量 : (約)7.2kg
●組立サイズ : (約)295×230×155cm
●収納サイズ : (約)66×26×26cm
●インナーサイズ : (約)210×210×125cm
●付属品:専用ポンプ、収納バッグ
●対応人数:3人

<!–

–>

その⑩ 女性キャンパーをキュンキュンさせる「テンマクデザイン ペポ」

出典:Instagram by@pii_mukitomato

レトロかわいいルックスがフォトジェニックで、昨年女性キャンパーを中心にインスタなどSNSで話題を呼んだ「テンマクデザイン ペポ」。Aフレーム型テントならではの設営の簡単さも人気のポイントに。

そして、生地には火の粉に強く、遮光性&耐久性に優れたポリコットン製のTC素材を、クロスフレームには軽くて丈夫なアルミ合金を採用。クラシカルな見た目とは裏腹に、現行テントの利便性を兼ね備えたハイブリッドテントなんです。

今年も、ヴィンテージ好きの女性キャンパーから熱い視線を集めること間違いナシですね。

ITEM



tent-Mark DESIGNS PEPO
●サイズ:本体(約)W:270 × D:290 × H:205 cm、グランドシート(約)W:255 × D:275 × H:10cm
●重量:(約)15.9kg
●付属品:クロスポール×2セット、グランドシート、張り綱(2m×4本、7m×2本)、ペグ23本、収納ケース

<!–

–>

常にテントセンサーの感度はMAXに!


撮影:秋葉 実

注目を集めるテントはやはり機能もデザインもそれだけの理由がある秀逸なものばかり。そんな人気のテントを手に入れるには、常にセンサーはMAXで、トレンド情報を逃さないことが大前提です!

この記事を参考に、ぜひあなたのベストテントを見つけてくださいね。

Source: CAMP HACK

カマボコに続く人気モノに!?DOD、6つの新作に期待の大型シェルターが登場【アウトドア通信.137】

アイキャッチ画像出典:DOD

新作の勢いが止まらない!6つの一軍有力候補なNEWギア



DODが怒涛の新作ラッシュ中! 「なるほど便利」と思わず声が漏れてしまうようなアイディア製品の中から、6点をピックアップしました。

期待の大型シェルターが気になるところですが、まずはキャンプの料理シーンがもっと快適になる「ソトデーチューボー」からご紹介。

この使い心地…!まるで家気分「ソトデーチューボー」

出典:DOD

家のキッチンの使い心地をリアルに再現したテーブル「ソトデーチューボー」。立った状態で作業がしやすいように、高さは80cmを採用。さらに高さだけでなく天板の広さにも注目!

出典:DOD

ウッド天板は、一般的なシステムキッチンの調理台よりも広く、家族でぐるっとテーブルを囲って調理を楽しめます。凝った料理にもチャレンジしたくなりますね。

出典:DOD

テーブルの片側には、スチール天板を採用。熱々のフライパンも気にせず置くことができます。他にも洗った食器を置けば、食器乾燥棚代わりにもなる優れものです。

出典:DOD

さらに驚くことに高さは80cmの他に、70cm、56cmに変更することも可能です。料理し終えたあとは、高さを変更してハイスタイル、またはミドルスタイルのダイニングテーブルとして使えます。これ1つであらゆるシーンを担ってくれそうですね。

ITEM



ソトデーチューボー
●サイズ(約):W114×D60×H56/70/80cm
●収納サイズ:(約)W72×D24×H24cm
●重量:(付属品含む)(約)6.7kg
●静止耐荷重:20Kg
●天板材料:木、スチール
●脚部材料:アルミ合金

NEWカラーが仲間入りした「ステルスエックス」

出典:DOD

「たかがゴミ箱、されどゴミ箱」をコンセプトに最大限ゴミ箱をスマートに見せることを可能にした「ステルスエックス」。今期は、既存のオールブラックモデルに加えタンカラーが仲間入り。

出典:DOD

ゴミの目隠しとしてだけでなく、テーブルやラックとして使用できる利便性が魅力的なこのモデル。内側にはカラビナが12個付属しているので、細かくゴミを分別することができます。

手持ちのギアに合わせて、お好みのカラーを導入してみてはいかがでしょう。

ITEM



ステルスエックス タン
●サイズ:(約)W44.5×D42×H59cm
●収納サイズ:テーブルトップ&生地:(約)W50×D23×H9cm
●脚部&フレーム:(約)W74×D10×H6cm
●重量(付属品含む):(約)2.2kg ※合計
●静止耐荷重:(約)30kg ※テーブル上
●材質:アルミ合金、コットン、木
●付属品:キャリーバッグ

自由度がぐんぐん上がる!テキーラシリーズの進化っぷりがスゴイ

出典:DOD

瞬く間にDODの人気アイテムとなった「テキーラシリーズ」には続々と新作パーツが登場中! あらゆるファニチャーアイテムを網羅してしまうような汎用性に注目です。

テキーラキッチンレッグ

出典:DOD

キッチンテーブルを作るための専用レッグが3本セットになった「テキーラキッチンレッグ」。別売りのテキーラプレートやワンバイ木材を準備すれば、差し込むだけで簡単にシステムキッチンが作れます。

出典:DOD

セット内容は、レッグA(高さ88cm)が2本、レッグB(高さ77cm)が1本。レッグAだけ使用すれば、上記写真のように焚火ハンガーに早変わりします。耐火塗装されているので焚火との相性も抜群です。

ITEM



テキーラキッチンレッグ
●レッグA(2個)サイズ:(約)W34×D88×H2cm
●レッグB(1個)サイズ:(約)W34×D77×H2cm
●重量(付属品含む):(約)5.8kg ※3個の合計
●材質:スチール
●付属品:結束用ベルト

テキーラプレートS

出典:DOD

「テキーラプレートS」(2個セット)も登場。プレートは、はしご状に区切られていて、この1マズずつのスペースが実用性をさらにアップ!

テーブルの天板として使用する場合は、シェラカップをぶら下げておくこともできます。

出典:DOD

この「テキーラプレートS」はツーバーナースタンドとして使用する方法がおすすめ! 手持ちのツーバーナーの形状に合わせてプレートの位置を調整すれば、ガス缶スペースを確保した専用スタンドが簡単に手に入りますよ。

ITEM



テキーラプレートS
●サイズ:(約)W81×D9×H1.9cm / 個
●重量(付属品含む):(約)2.4kg
●材質:スチール

テキーラランタンレッグ

出典:DOD

ソロキャンプ用テーブルをあっという間に作ることができる「テキーラランタンレッグ」。2種のレッグがセットになっていて、一方にランタンポール付きというのが嬉しいポイントです。

ITEM



テキーラランタンレッグ
●レッグ(ランタンスタンド側)サイズ:(約)W17.5×D88×H1.3cm
●レッグ(ランタンスタンドではない側)サイズ:(約)W17.5×D26×H1.3cm
●重量(付属品含む):(約)1.1kg
●材質:スチール

ついに登場!DODの大型シェルター「ライダーズベース」

出典:DOD

カマボコテントに続く人気テントになるか! 大型シェルター「ライダーズテント」はブラックとタンカラーの2色展開で登場。このシェルターの魅力は、なんといっても居住空間の広さにあります。

一般的に大型シェルターは2本のメインポールで設営することが多いのですが、「ライダーズベース」は4本のポールを使用。そのためデッドスペースの少ない空間を実現。

出典:DOD

使用サイズは、3人であれば広々。荷物をコンパクトにまとめれば5人の寝床を確保することもできます。インナーテントは付属していないので、宿泊する際はコット等を使用しましょう。

設営はご覧のとおりテント生地をペグダウン、ポールを設置し最後にリボン部分を固定すれば完成!

出典:DOD

これだけの大型シェルターでも、なんと収納サイズはバイクの荷台に乗せることができるほどコンパクト! 重量もたったの約4.2kgなので女性でも扱いやすく、フェス等でも活躍してくれそうです。

【ライダーズベース】
●組立サイズ(外寸):(約)W440×D360×H160cm
●インナーサイズ:インナーテントなし
●収納サイズ:(約)直径17×長さ58cm
●重量(付属品含む):(約)4.2kg
●収容可能人数:大人5人
●最低耐水圧:3000mm
●材質 アウターテント:30Dナイロン(PUコーティング、シリコンコーテイング)、ポール:アルミ合金、キャリーバッグ:150Dポリエステル(PUコーティング)
●付属品:ポール(長)×2、ポール(短)×2、ペグ、ロープ、キャリーバッグ

「ライダーズベース タン」製品についての詳細はこちら
「ライダーズベース ブラック」製品についての詳細はこちら

かゆいところに手が届くような便利さが魅力的な新製品でしたね。ユーモアのある利便性を活用して、自身のスタイルにあった使用法を見つけてみてはいかがでしょう。
CAMP HACKトップはこちら
CAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

Source: CAMP HACK

ぶっちゃけランキングベスト5!メーカー突撃取材【DOD編】

「正直、これ売れてます」な人気アイテムを教えてください!



決して安くはないキャンプギア。できれば「買って失敗した~!」は、避けたいですよね。

そこでCAMP HACK編集部がアウトドアメーカーに突撃取材。社員の方に”正直、これ売れてます”な「ぶっちゃけランキングベスト5」を教えてもらいました。自他ともに認める人気製品は、マストバイな神アイテムばかり!?

ランキングと一緒にメーカーならではのオススメ理由や、開発の裏話もお届けします。もしかすると、あなたが持っているギアも登場するかも? 今後のギア選びの参考にどうぞ。



今回は、アウトドアブランド「DOPPELGANGER OUTDOOOR(ドッペルギャンガーアウトドア)」(以下DOD)のブランドマネージャー、寺田さんにぶっちゃけてもらいます。

今回は、DODの寺田さんです!

DODブランドマネージャーの寺田です。製品名など「ふざけてるのか」と社内外で言われることも多いDODですが、そうやって真面目にふざけることのできるところが魅力だと感じています。

2018年でブランドも10周年になるのですが、良い意味で(?)フツーのブランドにはない製品を作り続けていきます。

SNSをザワつかせるほど、ユーモアのあるネーミングセンスが秀逸なDOD。その遊び心が製品作りにも活かされ、発売される度に驚きのあるアイテムが登場する目が離せないブランドの1つです。

「ランキングベスト5」をチェックしよう!

では、早速お伺いします! 2017年DODの”正直、これ売れてます”な第5位は?

第5位「チーズタープ」

第5位は、ありそうでなかった正方形のシンプルなポリコットンの「チーズタープ」です。元々はカマボコテントの結露を軽減するために開発しましたが、単体としてもいろいろな張り方ができるため、カマボコユーザー以外の方にも支持されています。

厚めのポリコットン生地を使用しているので、火の粉があたっても穴が空きにくくなっています。

元々は、カマボコテントの結露軽減のために開発されていたんですね。カマボコテントとの重ね張りはもちろん、全16箇所のグロメットとループにより張り方の自由度が高いのも魅力的! キャンパーとしての腕が試されるアイテムです。

ITEM

チーズタープ
●材質:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
●組立サイズ(外寸):(約)W5000×D5000mm
●収納サイズ:(約)W620×D180×H180mm
●重量(付属品含む):(約)6.5kg
●最低耐水圧:350mm
●付属品:ペグ、ロープ、専用キャリーバッグ、取扱説明書
※ポールは含まれておりません。

第4位「ライダーズワンタッチテント」

第4位は「ライダーズワンタッチテント」です。DODではヒモを引っ張るだけのワンタッチ構造のテントを多く展開していますが、その中でも最も売れているモデルです。

その名の通り、ライダーのためのワンタッチテントで、バイクに積みやすいパッキングサイズと、テント設営に時間がかからない分ツーリングに多く時間を使えるところが、ライダーの方に受け入れられています。

DODは、アウトドアブランドの中でも比較的ワンタッチテントのラインナップが豊富ですよね。やはりアウトドアでは、手軽さが利点と言えます。

このメリットはライダーの方だけでなく、公共交通機関で野外フェスに行く方にも有益なのではないかと考えて、新しくタンカラーの展開も始めています。

2017年11月末より発売を開始したばかりのNEWカラーモデル。見た目のイメージがガラッと変わり、女性にも広く受け入れられる印象に。来年のフェスシーンが楽しみですね。

ITEM

ライダーズワンタッチテント
●組立サイズ(外寸):(約)W2200×D1780×H1200mm
●インナーサイズ:(約)W2000×D1200×H1000mm
●収納サイズ:(約)560×直径170mm
●重量(付属品含む):(約)2.9kg
●収容可能人数:大人2名
●最低耐水圧:3000mm
●アウターテント材質:40Dナイロン(PUコーティング、リップストップ加工)
●インナーテント材質:ポリエステル通気性生地
●フロア材質:210Dポリエステル(PUコーティング)
●ポール材質:アルミ合金
●付属品:ペグ、ロープ、キャリーバッグ
ITEM

ライダーズワンタッチテント(タン)
●組立サイズ(外寸):(約)W2200×D1780×H1200mm
●インナーサイズ:(約)W2000×D1200×H1000mm
●収納サイズ:(約)560×直径170mm
●重量(付属品含む):(約)2.9kg
●収容可能人数:大人2名
●最低耐水圧:アウターテント:3000mm
●フロア:5000mm
●アウターテント材質:40Dナイロン(PUコーティング、リップストップ加工)
●インナーテント材質:ポリエステル通気性生地
●フロア材質:210Dポリエステル(PUコーティング)
●ポール材質:アルミ合金
●付属品:ペグ、ロープ、キャリーバッグ

第3位「テキーラテーブル」

第3位は「テキーラテーブル」です。その名の通りテキーラが似合うような男らしさを目指したテーブルです。焚き火の上でも使えるタフさと、囲炉裏形状など使い方に合わせて変形する汎用性が支持されています。

ホームセンターなどで買った木材と組み合わせてDIYする方も多いようです。

「家でも使用している」と耳にすることの多いテキーラテーブル。キャンパーの皆さんは、一体どんなカスタムをしているのでしょうか。DIY例は下記の記事を参考にどうぞ!

ITEM

テキーラテーブル
●サイズ:約W1150×D492×H410mm
※開き方によりサイズは変動します。
●重量(付属品含む):約8.2kg
●静止耐荷重:約30kg
●材質:スチール、木

第2位「タケノコテント」

第3位は2ルームテントが主流になる中、あえて「1ルーム」という新しいキャンプスタイルを提案した「タケノコテント」です。暑くても寒くても快適に過ごせるように仕様にこだわりました。
内部の広さの割に、6×6mほどあれば設営可能なので、8×8m程度の区画サイトであれば十分設営できるところもポイントです。

キャンプ場で圧倒的な存在感を発揮するタケノコテント! 広々とした室内にも関わらず、一般的な区画サイトにも収まるサイズ感はユーザーに嬉しい仕様です。

ITEM

タケノコテント
●組立サイズ(外寸):(約)W4500×D4500×H2800mm
※スカート部分は含みません
●インナーサイズ:インナーテント無し
●収納サイズ:(約)W820×D350×H350mm
●重量(付属品含む):(約)20.5kg
●収容可能人数:大人8名
●最低耐水圧 テント屋根部分:350mm 
●最低耐水圧 テント壁部分:2000mm
●最低耐水圧 フロア:5000mm
●テント屋根部分 材質:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
●テント壁部分 材質:75D190Tポリエステル(UVカット加工済み)
●フロア 材質:300Dポリエステル
●メインポール 材質:スチール
●サイドポール 材質:アルミニウム
●付属品:ペグ、専用キャリーバッグ、取扱説明書

第1位「カマボコテント2」

海外メーカーではトンネル構造のテントが多くありますが、日本のメーカーではほとんどなかったために開発した「日本人による日本人のための」トンネルテントです。

サイズや仕様を日本でのキャンプシーンに合わせました。また、極力シンプルな構造にし、初めてテントを使用する方にも立てやすいようにしています。

第1位は、納得の「カマボコテント2」でした! キャンプ場で見かけることも多い、このモデル。女性キャンパーにも支持されている設営のしやすさ、また広々空間ながらもコスト面がかなり抑えられているのは初心者にも嬉しいポイントですね。

【カマボコテント2】
●組立サイズ(外寸):(約)W3000×D6400×H1950mm
●インナーサイズ:(約)W2800×D2200×H1900mm
●収納サイズ:(約)W680×D320×H320mm
●重量(付属品含む):(約)16.9kg
●収容可能人数:大人5名(※寝室スペース)
●最低耐水圧アウターテント:2600mm(ブラック)/3000mm(ベージュ)
●最低対水圧フロア:5000mm
●アウターテント 材質:150Dポリエステル(UVカット加工済み)
●フレーム 材質:アルミニウム(AL7001)
●インナーテント壁面 材質:75Dポリエステル
●インナーテントフロア 材質:210Dポリエステル(PUコーティング)
●UVカット:UPF50+
●付属品:ペグ、専用キャリーバッグ、取扱説明書

ちなみに!寺田さんの一押しアイテムは?

パップフーテント

先日発売したばかりなのですが、その名の通りパップ風のテント「パップフーテント」です。パップテントみたいなワイルドなスタイルに憧れる、でもそこまでストイックにはなれない、そんな方におすすめのテントです。構想から製品化まで3年くらいかかっています。

男前なキャンプスタイルで楽しみたい方必見の、ポリコットン素材のテント。3年の月日をかけて作られた最新作は、随所にユーザーの使い勝手を考えられたポイントが光ります!

ITEM

パップフーテント
●組立サイズ(外寸):(約)W310×D150×H130cm
※寝室部分のみ
●インナーサイズ:インナーテント無し
●収納サイズ:(約)直径19×長さ56cm
●重量(付属品含む):(約)5.0kg
●収容可能人数:大人2名
●最低耐水圧:1500mm
●メイン生地 材質:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%、PUコーティング)
●フロア生地 材質:300Dポリエステル(PUコーティング)
●ポール 材質:アルミ合金
●付属品:ポール、ペグ、ロープ、キャリーバッグ

DODらしいアイディア満載!



いかがでしたか? 新しいキャンプスタイルを提案する、あっと驚くアイディア製品が豊富でしたね! アウトドアとの距離をグッと縮めてくれるような使い勝手の良さがとても魅力的なDODの「ぶっちゃけランキングベスト5」でした。

今回のランキングを参考にあなたにあったギア選びを楽しみましょう。

他のブランドのランキングも見てみよう!

寝袋・シュラフの専門メーカー「イスカ」に売れ筋アイテムを教えてもらいました。

Check out popular items and have fun outdoor life!

人気アイテムをチェックして楽しいアウトドアライフを!

Source: CAMP HACK

意外とハマる個性派ギアが続々!DODの新作ユニークギアたち7選

アイキャッチ画像出典:ドッペルギャンガーアウトドア

さすがDOD!キャンプ場で目立つテント4種

ドキドキ感が期待できる「Hテント」

HTENT

HTENT

まさにさすがDOD……! というテントの登場です。この「H」の形ですが、共有部分に荷物を置いたり、荷物をどかして雑談することも可能。離れていそうで離れてない絶妙なつながりがドキドキ感を演出してくれるかも?

ITEM

ドッペルギャンガー アウトドア Hテント
●材質:テント生地/ポリエステル、ポール/グラスファイバー
●組立サイズ(外寸):(約)W2600×D2400×H850mm
●収納サイズ:(約)W200×D200×H650mm
●重量(付属品含む):(約)4.4kg


超シンプル構造で大容量「ビッグワンポールテント」

ビッグワンポールテント

ビッグワンポールテント

大人8人が横になることが出来る余裕のスペースと、広大なキャンプサイトでも見失うことのない派手なピンクカラーがおすすめのビッグワンポールテント。グループ、ファミリーでフェスを楽しむには最適のサイズです。収納時にコンパクトにまとまるのもポイント。

ITEM

ドッペルギャンガー アウトドア ビッグ ワンポールテント
●材質:テント生地/150Dポリエステル、ポール/スチール
●組立サイズ(外寸) :(約)W4600×D4600×H3000mm
●収納サイズ:(約)W240×D240×H620mm
●重量(付属品含む):(約)10kg


目立度ナンバー1
子供達も迷わず帰って来ます
出典:楽天

プライバシー保護に最適「カベテント」

カベテント

カベテント

これは便利。風や焚火の火の粉よけ、野外フェスでのプライバシー保護などの様々な用途として使えるカベテント。必要なときにサッと簡単に設営することができます。コンパクトに収納できるので車にいつも置いておいておけば必要な時に困ることはありません。

ITEM

ドッペルギャンガー カベテント
●材質:テント生地/ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)、ポール/スチール
●組立サイズ(外寸) :(約)W5000×D1000×H1400mm
●収納サイズ:(約)W530×D160×H160mm
●重量(付属品含む):(約)6.2kg


大人の秘密基地「クレイジーエックス」

クレイジーエックス

クレイジーエックス

野外フェスなど、仲間と盛り上がりたいキャンプに最適。子供のころにあこがれた秘密基地を手に入れたようなワクワク感を味わうことが出来ます。広々としたスペースが快適なテント生活を確保。子供の頃にタイムスリップするのに最適なテントです。

ITEM

ドッペルギャンガー アウトドア クレイジーエックス
●材質:テント生地/ポリエステル、ポール/グラスファイバー
●組立サイズ(外寸) :(約)W4870×D4870×H900mm
●収納サイズ:(約)W210×D210×H540mm
●重量(付属品含む):(約)3.6kg


オリジナルのキャリーワゴンを作れる!

色のカスタムは960通り「カスタムキャリーワゴン」

カスタムキャリーワゴン

アウトドアにピッタリの色合いのカスタムキャリーワゴン。実はこれ自分の好みに応じてパーツを組み上げることができるので、自分だけのオリジナルキャリーワゴンが作れちゃいます。

壊れた時もパーツ交換で対応できるのでリーズナブルですね!
カスタムキャリーワゴン

フレーム部分、ワゴン生地の色を選んで、お好みのオプションパーツを追加することで960通りの中から自分だけのキャリーワゴンを作ることができます。

他人と同じものを好まない方にはおすすめアイテム。フレームとワゴン生地を組み合わせて自分好みのオリジナルキャリーを完成させよう!

ドッペルギャンガーアウトドア カスタムキャリーワゴン

ITEM

ドッペルギャンガーアウトドア カスタムキャリーワゴン
●材質:フレーム:スチール
●組立サイズ:(約)W530×D950×H600mm
●収納サイズ:(約)W200×D300×H800mm
●重量(付属品含む):(約)11.3kg



ITEM

カスタムキャリーワゴン生地
●カラー:グレー
●素材:テスリン
●ワゴン容量:150L
●重量:約2.5kg


あなたはどっちのタープが好み?

最高の昼寝を体験できる「さすらいタープ」

さすらいタープ

さすらいタープ

いつでもどこでも、自分の気に入った場所で最高の昼寝をしたい人におすすめのタープ、さすらいタープのご紹介です。

日差しを遮り濃い日陰を作ることが可能。火に強いポリコットン素材のタープなので焚き火も気兼ねなく楽しめます。ソロキャンパーにおすすめのポリコットン製ペンタタープです。

ITEM

ドッペルギャンガー アウトドア さすらいタープ
●材質:タープ生地/ポリコットン、ポール、ペグ/スチール
●組立サイズ(外寸) :(約)W4000×D3200×H1650mm
●収納サイズ:(約)W500×D160×H180mm
●重量(付属品含む):(約)4.4kg


注目度ならどんなテントにも負けない「ピンクタープ」

ピンクタープ

ビビッドなピンクカラーが注目度抜群のヘキサタープテント。付属のポール2本でいつでもどこでも手軽に大きな日陰を作り出すことができます。遠くからでも目立つこのカラーは他のタープに比べておすすめのポイント。注目度を高めたい人におすすめです。

ITEM

ドッペルギャンガー アウトドア ピンクタープ
●材質:タープ生地/ポリコットン、ポール、ペグ/スチール
●組立サイズ(外寸) :(約)W4200×D4200×2000mm
●収納サイズ:(約)W130×H5900mm
●重量(付属品含む):(約)4.4kg


ピンクビッグワンポールと合わせて購入
父子家庭ですが勇気を出してピンクにチャレンジ!
出典:楽天

ドッペルギャンガーの新作から目が離せない!

ピンクタープ

ドッペルギャンガーにはあると楽しくさせてくれるアイテムがいっぱい! 性能も優れていて、他メーカーでは思いもつかない切り口から製品化されているのが特長です。

圧倒的に目立つピンクカラーの採用や二人の間をより親密にしてくれるHテントなどドッペルギャンガーの新作から目が離せません!

DODの万能性のあるギアはこちら

見た目もシックで性能もいい、どんなスタイルでも活躍してくれるDOD製品はこちらをチェック。

Doppelganger is packed with strange ideas!

ドッペルギャンガーには奇抜なアイデア満載!

 

Source: CAMP HACK