YURIE

~YURIEのわがままキャンプギア探し#03~実用的かつ写真映えする調理ナイフがほしい!

#03は、調理器具としても写真撮影としても”ツカエル”調理ナイフ探し

🌿Y U R I E🌿さん(@yuriexx67)が投稿した写真 – 2016 9月 26 5:30午前 PDT

こんにちは!YURIEです!寒い日が続いていますね。今年は雪遊びがたくさんしたい!冬もソトアソビをいっぱい楽しみたいなぁなんて思っています。
連載第三回目は、一人一本は当たり前?OPINELについて!その中でも調理器具にフォーカスして紹介していきます!

~『MY FIRST OPINEL』~

img_4426
100年以上続くフランス生まれの歴史あるメーカー。シンプルでスタイリッシュなデザインは、1890年に原型が完成されてから今までほぼデザインが変わっていないというのも驚き。その変わらぬ使い勝手の良さから世界中で愛用され、あのピカソも使っていたと言われています。多様なシリーズもさることながら、サイズも小さいものから大きなものまでラインナップされているのは、徹底したユーザー目線の賜物。

img_3994
近年ではカラバリも豊富になりナチュラルな木目調のものからカラフルなものまで幅広いので何本でも欲しくなってしまいますね。

日本ではナイフといえばアウトドアで使うシーンを思い浮かべがちですが、本国フランスでは『MY FIRST OPINEL』といって7歳になった子供に折畳ナイフをプレゼントする習慣があるほどで、一人一本は必ず持っているアイテム。初めてのナイフの扱い方は、オピネルのナイフを使って教育するのだそうです。鉛筆を削るのも、りんごの皮を剥くのも、小さな冒険にでかけるのもオピネルのナイフ一本から。
img_4006
オピネルの代理店 コーンズ アンド カンパニー リミテッドの田口さんは、「このナイフの特徴は先端が丸みを帯びているということ。これは子供でも安全に使用できるように配慮した設計にしたためなんです」と話してくれました。

img_4012

ナイフの開閉も簡単で、シルバーのロック金具をひねり刃を出して再び金具をひねってロックするだけ。

~OPINELのキッチンツールにも注目~

オピネルはフォールディングナイフだけではありません。こんなにカラフルで可愛いキッチンツールも!実用的な4本がセットになっています。

オピネル パントリーナイフセット
img_4030

左から

野菜、肉、果物を手軽にカットできるキッチンナイフ
トマトやゆで卵などの柔らかい物がよく切れるトマトナイフ
ナイフの背にある波刃で薄皮を取り、カーブした刃で丸みのある野菜や果物をカットするベジタブルナイフ
皮が刃物の間からスルスル綺麗にむけるピーラー

これを使ったらお料理の時間も更に楽しくなりそう。お料理中の様子も写真に収めたくなる可愛さですね。まさにフォトジェニックな調理器具。4本セットで箱に入って販売されているので、ギフト用にも人気なんだとか。

このほか、ギザギザな刃が特徴的なブレッドナイフも魅力的。キャンプの朝食に、パン派のみなさん多いのではないでしょうか?軽いのでアウトドアで使うのにもバッチリです。

~実際にフィールドで使ってみました~

今回使用したのは、キッチンナイフ、トマトナイフ、ブレッドナイフの3本。

Processed with VSCO with c9 preset

キッチンナイフ使ってみてまず思ったのは、”薄刃でよく切れる”ということ。こんなに可愛い見た目でよく切れるのはさすがオピネルです。一番びっくりしたのはトマトナイフ!

Processed with VSCO with c9 preset
切りにくいミニトマトも汁が飛び出すことなくサクサク切れました!実際に使ってみて欲しい!って思ってしまうほどの使い心地の良さですよ。
Processed with VSCO with c9 preset
通常の包丁で食パンをカットしたとき、切り口がボロボロになってしまった経験ってありませんか?ブレッドナイフはギザギザしていて、切れ味よく切り口もきれいにパンをカットすることができます。食パン等のソフトなパンから、フランスパンのようなハードなパンまで幅広く対応できるのもおすすめポイント。1本あるとおうちで、キャンプでとっても重宝しますね。

この飽きのこないシンプルであたたかみのあるデザインもオピネルらしいです。
Processed with VSCO with c9 preset

今回もとっても楽しい取材でした!みなさんも機能だけでなくデザインにもこだわったオピネルのナイフを手にとってみてはいかがでしょうか?

協力 オピネル(コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド) | パントリーナイフセット ブレッドナイフ

#01・02の記事はこちら

 

Source: CAMP HACK

~YURIEのわがままキャンプギア探し#09~雰囲気のあるランタンが欲しい!

今回は記事の最後に、キャンペーンのお知らせがございます。ぜひご覧ください!

アイキャッチ画像提供:YURIE

秋は過ごしやすく、キャンプ日和!

Y U R I Eさん(@yuriexx67)がシェアした投稿 – 2017 10月 4 5:03午前 PDT

9月以降から涼しくなり秋らしくなってきましたね。秋のキャンプは過ごしやすくて、絶好のシーズン。綺麗な紅葉を眺めながら、秋の食材を堪能してたくさんキャンプを楽しみたい。たくさん楽しむ為にも最近コストのことも少し気にしてみたり……。

今回は「コスパが良くて、尚且つLEDより雰囲気のあるランタンが欲しい!」

私自身古着が好きで、洋服やキャンプで使っているモノも蚤の市や中古屋さんで買うこともしばしば。そのモノにまつわる物語を想像してみたり。自分の手元にきて、ストーリーがまた新しく加わっていくことにもワクワクします。
img_8452
雰囲気のあるアンティークランタンが欲しい! ということでヴェイパラックスやペトロマックスなど多数のランタンを世界中から取り寄せてお取り扱いをしている、ランタン、ストーブ専門店LANTERNSのスタッフさんにお話を伺います。

img_8463

ヴェイパラックスは当時のイギリスで、1台1台丁寧にハンドメイドされていたもの。大量生産では作れない細部まで手の込んだしっかりとした作りと佇まいが魅力的です。

アーミーグリーンと軍プレートのゴールドの配色、雰囲気があってかっこいいです。このランタンをサイトを灯したら、また特別な時間が過ごせそうな気がしてきます。

img_8474

img_8471

1979年よりイギリス軍で採用されていた軍用モデルなので、底面部にブロードアローの刻印と真鍮の軍用プレートがついているんですよと足高さん。

刻印の意味などを知ると、より一層以前使っていた人のストーリーが想像できるのが中古品の魅力のひとつ。そんな気がします!

img_8460

左側のブラスカラーのランタンがテリー、右側のアーミーカラーがヴェイパラックスのランタン。どちらもイギリスの中古ランタンです。ヴェイパラックスのランタンは2011年より製造箇所が韓国へ移転したためイギリス製はすでに製造が中止。イギリス製は今あるものしかもう買えないということになります。稀少価値が今後も高まりそうなアイテムですね!

とはいえ、ヴェイパラックスは今も韓国製を製造しているので部品も供給しやすい点は安心です(シンプルでずっと使える構造なんです)。燃料はケロシン(灯油)。どこでも手にはいりやすく、なんといってもコストパフォーマンスが最高!

リッター90円ほどで燃料が簡単に入手できるのは嬉しいポイントです。ガソリンに比べて灯油は揮発性が低いので扱いが比較的容易。灯油はご家庭でも使うこともありますし(でも、取り扱いは十分注意!)。キャンプ以外に、もしもの災害の時にも便利かもしれません。

雰囲気は抜群のランタン!でも……?

img_8457
予熱作業とかポンピングとかメンテナンスとか……難しいんじゃないの? 漠然とそう思っていました。YURIEさんがおもっているよりも簡単ですよとスタッフさん。スイッチひとつの品物に比べたらひと手間かかるかもしれませんが、キャンプの準備の方がよほどたいへんなので、キャンプ慣れしてきた方はクリアできると思います、とのこと。

コールマンのランタンをお持ちの方からは「拍子抜けするシンプルさ」と言われたこともあるんだそう。1900年代前半に、イギリスで圧力式灯油ランタンが登場し、様々なモデルを経てこの形状になっているのでいらないものはついていない、いたってシンプルな構造。

思い描いていたより取り扱いがグンと簡単なイメージになりました。シンプルでかっこいい、燃料のコスパも最高なヴェイパラックス。確立されたスタイルのキャンプをしている人で、人とは違うキャンプギアや、セカンドランタンがほしくなった人からのお問い合わせが多いというのも、うなずけます。

ヴェイパラックスをフィールドテストしてみた

Processed with VSCO with a6 preset
提供:YURIE

はやく点火したくてうずうずしていました。やってきたのは道志の森。

準備するもの

●ヴェイパラックス
●マントル
●燃料用アルコール
●灯油
●じょうご

うっかりマントルをさわってしまい(笑)やぶってしまったので、マントルの取り付けから。また、点灯させるときは屋外で使用してください。

pic_0108

まずはネジを緩めてグローブをはずしマントルを取り付けます。

pic_0106

次にじょうごをつかって灯油を燃料タンクの7分目まで入れます。この時に注意する点は燃料、ギリギリまで入れないこと。空気が少なくなって、圧力不足になってつかないという事例が多いんだそうです!

燃料は7割がセオリー。7割を守って入れていきます。圧力調節ネジとバルブを左にまわして、プレヒートのために燃料用アルコールを予熱皿に注ぎます。スポイトを忘れてしまったので、予熱皿に直接入れました。

pic_0113

アルコールに火をつけて、1〜2分ほど温めます。

pic_0107

気温が低い冬場などは予熱不足は炎上の原因となるので多めにやったほうが安心とのことですが、今回はまだ気温が低くないので1回だけにしました。寒くなってきたら注意したい点です。

この時にマントルの空焼きも同時に進行させます。予熱皿が空になりかけたら、圧力調節ネジを右回しして、数回ポンピングします。

おっ!!

pic_0111

つきました! え、これで点いていいのか? 合っているのかと心配になる程簡単につきました(笑)初めての点火ですが、ここまで10分かかっていません。明かりの様子をみながら追加でポンピングしていきます。更に明るくなってきました!

pic_0110

一定の明るさを保つようになったので、これ以上のポンピングはしませんでした。過剰なポンピングはランタンを傷めてしまうので注意したいです。LANTERNSのHPに貼ってある動画を見ながら点火してみましたが、想像の10倍くらいシンプルな工程で驚きました。

pic_0112
購入する際は、イギリス製のものを他人の手を加えていない状態で欲しい人。自分の手でメンテナンスしたいという人以外はメンテナンスのオプションをお勧めします。到着してすぐ点火することができますし、劣化しているパーツも取り替えてもらえるのでケロシンランタンがはじめての人には嬉しいサービスです!

炎上が心配な方。

(1)十分な予熱で「気化」させること
(2)タンクの3割程度を空気のスペースにし、十分な空気圧をかけること
(3)使用をくり返すうちに、金属の熱膨張による自然なゆるみが発生するので、適宜、増し締めをする
ことで炎上することはまずないとのことなので上記を頭に入れてから点火してみてください! もちろん、扱いがシンプルで簡単といっても、あくまでも古い時代の火器なので、テント内や車の中で点火しないこと(屋外で使用)、取り扱う際は炎上・火傷・火事などに十分に注意してご使用ください。

次はリフレクターつけてあげようかな。希少価値が高まっていくと思われるイギリス製のヴェイパラックス大切にずっと使っていきたいと思います。

この記事を見た方限定!ランタン・ストーブ専門店LANTERNSキャンペーン

top170907

出典:LANTERNS

私の記事を見た方限定で、LANTERNSさんがキャンペーンをしてくださるそうです! ランタン・クッカーご購入の方、「税込30,000円以上の品は、1点につき2,000円引き」「それ以下の金額の場合は、兼用マントル3枚プレゼント」にしてくださるとのこと。

応募方法はこちら。
(1)LANTERNSさんのインスタをフォローする。リンクはこちら
(2)注文時、備考欄に「YURIEのわがままキャンプ探し」と「LANTERNSをフォローしたインスタアカウント名」を入力する。
※注:2017年10月31日23:59キャンペーン終了です。
下のURLから電話対応もしています。質問のやりとり アフターフォローもしっかりしていて安心です。過去にはキャンプ場からお電話で相談を受けたこともあるんだそうですよ!

LANTERNSのホームページはこちら

協力:LANTERNS

Source: CAMP HACK

~YURIEのわがままキャンプギア探し#08~実用的でかわいいオーブンが欲しい!

秋を前に、オーブンを準備したい

Y U R I Eさん(@yuriexx67)がシェアした投稿 – 2017 8月 17 9:02午後 PDT

8月も終わり、もう秋はすぐそこですね。秋といえば食欲の秋。今年は器具にもこだわって食欲の秋を楽しみたい。連載第8回は 実用的でかわいいオーブンが欲しい! ということで実際にStaubを使ったお料理の提供をしてくれる『snow peak glampimg』へ行ってきました。

青山にある、『snow peak glampimg』に訪問

pic_0080

青山にあるお洒落なグランピング気分を味わうことのできる話題のスポットsnow peak glampimg。お店は屋上にあり、とても開放的でラグジュアリー。非日常感が満載な空間です。

Processed with VSCO with a6 preset

Processed with VSCO with a4 preset

いたるところにsnow peakの商品を使ったディスプレイがされてて、思わずチェックしたくなりますね!

夢のコラボレーション

img_8377

撮影:編集部

snow peak glamping初の他社ブランドコラボレーションしたアイテム、snow peak glamping×仏STAUB(ストウブ)社のホーロー鋳物鍋ココットラウンド。

ストウブは1974年、フランスの誇る三ツ星シェフのポール・ボキューズ氏をはじめ、才能豊かなプロのシェフたちの声に応えてつくられた歴史を持つブランド。鋳物ホーローという素材へのこだわりや、食材をおいしく調理するためのアロマ・レインなどの独自技術を持つ鍋のシリーズは、世界中のプロフェッショナルに支持されています。1958年創業のスノーピークもまた、キャンプギアメーカーの枠を超えて、レストラン「Snow Peak Eat」をオープンするなど、食への想いがとても強いブランド。ダッチオーブンの素材も地元であり世界に誇る金属加工の街、燕三条で開発したオリジナルの極薄鋳鉄から製造するなど、食に対しては誰にも負けない愛を持っていると自負しています。(出典:KITCHEN MEISTER

このココットラウンドは、底したモノづくりの情熱をもつ両者の国境を超えたコラボレーションなのです。22センチというサイズはキャンプに使うにも、お家で使うにも丁度良いサイズ感

pic_0072

色は全部で3種類。雪雲のようなグレー、紅葉のようなグレナデンレッド、日の出前の空のようなグランブルー、どの色も素敵で選べません……。お料理によって色を変えても楽しいですね! 色違いで欲しくなるかわいさです。ノブ部分にはsnow peak glampingのロゴ入り。レア感漂うココットです。

snow peak clamping の食への愛

pic_0077

snow peak glampingでは実際にこのココットや、snowpeak製のダッチオーブンを使ったお料理がいただけます。(コラボのオーブンが指定できるかは、お店の方に聞いてみてくださいね)実際にいただいたのが”ポークと農家産直の季節野菜のエトフェ”。彩鮮やかで見た目にも美しいです。

豚肉は甘くて、お野菜にも豚肉の甘みと旨みが染み込んでいて……思わず笑みがこぼれるおいしさでした! 食べ物を提供する上でのコンセプトは「安心安全、美味しいこと」と支配人の牛之濱さん。

img_8431

撮影:編集部

そのため、snow peak glampingで提供するお野菜、フルーツは農薬、肥料を一切使わない自然栽培されたもののみを使っているとのこと。厳しい基準をクリアした農家100件以上をまとめている八百屋さんから愛情たっぷりの食材を買い付けているんだそうです。

img_8394

ポークは愛農ナチュラルポーク。三重県の農業高校で授業の一環で育てられた豚肉でお父さんブタによる自然交配で生まれ、投薬なしで清潔な豚舎で愛情たっぷりに育てられています。

少量生産だからこそできる徹底した愛情管理は、「おいしさ」にも大きく影響するんだとか。そんなこだわりあるストーリーを聞いて食べるとより一層おいしく感じられました。

Staubを生かした調理法

img_8402

撮影:編集部

最高の調理器具Staubの性能を生かして、安心安全美味しい食材の旨みを引き出す調理を意識しているとシェフの中岡さん。豚肉は、Staubでお肉に焼き色をつけてから同じ鍋で野菜を焼く。火が入った後に同じ鍋で野菜を焼く豚の旨味が野菜につく。いつもよりレアな火入れを目指していると話してくださいました。

img_8420

いただいた豚肉はフォークで切ってみると確かに豚肉にしてはレアな焼き加減。それでも全然豚くさくないのは食材も調理方法もこだわっているsnow peak glampingでしか味わえないものです。そんなシェフのこだわりの調理方法でお料理に一体感がでるのだと感じました。

無水料理に挑戦

Processed with VSCO with a6 preset

さっそくコラボレーションStaubを使って無水料理に挑戦してみました。snow peak glampingで食べた、彩り鮮やかなお料理に習って私もいろいろなお野菜をつかった具沢山ミネストローネを作ってみました。お水は使ってないから野菜の甘みと旨みがぎゅっとでて、簡単においしくできました。

割とゴロゴロと大きめにカットしたお野菜達も水なしでこんなに柔らかくなって感動しました。まさに魔法のお鍋! ロゴもノブ部分もかわいいです。鍋のまま食卓へサーブして、いつもよりワンランク上の食卓コーディネートになりました。これからもこのお鍋を使いこなせるよう料理の腕も磨いて、キャンプご飯も楽しんでいきたいな!

今回紹介したsnow peak glamping×仏STAUB(ストウブ)社コラボ鋳物鍋ココットラウンドはsnow peak直営店で買えるようです。詳しくはこちら
snow peak glampingのご予約はこちら(外部サイトへ)

Source: CAMP HACK

~YURIEのわがままキャンプギア探し#07~キャンプで活躍するツーバーナーが欲しい!

キャンプ熱が高まって、キッチンツールも新調したい…!

Y U R I Eさん(@yuriexx67)がシェアした投稿 – 2017 6月 26 5:00午後 PDT

梅雨の晴れ間は嬉しいですね! みなさま、どんなキャンプライフをお過ごしでしょうか? 私は最近ついに! 車を購入しましたーパチパチパチ

ということで、梅雨の時期を利用して、車内泊できるように改造しようかなぁなんてワクワクしています。キャンプ熱も加速しているところで今回は「ツーバーナーを新調したい!キッチンツールも充実させたい!」ということでイワタニ・プリムスの金牧さんにお伺いしました。

気になったのは、特別感のあるツーバーナー

img_6617
最近気になっていたシンプルでスタイリッシュなプリムスのツーバーナー、オンジャ。今までコンパクトなバーナーの比重が高かったように思えたプリムスですが、特別感のでるキャンプファイアシリーズも充実しています。

なんらかのアクティビティの時にとにかくお湯を沸かしてあげること。そこに重きを置いていたのですが、クライミングやってたりカヌーやってたり自転車好きだった方々も、家族ができ、子供が生まれ。そして、お父さんに。

環境が変わることでアクティビティが主体ではなく仲間や家族との時間が主体のキャンプスタイルがメインになっていく中で、キャンプをする時に特別感のあるアイテムで特別な時間を過ごそう。というのがキャンプファイアシリーズの誕生の背景にあったようです。

プリムスの”オンジャ”

img_6602
キャンプファイアシリーズのオンジャ。構造自体はとてもシンプルなツーバーナー。ガソリンバーナーのようにメンテナンスは必要ないメンテナンスはほぼフリー。

難しいことはなく、手軽に使えるのが女性キャンパーには嬉しいのではないでしょうか? 蓋の部分もウッドになっていて、かわいいです。
img_6604

鍋敷きには、コップなどを置いて使ってもいいですね!

img_6605

ポイントでレザーが使われていたり、バックルもスタイリッシュで素敵です。

img_6567
ショルダーバッグのようになるので、持ち運びにも便利そうです。細かい部分までこだわってデザインされているのが伝わってきます。

img_6606
コンロの部分は鍋底全体に火がわたるように(そうするとお湯もすぐにわきやすいです)少し大きめの2243バーナーのカタチを使用しています。

img_6615

ガス缶がつけやすいからといって、ガス缶を逆さにしながら装着したり、ガス缶を振ったりすることはNGです。缶の中のガスを不安定にしてしまうからです。

「不安定だと、火をつけたときにブワっと大きな火がついてしまうので注意してください」と金牧さん。
勉強になりました。

”オンジャ”をフィールドテスト!

Processed with VSCO with a6 preset

早速使ってみました! ガス缶は下に装着するので、置く場所に困らなくて便利。いつもよりもミニマムで使い勝手の良いキッチンになりました。

Processed with VSCO with a6 preset

フライパンでパエリアを作ります。

Processed with VSCO with a6 preset

オンジャ以外にもクッカーと調理器具セットも一緒に使ってみました! 素敵なアウトドアキッチン用品にお料理が楽しくなっちゃいます。

どうしてお料理が楽しくなっちゃうのか、その秘密はプリムスのスウェーデンのシェフも開発メンバーに加えて商品を作っているんだそうです。

Processed with VSCO with a6 preset

Processed with VSCO with a6 preset

パエリアが完成しました! とっても美味しくできましたよ!

6月から登場したツーバーナー”キンジャ”

camp_02_01

1個のガス缶で2口使用でき、さらに安定した火力を得られるようにレギュレーターという機能を搭載しています。1個のガス缶だけ先になくなってしまって途中で交換しなければならないということもなくなります。こちらのツーバーナーも要チェックです!

キャンプファイアシリーズの詳細はこちら

YURIEの他の記事はこちらから他の記事はこちらから

Source: CAMP HACK

~YURIEのわがままキャンプギア探し#06~みんなで燻製をシェアできるスモーカーがほしい!

みんなと話しながらワインのお供を作れたら…

Y U R I Eさん(@yuriexx67)がシェアした投稿 – 2017 4月 24 11:23午後 PDT

こんにちは、YURIEです!
前回のスタンレーの真空グロウラーの記事は読んでいただけましたか?? 私ビールも好きなのですが、実はワインも結構好きなんです。

なので、今回は美味しいワインのお供をキャンプ場でもみんなで飲みながら、話しながら、作れたらなぁ。なんて思いから見つけたAPELUCAのテーブルトップスモーカーをご紹介します。

”APELUCA(アペルカ)”とは

img_5924

新潟県三条市に本社を置く、AUXというメーカーさんにお邪魔しました。AUXさんが展開する”APELUCA”はインドアとアウトドアの中間に生まれる“新しい時間”をお届けするというコンセプトのブランド。

食前酒を飲みながら、おつまみをつまんで会話を楽しむこと。これをフランスではApéritif(アペリティフ)、略してApéro(アペロ)といいます。お気に入りのグラスを片手に、音楽をかけ、作りながら食べながら飲みながら、アペリティフの時間を楽しむ。

アペロしない? とりあえずアペろうか? アペるか?
“APELUCA”(アペルカ)
そんな日本語とかけたのがブランド名の由来なんですよ。とAUXの亀山さん。
img_5832
それを聞いてなるほど~と頷いてしまいました。わかりやすく、気取っていない。そして、みんなに気軽にアペリティフを楽しんでもらおうという気待ちが伝わってきます。

APELUCAのテーブルトップスモーカー

img_5904
APELUCAのスモーカーは名前の通り、テーブルを囲んだ時に置けるようにコンパクトでスタイリッシュなデザイン。簡単で使いやすくを心がけて作られました。こんなにコンパクトなのに、スモークチップでもスモークウッドでも両方使える仕様なんです。

スモークチップを使えばバーナーを使って10分程ですぐに仕上がりますし、ウッドであれば、テーブルの上でじっくり仕上げることができます。
img_5830

大きい燻製器は空気を取り込みやすく、ウッドに向いているが、小さい燻製器は取り込みにくく、できないと言われていました。

それを解消する為に、アペルカの燻製器には本体にも蓋にも穴が開いているんですと亀山さんは話してくれました。
img_5817
チップの時は半開
ウッドの時は全開
こうやって1つの燻製器でも使い分けることによってどちらにも対応が可能なんです。ウッドを使える仕様にするのには苦労したとのこと。

そこまでこだわったのにはAPELUCAのコンセプトにもある、ゆったりとした時間を楽しんでほしい!という気持ちからウッドを使えるように絶対したかったんだそう。
香りだけでなく、煙を見る時間も楽しめますし、オトナな食べ物だから空気感も楽しめますね。

燻製に合う食材

燻製は、定番なチーズとベーコンしかやったことのない私。亀山さんに燻製に合う食材をお伺いしました。
img_5833
ミックスナッツは友人の家にホームパーティーに行く時にチャチャっと燻製して持って行くと喜ばれるものの1つ。無塩ではなく、有塩がオススメです。

ドライフルーツは今まで燻製をするという発想がなかったのですが、食べてビックリ。とってもオトナな味!という感じでした。
img_5868

その他、テーブルトップスモーカーで作られた煮卵、トマト、チーズ……美味しくいただきました。どれもおつまみにぴったりで、お酒が欲しくなっちゃいました 笑

フィールドテストをしました

取材した後使いたくて仕方なかったテーブルトップスモーカー。カマンベールチーズで試しに燻製をしてみました。
img_5835

BBQのついでにやったのですが、とても簡単にわずか10分で一品追加することができ、友人にも好評でした。
img_5836

チーズをバケットにのせて食べるだけで、とっても美味しくてワインとの相性も抜群。一気にオトナの女子会な雰囲気も出てバッチリでした!!

次回はもっともっと食材のバリエーションを増やして、このテーブルトップスモーカーとともに燻製パーティーをしたいな、なんて計画中です。

APELUCAはパーティーに最適!

img_5834
いかがでしたか?? 使い勝手も雰囲気作りもバッチリできる、アペルカのテーブルトップスモーカー。
すぐに実践できるレシピ本や、レシピ本の中に相性の良いお酒まで紹介されているのも嬉しいポイントです。この機会に燻製を極めてみてはいかがでしょうか?

協力:オークス株式会社 | APELUCA テーブルトップスモーカー

YURIEの他の記事はこちらから

Source: CAMP HACK