new

【ヘリノックス・スノピまで】半額ギアに福袋も!ナチュラム「新春セール」でキャンプ用品が爆安大放出

※この記事で紹介しているセール商品は、数に限りがあります。予めご了承ください。

キャンプ好き必見!ナチュラムの新春セールがスタート



アウトドア用品・釣り具の通販サイトの『ナチュラム』が、1月5日(火)18:00から1月15日(金)まで2021年の幕開けを飾る「新春セール」を開催中! キャンプ用品のプライスダウンはもちろん、新春らしいお得な福袋もラインナップしています。



セール品を見てみると、SOTO、ユニフレーム、NANGAといった人気ブランドが勢揃い。さらに福袋では、スノーピークの大定番2ルームテント「ランドロック」が入った見逃し厳禁なセットアイテムも……!

全て早い者勝ちの数量限定のため、この機会にチェックしておきましょう。

プライスダウン中!人気ブランドのセール品に注目

ヘリノックス「Tac.アタックソロ」



数あるセール品の中でも目玉アイテムは、ヘリノックスの「Tac.アタックソロ」。なんと定価から40%オフという大幅プライスダウンに!

総重量1,490gと軽量なシングルウォールのテントで、耐風性に優れたフレーム構造が魅力。これからソロキャンプを始めたい方にとって間違いないひと張りです。

ヘリノックス  Tac.アタックソロ

ナンガ センター ZIP370DX【別注モデル】



ナチュラムでしか手に入らない限定コラボシュラフも値引き中! 快適温度5度、限界温度0度と3シーズンの活躍が期待できる760FPのダウンシュラフです。
ナンガ センター ZIP370DX【別注モデル】

イグルー ラティチュード60ローラー



2泊3日のキャンプにも対応できる大容量57Lモデル。キャスター付きで食料を入れた状態でも持ち運びしやすく、大人数でのキャンプで重宝してくれるでしょう。
イグルー ラティチュード60ローラー

ユニフレーム ダッチトート 12インチ



この機会を逃すともう手に入らない……かもしれない、ユニフレームの廃盤品も特価で登場。

12インチのダッチオーブンが入る約370×230×230(高さ)mmサイズです。マチが23cmもあるため、ギアの収納ケースとして取り入れてみてはいかがでしょう。

ユニフレーム ダッチトート 12インチ

ネイチャートンズ ストーブガード クラックドアイボリー【30th限定】



今の季節に買い足しておきたいストーブガードは、ナチュラムの30周年を記念しネイチャートーンズに別注をかけた限定品。

ザラザラとした特殊コーティングになっており、自宅で使用してもインテリアに馴染む仕上がりが特徴です。

ネイチャートンズ ストーブガード クラックドアイボリー【30th限定】

ソト GORA OVEN+専用鍋ヅル+帆布フリーバッグM+木製フリーボード+ガストーチ【数量限定セット】



3mm厚のステンレス製「GOLA OVEN」は、キャンプのみならず家庭でも使いやすいデザイン。保温性に優れており、タフ仕様のためフタに炭火をのせての調理も可能です。そんなオーブンと調理で役立つアイテムが一式セットに!

ソト GORA OVEN+専用鍋ヅル+帆布フリーバッグM+木製フリーボード+ガストーチ【数量限定セット】

レザーマン SIGNAL&SKELETOOL KBx SET



レザーマンのマルチツールの定番機能に加え、ファイヤースターター、救難ホイッスル、シャープナーの3つの機能をプラスした「SIGNAL」。

そしてわずか42.5gと軽量なポケットナイフ「SLELETOOL KBx」のセットアイテムもラインナップ。「SIGNAL」単体で買うよりもお手頃価格になっているので、購入を検討していた人は今が買い時です!

レザーマン SIGNAL&SKELETOOL KBx SET

オルファワークス 替刃式 フィールド ナイフ



カッターでお馴染みオルファワークスのアウトドア向け替刃式ナイフは、コスパ良好と話題になったのも記憶に新しいところ。そんなナイフが更にプライスダウンされ、1,280円に!

オルファワークス 替刃式 フィールド ナイフ

オルファワークス 替刃式 フィールド ノコギリ



併せてノコギリタイプもセール対象に! 刃渡りは106mm。枝木のカットにも使うことができ、ちょっとしたDIYでも役立ちそうですね。

オルファワークス 替刃式 フィールド ノコギリ

 

【見逃し厳禁】スノーピーク・ロゴスのお得な福袋もあります!

次は、新春セールならではの福袋を見ていきましょう。今年キャンプデビューを考えている人にとって嬉しいテントセットが大放出中です。

スノーピーク ランドロック セット



なんと言っても大注目は、スノーピークの顔とも言える人気2ルームテント「ランドロック」の福袋! 争奪戦が予想されるため、気にな方は早めの購入が吉です。

スノーピーク ランドロック セット

スノーピーク ローチェア30 プラスセット カーキ



さらに定番「ローチェア 30」をメインとした福袋も登場! カップホルダーとクッションがセットになっており、キャンプでのリラックスタイムが益々充実しそうですね。

スノーピーク ローチェア30 プラスセット カーキ

ロゴス福袋 ソロテントセット【数量限定】



ソロキャンプを始めるなら今! ロゴスのソロ向けアイテムが一式セットになった福袋も見逃せません。テント、テーブル、チェアがセットで22,000円は、この新春セールだからこそ実現した破格です。

ロゴス福袋 ソロテントセット【数量限定】

新春セールは、2021年1月15日(金)まで!



今回ご紹介したアイテムはごく一部。まだまだセール会場には、対象アイテムが並んでいます。この機会に欲しかったギアがプライスダウンしているか、セール会場よりチェックしてみてくださいね。

セール会場はこちら

Sponsored by 株式会社ナチュラム

The post 【ヘリノックス・スノピまで】半額ギアに福袋も!ナチュラム「新春セール」でキャンプ用品が爆安大放出 first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

【自腹買いレビュー】THULE(スーリー)の「新作ルーフトップテント」の魅力&気になったこと

新作ルーフトップテントを設置し、いざキャンプへ



購入したルーフトップテントを体験すべく、ついにキャンプ場へ!

購入の検討、設置作業を経て、THULE(スーリー)の新作ルーフトップテント「Tepui Explorer Ayer 2(テプイ エクスプローラー エアー 2)」をクルマに設置。その様子は下の記事からご確認ください。

今回は念願のフィールドデビュー! 実際にキャンプ場へ行って、魅力と実際に使って気になった点をご紹介します。

キャンプ場に到着!実際に設営してみた



今回宿泊したのは、長野県軽井沢町にあるライジングフィールド軽井沢。JR軽井沢駅からクルマで約10分の距離にある好立地と、約4万坪もの広大な敷地にフリーサイト、区画サイト、常設テントサイトなど様々なサイトが用意されており人気のキャンプ場です。



都内を出発し、途中で休憩や買い出しをしながら向かって約3時間。少し余裕のある広さが必要と思い、フリーサイトで泊まることにしました。では、早速ルーフトップテントを設営してみましょう。

組み立て方はTHULE(スーリー)の公式YouTubeで紹介されているので、こちらでは注意点を中心に紹介します。

注意点1:テント展開時に固定するベルトをすべて外す



最初にベルトを外してカバーを開けます。収納サイズは約107×122×28cmで、見た目からわかるようにテントと比べて大きいですが、カバーは少し大きめに作られているので、力を入れなくても簡単に外せます。



注意点1つ目は、本体を固定しているベルトを必ず外すこと。このベルトを外さないと、テントを立ち上げる際にラダーが耐えきれず曲がってしまうことがありますので、忘れずに外しましょう!

注意点2:ラダーの余り分を上に寄せておく



ラダーを延ばしたら、後ろへ引っ張ってテントを立ち上げます。このパタパタと展開される動きがドラマチック! 見た目によらずあまり重くないので、力に自信がない人でも問題なく展開できます。



テントがすべて開いたら、一旦ラダーをすべて縮め、登りやすい角度(地面からラダーまで60度の角度がメーカーの目安)にして再びラダーを延ばします。

注意点2点目は、ラダーを延ばす際に少し余りが出るのですが、余り部分は下ではなく上に寄せて、ラダーがテントの荷重をしっかりと受けるようにしておくこと。この部分と車両でテントの荷重が分散されます。下に寄せておくとラダーがテントの荷重を受けられなくなり、ラダーもしくはテントの破損につながる可能性があります。

注意点3:ワイヤーは少し曲げながら設置する



ラダーが設置できたら、最後に4箇所のキャノピーを跳ね上げます。テントの入り口にワイヤーが収納されているので、そこから取り出します。購入時はワイヤーが収納されていないので、事前に入れておきましょう。



ワイヤーはテントのベースにある穴と、キャノピーの隅にあるハトメに通します。ポイントはベースの穴に通したあと、少しワイヤーを曲げてキャノピーに差し込むこと。これでスムーズに通せます。



前後左右4箇所にワイヤーを通し、カバーをテント下(後部座席のドアの上)に巻いて収納すれば完成! 慣れれば10分程度で組み立てられるので、ドームテントと同じくらいでできます。またガイロープが必要ないため、それだけでも手間が省けます。



ではテントの中を拝見! という前に、組み立ててすぐに入ると4本のゴムバンドが付いています。これは収納時に生地を内側へ寄せて、空気を抜きながらスムーズに収納する役割があります。なくても収納はできますが、あると便利なので収納する前には着けておきましょう。

こうした仕組みはルーフトップテントならでは。初見だとなかなか用途に気付けないので、部品の紛失などには注意してください。

1泊のキャンプで使ってみて気づいた3つの魅力

ここからは、実際に使ってみた気づいた魅力を紹介します。

魅力その1:生地や部品が高級テント並みのクオリティ



テントの使用サイズは約213×122×99cmで、最大室内高は96cm。筆者が座っても天井には届かないほどです。片側に寝袋を敷いて、もう片側をリビングとして使用するのも可能です。



内側にはクッション性のあるマットが内蔵されています。厚み6.5cmと肉厚なので、マットなしでも寝られる人もいるでしょう。筆者はなしで寝てみて足腰が痛くなりませんでした!

ただし、これ単体では撥水性や防汚性はないため、筆者はこの上にペンドルトンのバスタオルを敷くようにしています。



テント本体の生地はと9オンス(約260g)/600デニールリップストップ生地のポリコットンを、フライシートには420デニールのリップストップポリエステルを採用。両方の表面には防水コート加工を施しており、雨が降っても中に染み込みにくくなっています。

それに加え、耐UV性と抗カビ性を備えており、四季による日本の激しい環境にも耐えられるように作られています。このクオリティは高級テントに匹敵するクオリティと言えるのでは。

魅力その2:上から眺める非日常の風景



出入り口と窓はメッシュパネルと本体生地の二重構造になっています。蒸し暑いときはメッシュパネルだけにすれば通気性が増し、風があるときや寒いときはすべて締め切れば中は快適。

窓を開けるとご覧の通り! 上からキャンプ場を眺めることができます。今回はキャンプ場のサイト風景ですが、これが高台や湖畔だったらさらに美しい風景が眺められそうですね。

この非日常的な風景を一度味わうと病みつきになってしまいそうです。最近はアウトドアイベントなどでルーフトップテントを展示していることがあるので、見つけたらぜひ体験してもらいたいです。



また、スーリーのルーフトップテントはフライシートが取り外し可能なのも特徴。テントと接続しているアジャスターを取り、ポールを外せばスムーズに取れます。



フライシートを外すと、空がみられるようになっています。パネルはメッシュ+生地の二重構造で、透明ビニールではないため雨天は厳しいですが、晴れていれば高い場所にある木々がより近くで見れたり、綺麗な星空を観たりすることができますよ!

魅力その3:オプションが充実していること



スーリーは室内生活を快適にしてくれるオプションが充実! まずはこちらのブーツバッグ。室内にシューズを入れることができないですし、ラダーの下に置いておくと雨が降ったときにずぶ濡れになってしまいますよね。

このバッグがあれば、室内に持ち込まずに収納でき、中を汚すことがありません。ブーツなら1足、シューズなら2足入れられますし、メッシュポケットがあるので濡れたタオルなどを入れておけば乾かすことも可能です。これが2個セットになったものもあるので、人数に合わせて購入すると便利ですよ!



また、テントのフレームにくっつけて使用できるテントテーブルもあります。カップホルダーとスマホ&タブレットホルダー、そしてワイングラスを引っかけるホルダーまで付いています!

調べ物や動画を見ながら、ワイン片手に室内で過ごすというのも、北欧ならではの楽しみ方かもしれませんね。

ルーフトップテントのメリットは?



まずはメリットからお話しします。一般的なテントと比べた観点からもお伝えします。

メリット1:放射冷却の影響を受けにくい

一般的なテントは、地面に接している関係で地面からの放射冷却を少なからず受けています。よって、グランドシート+マットレスの道具は必須になっています。

しかし、ルーフトップテントはテントの底から地面まで距離があり、さらにスーリーは肉厚のマットが内蔵されているため、放射冷却による底冷えがほぼありません。実際に体験して寒さを感じませんでした。

メリット2:常設で荷運びが楽チン

キャンプで一番大きい荷物が、テント(+タープ)です。ルーフトップテントはすでにクルマの上に載せている状態なので、家から車へテントを運ぶ必要がありません。特に2ルームテントなどの30kgクラスを持ち運ぶのは大変! 荷運びが面倒と感じている人には向いていることでしょう。

メリット3:設営・撤収が一人でできる

テントの大きさにもよりますが、ファミリーテントほどの大型品は一人で設営・撤収するのはとても大変。時間もかかることが挙げられます。

しかし、ルーフトップテントは構造が簡単なので、一人でできます。数回練習すれば、初心者だって設営可能! 時間と労力の節約にもなり、キャンプの時間を多く取れるようになります。

メリット4:眺める風景のバリエーションが広がる

テントもしくはタープから眺める風景は、場所を変える以外ではいつも同じですよね。ルーフトップテントがあれば、下からの風景に加えて上からの風景が楽しめます。

気分に合わせて下から自然を眺めるもよし、上から眺めるもよし! 見える景色が変わるだけで、よりキャンプが楽しくなります。

ルーフトップテントのデメリットは?



デメリットは、普段の生活で起きがちなことでした。

デメリット1:高さ制限のある場所に注意

筆者のクルマの高さは約1.7mで、それにベースキャリア(約10cm)とルーフトップテント(28cm)を載せると2.08mほどになります。たとえば商業施設などの立体駐車場は2.1〜2.2mの制限が設けられているため、大型車だと入れない可能性があります。

デメリット2:洗車機にかけられない

クルマをキレイにしておくことは、見た目だけでなくコーティングを持続させるために大事なこと。しかし、ルーフトップテントを設置していると洗車機にかけることができません。セルフの屋外洗車場を利用するか、家で洗うことになります。

また、クルマを洗うときもテントをびしょびしょにはできないため、水洗いにも少し気を配る必要があります。テントを外すのは大きさ・重量の面で得策ではないため、洗車の手間が出てしまいます。

デメリット3:定期的にテントを乾燥させる手間がかかる

雨が降るとカバーに水が溜まりますし、テントに耐UV性と抗カビ性が備わっているとはいえ、定期的に開かないと悪臭などがつくことがあります。コットンテントと同じく、定期的に開いて乾燥させる手間が出るのは、少しデメリットに入るかもしれません。

デメリット4:背が低いとベルトの脱着が大変かも

筆者は男性の中でも身長が低く、テプイ エクスプローラー エアー 2を固定するトップ部のベルトが届きにくいことがわかりました。そのため、4段くらいの三脚をクルマに積んでおき、組み立て時はそれを使うようにしました。

いつもとは違ったキャンプをしたい人におすすめ



以上、スーリーの新商品の魅力と、ルーフトップテントを使うにあたってのメリット・デメリットを紹介しました。いろんなテントを購入して楽しむのもいいですが、大胆に普段とは違ったキャンプをしてみたい人は、ルーフトップテントは最高のアイテム!



ちなみに、スーリーには2人用のエアー2のほかに、3人用のKukenam 3(クケナム 3)や、テント+プライベートキャノピーエントランスが付いたAutana(アウタナ)シリーズもあります。気になる人はこちらからチェックしてください!

スーリー ルーフトップテントの取付条件等の詳細はこちら

テプイ エクスプローラー エアー 2の詳細はこちら

スーリーの公式ページはこちら

撮影協力:ライジングフィールド軽井沢、阿部商会

The post 【自腹買いレビュー】THULE(スーリー)の「新作ルーフトップテント」の魅力&気になったこと first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

【寒い夜もこれでグッスリ】底冷えから身を守るキャンプ用コット・マット総まとめ!

アイキャッチ画像出典:Instagram by @sachigreengreen

冬キャンプ、快眠のカギを握るのは「コット」と「マット」

出典:Instagram by @stewartchou

冬キャンプの準備にマストなのが防寒対策ですが、中でも寝具は抜かりなく準備しておきたいアイテム。寒くて眠れなかった……なんてことになると、せっかくのキャンプも楽しめません。

冬用の寝具というとシュラフを重点的に選びがちですが、チェックポイントはそれだけではないんです。

シュラフと同じく「コットとマット」も重要!

出典:Instagram by @sachigreengreen

冬でも快眠するための最大のポイントは「地面の底冷えから身を守ること」。そこでシュラフと同じくらい重要になってくるのが、コットやマットなんです。今回は底冷えを解消できるコットとマットをピックアップ。選び方のコツとオススメのアイテムをご紹介します!

防寒対策としてのコットとマット、選び方は?

コット

出典:Instagram by @aktreturn

地面と空間ができるため、冷気を遠ざけられるのがコットのメリット。極力冷気から身を守りたい方は、ハイコットが適しています。また、寒さに加え寝心地が悪いと一層眠れないもの。快眠を優先するならベットの寝心地に近いという点でもコットがオススメです。

最近はコットとマットが一体化したタイプもあり、冬向けに取り入れやすいアイテムも増えてきていますよ。

マット

撮影:フィグインク

暖かさ優先ならマットは必須。断熱性が高く厚みのあるマットほど、地面の冷気を遮断してくれます。コットに比べて設営や片付けが簡単だったり、収納や運搬のしやすさもマットの利点。

車中泊やインナーテントの中で使いやすいことも特徴です。また、小さいお子さんはコットから落ちてしまう危険性があるため、子連れキャンパーさんにはマットが使いやすいかもしれません。

ではこの選び方に基づいて、さっそくオススメの商品を見ていきましょう!

冬キャンプにオススメのコット

DOD ハンペンインザスカイ

出典: DOD

エアマットが内蔵されているふわふわな寝心地のコット。ベット幅は78cmのゆったり設計で、耐荷重は大人3人程が座れる180kgと頑丈なつくりです。

空気注入は内蔵されているハンドポンプを押すだけ。エアポンプ不要の手軽さも魅力です!

出典:DOD

高さはハイ・ローの切り替えができるため、シェルターから小型テントまで色々なスタイルで使用可能。さらにフレームを外せばエアマット単体でも使えたりベンチにもできるなど、1台3役をこなす万能コットです!

ITEM



DOD ハンペンインザスカイ
●サイズ : (約)W78×D190×H39cm
●収納サイズ : (約)W44×D25×H22cm
●重量(付属品含む) : (約)5.9kg
●静止耐荷重 : 180kg
●材質 : フレーム アルミ合金 / エアマット TPU / カバー 600Dナイロン(PUコーティング)

<!–

–>

フィールドア エアーコンパクトコット

出典:FIELDOOR

軽量かつコンパクトというのが特徴で、静止耐荷重150kgをクリアしながら重量はわずか2.8kg! フレームにはアルミ合金の中でもっとも強度がある超々ジュラルミン(A7075)採用で、耐久性も抜群です。

出典:FIELDOOR

収納時はこんなにコンパクト! ただでさえ荷物が嵩張る冬キャンプに余計な荷物は増やしたくないという方や、とことんミニマムスタイルにしたい方は、積載に優しいこのコットがオススメです。

ITEM



フィールドア エアーコンパクトコット
●サイズ : (約)190cm×64cm×17cm
●収納時サイズ : (約)37.5cm×13cm×18cm
●重量:(約)2.8kg
●材質:生地/210Tナイロン TPUコーティング,フレーム/超々ジュラルミン (A7075系)
●耐荷重:150kg

<!–

–>

サーマレスト  ウルトラライトコット

出典:Thermarest

サーマレストのウルトラライトコットも、その名通り超軽量。重量はなんとレギュラーサイズで1.1kgと、今般のコット市場で最も軽量です。収納時のサイズは41×13cmとこちらもコンパクト。

出典:Thermarest

シートの裏面に施されている冷気を防ぐ工夫にも注目! 地面からの冷気を防ぐと同時に体から出る熱を反射するサーマキャプチャーをラミネートすることで断熱性を高めています。

軽いうえに機能的なので厳冬期もキャンプへ行くUL(ウルトラライト)志向な方や、積載に限りのあるツーリングやバックパックキャンパーにオススメです。

ITEM



サーマレスト ウルトラライトコット
●サイズ:61×183cm
●収納サイズ:41×13cm
●重量:1195g
●耐荷重:147.5Kg
●生産国:アメリカ

<!–

–>

コットにプラスして、さらに快適化できるアイテムも!

ハイランダー コット用フリース

コットの上に敷くだけで背面や座面からの冷気を遮断してくれるブランケットタイプのカバー。暖かく肌触りの良い起毛素材で簡単に付け外しが可能。

洗濯もできメンテナンスもお手軽、価格面でも取り入れやすくオススメです。

ITEM



ハイランダー コット用フリースカバー
●サイズ:約220×93cm
●素材:ポリエステル

<!–

–>

ノーザンフィールド ニットコットカバー

出典:sotosotodays

アウトドアショップ「sotosotodays」別注のノーザンフィールド社製のカバーは、コットに被せるだけのニット素材のシーツタイプ。質感・ビジュアルともに冬仕様のコットへと手軽にアップデートできてしまいます!

ITEM



ノーザンフィールド ニットコットカバー sotosotodays別注限定モデル
●サイズ:200×85cm
●素材:ポリエステル

<!–

–>

オレゴニアンキャンパー ファイアプルーフマットカバー

業界初の「燃えない」マイヤー毛布素材を使用したマットカバー。焚き火をする時間が長くなる冬キャンプ、防寒対策と火の粉対策が同時にできるのは便利ですね。
カバーの4辺のうち3辺にファスナーが施されており、マットの着脱も簡単。ミンクタッチの肌触りの良さもポイントです!

ITEM



オレゴニアンキャンパー ファイアプルーフマットカバー
●サイズ:70×210cm
●素材:100%ポリエステル

<!–

–>

バリスティクス コットアンダーシート

出典:楽天

バリスティクスからは、痒いところに手が届く商品「コットアンダーシート」。コット下のデットスペースに荷物が置けて便利なのはもちろん、表地はテフロン加工を施したリップストップナイロンで汚れにくく、裏地はターポリンで完全防水という2重構造の丈夫なシート。

これがあれば地面が湿っていても安心ですね。

ITEM



バリスティクス HXコット アンダーシート
●サイズ:(約)192×60cm
●収納時サイズ:(約)34×20×5cm
●重 量:(約)950g
●素 材:RSナイロン(テフロン加工)+ターポリン 収納ケース付

<!–

–>

冬キャンプにオススメのマット

サーマレスト  モンドキング3D

出典:Thermarest

サーマレストのマットでもっとも断熱性が高いマットレス。厚み10cmのストラタコアフォームという断熱フォームで地面からの冷気を遮断し、上面は身体から出る熱を溜め込み高い保温性を維持します。

マットレスの側面は垂直になっているので、複数枚敷いてもぴったりと並べられます。

出典:Thermarest

エア注入バルブは2箇所あるので、空気が抜けるのもスムーズ。マットは厚みがあるほど畳みにくくなるので、撤収時の畳みやすさも考えて設計されているのは嬉しいポイントです!

ITEM



サーマレスト モンドキング3D
●サイズ:幅63×長さ196cm
●収納サイズ(長さ×直径):66×23cm
●重量:2500g
●厚さ:10cm
●材質:表面材質/50Dポリエステルストレッチニット、裏面材質/75Dポリエステル

<!–

–>

ニーモ ローマー

こちらも厚みはしっかり10cm。内部フォームに縦横2方向の肉抜き加工を施すことで、軽量化と柔らかい寝心地の両方を実現しています。

厳冬期向けのマットとしては重量1.78kgと最軽量クラス。軽量で断熱性能が高く、まさに良いとこ取りのマットです。

収納時は二つ折りにしてから畳むことができるので収納サイズも高さ32c×直径22cmとコンパクト。同等クラスのマットの約半分の高さに収めることができます。

軽量かつコンパクトで持ち運びのしやすいマット、積載はなるべく嵩張りたくないという方にオススメです!

ITEM



ニーモ ローマー
●サイズ:幅64cm×長さ193cm×厚さ10.5cm
●収納時サイズ:高さ32cm×径22cm
●本体重量:1.78kg
●素材:50D/75D PUストレッチポリエステル
●断熱材:オープンセルフォーム

<!–

–>

シートゥーサミット コンフォートデラックス

出典:LOSTARROW

こちらも厚み10cmの厳冬期に対応できるモデル。「デルタコア」という製法で内部フォームを水平に肉抜きし、重量と嵩張りを軽減しています。

水平に肉抜きすることで内部フォームの上下は凸凹がなく、上面は起毛したストレッチニット採用で肌触りも抜群。サイズ展開は4種類車ありマイカーに合うサイズを選べるので、車中泊キャンパーに特にオススメです!

ITEM



シートゥサミット コンフォートデラックス
●サイズ:183cm×64cm
●収納サイズ:径18.5cm×64cm
●素材:・表地/35Dストレッチニット・裏地/75Dファブリック
●重量:1,195g
●厚さ:10cm

<!–

–>

サーマレスト  プロライト

出典:Thermarest

出典:Thermarest

こちらは軽量かつコンパクトを重点においたモデルで、レギュラーサイズでなんと510g。収納サイズも縦28×直径10cmとかなりコンパクトに収まります。

厚さは2.5cmなので厳冬期に使用するには断熱性が物足りないですが、冬はコットの上に敷くマットとして最適。積載にもやさしいので、コットにプラスしてマットを使いたいという方の買い足しにいかがでしょうか。

ITEM



THERMAREST プロライト R(レギュラー)
●サイズ:幅51cm×長さ183cm
●収納時サイズ:長さ×直径/28×8cm
●重さ:510g
●素材:50Dミニヘックスポリエステル
●生産国: Made in USA

<!–

–>

WAQ インフレータブルマット

様々な検証から「アウトドアに最適な厚みは8cm」と結論づけられたというWAQのインフレータブルマット。冷気を遮断し地面の細かい凸凹もしっかりと解消できつつ、10cmのマットと比べると収納状態がコンパクトであることがメリットです。

マット裏面には滑り止め加工も施され、寝ている間にずれ落ちることもありません。設営はバルブの栓を開けるだけ、たった3分間で完了と手軽です!

出典:WAQ

連結可能でコンパクト収納という点から、ファミリーキャンプはもちろん車中泊でも使用できる万能マット。取り入れやすい価格帯でもあるので、複数買いを検討しやすいアイテムです!

ITEM



WAQ インフレータブルマット
●サイズ:幅65cm×縦190cm×厚み8cm
●収納時サイズ:幅20cm×縦66cm
●素材:表地/75Dポリエステル、内部/アトモスフォーム
●重量:(約)510g

<!–

–>

DOD ソトネノキワミ

出典:DOD

ウレタンを使用した厚さ10cmの自動膨張式インフレータブルマット。マット側部のバルブを開けることで、自動で内部のウレタンが膨張するため設置も楽々。

生地はポリコットンで伸縮性のある素材を採用。ポリコットンにすることで肌触りが良く、ポリエステル特有のペタペタ感も抑えられています。

出典: DOD

エアポンプ機能付きの枕が付属していて、空気を充填すればさらに弾力のあるマットレスに! マット・枕のカバーは着脱できるので、洗濯やお掃除のメンテナンスも簡単。

S・M・Lと3サイズ展開なので身長や体格で選べるのも良いですね。組み合わせ次第では「カマボコテント3M」にジャストフィットするので、お持ちの方は要チェックです!

ITEM



DOD ソトネノキワミL
●サイズ:W138×D208×H10cm
●収納時サイズ:W70×D31×H31cm
●重量:7.5kg(付属品含)

<!–

–>

キャンプでグッスリ眠るためにコットとマットを備えよう!

出典:Thermarest

さまざまなタイプのコットとマットをまとめてみました。寝心地・断熱性・携行性など理想の条件が揃っているアイテムほど価格も上がるため、予算から決めるのも選び方のひとつ。

もちろんコストパフォーマンスの良いコットとマットを組み合わせて快適度を上げるのも良いですね。予想以上に冷え込むことも多いキャンプの夜、快眠できるよう備えておきましょう!

The post 【寒い夜もこれでグッスリ】底冷えから身を守るキャンプ用コット・マット総まとめ! first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

「ゴミを出さない7つの工夫」未来のアウトドアのために、今キャンパーができること

アイキャッチ・記事中画像撮影:筆者

キャンプ場で深刻化するゴミ問題。私たちにできることは?


キャンプで楽しんだ後、大きなゴミ袋がたくさん出ていませんか? キャンプ場によってはゴミ置き場がありますが、分別されていなかったり大量に置かれかれているなど、管理人さんたちが困っているという話もよく聞きます。

ゴミを減らす努力、できるはず!


実際、利用者のマナーが悪く閉鎖してしまったキャンプ場もある程、ゴミ問題は深刻化しています。多くの人が憩いの場とする自然豊かなキャンプ場を守るために、ゴミをなくす・減らす行動をはじめませんか?

というわけでこの記事では、ゴミを出さないための7つの工夫と、それを実践するためのアドバイスをまとめます。キャンプはもちろん普段の生活から取り組めるものも多いので、「うちってゴミが多いかも……?」と感じている方こそチェックしてみてくださいね。

ゴミを出さない7つの工夫とTO DOリスト

1:食材やモノを買い込みすぎない


キャンプ場に着いたら買い物に行けないからと、必要以上に食材を買い込んでいませんか? 途中お店に立ち寄ると、衝動買いや無駄なモノを買ってしまうことも。

結局食べきれなかったり後々使わなかったとゴミになってしまわないよう、必要以上の買い込みは控えたいですね。

ゴミを減らすための買い物時の心がけ
・献立や買うものを決めて、リストアップ。それ以外は極力買わない!
・キャンプ道中の寄り道を避ける
・買い物は、エコバッグやキャンプ時にも便利なトートバッグを利用する

エコバッグ持参はプラスチックゴミ削減のための常識になりつつありますね。バッグは防水性のあるものだと、水に濡れがちなシーンが多いキャンプでも安心です!

ITEM



Spoonful ターポリン製防水トートバッグ
●サイズ:バッグ時W44×H37×D22cm、展開時W66×H96cm
●容量:約35L

<!–

–>

2:丸ごと使いきれる食材を選ぶ


生ゴミの多くは野菜の皮やキノコの石づきなど、下処理で発生するもの。それを減らすには、丸ごと食べられる食材やメニューを選ぶのが近道です。

ジャガイモ・人参・大根・カボチャなどは皮ごと食べた方が栄養価が高いうえ、下処理の面倒がなくなる上にゴミも削減!

ゴミを減らすための食材・メニューの選び方
・皮ごと食べる場合、無農薬や低農薬で育てられた食材を選ぶ
・カット済みのキノコや使い切り食材を選ぶ
・せっかく皮ごと食べるなら、栄養を逃さない煮込み料理を作る

ダッチオーブンを使った「丸ごと蒸し野菜」など、キャンプならではの豪快なメニューにチャレンジしてみるのも良いですね!

3:自宅で下ごしらえしておく


食材の皮を剥いたり、袋から出してジップロックやタッパーに漬けておいたり。こうすることでゴミが減るのはもちろん、現地でスムーズに料理ができます。

新品の調味料類は、キャップ付近のゴミを取り除いておきましょう。

野菜の皮やヘタ、芯などを煮出して作る「ベジブロス」もオススメ。作り方は、野菜クズと水とお酒を入れて弱火でじっくり煮込むだけ。ポトフやカレー、翌朝のスープのベースとして応用できます。


製氷機で凍らせて持って行けば、保冷材代わりにもなりますよ!

ゴミを減らすための下ごしらえの工夫
・冬場の鍋料理は、切った食材を鍋に入れ持って行けばゴミ削減かつ時短に
・温めるだけのものはジップロックやアイラップに入れて、現地で湯煎

下ごしらえを済ませておくのはゴミの削減に時短調理にと良いことづくめ。ポリ袋も清潔で安心、マチ付きで使いやすいアイラップがオススメです!

ITEM



岩谷マテリアル アイラップ
●サイズ:縦35cm×横25cm
●内容量:60枚

<!–

–>

4.使い捨てのモノをやめる


紙皿やプラスチックコップ・割り箸などの使い捨てアイテムをやめるだけでも、ゴミは十分減らせます。おうちで使っている食器やカトラリーと同様に繰り返し使えるものを用意しましょう。

マスクも今や洗って使えるものが多く、ホッカイロも充電式のものがありますね。嵩張ってゴミになりやすいペーパー類も見直しポイントです!

ゴミを減らすために見直すと良いアイテム
・食器は繰り返し使えるシェラカップにする
・マイ箸やキャンプ用カトラリーセットを用意する
・ペーパータオルは手ぬぐいで代用する

シェラカップは嵩張らずスタッキングできて持ち運びにも◎。手ぬぐいは濡らせばウェットティッシュの代わりにもなるほかケガの応急処置や簡易マスクなど、いろいろ使える万能アイテムです!

ITEM



ステンレス シェラカップ3点セット
●サイズ:9cmカップ直径96x148x48mm、12cmカップ直径120x173x48mm、14cmカップ/直径142x193x65mm
●材質:ステンレス鋼

<!–

–>

ITEM



Spoonful 手ぬぐい 3点セット
●サイズ:W90×H35
●生地:岡生地(織糸が細く、柔らかで肌触りの良い生地)

<!–

–>

5:飲み物は水筒を利用、または作る


紙パックやペットボトルのラベルなども、ゴミが増える要因の一つ。捨てる際もきちんと洗ってから処分するのが基本ですが、それ以前に水筒に入れ替えて持って行くことで、キャンプでのゴミを減らせます。

粉末タイプのドリンクであれば、水出しやお湯を足すだけで現地でも簡単に作れます。お酒もウィスキーや焼酎など、割り物を用意するだけで缶ゴミを減らすことに繋がりますね。

ゴミを減らすための飲み物まわりの工夫
・種類によってドリンクボトルやグロウラーなど複数用意しておく
・たくさん飲む水やお茶はドリンクサーバーやウォータージャグを利用する
・ペットボトルは、スーパーの回収機へ

最近導入しているスーパーが増えたリサイクル回収機、キャンプ後に持って行くとポイントが貯まります! ビールや炭酸水持って行くには、密閉性の高いグロウラーがオススメです。

ITEM



STANLEY クラシック真空グロウラー 1.9L
●サイズ:幅165×高さ294×本体径125mm
●重量:990g
●容量:1.9L
●材質:本体ステンレス鋼、蓋ステンレス鋼・ポリプロピレン、パッキンシリコーン

<!–

–>

6:「箱から出して」持って行く


箱買いした食材や薪はもちろん、買いたてのキャンプ用品を箱に入れたまま持って行き、現地で捨てる人もいるのだとか。ダンボール類は嵩張りやすく、キャンプ場にとっても大変迷惑なので、事前に開封・処分してから持って行くのがマナーです。

ゴミを減らすための持ち込みのマナー
・外箱はもちろん梱包材やフィルムなど、すべて自宅で開封時に処分しておく
・トレーを省いた包装の食材を選ぶ、または自宅で移し替えて持って行く
・薪入れには繰り返し使えるログキャリーを用意する

箱をちぎって焚き火に放り込むのは、当然NG! またログキャリーを用意すれば持ち運びも便利なうえに、薪を湿気からガードすることもできます。

ITEM



Naturehike 薪バッグ エプロン 2way
●サイズ:90cm x 60cm
●重量:約350g
●材質:コットン、ポリエステル

<!–

–>

7:食べ残しは持ち帰る


キャンプで張り切って料理を作り過ぎたり食べ残してしまうこと、ありませんか? その場合も捨てずに必ず持ち帰りましょう。

また、翌日にアレンジできるよう献立を決めるのも一案。おでんからカレーにしたり、ポテトサラダをコロッケにしたり。残り物を絶品メニューにリメイクして、余すところなく食べ尽くしましょう!

ゴミを減らすための残り物持ち帰りアイディア
・下ごしらえした食材を密閉容器に入れて行き、帰りは残り物入れに使う
・日持ちしない生鮮食材は、火を通してから持って帰る

残った野菜やお肉を最後にパパッと焼きそばにして、帰宅後のご飯にしても良いですね。持ち帰りには、こぼれたり漏れてしまわないように密閉できる容器があると便利です!

ITEM



ジップロック コンテナー ベーシックアソート
●内容量:正方形130ml×2、長方形300ml×1、正方形700ml×1

<!–

–>

“ゼロウェイストなキャンプ”を目指そう!


無駄なゴミをなくす(=ゼロウェイスト)という行動は、少し意識するだけで誰にでもできること。まずは無理なくできる身近な工夫から始めてみましょう。

日常的に心がけつつキャンプでも実践することは、豊かな自然や近い未来を守ることに繋がるはずです!

The post 「ゴミを出さない7つの工夫」未来のアウトドアのために、今キャンパーができること first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

先輩キャンパーが教えてくれた「このアイテム最高なんです!」BEST5【CAMMOC・三沢真実さん編】

アイキャッチ・記事中画像提供:三沢真実

今回アイテムを紹介してくれる、CAMMOC・三沢真実さん


“キャンプのある暮らし”をはじめ、“SDGsな防災キャンプ”の情報を発信するクリエーターズユニット『CAMMOC(キャンモック)』を主宰するかたわら、クリエイティブデザイナーやキャンプコーディネーターとしても活動する三沢真実さん。

プライベートでは2018年に「息子と2人で楽しいことしたい!」と思い立ち、カスタムした軽バンで日本一周のキャンプ旅をスタート。テント泊+車中泊をしながらエリア毎に断続的に日本一周する計画で、まさに“キャンプのある暮らし”を体現しています。


キャンプ歴は16年、多いときは年間50泊するほど公私ともにキャンプと密接した生活を送っている三沢さん。キャンプ道具は“多角的な視点”で選んでいるそう。

家で普段使いできる、キャンプでも使える、防災にも役立つ、なおかつオシャレ! この要素が揃ったものが理想的なので、それらを意識しながら道具を選びます。とはいえ、そんな理想のアイテムにしょっちゅう出会えるわけではないので、発見するとテンションが上がってしまいます!

そんな三沢さんのお眼鏡にかなった理想のキャンプ道具、拝見します!

①この《シェルター》で車中泊快適度120%
オガワ「カーサイドシェルター」

とにかくキャンプが好きなので、クルマ旅でも自然の中でテントを張って眠りたいと思っていましたが、移動続きの旅の途中ではゆっくり楽しめなくて……。あるとき、試しにクルマの横にタープを張って車中泊してみたら、これがなかなか快適で。

タープがあれば雨対策もできるし、夜はタープの下に荷物をサッとしまえるから、テントかタープどちらかを建てるならタープがいいなと思うようになったんです。

現在進行形で断続的におこなっている、日本一周のクルマキャンプ旅。三沢さんが試行錯誤の末たどり着いたアイテムがオガワのカーサイドシェルターでした。

クルマにぴったり繋げられて、何より設営が超絶カンタン! 我が家のエブリイとの接続はS字フック2本のみ。あとはポールを2本通して、ボトムをペグ打ちして完成です。

面積はさほど大きくありませんが、周囲が覆われていることによって壁ができるので、雨風がしっかり防げます。それにタープの下すべてが有効面積になるので、車内から続く土間のような感覚です。

最初は手持ちのタープを活用できないかとトライ&エラーを繰り返したそうですが、一般的なタープをクルマにぴったりと繋げるのは難しく、思い悩んでいた矢先に出会ったのがカーサイドシェルター。使ってみたところ、悩んでいたポイントがすべて解決できたんだとか。

とくに夜は明かりを灯した状態でドアを開けると車中の様子が丸見えになってしまうので、扉の開閉には気を遣っていました。でもシェルターを張っておくとプライバシーと安全が保たれるので、精神的にもとても落ち着きます。

ちなみに、三沢さんの愛車スズキのエブリイ(ハイルーフ+ルーフキャリア)にシンデレラフィットで、設営したときのきれいなフォルムも気に入っているそう。車高170cm〜200cmのクルマに適しています。

アイテム詳細はこちら

ITEM



オガワ カーサイドシェルター
■重 量 / 総重量: 4.2kg
■素 材 / フライ:ポリエステル75d(耐水圧1,800mm)
 ポール:6061アルミ合金(φ13.0mm)
■収納サイズ/68×18×18cm
■付属品/タープ用吸盤フック2個、アンカーバッグ2袋、ハンマー、スチールピン、収納袋

<!–

–>

②太鼓判を押す《大容量モバイルバッテリー》
ラチタ「エナーボックス01」


LEDランタンをはじめ、USBケーブルで充電できるアイテムが続々と登場している昨今のキャンプ道具。そんな時代の救世主となるのが、モバイルバッテリーの存在です。ラチタのエナーボックスを愛用している三沢さんは、もうコレがないクルマ旅は考えられない! と大絶賛。

とにかく大容量で、USBもACアダプタ充電も可能。シガーソケットに挿して走行中に充電しておけば、その先臨機応変に色々なものを充電できるし、別売りのパネルを使うとソーラー充電もできるから、連泊したら充電なくなる! という心配がなくなりました。


モバイルバッテリーを買う前はシガーソケットからの充電に頼るしかなく、常に充電の減り具合を気にしながらの行動にストレスを感じていたそうですが、エナーボックスを手に入れてからは自由度が増したそう。

このモバイルバッテリーが1つあれば、何をどんな風に充電できるかということがもう感覚的に身についているので、もし災害が起きて家のライフラインがストップしてしまっても、ある程度の電源確保の算定ができるので安心です。キャンプでも家でも重宝する必需品。


容量は120000mAhで、iPhone8約75台分と同じ電池容量! しかも同時進行で最大9台の電製品を充電OK。USB電源は3カ所あるので、家族分のスマホ3台を同時充電することもできます。

本体の重さは約5kg。2Lペットボトルを横に寝かせて2本積んだくらいのサイズ感なので、家でもさほど置き場所に困らず、持ち運びのしやすさも◎。マットなオールブラックの見た目もスタイリッシュです。優秀なモバイルバッテリーがあれば、有事のときにも大いなる安心感を与えてくれますよ。

ITEM



Lacita エナーボックス01
■バッテリー容量:444Wh( 120000mAh )
■バッテリー種類:三元系リチウムポリマー電池
■入力:DC14.5V~24V / 6.2A
■AC出力:100V-60Hz / 400W
■USB出力: 5V / 2.1A(×3ポート)
■シガーソケット出力:9~12.6V / 10A
■重さ:5kg
■本体充電所要時間:約7時間(ACアダプター使用時)

<!–

–>

③車中泊ならではの画が撮れる《360度撮影カメラ》
リコー「シータSC2」


スマホのカメラではなく、あえて360度カメラを愛用する理由はキャンプならではのアングルを収めることができるから。

普通のカメラは一方向しか写せないけれど、シータSC2を使うとテントや車内の様子と、その外に広がる景色とを同時に一枚の写真に写し込むことができます。それに360度の丸い画像だけじゃなく、撮影したあとに好きな角度で切り取ることもできるので、超広角写真として使うこともできる。狭い場所でも無理せず全体を写せます!

 


360度カメラの可能性の大きさに感動した三沢さん。今ではすっかり旅、仕事、プライベートの相棒に。

オプションの三脚・自撮り棒とセルフタイマーを使用すれば、撮影者が写りこまないにように撮影できるし、上空からドローン撮影したようなアングルも撮れます。さらにレンズカバーを使うと、保管時はレンズを保護、使用時はシータのボトムにはめると三脚のように自立させるアイテムに変身! オプションが充実しているところも嬉しい!

 


こんなふうに、車中とシェルター、そして周りの風景を一枚の写真として残せるシータSC2。自分だけの特別な一瞬を臨場感とともに切り取れるって、素敵ですよね。

二度と巡り合わせとなることのない自然の地形や天候の中で、その日だけの自分のお家を作るのがキャンプの醍醐味でもあると思うんです。アクティブなアウトドアシーンでも、テントの中のような狭い空間のシーンでも、理想の撮影を可能にしてくれました。

ITEM



リコー シータSC2
■有効画素数:1200万画素 ※※出力画素 約1400万画素
■撮像素子サイズ:1/2.3型(×2)
■最低撮影感度:64 
■最高撮影感度:3200 
■電源:リチウムイオンバッテリー(内蔵) ※付属のUSBケーブルでパソコンに接続して、充電してください。
■標準撮影可能枚数:260枚 ※動画約60分
■重量:104g
■幅:45.2mm
■高さ:130.6mm
■奥行き:22.9mm
17.9mm ※レンズ部を除く
■最短撮影距離:10cm ※レンズ先端より
■内蔵メモリー:約14GB

<!–

–>

④《キッチンクリーナー》で密も回避!
グリーンモーション「エコキャンプクリーナー」

コロナ禍で外出できなかった今年の春、タープトゥタープのインスタで目にした“新しいキャンプ様式”というキャッチコピーとスタイリッシュなデザインに惹かれて購入。100%天然由来の成分でできたキッチンクリーナーなんですが、水場に行かなくてもシュッとひと吹きしてキッチンペーパーなどで拭き取れば、食器や鍋をきれいにできます。

“コロナ禍で水場が密にならないように、こういったアイテムを活用しましょう”という発信に共感を持ったという三沢さん。

密を避けられるだけでなく、水場がなかったり、遠かったり、混雑していてすぐに洗えなかったりするシーンって時々ありますよね。それに冬場は手を冷やしたくないので、洗い物が億劫になりがち。そんなときの悩みをすぐに解決してくれます。

濃縮された液体をキャップ2杯分ボトルに入れ、水で薄めて使うというものなので、かさばらずに保管したり持ち運んだりできるところもいい。水場のない場所で車中泊したときにも重宝するし、災害時にも絶対に役立つアイテム!

成分の98%以上が水でできているので、最後に洗い流す必要ナシ。加えて青森ヒバのエッセンシャルオイルが配合されているため香りがよく、消臭効果も期待できるのでグリル等の油汚れ臭対策にも◎。

自宅のキッチンにもキャンプサイトにも見せておきたくなるデザイもイイ。なんてことないスプレーボトルなのに、ECO CAMP CLEANERという文字と小さなイラストが入っているだけでオシャレに見えてしまうので流石だと思いました。それに名前を書き込める場所があるのも粋!

※Tarp To Tarpのオリジナルデザインボトルは2021年1月現在売り切れ中!ページはこちら

ITEM



グリーンモーション エコキッチンクリーナー
■サイズ (幅×奥行×高さ) :44mm×63mm×131mm
■原産国:日本
■内容量:200ml

<!–

–>

⑤発煙筒代わりになる《ソーラー充電式ランタン》
エムパワード「エマージ」

「家でもキャンプでも防災でも使えるランタンがほしい!」と探し回っていたときに出会ったのが、エムパワードのLEDランタン。5種類以上のエムパワード製品を愛用していますが、クルマに必ず常備しておきたいのがエマージです。

一番の特長はSOSモードがあること。視認性の高い赤と白の光を交互に繰り返し、周囲に注意を促すことができます。車の故障時に使用する発煙筒の一般的な燃焼時間は5分だし、ハザードランプの付けっぱなしはバッテリー上がりが心配。充電さえしておけばどんな状況でも繰り返し使えて、心強い!

 


米国で生まれたLEDソーラーライトブランドのエムパワード。用途に応じて豊富なラインナップがあり、どれもソーラー充電OK、小型、軽量、防水、空気で膨らんで折りたたみ式という特長があります。

災害向けのスペシャルモデルとして作られたエマージは、直射日光8時間でフル充電、弱モードで約7時間点灯可能。折りたたむと3cmほどの薄型になるため、ダッシュボードの中にもかんたんに収まります。

運転中はダッシュボードの上に置いてこまめに充電しています。ライトは弱モードと強モードがあるので夜間手元を照らすのにも便利だし、なにより非常事態に役立ってくれるという安心感がわたしのクルマ旅を快適にしてくれています。

筒部分はマットな素材で目に優しい光を生み出し、底は透明素材にすることで懐中電灯としての実用性をもたせています。もちろん防水性もあるので、オールウェザーOK!

アイテム詳細はこちら

キャンプの道具や知識で、災害に備えてほしい


三沢さんが主宰する『CAMMOC』では、キャンプの知識や道具で災害に備える「SDGs防災キャンプ」という新たな取り組みをスタート。キャンプが好きな方は、今以上にキャンプを楽しみながら無理なく備えることができるように、まだキャンプをしたことがない人達にもキャンプや防災に興味を持ってもらえるよう視点を変え、“あえて防災感を出さないデザインにこだわった発信”をしているそう。

キャンプ道具の中には災害時に役に立つものがたくさんあり、キャンプで身につく知恵は生きる力を育むことができます。CAMMOC厳選のアイテムは以下のオンラインショップで購入できるほか、お役立ち情報も積極的に発信していくそうなので、ぜひをチェックしてみてください。このご時世、絶対に知っていて損はないですよ!

CAMMOC
SDGs防災キャンプ/https://cammoc.com/works/bousai/
オンラインショップ/https://shop.cammoc.com/
Instagram/@cammoc
Website/https://cammoc.com

三沢真実さん
Instagram/@mamimisawa
Website/https://www.mamimisawa.com

The post 先輩キャンパーが教えてくれた「このアイテム最高なんです!」BEST5【CAMMOC・三沢真実さん編】 first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

【アウトドアで働く人インタビュー】30代夫婦が移住してはじめた「キャンプ民泊」という仕事

アイキャッチ・記事内画像撮影:下城英悟

日本初、キャンプと民泊を合体させたユニークな施設「NONIWA」



都心から車で約90分。埼玉県ときがわ町にある「キャンプ民泊NONIWA」は、キャンプ場と民泊が融合した、日本で初めてのユニークな施設です。あらゆるキャンプ用品がレンタル可能で、キャンプインストラクターの資格を持ったオーナー夫婦が、テントの張り方やギアの選び方を丁寧にレクチャーしてくれるのが特徴。

キャンプをはじめたいけどハードルが高い……、という初心者のために特化した、ありそうでなかった施設です。



運営しているのは青木達也さんと江梨子さんのご夫婦。2019年にときがわ町に移住し、同年6月からNONIWAをスタートさせました。

ざっくりいうと、私たちの住む民家の庭でキャンプ体験をしてもらうというのがコンセプトです。通常のキャンプ場と違い、お客さんとのコミュニケーションを大切にしています。おかげさまで、オープンから累計で150組に宿泊いただいています。(達也さん)。



以前は東京で暮らし、会社勤めをしていたふたりが、なぜ縁もゆかりもない土地でキャンプ民泊をはじめたのでしょうか?

移住のきっかけから、運営にまつわるエピソードまで、根掘り葉掘り聞いてきました。

きっかけは友人を連れてのおもてなしキャンプ

子供の頃に親と一緒にキャンプへ行っていたので、自分も結婚したらキャンプしようと決めてました。(江梨子さん)

という江梨子さん。そもそも、青木夫婦がキャンプを始めたのは、奥さんのこんな想いがきっかけ。いまから5年前のことだそう。

もともと自然が好きだったので、キャンプは一気にハマりましたね。新婚旅行には行かず、その費用を全額キャンプ道具に投資して、月に1~2回はふたりでキャンプに行っていました。

この頃から漠然と、仕事と暮らしが一緒になったような生活をしてみたいと思うようになりました。(達也さん)



キャンプ民泊という発想に行き着いたのは、友人を連れてのキャンプがきっかけだそう。

自分たちが道具をすべて用意して、友達をキャンプへ連れて行くことがあったんです。テントの張り方とか道具の種類とかを教えてあげたらすごく喜んでくれて。

それをキッカケに、友達もキャンプにハマってくれたんです。そのときのリアクションがうれしくて。あ、こういうことが仕事にできるといいなと、思ったのがはじまりですね。(達也さん)

約1年かかったキャンプ可の物件探し

とはいえ、漠然と思っているだけでは何も前に進みません。ここでふたりは、暮らす場所を変えるという決断をします。

当時は練馬区在住。僕の勤め先が川越にあったので、川越から車で1時間の範囲で通勤できるエリアに絞って探していたところ、ときがわ町に出会いました。

里山風景が残るいい感じの田舎町だけど、サイクリストに人気のエリアで、若い移住者も多い。すごく気に入って、ときがわ町に絞って物件を探しまくりました。(達也さん)



だが、青木さんたちが望む、すぐに住める一軒家で、目の前にはキャンプができる広い庭。まわりに民家があまりなくて、幹線道路からも離れている。

さらに購入ではなく賃貸がいい……、といった条件に合う物件はなかなか見つからなかったそうです。

不動産屋に条件を言っても、キャンプしたことがある人がいないからイメージがなかなか伝わらなくて(笑)。この家も当初は賃貸NGだったんですけど、大家さんが私たちのYoutubeを見てくれたようで、「この人たちなら」と特別にOKしていただきました。(江梨子さん)

古民家風の母屋は2階建て。1階部分はフリースペースになっていて、宿泊客が利用するトイレや洗面、レンタル用のキャンプ道具がずらりと並んでいます。

母屋の正面にある庭は、4家族がゆとりをもってキャンプできる広大なスペース。徒歩数分のところには川も流れているので、夏になると水遊びができるというキャンパー垂涎のロケーションです。

初心者に寄り添うNONIWAのサービス

基本的には、自分たちがキャンプを始めたときにあったら助かったなということをやっています。例えば、無限にあるギアのなかで失敗しないものが知りたい、ランタンの種類を使い比べてみたい、効率のよい片付け方を知りたい、積み込みのコツを知りたい……などです。

うちで扱っているレンタル品もメーカーにこだわらず、予算や目的に合わせてオススメすることを心がけています。(江梨子さん)



キャンプインストラクターの資格を持っている青木さん夫婦ですが、理想は気軽に相談できるキャンプ経験者のお兄さん・お姉さんという立ち位置。

たまにお客さんからギア相談の電話が来るそうですが、それもすごくうれしいということ。

とはいえ、NONIWAは自分たちが住んでいる家の庭を使ってのキャンプになるので、誰でも来れるというわけではありません。

まずは月に1~2回開催しているデイイベントで講習を受けていただいてから、予約していただく流れになります。この辺りがキャンプ民泊たる所以ですね(達也さん)。

思いもよらなかったアウトドア業界からのラブコール

予想外だったのは、アウトドア業界の人たちが撮影や収録でこの場所を活用してくれる機会が想像以上に多かったこと。

雑誌やSNSで見ていたアウトドアの有名人たちが、横のつながりでどんどんと利用してくれるようになって。正直、こんなに色んな人と出会えるなんて思ってもいませんでした。(江梨子さん)

宿泊客の送迎用に購入したバンも、そんな縁で出会ったシエルブルーに手がけてもらったものだそう。

あとは、地元の人との繋がりもあって、周辺の土地をいろいろと貸してもらえるようになったのも想定外でした。庭の横の駐車スペースにはじまり、今年になってからは母屋から徒歩3分の場所に広大なキャンプスペースHANAREを借りることができました。

HANAREでは、グループ貸し切りのキャンプも楽しめるので、中級レベル以上の方から好評を頂いています。(達也さん)

NONIWA発信で町の魅力を伝えたい



母屋の一角では物販もおこなっていて、ここでは地元ときがわの工場などとコラボした製品も並んでいます。

この町が気に入って移住してきたので、ときがわ町とアウトドアをつなげる活動は今後力を入れていきたいと思っています。ときがわは木が有名な町なので、木工商品の開発もおこないました。(達也さん)

新作はこちらの「HOT WINE MIX(1,400円)」です。温めたワインに入れるだけで美味しいホットワインができるシロップで、ときがわブルワリーというジュース工房とのコラボ商品です。

おかげさまで初回ロットはすべて完売。今後はECでも販売していきますので、楽しみにしていてください。(達也さん)

ターゲットを狭めた結果、唯一無二の存在に



日本中至るところにあるキャンプ場ですが、キャンプ民泊は埼玉県ときがわ町にしかありません。その唯一無二な存在はもちろん、徹底的に初心者キャンパーをターゲットにした戦略が成功の要因と言っても過言ではないでしょう。

オーナーとの距離感が近くて、他にはない心地よいキャンプ体験が味わえるNONIWA。初心者じゃなくても、一度は行く価値ありの癒しスポットですよ。

NONIWAの詳細はこちら

The post 【アウトドアで働く人インタビュー】30代夫婦が移住してはじめた「キャンプ民泊」という仕事 first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

男前ソロキャンパーたちの共通ギア6選

アイキャッチ画像撮影:秋葉 実

野営を思わせる無骨な雰囲気を存分に楽しみたい!

撮影:秋葉 実

お気に入りのギアをクルマやバイクに積み込み、わざわざ不便な山の中で無言の一夜を過ごす。その名の通りソロキャンプは、あえて孤独を楽しむ、ある意味では非常にストイックな大人の遊びとも言えます。

バンドック ソロベース

撮影:秋葉 実

こうした静かな孤独で得られるのは、普段の生活ですり減った心の回復、あるいは気持ちのリセットであると、熟練のソロキャンパーたちは口々に教えてくれます。スマホの電波も届かず、都会の喧騒や文明の利器からあえて距離を置くことで、肉体的には疲れても精神的な解放が待っている……。

そんな特別な時間を過ごさせてもらうフィールドになるべく負荷を与えず、かつ外遊びならではのローテク感に浸れる新定番の6つのギアにフォーカスします。

お話をうかがったソロキャンプの達人たち

加瀬善隆さん
ストイックなスタイルで年間50泊ほどこなすというキャンパーにして、中目黒のヴィンテージウェア&ミリタリーギアショップ「hallelu」オーナー。ソロではキャンプ場よりも野営が中心とか

小田島勉さん
古着や雑貨、国内ブランドの新作やオリジナルアイテムも展開する東長崎のセレクトショップ「Sunbath」オーナー。かつてはエイアンドエフに在籍していた経歴を持つ生粋のアウトドアズマン

中島貴大さん
メンズファッション誌をはじめ、広告やWEBなど、様々なメディアで活躍するベテランスタイリスト。ウェアはもちろん、インテリア、キャンプギア、ミリタリーなどへの造詣も深い

男前キャンパーたちが愛用するギア6選+α

その1 フュアハンドランタン

1893年にドイツで誕生したオイルランタンのパイオニアにして、シンプルながらも強風にも耐えうる設計から別名ハリケーンランタンの呼び名もで知られる名門。

亜鉛メッキ処理されたマットシルバーのベーシックモデル「ベイビースペシャル276」は、中でも人気を集める定番モデルのひとつです。

灯油を燃料に使用できるため光量もほどほどで、サイト全体を照らせるワケではありませんが、手元回りを照らすには必要十分。構造も単純ですので、初心者の方にも扱いやすいと思います。ちなみに僕も初めて買ったランタンがフュアハンドでした

昔から変わることのない王道スタイルですし、何よりコスパが最高ですよね。燃料も灯油でネット通販などでも簡単に入手できますし、ソロメインならひとつ持っておくと雰囲気作りにも便利。とはいえ、今日的なLEDほどの光量は期待できないので、あえて夜の暗さを楽しむためのギアかと

サイズもコンパクトで軽いですし、初心者でも扱いやすい構造がやっぱり良いですね。明るさよりも雰囲気を重視したいタイミングで使っていきたいギアのひとつ。限定モデルなどバリエーションも意外と豊富なので個性も出しやすいと思います

ITEM



フュアーハンド ランタン 276
●サイズ(cm):13.5×15×26.5
●重量:530g
●燃焼時間:20時間以上
●燃料:灯油もしくはランプ用オイル
●スチール、亜鉛メッキ

<!–

–>

その2 グリルスタンド(メッシュテーブル)

出典:Amazon

収納時はコンパクトに折りたためるメッシュトップのアイアンテーブルも、尾上製作所「マルチスタンド」、キャンプマニア「グリルスタンド」、テントファクトリー「FDテーブル」はじめ、国内外の多くのブランドからリリースされ、今やAmazonベーシックでも展開される定番ギアのひとつとなっています。

出典:Amazon

テーブルにも焚き火台にもなる1台で二度美味しい便利ギア。特に尾上製作所のものは、ひとつのギアで色々な用途で使用できるものが多く、コストパフォーマンスにも長けています。アイアンなので若干重さはありますが、車に荷物を乗せての移動なら問題ないかと

タフさはもちろん、ずっしりとしたアイアンの趣きが気に入っています。調理台にもテーブルにもゴトクにも使えて便利ですし、ダッチオーブンまで使えてこのコスパ。もちろん、クルマありきの選択肢になってしまいますが、無骨な雰囲気作りには欠かせません!

アイアンなので炭火や直火にかけたものをそのまま置けますし、個人的にはメインテーブルというよりもサブ的に+αとしての使い道が中心です。何より見た目が無骨なので、より男前なサイトに仕上げるならウッドより正攻法かもしれませんね

ITEM



尾上製作所 マルチスタンド S
●サイズ:W450×D450×W270mm
●天板サイズ:W450×D400mm
●重量:3.1kg

<!–

–>

ITEM



テントファクトリー FDテーブル 450
●素材:本体・脚/鉄(粉体塗装)
●サイズ:幅45×奥行45×高さ26cm
●重量:2.8kg
●安全耐荷重:20kg

<!–

–>

ITEM



YOLER アウトドアテーブル 専用ケース付
●サイズ : (約)幅55×奥行30×高さ18cm
●素材:鉄, 合金鋼
●重量:1.6 Kg
●耐荷重:15kg

<!–

–>

その3 モーラナイフ

出典:Morakniv

1891年にスウェーデンにて設立されたブッシュクラフトナイフの代名詞。火口となるフェザースティックの削り出しや、バトニングにも使えるほどにタフな作りと優れたコスパが何より魅力。

特にステンレススチール刃の「Bushcraft Forest(ブッシュクラフト フォレスト)」や「Companion(コンパニオン)」シリーズはサビにも強く初心者にもオススメです。コンパニオンシリーズにはカーボン刃もありますが、切れ味が鋭く、錆びやすいという特性が。これらは用途や好みで選ぶといいでしょう。

撮影:見城了

フェザースティック、バトニング、どちらにも最適な1本。ぼくがメインに使っているミリタリーもののサバイバルナイフに比べ、かなり軽いので持ち運びにも適していますね。価格的にも細かいことは気にせず使えるので、初心者の方にもオススメできるナイフのひとつです

ギアの中でも本格的なナイフは高価な部類ですが、そんな常識を覆した好コスパナイフの代表格ですね。オピネルという選択肢もありますが、バトニングやブッシュクラフトを楽しみたいならこちらが正解。友達の甥っ子にもファーストナイフとしてオススメしました



「もうひとつの定番でもあるオピネルだと、若干フェミニンな雰囲気もありますし、より男らしいスタイルを追求したいならモーラが王道的な選択かなと。バリエーションも豊富で、何気にスウェーデン王室御用達というのもモノにこだわる我々としては惹かれる要素ですよね」

ITEM



モーラナイフ ブッシュクラフト フォレスト
●柄素材:ラバー
●刃素材:ステンレススチール
●刃長:約109mm
●全長:約232mm
●刃厚:約2.5mm
●重量:約101g

<!–

–>

ITEM



モーラナイフ コンパニオン
●柄素材:ラバー
●刃素材:ステンレススチール
●刃長:約104mm
●全長:約219mm
●刃厚:約2.5mm
●重量:約84g

<!–

–>

その4 ファイヤースターター

“不便や不自由を楽しむ”ソロキャンプならでは、ブッシュクラフト由来のファイヤースターターも今や神器のひとつです。

マグネシウムやフェロセリウムのロッドと付属のストライカーやナイフを使って火花を散らし、火打ち石感覚で種火を熾せれば、キャンプだけでなく緊急時にもヒーローになれちゃうかも。

撮影:見城了

そのときの天候によっては、火の着き具合が良くないこともありますが、何よりアナログ感が魅力的。マッチやライターを使えば、すぐ火熾こしできますが、あえて不便さを楽しむときや野営感を感じたいときに使っています

ぼくはサーフィンもするので、海の帰りなどにソロでデイキャンプを楽しんだり、ちょっとした調理をする際など、じつは火を熾すところから遊びが始まっています。長年A&Fのオリジナルを使っていますが、一発で着いたときは今でもやっぱり快感ですよ

ぼくはタバコを吸わないので、ライターやマッチを携帯をする習慣がそもそもないのですが、ファイヤースターターは超コンパクトなのでキーホルダーにつけておけば何かと便利。アウトドアエレメント「ファイヤービナー」のリアルツリーカモモデルを使っています

ITEM



ブッシュクラフト メタルマッチ
【ファイヤースチール】
●サイズ:108x27x20mm
●ロッド:約60×9.5mm
●重量:55g
【ストライカー】
●サイズ:94x22x21mm
●重量:15g

<!–

–>

ITEM



アウトドアエレメント ファイヤービナー
●材質:強化ステンレス 超耐性チタンコーティング
●サイズ:80×35mm
●総重量:28g
●耐荷重、抗張力:22kg
●内容:ブレード、栓抜き、スクリュードライバー、ファイヤーホイール、フェロロッド

<!–

–>

その5 焚き火シート(スパッタシート)

出典:ロゴス

火の粉が直に芝生やウッドデッキに落ちるのを防ぐ耐火シート。もともとは溶接用のスパッタシートを代用していたものの、近年のキャンプブームからアウトドアブランドからもラインナップされるようになりました。

自然環境にインパクトを与えない、そんな最低限のマナーを守れてこそ男前ソロキャンパーですよね。

出典:DOD

野営や直火NGのキャンプ場に行った際は、重宝するアイテムです。撤去の際、灰の処理もかなりラクになるのでオススメ。巻いたらよりコンパクトになり、荷物としても苦になりません

自然にダメージを与えないという考え方は、アウトドアズマンの心得として不可欠です。キャンプブームの今だからこそ、今後も様々なブランドからより面白いものが出てきそう。ただ、耐久性がそれほどないものなので、さらに耐久性があるものに期待します

キャンプ場として整備されていない場所で野営することもあるので、よりマナーは大切にしています。焚き火台を頻繁に変えるのは難しいですが、シートひとつで雰囲気も変わるので、今後はデザイン的にも優れたモデルに期待しています

ITEM



ロゴス たき火台シート ワイド
●重量:550g
●サイズ:幅130×奥行80cm
●収納サイズ:幅15×奥行22×高さ2.5cm
●素材:ファイバーグラス

<!–

–>

ITEM



NOCNEX スパッタシート
●サイズ: 60cm×80cm
●収納時:17cm×23cm
●総重量:約381g
●素材:ガラス繊維+シリカコート

<!–

–>

その6 シンプル&コンパクト鉄板

ソロでは基本的に炭を熾さないというキャンパーが大半です。つまり火器は、バーナーか焚き火ということになりますが、その両方に使えるシンプルな鉄板がいま急速にシェアを拡大しています。

直火のように焦げにくく、スキレット感覚で焚き火にもガンガン突っ込める無骨感にも気分が高まりますね。

撮影:大森弘恵

ハンドルの着脱が可能なモデルも多く、コンパクトになるので持ち運びにも便利。特にソロだったら大きな鉄板も必要ないですし、気楽に持っていけるサイズ感がイイですね。肉のカタマリを焼き、鉄板に乗せたまま食べれるところも良い点です

一人鍋ならぬ一人焼肉として一大ブームになりましたね。これまではコフランの「キャンプクッカー」(ホットサンドクッカー)をバラして使っていたので、まだ試したことはないのですが、最近はソロを意識した小さなモデルも多いですし、取り入れてみたいギアのひとつですね

位置をズラして火加減調整できますし、直火よりも美味しく仕上がるのは当然かと。とはいえ、ぼくはソロだろうと、肉も野菜も魚も食べたいので、できれば大きめが嬉しい。ソロ用だったら2~3枚使うことになるので、多少荷物になってでもやや大きめを選んでいます

ITEM



アウトドア鉄板 キャンプ 野外用 男爆鉄板
●厚み:約4.5mm ×1枚 
●寸法:約90mm x 150mm 
●焼き面積:約55mm x 115mm
●重量:約460g 
●素材:鉄

<!–

–>

ITEM



ベルモント 極厚鉄板
●サイズ:約210×150×8.5(板厚6mm)
●重量:約1.5kg
●素材:
黒皮鉄板、ハンドル/ステンレス
収納ケース/コットン

<!–

–>

ITEM



ユニフレーム ユニ鉄
●サイズ:200×200×17mm
●材質:ダクタイル鋳鉄(FCD)
●重量:1.45kg

<!–

–>

ITEM



BUNDOK 極厚鉄板6mm
●サイズ:約260×180×15mm
●厚み:6mm
●重量:2560g

<!–

–>

プラスαその1 焚き火用陣幕(リフレクター)

出典:QUICKCAMP

海外のブッシュクラフト動画などを観ると、焚き火の風除けや反射板として小さな垣根を組んでいることがあります。その持ち運びできる既製品が焚き火用の陣幕です。

グループキャンプのようにみんなで暖を取るのではなく、最初からソロやデュオ用に設計されているので極めてコンパクト。最近は100均グッズで自作するキャンパーも急増中です。

撮影:大森弘恵

風が強いときや、冬場の焚き火で芯から暖まりたいときに使用しています。コットン地でできているので、火の粉で生地に穴が開く心配もそれほどなく、混んでいるキャンプ場では、目隠し感覚での使用も可能です

焚き火を覆ってしまうのでソロかデュオに限定されますが、あまり木のない吹きさらしのフィールドで重宝します。風除けや輻射熱はもちろんながらら、個人的には秘密基地っぽいこじんまりとした空間が作れるのがお気に入りのポイントです

子供の頃にダンボールで基地を作ったように、自分だけのテリトリーを作れる、まさにソロ向けのアイテムですよね。……じつはまだ使ったことはないんですが、気になるギアのひとつ。広大なアウトドアでも自分のエリアを作りたい照れ屋な方にとって画期的なギアだと思います

ITEM



ロゴス TAKIBI de JINMAKU
●重量:1.5kg
●サイズ:90×90×101cm
●幕帯:90×86×90cm
●収納サイズ:14×56×7cm
●主素材:ファイバーグラス(シリコンコーティング)、スチール

<!–

–>

ITEM



FLYFLYGO 焚火陣幕
●サイズ:幅240(上部140)cm×高さ70cm
●収納サイズ:90cm×φ10cm
●重量:6.2kg

<!–

–>

プラスαその2 焚き火ハンガー

調理、仕込み、湯沸かし、保温などなど、焚き火ひとつで様々な火加減に対応しつつ、やりたいことを一気に済ませたいなら確実に選択肢に入ってくるはず。

重量が若干気になるものの、アフターケアの簡単さと鉄ならではの質感はやっぱり魅力。サイトの無骨さを格上げしてくれる見た目にも気になるプラスαギアのひとつです。

出典:Amazon

あまり荷物を広げたくないとき、特に夜や暗い時間帯に重宝します。ランタンを掛けたり、ケトルやスキレットを置いたり、火吹き棒を立てかけたり、身の回りのものを全てハンガーにまとめられるのでとても便利

ソロ需要の伸びを実感できるギアですよね。本来なら何品か調理する際の火加減調整を目的としていると思うのですが、多くのソロキャンパーさんは身近なギアをひとまとめにハンギングして使っているようですね

調理だけでなくグローブやランタンを掛けたり、ラック感覚で使っていますが、個人的にはソロだと重量が若干気になるのでメインはグループキャンプ。サイトを無骨な雰囲気に仕上げるには最適なギアですね

ITEM



ペトロマックス ファイヤーアンカー
●材質:スチール
●サイズ:103.5×83.5×20cm、アーム長さ/20cm、グリル/40×40×2cm
●重量:6.7kg

<!–

–>

ITEM



FLYFLYGO 焚き火台 ファイアスタンド 収納バッグ付き
●サイズ:73×10×10cm
●重量:3.2kg
●材質:スチール

<!–

–>

ITEM



男前 無敵の焚き火フック セット
●素材:鉄筋

<!–

–>

自分のスタイルに合ったギア選びを!

撮影:まつい ただゆき

ソロキャンプ人口急増中のいま、多くのブランドからシーンに特化したギアがリリースされています。ここで紹介した6ギア+αだけでなく、それぞれのスタイルに合った様々なギアがこれからも注目されることでしょう!

とはいえ、無骨派、UL派、コスパ派とソロキャンプの流儀も人それぞれ。自分のスタイルにハマるギアを探すのもまた、ソロキャンプの醍醐味と言えるのではないでしょうか。

The post 男前ソロキャンパーたちの共通ギア6選 first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

【2020年総決算】CAMP HACK編集部が選んだ「マジで買ってよかったモノ」発表!

編集部の5人に聞いた!「マイベストギア2020」



今年も取材や撮影(という体裁)で様々なキャンプ場に足を運んできたCAMP HACK編集部のスタッフたち。しかもみんな、プライベートでも大の外遊び好き。

だからこそ新しいギアは気になるし、評判のいい定番モノがあれば、自ら試してみたくなります。単純に、「物欲が止まらないッ!」って噂もありますが……。

なんにせよ、編集部員は今年も様々なアイテムを(仕事を言い訳にして)購入し、実際にフィールドで使ってきました。ということで、そのなかで各自が本気で選んだ「買ってよかったモノ」2020年ランキング1位を、発表します!

「自宅でも重宝するメンテフリーのダッチオーブン」

撮影:烏頭尾 拓磨
CAMP HACK元編集長・のりさん 

2020年のキャンプは20泊ほど。なかでもお気に入りのスポットは西湖湖畔キャンプ場。「それなりに都内から近く、水量次第ですが湖畔ギリギリまでサイトが作れます。それと、トイレが綺麗」。今年から本格的にSUPも満喫中。

TSBBQ(村の鍛冶屋)のライトステンレスダッチオーブン6

出展:TSBBQ 

「今年はキャンプでも自宅でも、自分で料理をすることが増えました」というのりさんが選んだギアは、新潟県の燕三条を拠点としたブランド、TSBBQのダッチオーブン。人気ガレージブランド、村の鍛冶屋が携わるだけに、多くのキャンパーも注目する逸品です。こちらは6インチ(全幅 約218mm)のモデル。



ということで、まずは購入の決め手から聞いてみましょう。

のりさん

YouTubeのCAMP HACKチャンネルで紹介されていたのを見て入手しました(笑)。丁度、小さめのちょっといい調理器具が欲しいなと思っていたので。500mlのペットボトルと比べると、コンパクトなサイズ感がわかると思います。



確かに小さい。キャンプではどんな料理で活躍していますか?

のりさん

ソロキャンプや少人数でのキャンプでは肉や野菜をグリルしたり、人数が複数人いる場合はスープを作る鍋としても活躍しています。ちなみに先日はビーフシチューを作ってみました。

おお、これは美味しそう! やっぱりダッチオーブンで作ると味も変わりますか?


のりさん

もちろん! 実は今までは登山でも使えるアルミのクッカーでを使っていたんですよ。でもこれで野菜や肉をグリルしたら、味が段違いにアップして感動しました。しかも家でも使いやすいスペックを備えているんですよ。



ほうほう。どんなところが自宅向きなんですか?

のりさん

ステンレス製だからメンテフリーなんです。家庭用洗剤で洗うだけでシーズニングの必要がなく、気楽に使えるってのいうのは最大のポイントかと。だから自宅でも頻繁に炊飯やスープ作ってます。むしろメンテが必要なら買っていなかったかも。

なるほど。気軽に使える素材、そしてコンパクトなサイズ感がちょうどいいのですね!

今後はどう使っていく予定でしょうか?

のりさん

今後はキャンプでも定番になりそうですね。まだやったことがないけど、ハンガーにかけて焚き火料理にも挑戦したいです。ちなみにアイテムの詳細は、CAMP HACKチャンネルで詳しく説明されているので、チェックしてみてください!

詳細はこちら

ITEM



TSBBQ ライトステンレスダッチオーブン6
本体材質:ステンレス三層鋼
(SUS304+アルミ+SUS430)
蓋材質:SUS430
ツル金具材質:SUS430
重量:約1.67kg
(本体:0.75kg、蓋0.79kg、ツル0.13kg)
サイズ:本体厚さ/底3.5mm、フタ厚さ/底4mm
本体内径:約148mm
深さ:(本体内面より)約83.5mm
高さ(蓋付き):約112mm(ツマミの高さも含む)
外形寸法:幅/約218mm(ハンドル含む)
容量:約1.0L

<!–

–>

「人気のハンモック泊をリーズナブルに実現できた」

CAMP HACK編集・たぐち

のりさんと同じく、2020年のキャンプは20泊ほど。車中泊好きのため、ホームスポットのキャンプ場は持たず、愛車のモビリオスパイク(DIYで車中泊カスタム済)で各地を回っている。「海が好きなので千葉に行くことが多いです」。そんななか、今冬は雪中キャンプにも挑戦予定。

One Tigrisのコンパウンド4シーズンハンモック

出展:Amazon

編集部イチのAmazonフリークと自他共に認めるたぐちさんが、この冬にAmazonでポチったばかりのアイテムがこちらのハンモック。なんと吊り下げ用のロープまで付属して5,000円(税抜)というコスパの高さをキープしています。ちなみにワンタイガーは中国のブランドで、他にも要注目なアイテムが揃っているとか。



最近、ULハイカーの間では人気のハンモック泊ですが、やはりテントよりも断然コンパクトに持ち運べるのが魅力です。

たぐち

そうなんです。このハンモックも収納サイズはそれなりに小さいです。もっと小さいモデルもあるけど、価格とのバランスで考えたら合格点かなと。Amazonには他にも多くの激安ハンモックが存在するけど、編集部のきむ23が、このブランドのテントを愛用していて評価も高かったから、安心感もあり購入しました!

実際に活躍しているみたいですが、寝心地はどうでしょう?




たぐち

いい感じです! 蚊帳付きはもちろん、熱シールドと呼ばれる布で冷気対策もできる4シーズン仕様なんですよ。これはハンモックでは珍しいポイント。ただ、生地は薄いから真冬ならハンモックダウンは必須ですね。これから購入予定です。



そもそも、なんでハンモック泊をしようと思ったんですか?

たぐち

いびきがうるさいから、人と寝れないんです(笑)。迷惑かけたくない、ということでグルキャンでもソロテントか車中泊。それが好きなのもありますけど。でもこれを購入してから、木があればハンモック泊になりました。

おかげで朝まで誰にも迷惑をかけず、邪魔されることもなく快適に過ごしています。もちろん寝心地も最高っす!

詳細はこちら

「3人分の調理に絶妙なサイズの鉄板を発見!」

CAMP HACKチャンネル・けっそん

主にソログルキャンプを満喫し、2020年のキャンプ実績は40泊という、自身の最高記録を更新。ホームスポットは上毛高原キャンプグランド。「段々畑のような構造なので、お隣さんと同じ目線になることが少ないけど、かっこいいサイトもチェックできます。しかも露天風呂まで!」

Mac Outdoorのマックパン

出展:Mac outdoor

のりさんがハマったダッチオーブンを、YouTubeのCAMP HACK チャンネルで紹介していたけっそん。今年は様々なギアに触れてきたけど、個人的に最も気に入ったのは韓国のブランド、マックアウトドアの鉄板に決定。キャンプヒルズのECサイトで入手したとか。

出展:Mac outdoor
マックアウトドアは、まだ日本では珍しいブランドです。なので、まずはブランドの詳細から教えてもらいましょう。
けっそん

韓国発、テントのグラウンドシート専門メーカーなんですよ。2020年2月よりヘキサタープの販売を開始したのですが、これがまた人気絶大で、販売開始と同時に売り切れ御免状態でした。このマックパンは9月にリリースされたばかりのアイテムです。



早速、使ってみてどうでした?

けっそん

先日、3人のキャンプに持参して、夕食時に持ち寄りのお肉や野菜を焼き続けました。鉄板だけど表面にテフロン加工が施されているから焦げ付かないし、サイズ的にも扱いやすい感じでしたね。





野菜や肉だけでなく、いろんなものが焼けそうですね。

けっそん

そうなんですよ。翌朝に目玉焼き3個とベーコンを焼いて朝食を作りました。フライパン感覚ですね。しかも起床後に水洗いをして拭いた後、そのまま再度焚き火に放り込むだけ。かなりお手軽ですよ。


けっそん

あとは付属の専用リフターも便利ですね。持ち運びもしやすいけど、これがあると焚き火の上に直接置いても取り出しやすいんですよね。テーブルの上にも置けるサイズだから、焼いたものをお皿に移す必要もありません。



確かに、ソロや少人数のキャンプで扱いやすそうな大きさです。

けっそん

友人のファイアーディスクの上に置いてみたら丁度いい感じでした。しかも3人分の調理に絶妙なサイズ感。最近は大人数のグループキャンプ行くことも少ないから、今の自分にはこのくらいのサイズがちょうどいいなと再確認しましたね。同じようなスタイルの人にオススメです!

詳細はこちら

ITEM



Mac Outdoor マックパン
重量 : 約1Kg
サイズ : 直径220mm
付属品:収納ケース、リフター
原産地 : 韓国

<!–

–>

「手の平サイズになるジャグは、使い勝手も抜群でした」

CAMP HACKチャンネル・きむ23

2020年に限らず、キャンプは毎年平均して30〜40泊ほど。両手で持てるぐらいのコンパクトなギアを持ち込み、足りない場合は現地で何とかするスタイル。好きなキャンプ場は四尾連湖だけど、その理由は「外界から閉ざされた空間で、人工の音がしないから」。最近は畑にも興味があるとか。

BUNDOKのフォールディングジャグ

出展:Amazon

たぐちさん曰く、ワンタイガーのリーズナブルなテントを愛用するきむ23は、同じく財布に優しいキャンプギアを展開するブランド、バンドックに注目。こちらのフォールディングジャグは、なんと527円(税込)という、驚異的な高コスパを実現しています。



ではジャグを購入したキッカケから聞いてみましょう。

きむ23

炊事場まで遠かったり、無かったりするキャンプ場でも快適に過ごしたかったんです。でも洗練されたデザインや高機能のジャグもいっぱいあるけど、かさばるのが嫌で。なるべくコンパクトになるタイプを探しました。

これはかなりコンパクトになりそうですね!


きむ23

折り畳むと手の平サイズになるんですよ。それでも水は7Lまで入る優れモノです。でもこのタイプのジャグは、無色かブルーカラーがほとんどで、どうしても災害時用のイメージがあったんですよね。そのなかでも、これは唯一キャンプギアっぽいカラーだったのも購入の決め手です。



バッグに入れてもかさばらないですね。キャンプ場ではどんな感じで使っていますか?

きむ23

このタイプならではですが、ちょっと傾斜があってもフレキシブルに形を整えて、安定させられるのが便利なんですよ。注水口の使い勝手も非常に良くて、一気に水をかけたいときも、ピンポイントで狙いやすくて重宝しています。

多分キャンプだけでなく、帰宅してからの部分的な洗車にも使えそうですね。悪路を走って汚れたホイールとかを洗うのに活躍してくれるんじゃないかと。

詳細はこちら

ITEM



BUNDOK フォールディングジャグ
サイズ:約420x150x320mm
耐熱:80℃
耐冷:-20℃
重量:約80g
材質:本体/ポリエチレンPET コック/ポリプロピレン・ポリエチレン・熱可塑性エラストマー

<!–

–>

「ミリタリーなフォールディングMTBに夢中」

CAMP HACK編集長・まっつん

最近、第二子が誕生したこともあり、2020年のキャンプは少し控えめに12泊ほど。ソログルキャンが主体ながら、2021年はマイカーを購入して家族で車中泊を楽しむ予定。「もちろんファミキャンもがんばります!」とアウトドアパパとしても奮闘中。

MONTAGUEのパラトルーパー

出展:Amazon

「自転車キャンプに興味があったんです」という、まっつんが選んだベストギアは、折りたたみ式のマウンテンバイク。しかもUSMC(米軍の海兵隊)で実践配備されていた、ミルスペック仕様のタフな1台。外遊びだけでなく、日常でも足代わりとして大活躍しているとか。



MTBとしては珍しい、折りたたみ式を選んだ理由を教えてください。

まっつん

クルマに載せて色んな場所でサイクリングを楽しみたかったんです。先日は友人の軽バンに自転車3台入れて遠方に行き、そこからサイクリングを100kmほど楽しんで風呂入って帰る、という遊びをしてきました。



今後は自転車キャンプにも、どんどん挑戦していきたいとか。

まっつん

もちろん。サイクリングの遠征先でテントを張ってデイキャンプっぽいことはしたけど、本格的な自転車キャンプもやってみたいし、クルマでキャンプ場に連れて行って、その周辺を探索するのもいいですね。

この1台は頑丈で設営が簡単だから、キャンプギア感覚で扱えるんですよ。パラシュート部隊が体に付けて飛び降り着地後組み立てて作戦ポイントへ移動するのに使っていたルーツがあるみたいです。



実際、かなりタフなルックスですね。

まっつん

しかも最初からキャリアが付いていて、パニアバッグも簡単に取り付けられて積載力も充分。UL過ぎない自分のギアたちにはちょうどいい自転車です。ただ、あくまでマウンテンバイクなので、ロードやクロスバイクに比べると走行性は落ちますけど。

とりあえず本格的な自転車キャンプのデビューに向けて、先輩キャンパーたちの積載術をチェックして勉強します!

詳細はこちら

ITEM



MONTAGUE パラトルーパー
折りたたみサイズ:W92×H72×40cm
総重量:14.5kg

<!–

–>

お気に入りをギアを探すのもキャンプの魅力のひとつ



ということで、外遊び好きが集結しているCAMP HACK編集部ならではのラインナップとなりました。しかも各自が独自のキャンプを自由に楽しんでいる様子も伝わってきます。

自分の好きなキャンプで新しく入手したアイテムを試したり、お気に入りのギアを使う瞬間は、いつだってワクワクしますよね。もちろんそんなモノを探したり、発見するのも楽しみのひとつです。

みなさんも、今年はどんなアイテムに出会いましたか? 年末ということで、マイベストギア2021を決定してみてはどうでしょう。

The post 【2020年総決算】CAMP HACK編集部が選んだ「マジで買ってよかったモノ」発表! first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

【じつは気軽に使える!?】憧れの車中泊・バンライフカーに泊まってみたら予想以上でした

アイキャッチ・記事中撮影:宿利泰蔵

ある日、CAMP HACKの濱松氏と話していると……


濱松

最近、日本でも密かに注目を集めている「バンライフ」に興味があるんですよね。

ライター加茂

バンライフですか……? よく聞く「車中泊」とは違うんですか?

濱松

バンライフはアメリカを中心に広がっているスタイルで、カスタムしたバンで生活、仕事をしながら「旅をするように生きよう」という新しいライフスタイルなんです。

ライター加茂

今年は日本でもリモートワークやワーケーションが広がりました。バンライフはその一歩先を行くライフスタイルと言えそうですね。

濱松

そうなんです! とはいえ、いきなりバンを買うっていうのはハードルが高い……。なのでまずは、バンライフが体験できる車を借りてどこかに泊まりに行ってみたいんですよ!

ライター加茂

いいですね! そういえばこの前ちょうど「Carstay」っていうキャンピングカー・バン専用のシェアカーサービスの話を知り合いから聞きました。このサービスを利用してみるのはどうですか?

濱松

おお! まさにバンライフ体験にうってつけのサービスじゃないですか! このサービスを使ってみましょう!

さすが加茂さん、頼りになるわ〜。

早速「Carstay」のHPでバンを予約


濱松

では早速「Carstay」で検索っと。無料でアカウントを作ったら、出発地のエリアとシェア開始日と返却日を選択して「車を探す」をポチ。


出典:Carstay
ライター加茂

おお〜! いろんな車種が出てきますね。HPもキレイで見やすい! キャンピングカーもありますけど、今回はやはり“バン”にしましょうか。

濱松

そうですね。これとかどうです? ハイエースのカスタム車で初心者でも運転しやすそうですし、ベッドにテーブル、水道の蛇口まで付いてますよ。

ライター加茂

いいですね、最高じゃないですか! これにしましょう。


提供:Carstay
Carstay概要】
2020年の4月発足のバン・キャンピングカー専用のシェアサービス。全国に約100台もの登録車を要している。車だけでなく、車中泊スポットの検索や旅プランも提案など、キャンピングカーで旅がしやすくなるサービスを網羅。
濱松

家族旅行とか、地方を巡る出張のときなどに利用するのもアリかも。これひとつで宿とレンタカーの予約が済みますからね。

いざ!念願のバンライフカーでキャンプへGO!



12月某日、濱松と筆者は予約した車のホルダー(所有者)さんのもとに向かい、はじめてバンとご対面!



今回利用した車は『トヨタ』の「ハイエース」をバンライフ仕様にカスタムしたいわゆるバンコンと言われる一台。オシャレな板張り仕様に内装がカスタムされているほか、荷台部分には広々としたセミダブルサイズのベッドが!

slider image

slider image

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}

さらに、ワンタッチで開閉するサイドテーブル、水道、冷蔵庫、寒い夜に役立つ石油ヒーターなど、ラグジュアリーなバンライフを送るための装備一式が完備されていました。

濱松

ここまでカスタムされた車が気軽にシェアできるなんて、最高なサービスですね。

ホルダー

ありがとうございます! Carstayさんは個人ホルダーもいますが、弊社は会社事業の一環としてCarstayさんに登録させてもらっています。

濱松

事業者の方も登録されているんですね! 初めての利用だったら、個人よりも安心かも。

ライター 加茂

装備についてですが、冷蔵庫もついてますけど、バッテリーは大丈夫なんですかね?

ホルダー

予備バッテリーも積んでいるので、ご安心ください。一酸化炭素の検知器もセットされてるので、ヒーターも安心してお使いいただけます!

ライター 加茂

そうなんですね、それは心強い!

いざキャンプ場に向けて出発!



ヒーターや水道、テーブルの使い方などの説明を受けたらいよいよ出発!

濱松

いや〜いよいよ出発ですね。バンライフ仕様のカスタム車は運転が難しいのかなって思ってましたけど、通常のハイエースの乗り心地と変わらないですね。ちょっと運転替わってみますか?

ライター 加茂

ぜひぜひ! お、本当ですね。バンって運転席が高くて運転しやすい! 大型のキャンピングカーだとちょっと運転が怖いですけど、これならかなりハードル低いですね!

バンライフカーなら優雅な時間を過ごせる



高速道路を走ること約2時間、撮影隊一行を乗せたバンは西湖湖畔キャンプ場へ。

濱松

着きました! 大自然のなかに車を止めたら、そこが今日の宿になる。まさにこれぞ「自由」って感じですよね。というか、設営が10分で終わるいう衝撃(笑)。

ライター 加茂

テントやシェルターを設営する必要がないので、サイトのセッティングもあっという間でしたね。設営も苦ではないし、新幕だったらなんなら設営したいときとかありますけど、時短はやっぱり嬉しいです。

濱松

それもバンコン(キャンピングカー)のメリットですよね。荷物が少なくて済むので設営時間を短縮でき、のんびりとした時間の使い方ができる。

ライター 加茂

念のため持ってきたけど、使わなかったアイテムもけっこうありましたもんね。

アイテムについては別記事でオートキャンプ、通常の車中泊した場合とどう違うのかを詳細に検証しています。ぜひご覧ください!

ゆっくり夕飯を食べ終えて、「え!まだこんなに早い時間なの?」



調理道具を並べたら、ゆっくりと料理をスタート。バンライフとオートキャンプの最大の違いは、テントや就寝時の設営・準備が不要だという点。



すぐに設営が完了するので、手の込んだキャンプ飯を作ったり焚き火をしたり、周辺エリアの散策やSUPやサイクリングを楽しむなど余裕のあるキャンプ時間を過ごすことができます。



急に寒い風が吹いてきても、車内にはグランピング施設のような快適空間が。そして車内から窓の外を見ると、燃えるような夕焼けが湖畔の空を赤く彩っていく……。キャンプとはまた一味違う、心が洗われるような贅沢な時間が流れていきました。





風が強くなってきたので車内にて夕食を食べ、片付けが終わってもまだまだ夜は浅い時間。ということで、この日は濱松がいまハマっているというボードゲームをプレイすることに。

時が経つのを忘れ、久しぶりに深夜まで……と思いましたが、はじめるのが早かったため深夜帯になることなく就寝することに。

濱松

眠くなってきましたね、そろそろ寝ましょうか。

ライター 加茂

撤収するテントもありませんし、起床時間もゆっくりで大丈夫ですよね。


濱松

そうですね。ゆっくり9時くらいまで寝ちゃいましょうか。

ライター 加茂

はい。それではお休みなさーい。

一夜明けて、撤収もささっと!


ライター 加茂

おはようございます。よく眠れました?

濱松

もうぐっすり! 車の後部座席をフラットにしてマット、寝袋を敷いた車中泊とは違い、もはや自宅のベッドと変わらない寝心地でしたよ!

ライター 加茂

確かに! 昨夜は風も強かったですけど、車内は静かでめちゃくちゃ快適でしたね。


ライター 加茂

ぼちぼち片付けますか。撤収するアイテムも少ないですし、バンコンって本当にラクですね。

濱松

雨や結露でテントが濡れると乾くまで撤収できなかったり、家で乾燥させたりと大変じゃないですか。それがないのはかなり有難いですよね。

ライター 加茂

夜のうちにアイテムを片付けておけば、朝一で次の目的地に向かう、なんてこともできそうですね!

「移動」と「宿泊」の概念が変わるバンライフ



仕事柄、キャンプ場での泊まりロケや野外フェス取材なども多い筆者。今回、実際にバンライフを体験してみたことで、「バンライフカーがあれば移動と宿泊がより自由になり、フットワークを軽くできるなぁ」と、かなり心を揺さぶられました。

宿の予約や電車、飛行機のチケット手配も不要で、いつでも旅をしながら仕事もできるバンライフ。リモートワーク、ノマドワークが進むいまこそ、新しい選択肢としてライフスタイルに取り入れてみてはいかがでしょうか。

Carstay」のHPはこちら

撮影協力:Carstay株式会社、西湖湖畔キャンプ場

The post 【じつは気軽に使える!?】憧れの車中泊・バンライフカーに泊まってみたら予想以上でした first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

【ogawa2021年新作まとめ】見逃し厳禁なNEWテント・タープ全7型を一挙見!

ヒット候補の新作続々!2021年春頃発売予定のNEWモデル



日本発の老舗アウトドアブランド『ogawa』より、2021年春頃発売予定の新作テント・タープのラインナップがお披露目されました。

ユーザーからの声に応え、既存人気モデルのT/C版を拡充。さらに伝統の「オーナーロッジ」シリーズには、話題になること必至、フォルムの美しさが際立つ新作も発売を控えています。



また広がる車中泊需要に向けたカーサイドタープも豊作。より使いやすく、充実のサイズ展開で幅広いスタイルをカバーしてくれそうです。それでは気になる新作全7型を見ていきましょう。

【T/Cバージョンが仲間入り】人気の3モデルが、選べる素材展開になった!

続々とヒット作を飛ばすogawa。そんな中ユーザーからの要望も多かった「オーナーロッジ タイプ52R」「タッソ」「アポロン」の既存モデルに、T/Cモデルが追加されました。



T/C(ポリエステルとコットンの混紡繊維)は、通気性・吸湿性に優れたコットンと、強度と耐水性を備えるポリエステルの特徴を兼ね備えたハイブリッド素材。

2021年は、既存のポリエステルモデルと選べる素材展開となっています。

オフホワイトカラーが映える「オーナーロッジ タイプ52R T/C」



格子状の窓枠が印象的な「オーナーロッジ タイプ52R」。ogawaの歴史ある「オーナーロッジ」シリーズの復刻版として、「タイプ52R」が2020年に発売されましたが、早くもT/Cバージョンが仲間入りしました。

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}

既存モデルはインナーテントにのみT/Cを採用していましたが、新作「オーナーロッジ タイプ52R T/C」では、フライシートもT/Cに変更。

通気性・保温性が向上しただけでなく、T/Cならではのオフホワイトカラーが美しく、ナチュラルな見た目の可愛らしさもパワーアップしました。



またフライシートの屋根部分のみ、あえてT/C素材ではなくポリエステル素材(耐水圧1,800mm)にすることで、耐水性にも配慮されています。

「オーナーロッジ タイプ52R T/C」の詳細はこちら

さらに使い方が拡張された「タッソ T/C」

slider image

slider image

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


ポールの高さを調整することで6角形、7角形、8角形とフォルムを変化させることができるバリエーション多彩なモノポールシェルター「タッソ」にも、T/Cモデルが追加。

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


ファスナーの開閉により本体を展開していく機能はそのままに、T/Cを採用したことで室内の快適さがアップ。天井部のベンチレーションや巻き上げ可能なスカートを完備しているので、幕内の温度調節も容易です。

「タッソ T/C」の詳細はこちら

大人気トンネル型2ルームテント「アポロン T/C」



すでに先行発売が始まっている「アポロンT/C」は、素材がT/Cに変更になった以外にも変更点が! 下記記事では、企画・広報の大木さんに話を伺いながら、既存モデルとの違いを詳しくご紹介しています。購入を検討している方は、ご参考にどうぞ。

伝統シリーズの新星「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」がデビュー!



次は、2021年の注目作! 完全新型として登場する「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」を見ていきましょう。ユニークな中抜け構造になっており、そのスタイリッシュなフォルムに目を引かれますね。

テント中央の玄関口から入ると両サイドに居住スペースが広がる、全長520cm×225cmフロアレスシェルター です。

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


使用スタイルの幅もアレンジが効き、左右それぞれのスペースに別売りの専用T/Cインナー(2人用)を吊り下げ可能。



1つ付ければデュオキャンプに丁度いい2ルームテントに。両サイドに付ければ、家族4人で使用できる大型テントとしても機能してくれます。

テント入り口の中央部分の天井高は、最大205cm。メインの動線となる中央の高さがしっかり確保されている上、四隅にサブポールを設置することで圧迫感のない居住空間が広がります。

「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」の後部

さらに「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」には、ユニークな点が。それは、本体後部に張り出し可能なキャノピーが備わっているということ。

通常キャノピーと言えば、テントの入り口に設定されているのが定説。しかし本モデルは、玄関から入り、後部の張り出し部分を自宅の中庭のような感覚で使って欲しいという思いの元デザインされているのだそう。



ロッジ型ながらも個性的な雰囲気漂う「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」。幕体側面はT/Cを使用し、屋根部分にはポリエステルを採用。適材適所な生地の使い分けにより、快適さと安心感を両立させた新生テントです。

「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」の詳細はこちら

タープは3モデル追加!カーサイドタープが充実

しっかりと影を落とす「システムタープ ヘキサDX」



美しい曲線を描くogawaのヘキサタープの真髄が、新色サンドベージュカラーで登場。明るい色味ながら、遮光コーティング加工を施した210dポリエステルの生地で日差しをしっかりカットしてくれます。



もちろんogawaの代名詞である機能も健在! テントとタープをスムーズに連結するための「セッティングテープ」が付属しています。いわゆる“小川張り”と呼ばれる設営スタイルが楽しめるというわけです。



セッティングテープは4mもの長さがあるので、大小問わず幅広いテントと連結できますよ。

「システムタープ ヘキサDX」の詳細はこちら

連結・単体使用もできる「カーサイドリビングDX-Ⅱ」



誕生から18年を数え、ロングセラーアイテムとして愛され続けている「カーサイドリビング」が新色のサンドベージュカラーでリニューアル。

どんな車にも合わせやすいナチュラルなカラーとブラックのフレームで、シックなキャンプサイトを演出できます。

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


チェアやテーブル、コットを置いてもまだまだ余裕のある大空間。フラップで開閉可能な大きなメッシュ窓やランタン吊り下げ用のリングなど、キャンパーにとって嬉しい細かい気配りも行き届いています。



別途ポールを2本準備すれば、タープ単体として使用することもできるというギミックも。

ちなみに車とジョイントさせる場合の対応車輌は、車高が170〜200cm程度を推奨。この他詳しい設置内容については、下記詳細ページよりご確認を!

「カーサイドリビングDX-Ⅱ」の詳細はこちら

常に車に忍ばせておきたい!コンパクトサイズの「カーサイドタープAL-Ⅱ」

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


最後にご紹介するのは、よりコンパクトなサイズ感の「カーサイドタープAL-Ⅱ」。落ち着いた印象のダークブラウンカラーの本体に、要望の多かったメッシュ窓を追加し、新たにラインナップされました。



なおこちらのタープはカーサイドだけでなく、車のリアゲートにも装着が可能。荷台から下ろしたアイテムをその場に広げれば、車内と繋がった快適空間を作ることができますよ。

「カーサイドタープAL-Ⅱ」の詳細はこちら

ogawaの新作テント・タープで快適なキャンプを!



2021年ogawaの新作、いかがでしたか? T/C素材のアイテムが追加され、さらに選択の幅が広がりましたね。

もちろんogawaでは、T/C素材ではない従来のテントも引き続き販売する予定。カラーリングの好み、素材感、使用する人数に合わせて、お気に入りのアイテムを探してみてください!

The post 【ogawa2021年新作まとめ】見逃し厳禁なNEWテント・タープ全7型を一挙見! first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK