SOTO

ツワモノ揃いの脅威のブランドSOTO「定番ギア」&「次世代定番」7選

アイキャッチ出典:楽天

タフな性能を誇るSOTOの最強ギアたち

出典:編集部

優れた機能とシンプルデザインで圧倒的スペックのアイテムを多数リリースしているSOTO。今、あなたが持っているキャンプ道具の中にも、SOTOアイテムが潜んでいるのはないでしょうか?

今回、そんなSOTOの初心者さんからベテランキャンパーまで広く支持されている”定番”アイテムをご紹介します。

出典:SOTO

さらに次世代の定番となり得る2018の新作も合わせて見ていきましょう。次世代定番は、フツーじゃないレベルのツワモノ揃い!

1軍装備入れ替えの準備はよろしいですか? 抑えておかないとキャンプ新時代に乗り遅れてしまいますよ。

キャンパー支持率高し!4つのSOTOの定番アイテムたち

SOTOは、キャンパーやハイカーたちの使用率が高い名作を多数生みだしています。中でも「これは抑えておくべき!」なフィールドマストな定番アイテムがこちら!

①不朽の名作バーナー「レギュレーターストーブ」

レギュレーターストーブ

撮影:編集部
出典:楽天

天候に左右されない耐風構造と2,500kcal/h高火力が支持され、不朽の名作ともいえるベストセラーバーナー。

使い勝手がシンプルでビギナーでも扱える一方、重量350gの軽量ボディにパワフルさを兼ね備えたベテランのニーズも満たすスペックが定番となる理由です。

ITEM



ソト レギュレーターストーブ
●発熱量(火力):2.9kW(2500kcal/h)
●素材:バーナー・器具栓つまみ=ステンレス、ボンベホルダー・点火スイッチ=樹脂

②もはやキャンパー必携道具!?「スライドガストーチ」

Instagram Photo「ライターだと火が近く火傷の危険性が。多目的ライターだと耐久性が物足りないし……。」そんな着火の悩みを解決してくれる強力耐風小型バーナー「スライドガストーチ」。

出典:soto

伸縮する火口とターボ状の強い炎で「一発着火できる!」とキャンパーから大人気! 燃料を使い切れば、カセットガスから充填でき”良コスパ”と良いとこ尽くしです。

ITEM



ソト スライドガストーチ
●サイズ:W3.5×D1.8×H110〜185
●重量:55g
●炎温度:1300度

③シーズニングは必要なし。概念を覆した「ステンレスダッチオーブン」

出典:楽天

SOTOの「ステンレスダッチオーブン」は、”使用した後に水気を払い、油を塗って収納”というシーズニングの手間からユーザーを開放した発明品!Instagram Photo家庭用の鍋と同じように使えるので、使用した後も食器用洗剤で洗い流すだけ!

もちろん炭火を乗せての本格的なダッチ調理も可能です。毎日の生活でもキャンプ飯を楽しめる強い味方になってくれます。

ITEM



ソト ダッチオーブン ステンレスダッチオーブン
●サイズ:直径259×深さ115mm、幅350×奥行280×高さ160mm
●重量:約5.2kg
●満水容量:約5.2L
●素材:ステンレス

④グッドデザイン賞受賞「マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター」

出典:SOTO

「レギュレーターストーブ」をさらに小型化。風速5m程度ではものともしない火力はまさに「ウィンドマスター」の名に相応しいスペックです。

Instagram Photoしかも寒さにも強く、寒冷地でも安定した着火が可能。コンパクトにも関わらず鍋を乗せた際の安定感も確保されています。

2013年には、グッドデザイン賞を受賞し品質デザインともにお墨付きのストーブです。

ITEM



ソト マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター
●サイズ:収納時=幅4.7×奥行9.0×高さ8.8cm、3本ゴトク使用時=幅9×奥行11.7×高さ10cm、4本ゴトク(別売)使用時=幅9×奥行11.7×高さ10cm
●重量:67g
●素材:ステンレス、樹脂

走り出した次世代定番になり得る3つのニューカマーたち

これまで数々の名作や記録的アイテムを多数発信してきたSOTOですが、次なる定番として控えている新作たちも凄いんです。

チェックしておかないと乗り遅てしまうニュースクールなアイテムをご紹介します。

①ガソリンとガスが両方使用できる「ストームブレイカー」

Instagram Photo発表と同時に激震が走った新モデル「ストームブレイカー」。

これまでにない燃料に”ガス、ガソリンどちらも使用可能”というハイブリッドなアイテムです。

出典:SOTO

すり鉢状になったバーナーヘッドで耐風性を実現。重量はたったの558gとどこにでも持ち運びたくなるスペックが備わっています。

発売前から狙っていたハイカーやキャンパーが続々一軍装備に導入中です。

ITEM



ソト ストームブレイカー
●サイズ:使用時=幅150X奥行130X高さ90mm、収納時=幅65X奥行65X高さ90mm、ゴトク径=ゴトク外径φ170mm
●重量:220g(本体のみ)、合計443g(本体:220g、ガスバルブ:53g、ポンプ:170g)
●発熱量:3.5kW(3000kcal/h)
●材質:バーナー・器具栓つまみ=ステンレス、点火スイッチ=樹脂

②無駄をそぎ落とした薄型「レギュレーター2バーナー GRID」

出典:soto

”調理中だって、ずっと家族で団らんを!”そんな想いが込められた「レギュレーター2バーナー GRID」は、圧倒的な本体の薄さが魅力的。

なぜここまでミニマルなデザインにこだわったかと言うと、団らん中のテーブルの上で調理しても圧迫感のないデザインを目指したため。

出典:soto

本体の高さは116mmに押さえられ、3辺にセッティングされら風防は取り外しも可能。

自動点火装置も付いているので、カセットガスをセットすれば簡単に着火ができます。キャンプの料理時間をより楽しくさせるアイテムですね。

ITEM



ソト レギュレーター2バーナー
●サイズ:幅473×奥行252×高さ145mm(風防あり)、幅468×奥行251×高さ116mm(風防なし)、ゴトク径=160mm(×2)
●重量:2.25kg(本体のみ)
●発熱量:2.9kW(2500kcal/h)
●素材:本体=ステンレス、ゴトク=鉄、スタンド・風防(背面用、右側左側とも)=アルミニウム、点火スイッチ・器具栓つまみ=樹脂

③組み合わせ自由自在「サーモスタッククッカーコンボ」

出典:soto

出典:SOTO

2018SOTOの勢いが凄い! こちらもまたまた革新的アイテムです。システムクッカーセットは多数あるものの、こちらは”断熱マグ”な機能も同時に装備。

クッカーとして調理した後、保温しつつマグとしてそのまま食べられるという軽量派やソロにおすすめのパッケージです。

ITEM



ソト サーモスタッククッカーコンボ
●サイズ:直径105x高さ125mm(本体収納サイズ)
●総重量:182g
●素材:ステンレス、チタン、樹脂、シリコンほか

アップデートし続けるから、目が離せない!

撮影:編集部

次世代定番にベテランキャンパーも装備の”一軍入れ替え”をせざるを得ないかもしれないアイテム揃いでしたね。

それぞれのカテゴリでゲームチェンジャー級の商品を同時期にリリースしてくる開発力はさすが。著者も今回の新作で装備の入れ替えになりそうです。

ド定番も知りたくない?

他のアウトドアブランドにも「○○と言えば○○。」と言いたくなるようなド定番な優秀アイテムがあります。とりあえずここは抑えておくといいでしょう!

Comfort camp with SOTO‘s staple items!

SOTOの定番アイテムで快適キャンプを!

Source: CAMP HACK

「SOTO」7つの新製品!ガソリンもOD缶も使える噂のバーナーついに登場【アウトドア通信.113】

※製品の仕様は予告無く変更になる場合があります。予めご了承ください。

 満を持して登場!2018年SOTO新製品

出典:SOTO

いよいよ2018年の春夏にむけて、アウトドアブランドの新作発表も加速中!

今回はタフな性能を発揮してくれる、心強い製品作りが魅力「SOTO」の新製品をご紹介します。ユーザーを驚かせるスペックの数々に、買い替えを検討するキャンパーも続出するのでは?

それでは、2月下旬から3月1日にかけて発売予定の新製品から、編集部が気になるアイテム7点をピックアップしてご紹介します。

無駄を削ぎ落とした「レギュレーター2バーナーGRID」

出典:SOTO

まずは、これまでにない薄さを実現、無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインの2バーナー「レギュレーター2バーナーGRID」。

この製品の最大のポイントは、スタンドからゴトクまでの高さが160mmという点です。

出典:SOTO

本体の高さが低いことによりテーブル上での使用にも圧迫感がなく、食卓で家族で団らんを楽しみながら調理ができます。

出典:SOTO

左右の風防は取り外し可能。大きめの鍋を使用する場合は、風防が干渉するので外して使用してください。

出典:SOTO

着火は、器具栓つまみを回し点火スイッチを押すだけ。点火に時間のかけられないファミリーキャンパーに最適なモデルですね。

【レギュレーター2バーナーGRID】
●風防取り付け時サイズ:幅473×奥行252×高さ145mm
●風防不使用時サイズ:幅468×奥行251×高さ116mm
●ゴトク径:160mm(×2)
●重量:2.25kg(本体のみ)
●発熱量:2.9kW(2,500kcal/h)
●使用時間:約1.5時間X2(ST-760 1本使用時)
●点火方式:圧電点火方式
●使用燃料:SOTO製品専用容器(ボンベ)(CB缶タイプ)
●材質:本体/ステンレス、ゴトク/鉄、スタンド・風防(背面用、右側左側とも)/アルミニウム、点火スイッチ・器具栓つまみ:樹脂
●付属品:収納バッグ
●価格:24,000円(税別)

製品の詳細はこちら

「レギュレーター2バーナーGRID」3つのオプションアイテムたち

出典:SOTO
さらに「レギュレーター2バーナーGRID」の発売に合わせて、3つのオプションアイテムも登場! 使い勝手の幅を広げてくれるアイテムの数々をチェックしていきましょう。

①GRID テーブル

出典:SOTO

「レギュレーター2バーナーGRID」と一緒に使いたい「GRIDテーブル」。スタンド部分は着脱式になっていて、差し込むだけの簡単設計です。天板は軽くて丈夫なアルミ製で、総重量315gと軽量!

出典:SOTO

「レギュレーター2バーナーGRID」と一緒に使用すると、上記写真のようなイメージに。

高さが揃えられているので調味料置きとして、またテーブル単体でも軽量性を活かし、フェスやキャンプでサイドテーブルとして活躍してくれそうです。

【GRID テーブル】
●使用サイズ:幅460X奥行125X高さ85mm
●収納サイズ:幅460X奥行125X高さ32mm
●重量:315g
●材質:天板/アルミニウム、スタンド/ステンレス
●価格:2,800円(税別)

製品の詳細はこちら

②GRID ハードケース

出典:SOTO
2つ目は、ハードタイプの収納ケース「GRIDハードケース」。「レギュレーター2バーナーGRID」には、ソフトタイプの収納ケースが付属していますが、より快適さを求めるならこちら!

出典:SOTO

EVA樹脂のケースが、車揺れの衝撃からバーナーを守ってくれます。燃料となるCB缶2本と先ほど紹介した「GRID テーブル」も一緒に収納することができるので、持ち運びも楽々。

【GRIDハードケース】
●サイズ:幅530X奥行130X高さ290mm
●重量:0.95g
●材質:EVA樹脂、ナイロン
●価格:7,500円(税別)

製品の詳細はこちら

③GRIDグリルS

出典:SOTO
美味しく食材を調理するなら「GRIDグリルS」も使用してみてはいかがでしょう。スチール素材のプレートは、焦げ付きにくい厚さ3.2mm!

出典:SOTO

ステンレスのふた付きで、しっかりと芯まで熱を通してくれます。「レギュレーター2バーナーGRID」と一緒に使用しても、スタイリッシュさを損なわない美しいデザインです。オプションも合わせて「GRIDシリーズ」は、2月下旬発売予定です。

【GRIDグリルS】
●サイズ:幅270X奥行258X高さ47mm、厚み3.2mm
●重量:2.6kg
●材質:本体/スチール、フタ/ステンレス
●価格:5,500円(税別)

製品の詳細はこちら

待望の新製品!「ストームブレイカー」も3月1日に発売予定

出典:SOTO

4年前から発売されるとささやかれ続けていたSOTO渾身の新作「ストームブレイカー」が、いよいよ2018年3月1日に発売予定! まるで新しい歴史を刻むかのような革新的なアイテムです。

出典:SOTO

その革新的なポイントはなんと言っても、ガソリンとガス(OD缶)両方の燃料を使えるという点。

出典:SOTO

燃料を使い分ける際にノズルの交換は不要、また点火の際の面倒な予熱作業も必要ありません。

 出典:SOTO

耐風性にも優れており、火口部分はすり鉢状にせり上がっている形状です。

さらに火口数は300個と圧倒的に多く、火足の短い炎とその形状で風の影響を受けにくくなっています。このスペックを活かせるように1年中アウトドアを楽しみたいですね。

【ストームブレイカー】
●使用時・本体のみサイズ:幅150X奥行130X高さ90mm
●収納時サイズ:幅65X奥行65X高さ90mm
●ゴトク径:ゴトク外径 φ170mm
●重量:220g(本体のみ) 合計443g(本体:220g、ガスバルブ:53g、ポンプ:170g)
●発熱量:3.5kW(3,000kcal/h)※気温25℃無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出。
●使用時間:約0.8時間(SOD-725T 1本使用時)約1.6時間(自動車用レギュラーガソリン480ml使用時)※気温25℃無風状態で点火後から30分間の燃焼データより算出。
●使用燃焼:SOTO製品専用容器(ボンベ)、自動車用レギュラーガソリン、ホワイトガソリン
●材質:バーナー・器具栓つまみ/ステンレス、点火スイッチ/樹脂
●付属品:収納ポーチ、バーナーベース、メンテナンスキット
●価格:21,000円(税別)

製品の詳細はこちら

組み合わせ次第でギアが変化!「サーモスタック」

出典:SOTO
多彩な組み合わせを楽しめる「クッカーコンボ」も新登場! こちらはパーツの組み合わせにより「シングルウォールマグ」または「ダブルウォールマグ」としても使用できる優れもの。

出典:SOTO

セット内容はご覧のとおり。こちらの便利な使用方の一例をご紹介します。

出典:SOTO

まずマグ400でお湯を沸かし、マグ350にコーヒードリッパーをセットします。お湯が沸いたらマグ400にマグリッドをオン。

次は、お湯をドリップしていきます。 マグリッドを使えば写真左のように、まるでケトルを使用しているかのようにお湯を注げます。

出典:SOTO

ドリップが完了したら、マグ350をマグ400に重ねます。こうすることでダブルウォール構造が完成し、マグを持っても手に熱が伝わりにくく、中の飲み物を保温してくれます。

もしコーヒーが冷めてしまったら、マグ350を取り出し、再度火にかけて温めなおせばOK。いつでもベストな状態でホッと一息タイムを演出してくれます。

【サーモスタック】
●サイズ:直径86x高さ110mm(本体収納サイズ)
●5点セット総重量:182g
●価格:6,000円(税別)

製品の詳細はこちら

 

クッカーとして最強の組み合わせ!?「サーモスタックコンボ」

出典:SOTO
さらに「サーモスタック」に750mlの大型マグとジョイント、マグリッド、コジー(保温・収納ケース)がプラスされた「サーモスタッククッカーコンボ」も登場!
出典:SOTO
パーツが加わることにより、さらに広がる使用方法をご紹介します。
出典:SOTO

750mlの大型マグはクッカーとしても活躍! お湯を沸かし、ラーメンを作ればそのまま食器代わりに。

「熱くて持てないのでは…?」なんて心配も、コジー(保温・収納ケース)がカバーしてくれるので安心。

出典:SOTO

さらに収納ケースとして使用する際は、シングルバーナーの燃料として使用することの多い105gのOD缶も一緒に入れることが可能です。

携行性に優れたサーモスタックシリーズを、使用シーンに合わせて持ち運びましょう! 「サーモスタック」シリーズは2月下旬発売予定です。

【サーモスタックコンボ】
●外形寸法:直径105x高さ125mm(本体収納サイズ)
●8点セット総重量:182g
●価格:8,000円(税別)

製品の詳細はこちら

※製品の仕様は予告無く変更になる場合があります。予めご了承ください。

CAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

Source: CAMP HACK

2018年ヒット予想ワードの「低温調理」をエミールで試してみました

記事中画像撮影:筆者

低温でじっくり加熱するとおいしくなるって本当?

2018年にヒット間違いなしと言われている「低温調理器具」。鍋の中の水を60〜80℃にキープできる家電で、食材を低温でじっくり加熱できるというものです。

高温で加熱するとタンパク質が変性して肉が硬くなってしまい、しかも、うまみを含んだ水分も抜け出てしまうんですが、この温度が68℃以上。つまり、68℃以下の低温でじっくり火を通せば肉はしっとり仕上がるんですね。

そんな魅惑の調理法なんですが、一定の温度をキープするというのが非常に難しい!

今一番「低温調理器具」に近いキャンプ道具は・・・

ところで、一定の温度をキープする……というキーワードにピンときませんか? ほったらかし調理ができるSOTOの「エミール」です。

SOTO/エミール(9980円+税)

遊びながら調理ができるダッチオーブンのケースです。保温だけでなく、保冷材を入れて冷たいデザートを作るなんてこともできる優れもの。



SOTOのステンレスダッチオーブン10インチ専用設計でピッタリフィット。断熱効果抜群なので、加熱したダッチオーブンを入れると温度低下がゆるやかに進みます。





汚れがつきにくいナイロン製で、底は二重。さらにベルトが通っているため、食材を入れた重い鍋を入れてもヘタることはありません。

ITEM

SOTO ステンレスダッチオーブン 10インチ ST-910
●本体サイズ:幅35×奥行28×高さ16cm
●重量:5.2kg
●材質:ステンレス(底網:ステンレス)
●満水容量:5.2L
●サイズ:内径25.9×深さ11.5cm
ITEM

SOTO ダッチオーブン保温調理器 eMEAL(エミール) ST-920
●本体サイズ:幅38×奥行38×高さ25cm
●本体重量:1.375kg
●材質:内側保温材=EPP(耐熱温度120度)、外側カバー=ナイロン

今回は、このエミールを使って低温調理ができるのか、そしてそれはちゃんとおいしいのか、実際に試してみました。

ビーフとチキンの低温調理に挑戦してみた

肉のパサつきを押さえて、しっとり仕上がる……低温調理の魅力がはっきりわかるのが鶏胸肉や牛肉の赤身です。一方で、手作り鶏ハムで体調を崩す人がいるという報告があるように、注意が必要でもあります。

そこで、エミールで低温調理ができるか、と同時に、安全な調理ができるのかも検証してみました。

1. ビニール袋に入れて真空に似た状態に



クーラーボックスから取り出し、1時間ほど日影において芯まで常温になった肉を使います。厚みのある鶏肉の場合、中央に包丁を入れて開いておくと均一に熱が入ります。

肉の表面に塩をすり込み、ビニール袋へ。水の中に沈めながらビニール袋の中の空気を抜き、真空に似た状態になるんです。



赤身肉のローストビーフ作りでは、形を整えたいので塩をすり込み、ラップでピッチリ包んでからビニール袋に入れて簡易真空状態にします。こちらも常温に戻した肉を使います。

2. 85〜90℃の湯に食材を漬けてエミールへ



最初に、エミールで湯を保管して温度変化を計測すると、90分で20℃ほど低下しました。

「肉の中心温度が40〜55℃が一番菌が活発になる」こと、そして、「鶏肉に付着しているカンピロバクターは中心部75℃で1分以上加熱して殺菌できる」ことを考慮し、ステンレスダッチオーブンの湯は85℃まで加熱してから保温調理スタート。

3. 1〜2時間、ほったらかし



エミールに入れて鶏肉は2時間、ローストビーフは1時間。45分ごとに温度を測り、75℃を下回ったら80℃まで加熱しました。



2時間後に清潔な温度計を差して、肉の中心部が75℃になっていることを確認。温度計がない場合は、肉の色が白く変わっているかどうかを目安にします。

4. 調理後はすぐに取り出して



そのまま放置しておくと雑菌が繁殖しやすい40〜55℃まで低下してしまうので、火が通ったらすぐに取り出します。

鶏肉を切り分けると、肉の色は白く熱が通っていることがわかります。しかも、しっとりしていて、パサつきはありません。棒々鶏やピリ辛のソースと相性抜群。



ローストビーフの場合は、最後にダッチオーブンで炒めて表面に焼き目を付けます。袋に残った肉汁は、ワインとバルサミコを加えてソースに。無駄なく使えるのがうれしいですね。



中心はロゼ。ジューシーなローストビーフになりました。牛肉も鶏肉もしっかり火がとおっており、なのに柔らかい絶妙な仕上がりに。これだけでも充分においしいのですが、パンチを追加するためにニンニクのソースも一緒に作ってみました。

是非一緒に作ってみてほしいニンニクのソース

肉といっしょに、オイル漬けのニンニクを加熱すればソースもいっしょに作れます。



耐熱瓶に皮をむいたニンニクとオリーブオイル、塩を入れてアルミホイルをかぶせてふたをします。



肉を入れたビニール袋の脇に、ニンニクを入れた瓶をダッチオーブンに入れて保温。



ニンニクがまだ少し硬かったので、肉のみ取り出して、ニンニクは再度90℃に加熱して60分放置。色が変わり、いい香りがします。





ニンニクはフォークで軽くつぶせるくらい軟らか。これをソースとともにローストビーフにつけて食べると感激のおいしさ……! ニンニクは野菜やパン、パスタとも相性がいいので、たっぷり作って保存してもいいですね。

エミールでの低温調理のポイント

45分〜1時間ごとに温度を確認すること。また、芯まで火が通ったらそのままにせず、なるべく早く食べることがおいしさと安全の両立につながります。

キャンプで低温調理に挑戦してみては?

一度熱せばその後1~2時間はほったらかしに調理ができる低温調理。火の番をしなくてもいいのでキッチンから離れることもできます。この恩恵はファミリーキャンプなどでとてもありがたい時間になりそうです。

電気で一定温度に管理できる低温調理器具とまったく同じというわけにはいきませんが、エミールでも充分低温調理は可能ですし、このおいしさはやみつき必至ですよ。

SOTO「eMEAL (エミール) ST-920」

公式サイトはこちら

大森弘恵の他の記事はこちら

Source: CAMP HACK