sponsored

アウトドアの世界に迷い込む。セレクトショップ『UNBY』のおすすめはコレ!

裏原に漂うアーバンアウトドア

dsc08629

多くのファッショニスタで賑わうストリートの代表格・裏原宿。その一角に店を構える、アーバンアウトドアなセレクトショップ「UNBY GENERAL GOODS STORE(アンバイ ジェネラルグッズストア)」(以下UNBY)。周辺のアパレルショップとはひと味違い、コワザの効いた店内ディスプレイと独特なセレクトアイテムで話題を呼んでいます。そこで今回、UNBYの魅力を紐解きつつ、おすすめアイテムをご紹介していきます。

アウトドア好きをワクワクさせる秘密

グリーンがひと際映えるエントランスをくぐると、そこはアーバンアウトドアな世界。さっきまでの喧騒が嘘のような、なんだか心がほっとする空間が広がっていました。店の奥へ足を進めていくと、意外や意外、開放的な中庭まで……!

この絶妙な居心地のよさを作り上げているものは何なのか、店員さんに話を聞いてみました。

dsc08657
「気軽に声をかけてくれたら嬉しい」と話す店長のやたがいさん

レイアウトにこだわりアリ

――壁一面の有孔ボード、じつにユニークなレイアウトですね。

dsc08586

この壁には、鞄、洋服、小物などをディスプレイしていますが、実はこれ、鞄と鞄の中身を合わせてトータルで提案しているんです。鞄に似合うようなグッズや遊びをイメージしていて、スケートボードやサーフィン用のウェットスーツを一緒に展示してみたり、ステーショナリーも加えてみたり。これらの鞄に興味を持ってくれた人が、ここで新しい趣味を見つけられるようなアイテムにも出会ってもらえたらいいなって。

――中庭には驚きました。裏原の一等地、しかも店内にこんな空間があるなんて!

dsc08674

冬は店内が寒くなってしまうので暖かい季節限定にはなってしまうのですが、フィールドに見立てて開放しています。UNBYはもともと鞄ブランドですが、鞄からはじまる新しいスタイルも提案していきたいんです。それに、楽しいスペースは心も躍りますからね。

UNBYの世界観を醸成する、オツなセレクトアイテムの数々

――アイテムのセレクト基準は何ですか?

良いものと悪いものを知らないと、いい塩梅、いわゆるいいバランスのアイテムが分からないと思うんです。しっかり作られているけど、コストパフォーマンスがよくて、なおかつデザインもいい。セレクトする時は、そのバランスを重視してます。

dsc08745
ナンガの「焚き火ジャケット」。表地は火の粉に強く、中には国産のダウンを封入しているので保温性もバッチリ。寒空の下の焚き火でも頼りになる(¥46,200+tax)

――結構マニアックなアウトドアブランドが多いですね。鞄やアパレルショップではお目にかかれないような。しかも、見た目や機能の割に良心的な価格も目につきます。

いいモノが高いのは当たり前みたいな風潮がありますが、でもそうじゃなくて、値段も頑張ってるし、モノもいいし、自分たちもこの値段でこのスペックだったらいいですよってお客さんに自信を持っておすすめできるアイテムのセレクトをすごく考えていて。

本当に「いい!」と思ったものを、長く売っていきたい。ここに並んでいるアイテムたちこそ、いい“塩梅”なんです。鞄も人も、中身が大事。これがUNBYのコンセプト。そんな価値観をお客さんと共有できたらいいな、と思っています。アウトドアアイテムも量販店にないようなアイテムがイメージで、探したり並べたりしています。

dsc08716
コンパクトに収納できる組み立て式の薪ストーブ、ペトロマックス「ロキ」。使い勝手がよく、スタイリッシュなルックスはインテリアとしても優等生(¥39,000+tax)
dsc08689
キャンプ道具の荷運びや、火の番をするときに役立つキンコの「スキーグローブ」。レザーで防水性も高いのに、コスパよし!な万能選手。自転車やバイク乗りにも◎(¥5,800+tax)

「AS2OV」のアウトドアに持って行きたいラインナップ5選

ショップを手掛ける会社UNBYの鞄ブランド「AS2OV」も店内にラインナップ。デザインよし、機能よし、コスパよし!の三拍子そろったAS2OVの鞄は、アウトドアにも持って行けるモデルが多数。ということで、アウトドアでも使えるおすすすめを教えてもらいました!

おすすめ① ATTACHMENT BACK PACK

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


(¥28,000+tax 別売りスエードポーチ¥4,500+tax)

AS2OVのフラッグシップというべきモデル。フロント部分には別売りのアタッチメントポーチを取り付けられ、季節やファッションに合わせて表情の変化を楽しむことができます。随所にあしらわれたレザーが、スタイリッシュさをさらに格上げ。使えば使うほどに味が出ていく経年変化もまた魅力的で、このクラシカルなルックスを引き立てます。収納力があり、何かと荷物が多いアウトドアシーンでも活躍してくれます。

おすすめ② WATER PROOF CORDURA 305D DAY PACK

dsc08780
(¥32,000+tax)

AS2OVオリジナルの3レイヤード機能生地「UNBY-TEX(アンバイテックス)」を使用したデイパックモデル。

防水バッグというと、ターポリン生地特有のつるっとした質感だったりと、少々重たくなったりしますがそれをまったく感じない仕上がりになっています。オリジナルのコーデュラポリエステルとトリコットナイロンの間にL-VENTフィルム(透湿防水素材)をラミネートしてこの軽量を実現しているそうです!

防水素材から自社で作ったというこだわりよう! これ、やろうと思ってもなかなかできることじゃありません。それを実現しちゃうあたり、モノ作りに対する本気度を感じます。さらに、ポケットの多いウエストベルトは取り外せる仕様で、ワンショルダーバッグのように単体使用もOK。全天候型で、いつどんな時も安心して連れ出せるバックパックです。

おすすめ③ CORDURA DOBBY 305D BACK PACK

dsc08805
(¥28,000+tax)

上品な光沢感の出るドビー織りで仕立て、きちっとした場でも浮かないクールなテイスト。街中を抜けてからフィールドへ移動するようなシーンでも便利です。

一見シンプルなデザインですが、ポケット多数で収納力も申し分なし。アシンメトリーに配置された携帯ポケットとウエストポケットなどの機能性も。ショルダー部分と背面がしっかり作られているので、ショルダーとウエストベルトがしっかり作られているので、重たい荷物も問題なし。長い距離でも快適に背負えます。カジュアル、ストリート、モードなど多様なテイストに似合うモデル。

おすすめ④ SUEDE SACOCHE

dsc08798
(¥12,000+tax)

最近、街でもアウトドアでもトレンドアイテムのサコッシュ。ですが、これはよくあるサコッシュとはひと味もふた味も違います。その理由は、カジュアルすぎない上質なスエード素材と、防水加工を施している点。

雨が降りそうな野外フェスやキャンプでも気兼ねなく使え、ちょっとした外出、なにかと荷物の多い旅先でも重宝します。深めの設計なので、長財布もすんなり。本体、止水ファスナー、ショルダーを同色で仕立てたところも秀逸すぎます。

おすすめ⑤ CORDURA SPAN 600D 2WAY BAG

dsc08816

(¥14,000+tax)

新しい技術で昔のコーデュラナイロンのビンテージ感を表現したという、コワザの効いたコーデュラスパンシリーズ。ハイテク機能を施しながらもローテクに見える独特の素材感、織物ならではのムラ感を楽しめます。

右サイドにはパスカードポケットがデザインされていて、そこにパスモを入れておけばガサゴソしなくてもスマートに改札をスルーできます。男女問わずに使いやすい、トートとバックパックの2WAY仕様。持ち手のレザーもアクセントで、馴染んで持ちやすくなるところも◎です。

街とアウトドアをボーダレスに

dsc08835

インダストリアルな無骨さを感じる店内とは裏腹に、スタッフのみなさんはとてもアットホーム。いつの間にか、アイテムの選び方から買い物の悩みのアドバイスまでもらっちゃいました。

帰る頃には「次いつ行こう?」と思ってしまったくらい、UNBYにはなんだか不思議な安心感があります。足繫く通うファンがいるのも頷けますね。UNBYに行けば、きっと面白い何かに出会える。街とアウトドアの交差点のような、いい”塩梅”なお店が裏原宿にはありました。

【店舗情報】

slider image

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}



UNBY GENERAL GOODS STORE TOKYO
東京都渋谷区神宮前3-18-2303-6328-0577
11:00~20:00(不定休)
*原宿ほか、大阪・名古屋に店舗展開あり

UNBY GENERAL GOODS STOREのHPをまずはチェック!

記事では紹介しきれなかったスタイルの提案やアイテム情報が多数掲載されています! アウトドア好き必見のショップ、UNBYのHPをチェックしてみてください。

Sponsored by アンバイ株式会社

Source: CAMP HACK

車中泊キャンプしてみてわかった!ハイエース“リラクベース”快適さまとめ

※11月22日発売の新型ハイエースとは一部仕様が異なります。詳しくは編集部後記をご覧ください

ハイエース“リラクベース”で車中泊ファミリーキャンプへ!

_g1a7931_m

写真に撮りたくなるような、スタイリッシュなデザインのハイエース“リラクベース”(以下、“リラクベース”と記載)で車中泊にチャレンジしてもらうのは、人気インスタグラマー松尾真理子さんファミリーです。

普段はテント泊が主体で、オリジナリティー溢れるナチュラル系家具や小物などで構成される真理子さんのキャンプサイトですが、今回はいつもと趣向を変えて、ギアのセレクトは比較的ライトに。「“リラクベース”で車中泊をしたらどんなスタイルになるのか」をリアルに体験してもらいました。

松尾真理子さんのプロフィール

Instagramアカウント名:@marimari8208
2015年の夏にキャンプをはじめて以来、一年中キャンプを楽しむアウトドアの達人。そのキャンプスタイルは移動式の別荘さながらで、キャンプフィールドにいながらオシャレなカフェの部屋にいるかのような空間作りは、いつ見ても圧巻。フォロワーたちの憧れの的。

アウトドアインストラクターから、車中泊をもっと快適にするテクを学ぶ

_g1a7956_m

真理子さんファミリーは車中泊慣れしていないとのことで、車中泊をより快適にしたり自分好みのレイアウトにするコツを、アウトドアインストラクターとしても活躍する河合桂馬さんに教えてもらいました!

河合桂馬さんプロフィール

_g1a7891_m

野外選曲家(DJ)、はたまたMCとして、さまざまなアウトドアイベントに出演。愛車のハイエースで車中泊をしながら日本全国を渡り歩く。オシャレと快適性を追求するシンプルなキャンプスタイルをモットーとし、車内空間のカスタムを着々と進めているところ。

車中泊って、「寝るだけ」にポイントを絞れば大抵の車ではそれが可能です。けれど快適性をとことん追求するなら、ベッドやラゲッジスペースは断然広いほうがいい。そこで今回の“リラクベース”のような、スクエアで広い空間を持つ車を選ぶことが重要になるんです。

車中泊を快適にするコツは3ポイント

車中泊で快適に過ごすポイントは、
① 足を伸ばせてフルフラットになるか
② 荷物を置くスペースが十分にあるか
③ 窓に目隠しができるか
の3点を重点的に意識することです。

“リラクベース”の室内を使って、ポイントをチェックしていきましょう。

_g1a7945_m

車中泊をする上でもっとも重要なのは、寝心地に直結する「シートがフルフラットになるか」。室内高が十分高いハイエースは、ラゲッジスペースの床をベッドスペースにするのもいいのですが、それだと頭上空間がけっこう余ってしまいます。そこで活用したいアイデアがベッドスペースの底上げです。

ハイエースに乗っているキャンパーはDIYで底上げをしている方も多いですよね。この“リラクベース”はオプションの「ベッドキット」を付ければ、速攻でベッド展開が可能です。こうすることで、ベッド下には大容量の荷物置きスペースも確保! これは車中泊キャンパーにとって、かなり実用的ですね。就寝時のベッドの高さは窓と高さが合っているから、窓に目隠しを施す作業も楽に行えます。

と教えてくれた河合さん。また、寝る際は窓を隠すことでプライベート感を確保できるのでおすすめだそう。ぜひ試してみては?

自分好みにレイアウトをするコツとは?

_g1a7996_m

快適にするだけでなく自分の好きなアイテムを使ったり、車中泊でもレイアウトしたい、という方も多いはず。では、車中泊ではどのように自分好みのスタイルを表現すればいいのでしょうか?

キャンプをやっていると、どうしてもセレクトはアウトドアギアに偏りがちです。僕の場合、車中泊の車内には自宅にいるかのようなインテリアのテイストを取り入れるようにしています。就寝もキャンプ用の寝袋やマットレスではなく、家庭用のベッドマット、そして毛布や布団でベッドスペースを作ります。このスタイルならどんなときでもグッスリ眠れて、翌朝目覚めると、「あれ? そういえばキャンプに来ているんだった」と、自宅で眠っていたかのような感覚になることも(笑)。

車中泊をすることで、生まれるメリットがあった!

普段はテント泊が多い真理子さんファミリー。しかし、今回車中泊にチャレンジしたことで、新たな気づきがあったんだとか! 家族を代表して、真理子さんにお話ししてもらいました。

アクティビティアイテムも余裕で積載できる!

_g1a7826_m

テントがない分ラゲッジスペースに余裕が生まれたことで、キャンプだけでなくアクティビティアイテムも積載できる余裕が生まれました。ベッドキットのマット部分を半分にすることで、荷物の形状に合ったラゲッジスペースのアレンジができますね。車中泊キャンプなら、アクティビティにもチャレンジできるのは魅力的です!

料理の時間や家族団らんの時間が増える

_g1a8136_m

車中泊にすることで寝室であるテントの設営、そして就寝スペースをセットする手間が丸ごとなくなりますよね。それだけでも大幅な時短になりました。家族で料理をしたり遊んだりと、よりアウトドアで過ごす時間や体力に余裕が生まれます。登山をすることも多いので、そういったアクティビティと絡めるキャンプスタイルにも車中泊はうってつけですね。

テント泊とはまた違った快適な寝心地のよさに感動

_g1a8157_m

室内幅を有効に使ったベッドキットは3人で眠るのにちょうどいい幅ですし、家庭用のクッション性が高いマットレスとフワフワの布団のおかげでグッスリと眠れます。テント泊も大好きですが、こんなに手軽で快適に過ごせる車中泊スタイルも、これからはシーンに応じてぜひ、活用していきたいと思います!

車中泊をするならやっぱりハイエース

_g1a7939_m

この“リラクベース”はレトロな外観で、性別に関係なく愛されるデザインのため、それだけでキャンプに出かけたくなる雰囲気ですね。また今までは積載量の多さに魅力の大半を感じていましたが、車中泊の考えを取り入れることで、キャンプにゆとりが生まれ、楽しみの幅が広がることがわかりました。今回の体験で、もっとハイエースのことが好きになりました!

と笑顔で語ってくれた真理子さん。今後、インスタグラムでハイエースでの車中泊写真が見れるかも!?

編集部後記

キャンプでの車選びのポイントは積載量の多さが重要ですが、それ以外の「プラスα」の機能も押さえておきたいですよね。

実は今回ご紹介した50周年コンプリートカー“リラクベース”だけでなく、先進安全機能を標準搭載した新しいハイエースも登場しています。

20171122_01_01_s

新型ハイエースは1tキャブワゴンの中でもトップクラスの積載量を持ち、車高が高いので視認性も高く運転がしやすいのはもちろんですが、車両や歩行者を検知する(※1・2)「Toyota Safety Sense P(衝突回避支援パッケージ)」が標準搭載され、安全にも配慮しています。

この機会に、ハイエースのラインナップをチェックしてみてはいかがでしょう。きっと、今までのハイエースに対するイメージが一変するはずですよ。

※1:レーダークルーズコントロールは装備に含まれておりません
安全運転を支援する装置はあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください
※2:撮影車両のハイエース“リラクベース”には安全装備「Toyota Safety Sense P」は装備されていません
■安全装備の各機能には速度や対象物、天候等に一定の作動条件があります。道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱説明書をご覧いただくか、販売店スタッフにおたずねください。

気になった方は、まずはオフィシャルサイトをチェック!

ハイエース見積りシミュレーションはこちら

ハイエースのブランドサイトを見る

ハイエース“リラクベース”の情報をもっと見る

 

Sponsored by トヨタ自動車株式会社

Source: CAMP HACK

プリムスの焚き火台KAMOTOがイチ押し!使い勝手のいい4つのこと

プリムスの焚き火台「KAMOTO(カモト)オープンファイアピット」に注目!

2017-11-30_0052_1

KAMOTO オープンファイアピットS(以下、KAMOTO)は、昨年2016年末に発売したプリムスの焚き火台。プリムスには「キャンプファイアシリーズ」というキャンプ向けのアイテムがあるのですが、KAMOTOはその中の一つ。

エックス字に開脚する美しいデザインが特徴で、付属のグリルを使えばこの上で調理をすることもできます。これほどバランスの取れた焚き火台はそう簡単にお目にかかれないでしょう。それではKAMOTOの魅力とレビューをご紹介!

KAMOTOを組み立ててわかった4つの魅力

KAMOTOの良さとは? 実際に組み立てて分析しました。

魅力その①「収納サイズが小さい!そして持ち運びがラクラク」

2017-11-30_0075_1

収納サイズは、編集部が実際に使ったSサイズが縦38×横52×高さ6cmで、Lサイズが縦47×横65×高さ7cm。特筆すべき点は「薄さ」です。ほかのメーカーの焚き火台は収納サイズの薄さがおおむね10〜20cmが多いのに比べ、KAMOTOは10cmを下回る薄さ!

積載の隅に置けたり、ちょっとしたすき間に突っ込めるなど、収納に大助かりです。

2017-11-30_0069_1

本体に指が通せる持ち手があるので、持ち運びがラクチン。KAMOTOは、女性でも容易に持つことが可能です。キャリーバッグが別売りでありますが、これだけでも充分に持っていけますね!

魅力その②「何といっても燃焼効率がイイ!」

2017-11-30_0043_1

気になる燃焼効率の肝となる部分を拝見。台には三角形状の空気取込孔が列状についています。両サイドに「ウィンドシールド」という風防板がついていて、燃焼に必要な酸素を送るためにパタパタと扇いでも灰が舞い散ることなく空気をうまく取り込んでくれる構造になっているのです。

2017-11-30_0103_1

さらに、空気取込孔付きのボトムプレートも付いており、炭や薪を安定して設置することも可能です。無数の空気取込孔にウィンドシールド、そしてボトムプレートと、燃焼効率に徹底した設計がKAMOTOの真骨頂!

魅力その③「本体と一体になっている便利な灰受け」

2017-11-30_0135_1

そのほかに、KAMOTOはなおざりにされがちな灰受けを本体と一体にしています。台の下に抜けがちな灰を、上の写真の通りしっかりと受け止めてくれます。捨てるときには、本体ごと灰捨て場に持っていっても良いですが、灰を冷ましてちり取などで持っていく方法もアリ。とても助かりますね。

魅力その④「キャンプサイトにマッチするデザイン」

2017-11-30_0037b

ブラックのスチールボディにシルバーのステンレスピット。このシンプルなカラーリングは、男前ギアのサイトから北欧風サイトまで、どんなサイトにもマッチします。今回合わせたのは、同じプリムスのキャンプファイアシリーズのオンジャツーバーナーとステンレスポットシリーズ。

同じキャンプファイアシリーズと組み合わせると、シンプルで洗練された雰囲気に。抜群に写真映えするサイトになりますよ!

KAMOTOで焚き火をしてみた感想は?

2017-11-30_0114_1

実際に、このKAMOTOを使ってみた感想を各編集部員に聞いてみました。

ギザギザの五徳を左右に割れば本体がオープンするので、組み立てがとても簡単。収納時には、ウィンドシールドもボトムプレートも中にしまえるので、コンパクトに持ち運べて便利だと感じました。

とにかく薪に着火するのが早い! 着火剤に火をつけたらすぐに針葉樹の薪に火がついて、そのあとものの数分で広葉樹の薪に火がつきました。いち早く焚き火の火に当たりたいときには嬉しいですね。

高さがちょうど良いです。チェアに座ってKAMOTOの火に当たっていたのですが、着席時の膝の位置と焚き火の位置が同じくらいなので、前のめりになる必要がなく、自然な姿勢で火に当たることができました。

KAMOTO オープンファイアピットSの詳細はこちら

KAMOTOは料理が捗って仕方がない!

焚き火台を調理の火元としたいキャンパーさんも多いはず。KAMOTOを使って、実際に料理を作ってみました。

炭火とグリルを使って定番のバーベキュー

2017-11-30_0239_1

炭と付属のグリルで、焚き火料理の定番・バーベキューを敢行。高い燃焼効率のおかげで、3〜4cmほどもある分厚いステーキがすぐに焼けてしまいました。しかも、中はミディアムレアという理想の仕上がり!

クッカー・フライパンでキャンプ飯

2017-11-30_0149_1

今回使用したSサイズは、縦38×横45cmの広さがあり、プリムスの「CFフライパンL」と「CFステンレス ポット」がグリルの上に一緒に置くことができます。フライパンでグリルしながら隣でスープを作ることができ、効率的に料理することができました。

オプション「オープンファイアパン」で豪快に調理

2017-11-30_0185_1

KAMOTOの五徳にピッタリ収まる同シリーズのオプション商品「オープンファイアパンS」を使って「スウェーデン式」のバーベキューもチャレンジしてみました。

オープンファイアパンSの脚をとって装着し、その上で火の通りにくいごろごろ野菜や肉を調理。熱伝導率の高いアルミとステンレスの組み合わせの素材を使用していることもあり、じんわりと中まで火が通り、しかも焦げ付かない程度のちょうどいい火加減でした。

ちなみに、もしこのオープンファイアパンで調理をするなら、こちらもオプションのヘラ「オープンファイアスパチュラ」を使うのがオススメ。多めの食材でもひっくり返しやすくなります。

デザイン良し、使い勝手良しのKAMOTOを見逃すな!

2017-11-30_0289_1

シンプルなカラーリングに高い燃焼効率、そして灰受けが一体となったデザイン。KAMOTOとそのほかクッカーやファイアパンなど、キャンプファイアシリーズを一緒に使えば、統一感あるサイトを作り出せますね。

調理も気軽にできて、しかも収納も抜群! 文句のつけどころがないKAMOTOは、焚き火の相棒になること間違いなし。焚き火台を探している人は、KAMOTOは買いですよ!

KAMOTO オープンファイアピットSの詳細はこちら プリムス・キャンプファイアシリーズの詳細はこちら

撮影協力/昭和の森フォレストレッジ

Sponsored by イワタニ・プリムス

Source: CAMP HACK

キャンピングカーを使ってわかった!初心者にはネットが必要と感じた4つのこと

誰もが憧れるキャンピングカーが初心者でも乗れる時代に!

074a0260_1

「キャンピングカーはキャンプ玄人の嗜み」と思っている人も多いのでは? たしかに、キャンピングカーは熟練キャンパーが利用しているイメージが強いですが、最近ではそうでないようです。

その理由は、レンタルサービスが次々に登場しているため。キャンピングカーを購入するには数百万円もかかるうえに維持費も高額。しかし、レンタカーなら必要最小限のコストに抑えられます。また、大きなテントを用意する必要がないので、ファミリーや大人数のキャンプにはとても助かるサービスなのです。

調べておくべき!キャンプ場の選び方

074a0250_1

キャンピングカーを借りられたら、それだけでキャンプが楽しめるのでしょうか? 答えは、×。キャンプ初心者にとって、”キャンプ場選び”はとても重要。なぜなら、家族や友人の中には清潔さを求めていたり、お風呂に入りたいと思ったりする人がいるからです。最近ではキャンプ場のHPも充実しており、インターネットで検索すれば欲しい情報が手に入ります。

それではまず、検索するときにチェックしたい、初心者向けのキャンプ場選びのポイントをご紹介します。

施設が清潔か

施設があまりに汚れていたり、老朽化が進んでいたりすると、利用したいとは思いにくいですよね。特に、トイレや炊事場が清潔かどうかは事前に確認しておきたいポイント。

風呂付きか

温泉施設が近くにない場合は、キャンプ場内にお風呂施設があるかどうか確認しましょう。時にはキャンプ場に温泉が付いていたり、シャワー施設のみ付帯している場所もあります。

売店・レンタルの品揃えが充実しているか

「あ、スーパーで買い忘れた!」「どうしよう……」なんて会話、玄人キャンパーさんでもたまにあるもの。薪や火をつける道具を買い忘れたとき、売店があると便利ですよね。また、もしも必要な道具を家に忘れたとき、レンタルが充実していると大変助かります。

オートキャンプスペースがあるか

オートキャンプスペースとは、車をサイトに横付けしてキャンプができるスペースのこと。キャンプ場によっては、サイトが小さくキャンピングカーが利用しづらいところもあります。キャンピングカーが利用できる広さがあるか、事前に確認しておきましょう。

インターネットがつながるか

ここが特に見落としがちなところ。この後に詳しくご紹介しますが、圏外の場所だと何かと不便なことが多いんです。インターネットがつながる場所かどうか、事前確認が吉!

実際、インターネットがキャンプ場でつながるとどんな楽しいことがあるのか、ご紹介していきましょう!

①周辺施設やアクティビティを楽しむ

074a0078

キャンプ初心者にとって、設営は意外と時間がかかってしまいます。初めて使う道具を組み立てたり、人数分の道具を用意しなくてはならなかったり……。車中泊であれば、設営時間が短縮できるうえに、周辺施設やキャンプ場が提供しているアスレチックなどのアクティビティ施設を利用できる時間が作れます。

事前にチェックすることもできますが、ときにその場で調べる必要がでる場合も。そんなときに、インターネットにすぐつながるところだと大助かり! 安心して遊ぶことができますね。

②焚き火や調理も意外に時間がかかる?

074a0207_1

キャンプの醍醐味といえば、焚き火と外で食べる料理。アクティビティを存分に楽しんでサイトに戻ってきたら、早速焚き火料理に挑戦! じつは、慣れていないと最初の焚き付けの段階で時間を取られることがあるんです。暗くなる前にすべてを終わらせらるように、動画を参考にしてみてくださいね。

火おこしの手順はこのような流れ。知っていればなんてことはない火おこし。一度手順を動画で確認すれば、もう大丈夫! 念のため、キャンプ場ですぐに見られるようにしておけばさらに安心ですね。

<用意する道具>
焚き火台
着火剤
小枝
細薪
太薪

<手順>
1.焚き火台に着火剤を置く
2.着火剤の上に、小枝や燃焼剤などを乗せる
3.細技を井桁(“井”の字型)に組む
4.着火剤に火をつける
5.火がついたら、細技の上に薪を乗せる

外ご飯と言えば、やっぱり豪快なお肉! ということで、ふだんよりちょっと贅沢なお肉を購入して絶品ステーキを作ってみましょう。動画を見れば、簡単に作れますのでぜひチャレンジを!

<用意する道具>
鉄製などの厚手のフライパンor鉄板
アルミホイル

<材料>
・ステーキ肉(2〜3cmほどの厚さ) 1枚
・塩胡椒 適量
・牛脂(なければサラダ油) 小さじ1程度
・蒸したジャガイモ 適量
・クレソン 適量
(A)
・タマネギ 1/2個
・醤油 大さじ2
・みりん 大さじ2
・ニンニクおろし 1cmほど

<作り方>
①タマネギをすりおろしておく。その他付け合わせなどを用意しておく。
②ステーキ肉を常温に戻し(およそ30分)、包丁で筋切りをし、焼く直前に塩胡椒を片面に振る。
④ひっくり返し、30秒ほど強火で焼き目をつけ、弱火で1分焼く。
⑤ホイルで肉を包み5分ほど置く。空いたフライパンにすりおろしたタマネギ(A)の材料を入れて一煮立ちさせる。
⑥お皿に盛ってソースをかけたら完成。

③夜の楽しみ!ナイトシネマに挑戦

074a0143_1

料理を楽しんだ後は、ゆったりとした時間を過ごしてみては? 非日常体験をしたいなら、焚き火を囲んだナイトシネマがオススメ。インターネットがつながれば、その場でダウンロードしてみんながその場で観たい映画をセレクトできますよ!

ただし、音量には気をつけましょう。マナー違反にならない範囲で楽しみましょうね!

④寝る前に雨が降るか確認を

074a0137_1

「山の天気は変わりやすい」と言いますが、念には念を、オートキャンプ場でも雨対策をしておきましょう。雨雲レーダーを利用すれば、雨が降るかどうかリアルタイム情報をチェックできますよ。

その他、風の強さも確認すれば安心して就寝できます。起きたときに荷物が吹き飛ばされていた、なんてことにならないように注意を!

074a0169_1

もし降る可能性があれば、濡らしたくないものをタープか車の中に避難させておけば安心です。風が強くなりそうであれば、荷物が飛ばないように大切なものを車の中に入れるように!

初心者がキャンプを楽しむにはインターネットは必須!

074a0226_1

キャンプ初心者は、設営や準備に時間がかかるうえ、やり方がわからず存分にキャンプを楽しめない、なんてことがあります。キャンピングカーであれば、車中泊なので設営に時間をかける必要がなく、扱い方も簡単!

074a0281_1

また、キャンプ場選びや周辺の観光スポットだったり現地での天候を調べたいときには、ネットへの接続がしっかり”つながる”場所を選ぶことが重要。

NTTドコモでは、都心部でのきめ細かい電波改善に加えてキャンプ場や日本の百名山の登山ルートでの対策など、ユーザー目線でのサービスエリア改善に日々注力しています。これからもキャンプ場でもしっかり”つながる”を目指してNTTドコモは電波の改善を行い、ユーザーに安心・快適なサービスを提供していくようですよ!

docomo

今回、抽選で5名様に総額15万円相当の、冬キャンプを盛り上げるプレゼントキャンペーンをスタート。他のキャリア・回線ユーザーでも応募できますよ! 豪華キャンプアイテムをゲットして冬キャンプに出かけてくださいね!

今日から1月21日(日)までキャンプ場やアウトドアシーンで回線速度を計測、”#タグ”をつけてインスタグラムで知らせてくれるだけ。屋外での電波調査隊の一員となって回線速度を教えてください!

3分で終わる!プレゼントキャンペーン応募方法

supi-do

STEP①:「ドコモスピードテストアプリ」でご自身の回線速度を計測! 今いる場所の回線速度意外にも、ショップ、WiFiスポット、エリア毎の回線速度なども調べることができる便利なアプリです。
※他社キャリア・回線も計測、応募可能
※「電波が入らない」という投稿もOKです。場所とともに投稿お願いします

img_3657

STEP②:1月21日(日)までに「キャンプ場やアウトドアシーンの写真や動画」と一緒に「#ドコモココデモつながり隊」「#camphack〇(←〇に欲しいプレゼント番号)」「downloadの数値」を入れて投稿してください。位置情報や施設名も一緒に投稿すると嬉しいです。読者のみなさんの楽しそうな投稿をお待ちしていますね!
※速度が速い、電波が入らなさそうな場所での撮影で当選確率が上がるということはありません
※違法な場所、崖や山間部など危険地帯での撮影はお控えください

気になるアイテムは5セット!

slider image

slider image

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}

セット①:ナンガ TAKIBI DOWN JACKET チャコール L

焚き火の火の粉が飛んできて、気づかないうちにジャケットに穴が…なんていう悲しい気持ちにはもうさせません。難燃素材を使用した燃えにくく、ナンガ独自の羽毛を使用した寒さしらずの最強ダウンジャケットです。

セット②:スノーピーク 焚火台L 焼網Pro.6点セット

これから焚き火を始めようと思うあなたに! セットには”焚火台Lスターターセット”に加え、”グリルブリッジL””焼アミ Pro.L”付き!これだけで、焚き火だけでなく焚き火料理にもチャレンジできますね。

セット③:CAMP HACK厳選の焚き火6点セット

焚き火台はもう持ってるよ!という方向けに、編集部がこれまで使用してきた焚き火アイテムで、使用感の良かったものを厳選しました。セット内容は”グリップスワニー G-1 L””SOTO フィールドチャッカー””ヴァーゴ ULTIMATE FIRE STARTER(火吹き棒兼ファイヤースターター)””ブッシュクラフト たき火ゴトク L””テンマクデザイン キャンプエプロン カーキ””テンマクデザイン KING Tongs”

セット④:ヘリノックス サンセットチェア レッド

記事でもこっそり登場しているチェア。編集部員でも使用者が多いこのアイテムの特徴は、ヘリノックス独特の軽量さを維持しながらも背もたれがあること。また、座面がチェアワンよりも高いので立ち座りの動作が楽に行えます。

セット⑤:JBL CHARGE3

世界最大級オーディオメーカーのスピーカーを手に入れるチャンス! Bluetooth、防水機能、20時間再生と、アウトドアシーンに必要な機能・性能を搭載しているスピーカーと言えるでしょう。もちろん高音質、アウトドアだけでなく家でも使いたくなること間違いなしですよ!

『ドコモスピードテストアプリ』ダウンロードはこちら

協力:ライジング・フィールド軽井沢

Sponsored by NTTdocomo

Source: CAMP HACK

これがキャンプ最前線!テントサウナにドラム缶風呂で“あ〜いい湯だな”

テントでサウナ、ドラム缶風呂!?キャンプ最前線の1日に密着

2017-10-27_0322_1

キャンプの楽しみといえば、温泉は欠かせないですよね。一方で、最近ではテントサウナなるものが登場。ドラム缶風呂もイメージを一新させる使い方で再注目されています! キャンプも日々進化しているんです。

それではキャンプの最前線に密着した模様をお届けします!

まずはテントやタープを張ってサイトを設営

2017-10-27_0026_1

キャンプ場へ到着して最初にすることは、サイト設営ですよね。いくら涼しくなったシーズンとはいえ、家族でキャンプともなれば大型テントにタープ、テーブルやチェアなど、サイズも量も多いと準備は大変です。

2017-10-27_0040_1

さあ完成! でも、気づいたら全身汗まみれ……。時間が経つと、衣服についた汗が体を冷やして風邪を引くこともありますので、とくにこれからの季節は注意が必要です。

そんなときには、じつは密かに注目を集めているテントサウナやドラム缶風呂を利用してみては?

この斬新な発想の魅力と、体験されたユーザーの声もあわせてお届けします。

大人数でワイワイ楽しめる!テントサウナを体験

2017-10-27_0151_1

サウナの本場はフィンランド。現地の言葉で”蒸し風呂”という意味だそうで、本国では屋内はもちろん、野外でもサウナを楽しんでいる人が多いんだとか。日本でテントサウナが注目されている理由は、水着や衣服を着てテントに入るので、男女混合でも気兼ねなく利用できるため。テントなのでキャンプ場内で利用できるのも魅力です。

難燃性コットンポリウレタンという丈夫な生地を使ったサウナ用テントで、室内の蒸気が漏れることがありません。こちらは『メリ』という八角形の大型テントですが、自立式のコンパクトなものもあって、参加人数に合ったテントで利用できますよ。(サウナテント業者談)

2017-10-27_0418_1

テントサウナの中はこのような様子。中央にサウナ専用の薪ストーブを置き、その上にサウナストーンをのせます。上から水をかけて蒸気をたてるとこの蒸気がテント内に充満し、サウナになるのです。

2017-10-27_0367_1

こちらは「ヴィヒタ」と呼ばれる白樺の若枝を束ねたもので、フィンランドのサウナでは欠かすことができないアイテム。これを体に当てることで、血行促進や保湿といった作用が働き、肌が引き締まる効果が期待できるようです。

2017-10-27_0389_1

充満した蒸気が体の芯から温めてくれて、思わず「ホッ」となりますね。家族や友だちと話しながら、ゆっくり過ごせそうです!

ちょうど良い温度のスチームが体全身にしみわたって、とっても気持ちよかったです。テントの外は寒いのに、なかに入って少し経っただけでこんなにポカポカになるとは思いませんでした。屋外でもサウナが楽しめるなんて幸せ! キャンプ場に常設していれば、1日に何度も入っちゃうかも。

と、実際に体験したユーザーさんが笑顔で話していました。

イメージ一新!絶景の中ドラム缶風呂を体験

2017-10-27_0105_1

ドラム缶風呂は、設営方法が簡単なのでどこでも利用できるのが特徴。コンクリートブロックをコの字型に置いて土台をつくり、その上にドラム缶を乗せて水を入れます。ある程度入れたら、その下に薪をくべます。火をつけてから最短で30分ほどで入浴できるそうですよ!

2017-10-27_0090_1

お湯の温度を一定にするために、薪は広葉樹を使用してとろ火にします。針葉樹だけだと、すぐに火が消えるうえに温度が急激に高くなってしまうんです。今後は、ドラム缶の外に白の塗装を施したので、利用してもらった人にサインやペイントをしてもらおうかと思っています。(テントサウナ業者談)

2017-10-27_0308_1

テントサウナに入って軽く汗を流したら、次はドラム缶風呂に入ってまったり。自然の風景を眼前に温泉が楽しめるなんて幸せですよね!

ドラム缶の縁がクッションで覆われていて火傷対策が万全だったり、階段が用意されていたりと、ここまで便利になったんですね。海を眺めながらお風呂を満喫できるシチュエーションなら最高です! ドラム缶風呂も常設していたら、キャンプで文句を言うことなしですね。(利用者より)

キャンプ場で体を洗うなら、アイテム選定が大切!

2017-10-27_0241_1

自然の中でいい風呂に入って、快適な時間を過ごすのも大切。その自然に対して配慮し、環境を守るために使用するものにもこだわりながら体も心も清々しくするのはさらに大事なことではないでしょうか? そんなときに、牛乳石鹸の「赤箱」が大活躍します。

牛乳石鹸の「赤箱」は、1928年からずっと変わらず国内生産を続け、約1週間かけてじっくりと熟成させる“釜だき製法”で製造する天然由来の石鹸なのです。89年もの間販売されているロングセラー製品でもあり、老若男女問わず幅広い人に親しまれています。

2017-10-27_0354_1

さらに、クリーミーな泡立ちでしっとりとした仕上がりになるのも人気の秘密。やさしいローズ調の香りです。いい風呂に入って、いい石鹸を使って体を洗い流しましょう!

自然の中でいい風呂に入って “あ〜いい湯だな”を体感しよう!

2017-10-27_0315_1

テントサウナやドラム缶風呂は、これからキャンプで流行ること間違いなしの快適な体験。それにくわえて、体にも環境にもやさしい牛乳石鹸の「赤箱」を使えば、文句なしのひと時を過ごすことができます。11月26日の「いい風呂の日」には、ぜひ牛乳石鹸「赤箱」とともに最高の風呂体験をしてはいかが?

いい風呂の日キャンペーン実施中

牛乳石鹸では26日(日)まで「いい風呂の日」にちなんで激レアアイテムが多数当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

協力:白浜フラワーパーク

Sponsored by 牛乳石鹸共進社株式会社

Source: CAMP HACK

コールマン展示会速報 テントに注目!機能の進化が止まらない2018年新製品

※記事で紹介しているアウトドア用品は、すべて2018年以降に発売予定のものです。予告なく仕様変更や発売延期・中止になることもございます。あらかじめご了承ください。

キャンプが世界を変える「灯そう」

ae

来年の新製品をいち早くお届け! コールマンの2018年新製品展示会から、CAMP HACK編集部が気になるアイテムをご紹介します。

来季コールマンのコンセプトは「灯そう」。コールマンがキャンプを通じて人と自然、人と人、人と社会を深くつなげ、その隙間に温かな火を灯すような存在でありたい、という想いが込められています。

2018年の商品は、アウトドアにどんな未来を灯してくれるのでしょうか? チェックしていきましょう!

利便性アップ!大人気アウトドアワゴンにオプションが追加

コールマン

発売後たちまち人気を集めたアウトドアワゴンに「こんなの待ってた!」と言いたくなるような嬉しいオプションアイテムが登場。

アウトドアワゴンにプラスするだけで、荷物の運搬としてだけでなくテーブルとしても使える便利な「アウトドアワゴン テーブル」がリリース予定!

%e8%9e%bb%e6%85%95%ef%bd%a4%ef%bd%ba%e8%8e%a8%e3%83%bb039

4つ折りで畳める天板に4本のポールを差しこみ強度を高め、アウトドアワゴンに被せるだけ! たったこれだけの作業で1つのアイテムが2役に。天板が折りたためて専用収納ケースに収納できるつくりになっているため、従来のアウトドアワゴンの収納サイズとほぼ変わりありません。

テーブルを持っていく手間も省けるので積載スペースの節約にも◎。キャンプサイトでは、使わないギアをワゴンの中に収納し天板を被せれば、サイトをスッキリと見せることができますね!

%e8%9e%bb%e6%85%95%ef%bd%a4%ef%bd%ba%e8%8e%a8%e3%83%bb046

合わせて持っておきたい「アウトドアワゴン レインカバー」も発売予定です。

高さが選べる嬉しさ!3段階で調節できるコンフォートマスター®のファニチャー

aa

「ハイスタイルにするか、ロースタイルにするか」と高さを統一することを考えてから、ファニチャーを選ぶ方も多いのではないでしょうか? もうそんな必要はありません!

コールマン最高峰マスターシリーズからは、驚きの3段階調節が可能な「コンフォートマスター® バタフライテーブル120」と「コンフォートマスター® 3ウェイキャンバスデッキチェア」が登場。ラウンジスタイルを推奨していたコンフォートマスター®ですが、ハイスタイル・ロースタイルも可能になり幅広いシーンをカバーしてくれるアイテムになっています。

高さ調整の仕方は?

a-a

高さ調節は、ロック位置までポールを伸縮させるだけのワンアクションなので操作も楽々! 「コンフォートマスター® バタフライテーブル120」は高さを44/60/70cmに。「コンフォートマスター® 3ウェイキャンバスデッキチェア」は座面高を、31/37/48cmに変更可能です。

天板にも注目!

aw

コンフォートマスター®の名に相応しく上質感を漂わせるこのテーブル。実は見た目の重厚感に反してとても軽量! 天板には、グラスファイバー加工合板、フレームはアルミなので軽量ながらも頑丈です。

その日の気分でスタイルの変更をできる嬉しさと、手持ちのチェアにも調和させられる利便性で、これがあればOKと言わざるをえないNEWアイテムですね。

シーズンズランタン2018も発表!

aw

数量限定発売で心待ちにしているファンも多い、シーズンズランタンもお披露目されました。アメリカン・ヴィンテージ・シリーズとして1960~70年代の「AMERICAN CINEMA」をテーマにしています。ボディーカラーは、アメリカの家庭の味として親しみのある「レモネード」。

休日に家族で向かうシアター風景をテーマに、グローブには物語の始まりからフィナーレまでが描かれ、映画館のチケットを再現したデカールが私達を古き良きアメリカの風景へと誘ってくれます。

スチールベルトは入手困難に!?

az

また今期も同時期に発売される「54QT 60thスチールベルトクーラー(レモネード)」も数量限定発売。つまり、今年を逃したら一生手に入らないということ。シーズンズランタンと合わせて手に入れたいアイテムなので気になった方はお早めに!

コールマン史上最高の座り心地!インフィニティーチェア

au
座るとそこは雲の上のような座り心地! このインフィニティーチェアは、座ったままリクライニング可能で、好きな角度でロックできる優れもの。クッションに頭を預け横になると、足先まで全身の力が抜けるリラックス感はこのチェアでしか味わえないでしょう。

%e8%9e%bb%e6%85%95%ef%bd%a4%ef%bd%ba%e8%8e%a8%e3%83%bb057

もちろん上体を起こしたままの使用も◎。身体が沈みこみすぎない適度な座面の張りが心地よく、メッシュ生地を使っているので長時間座っていても身体が蒸れにくくなっています。

また、沈み込みすぎない効果がもう一つ。それは腰や膝あたりにくるフレームに触れないということ! 触れてしまうと長時間座った際に痛みが生じることもしばしば。細かい仕様ですが、実験に実験を重ねて商品を作るコールマンだからこその仕様と言えるでしょう。
%e8%9e%bb%e6%85%95%ef%bd%a4%ef%bd%ba%e8%8e%a8%e3%83%bb059
おすすめはポイントはまだまだあります! 折り畳み式でたった3秒で設営・収納が可能。フレームに持ち手が付いているので収納した状態での持ち運びもスムーズです。キャンプだけでの使用はもったいないので、室内でも使いたいリラックスチェアですね。

驚きの違いが続々!快適な睡眠を「タフ+(プラス)シリーズ」

今までに無かった、全く新しいテクノロジーを採用したテントが登場。その名も「タフ+(プラス)シリーズ」。一体どんな要素がプラスされたのでしょうか、チェックしていきましょう!

まずはこの画像を見比べてください

as
ao
上が「タフドーム/3025」、下が新製品の「タフドーム/3025+」です。

皆さんお気づきですよね? そうテント内の明るさが全然違うんです。同じようにテントに照明が当てられている中、この違いは驚きです。来年発売予定の「タフ+(プラス)シリーズ」は国内でいち早くダークルームテクノロジーを採用しています。コールマンの本国アメリカではすでに採用されており、その効果は実証済み!

ダークルームテクノロジーとは?

lo

「遊びつかれて就寝するも、テントに差し込む朝日に起こされ疲れが取れないまま」なんて経験ありませんか? ダークルームテクノロジーは、そんなキャンプでの睡眠をサポートしてくれる革新的なテクノロジーです。

朝日の光を遮断しながら、それに伴う気温の上昇も防いでくれます。ダークルームテクノロジーを使用しているテントと、未使用のテントでは最大の温度差が13.5℃を記録するほどその差は歴然! 一度使用すると、その快適さから離れられません。

様々なシーンで快眠を!豊富なラインナップ

ad

そんな「タフ+(プラス)シリーズ」は、採光用のクリアウィンドウを搭載したドーム型テントの「タフドーム3025+」を始めとする幅広いラインナップで展開予定。

ad
「タフスクリーン2ルームハウス+」は、インナー部分に大型のサイドウィンドウを新たに搭載することにより通気性がグンとアップ! ベンチレーションを調整することにより、採光も自由自在です。また、リビング部分の生地には、ピグメントコーティングが施されており、暑い日差しによる温度上昇を抑えてくれるのもポイント。
af
「ヘキサタープ」にサイドウォールをプラスした「ヘキサタープ/MDX+」も登場! 取り外し可能なサイドウォールが1枚付属し、横からの日差しをブロックしてくれます。また生地には2ルームハウス同様に、ピグメントコーティングが施されており、直射日光の嫌な暑さによる温度上昇を抑えてくれる嬉しいポイントも。

サイドウォールの単品販売もあるので、両サイドに取り付けてシェルターのように使うこともできます。通常のヘキサタープに比べ、有効面積が広がることにより、より涼しくキャンプを楽しめます。
%e8%9e%bb%e6%85%95%ef%bd%a4%ef%bd%ba%e8%8e%a8%e3%83%bb016
使用サイズが420×360×210cmの「タフスクリーンタープ/400+」もリリース予定。こちらもピグメントコーティングされた生地を使用している他に画期的なエアーコントロールシステムが採用され、プライバシーを保ちながらも通気性がアップしています。

エアーコントロールシステムとは?

%e8%9e%bb%e6%85%95%ef%bd%a4%ef%bd%ba%e8%8e%a8%e3%83%bb018
エアーコントロールシステムは、新しいベンチレーションのこと。直射日光が暑い夏の日や、タープ内で過ごすことが大半の雨の日にもフラップを張り出し、メッシュ状態にすることで通気性を保ちながら日差しや雨の吹込みを防いでくれます。

また目隠しにもなるので、プライベート空間を作りたい方にもオススメ。不要なときは巻き上げることも可能なので、その日の天候に合わせてアレンジできます。

大注目!ポップアップテントも登場

%e8%9e%bb%e6%85%95%ef%bd%a4%ef%bd%ba%e8%8e%a8%e3%83%bb074
なんとダークルームテクノロジーを採用したポップアップテントも登場します。2人用サイズの「クイックアップドーム/W+」14,800円(画面左)と1人用サイズの「クイックアップドーム/S+」9,980円(画面右)がラインナップ。

キャンプだけでなく、フェスやツーリングなど荷物を軽量に、設営撤収にも時間をかけたくない方にオススメ。なんといってもポップアップの手軽さと、このお値段! キャンプをより身近にしてくれるアイテムですね。

虫嫌いな方に朗報!サンシェードがもっと快適に

ピクニックや運動会にと出番の多いサンシェードは、不快な害虫を寄せ付けない機能が搭載され生まれ変わりました。

快適性アップのカギは○○にあり!?

%e8%9e%bb%e6%85%95%ef%bd%a4%ef%bd%ba%e8%8e%a8%e3%83%bb065

簡単にコンパクトになる使用人数2~3名のポップアップ型はそのままに、今回は特徴的なフレームワークを採用。この使用人数にありがちな閉塞感を軽減させるため、天井部分の形状を広げる工夫を施されています。

また、サンシェードが特に活躍する夏にこもりがちな熱を外に出してくれるトップベンチレーションはあるとないとでは格段に快適性に影響しますよ!

虫を寄せ付けない!その秘訣は?

%e8%9e%bb%e6%85%95%ef%bd%a4%ef%bd%ba%e8%8e%a8%e3%83%bb067
来季のサンシェードには、蚊取り線香でも使用されている「除虫菊」の成分を繊維に練りこんだ「オリテックメッシュ」が使用されています。その効果は抜群で、ドアの開閉時にも標準のメッシュと比べて最大で25倍も虫が進入しずらくなっています。

また防虫効果だけではなく、メッシュが大きくなったことにより通気性が優れていることも嬉しいポイント! 公園や海へとサンシェードを持って出かけてみましょう。

勢いの止まらないインディゴレーベル

アウトドアとライフスタイルを融合させたデザインが話題のインディゴレーベル。来年もその勢いは止まりません! 新製品は、ライトレジャーをサポートしてくれるアイテムが豊富。

am

長年愛されるポール組み立て式型のシェードも、インディゴレーベル色たっぷりなデザインになって登場。3~4人で使用できるこのシェードの特徴は何と言っても風に強いこと。強風も想定される浜辺での使用でも安心感を与えてくれるアイテムです。

テント型の収納ケースに変更となり、さらに収納しやすくなりましたよ!

an

インディゴカラーはそのままに新しいテキスタイルデザインも取り入れ、まだまだ拡大中のインディゴ旋風。キャンプサイトを涼しく演出し、サイトのアクセントにもなるデザインにまだまだ目が離せません。

他にも気になるアイテムが続々!

aj

これがあれば盛り上がること間違いなし! 「おつまみクッカー」は、たこ焼きだけじゃなく、アヒージョやミニ焼きおにぎりなどアイデア次第でどんなおつまみでも作れる便利アイテム! 一口でパクッと食べられるサイズなので、お子さんと一緒にチャレンジしてみては?
%e8%9e%bb%e6%85%95%ef%bd%a4%ef%bd%ba%e8%8e%a8%e3%83%bb031
4面分離できる利便性が人気の「クワッドマルチパネルランタン」(画像右)から、来季は2面分離タイプ「デュオマルチパネルランタン」(画像左)が登場。

充電が出来るUSBポートや、スタンドライトとして使える機能はそのままに、分離が2面になったので本体サイズもコンパクトに持ち運びやすくなりました。%e8%9e%bb%e6%85%95%ef%bd%a4%ef%bd%ba%e8%8e%a8%e3%83%bb090

スリーピングバッグからは、各シリーズ快適性を追求したグレードアップを遂げています。パフォーマーシリーズ(写真左から3アイテム)は丸洗い機能はそのままに、生地・中綿染素材をグレードアップし、快適な温かさが追求されました。

コージーシリーズ(写真右から2アイテム)は、新しく抗菌加工がつきました! 湿気を帯びやすい真夏の環境でも、清潔で快適に。さらにサイズが大人も広々と使える84cmワイドサイズになっているので、連結し家族3人でも使えるアイテムです。

パフォーマーもコージーもそれぞれのシリーズごとに連結可能です。

快適さの追求!そしてその先へ

ae
全ての商品をご紹介できないのが残念なほど、来季に向け準備万端なコールマン。新機能を搭載し、私達のアウトドアライフをより快適にサポートしてくれるアイテムばかりでした。まだまだ進化の止まらないコールマンは、今後もキャンプを通じて温かい明かりを灯し続けてくれることでしょう。

※記事で紹介しているアウトドア用品は、すべて2018年以降に発売予定のものです。予告なく仕様変更や発売延期・中止になることもございます。あらかじめご了承ください。

Sponsored by コールマン

Source: CAMP HACK