男前ソロキャンパーたちの共通ギア6選

アイキャッチ画像撮影:秋葉 実

野営を思わせる無骨な雰囲気を存分に楽しみたい!

撮影:秋葉 実

お気に入りのギアをクルマやバイクに積み込み、わざわざ不便な山の中で無言の一夜を過ごす。その名の通りソロキャンプは、あえて孤独を楽しむ、ある意味では非常にストイックな大人の遊びとも言えます。

バンドック ソロベース

撮影:秋葉 実

こうした静かな孤独で得られるのは、普段の生活ですり減った心の回復、あるいは気持ちのリセットであると、熟練のソロキャンパーたちは口々に教えてくれます。スマホの電波も届かず、都会の喧騒や文明の利器からあえて距離を置くことで、肉体的には疲れても精神的な解放が待っている……。

そんな特別な時間を過ごさせてもらうフィールドになるべく負荷を与えず、かつ外遊びならではのローテク感に浸れる新定番の6つのギアにフォーカスします。

お話をうかがったソロキャンプの達人たち

加瀬善隆さん
ストイックなスタイルで年間50泊ほどこなすというキャンパーにして、中目黒のヴィンテージウェア&ミリタリーギアショップ「hallelu」オーナー。ソロではキャンプ場よりも野営が中心とか

小田島勉さん
古着や雑貨、国内ブランドの新作やオリジナルアイテムも展開する東長崎のセレクトショップ「Sunbath」オーナー。かつてはエイアンドエフに在籍していた経歴を持つ生粋のアウトドアズマン

中島貴大さん
メンズファッション誌をはじめ、広告やWEBなど、様々なメディアで活躍するベテランスタイリスト。ウェアはもちろん、インテリア、キャンプギア、ミリタリーなどへの造詣も深い

男前キャンパーたちが愛用するギア6選+α

その1 フュアハンドランタン

1893年にドイツで誕生したオイルランタンのパイオニアにして、シンプルながらも強風にも耐えうる設計から別名ハリケーンランタンの呼び名もで知られる名門。

亜鉛メッキ処理されたマットシルバーのベーシックモデル「ベイビースペシャル276」は、中でも人気を集める定番モデルのひとつです。

灯油を燃料に使用できるため光量もほどほどで、サイト全体を照らせるワケではありませんが、手元回りを照らすには必要十分。構造も単純ですので、初心者の方にも扱いやすいと思います。ちなみに僕も初めて買ったランタンがフュアハンドでした

昔から変わることのない王道スタイルですし、何よりコスパが最高ですよね。燃料も灯油でネット通販などでも簡単に入手できますし、ソロメインならひとつ持っておくと雰囲気作りにも便利。とはいえ、今日的なLEDほどの光量は期待できないので、あえて夜の暗さを楽しむためのギアかと

サイズもコンパクトで軽いですし、初心者でも扱いやすい構造がやっぱり良いですね。明るさよりも雰囲気を重視したいタイミングで使っていきたいギアのひとつ。限定モデルなどバリエーションも意外と豊富なので個性も出しやすいと思います

ITEM



フュアーハンド ランタン 276
●サイズ(cm):13.5×15×26.5
●重量:530g
●燃焼時間:20時間以上
●燃料:灯油もしくはランプ用オイル
●スチール、亜鉛メッキ

<!–

–>

その2 グリルスタンド(メッシュテーブル)

出典:Amazon

収納時はコンパクトに折りたためるメッシュトップのアイアンテーブルも、尾上製作所「マルチスタンド」、キャンプマニア「グリルスタンド」、テントファクトリー「FDテーブル」はじめ、国内外の多くのブランドからリリースされ、今やAmazonベーシックでも展開される定番ギアのひとつとなっています。

出典:Amazon

テーブルにも焚き火台にもなる1台で二度美味しい便利ギア。特に尾上製作所のものは、ひとつのギアで色々な用途で使用できるものが多く、コストパフォーマンスにも長けています。アイアンなので若干重さはありますが、車に荷物を乗せての移動なら問題ないかと

タフさはもちろん、ずっしりとしたアイアンの趣きが気に入っています。調理台にもテーブルにもゴトクにも使えて便利ですし、ダッチオーブンまで使えてこのコスパ。もちろん、クルマありきの選択肢になってしまいますが、無骨な雰囲気作りには欠かせません!

アイアンなので炭火や直火にかけたものをそのまま置けますし、個人的にはメインテーブルというよりもサブ的に+αとしての使い道が中心です。何より見た目が無骨なので、より男前なサイトに仕上げるならウッドより正攻法かもしれませんね

ITEM



尾上製作所 マルチスタンド S
●サイズ:W450×D450×W270mm
●天板サイズ:W450×D400mm
●重量:3.1kg

<!–

–>

ITEM



テントファクトリー FDテーブル 450
●素材:本体・脚/鉄(粉体塗装)
●サイズ:幅45×奥行45×高さ26cm
●重量:2.8kg
●安全耐荷重:20kg

<!–

–>

ITEM



YOLER アウトドアテーブル 専用ケース付
●サイズ : (約)幅55×奥行30×高さ18cm
●素材:鉄, 合金鋼
●重量:1.6 Kg
●耐荷重:15kg

<!–

–>

その3 モーラナイフ

出典:Morakniv

1891年にスウェーデンにて設立されたブッシュクラフトナイフの代名詞。火口となるフェザースティックの削り出しや、バトニングにも使えるほどにタフな作りと優れたコスパが何より魅力。

特にステンレススチール刃の「Bushcraft Forest(ブッシュクラフト フォレスト)」や「Companion(コンパニオン)」シリーズはサビにも強く初心者にもオススメです。コンパニオンシリーズにはカーボン刃もありますが、切れ味が鋭く、錆びやすいという特性が。これらは用途や好みで選ぶといいでしょう。

撮影:見城了

フェザースティック、バトニング、どちらにも最適な1本。ぼくがメインに使っているミリタリーもののサバイバルナイフに比べ、かなり軽いので持ち運びにも適していますね。価格的にも細かいことは気にせず使えるので、初心者の方にもオススメできるナイフのひとつです

ギアの中でも本格的なナイフは高価な部類ですが、そんな常識を覆した好コスパナイフの代表格ですね。オピネルという選択肢もありますが、バトニングやブッシュクラフトを楽しみたいならこちらが正解。友達の甥っ子にもファーストナイフとしてオススメしました



「もうひとつの定番でもあるオピネルだと、若干フェミニンな雰囲気もありますし、より男らしいスタイルを追求したいならモーラが王道的な選択かなと。バリエーションも豊富で、何気にスウェーデン王室御用達というのもモノにこだわる我々としては惹かれる要素ですよね」

ITEM



モーラナイフ ブッシュクラフト フォレスト
●柄素材:ラバー
●刃素材:ステンレススチール
●刃長:約109mm
●全長:約232mm
●刃厚:約2.5mm
●重量:約101g

<!–

–>

ITEM



モーラナイフ コンパニオン
●柄素材:ラバー
●刃素材:ステンレススチール
●刃長:約104mm
●全長:約219mm
●刃厚:約2.5mm
●重量:約84g

<!–

–>

その4 ファイヤースターター

“不便や不自由を楽しむ”ソロキャンプならでは、ブッシュクラフト由来のファイヤースターターも今や神器のひとつです。

マグネシウムやフェロセリウムのロッドと付属のストライカーやナイフを使って火花を散らし、火打ち石感覚で種火を熾せれば、キャンプだけでなく緊急時にもヒーローになれちゃうかも。

撮影:見城了

そのときの天候によっては、火の着き具合が良くないこともありますが、何よりアナログ感が魅力的。マッチやライターを使えば、すぐ火熾こしできますが、あえて不便さを楽しむときや野営感を感じたいときに使っています

ぼくはサーフィンもするので、海の帰りなどにソロでデイキャンプを楽しんだり、ちょっとした調理をする際など、じつは火を熾すところから遊びが始まっています。長年A&Fのオリジナルを使っていますが、一発で着いたときは今でもやっぱり快感ですよ

ぼくはタバコを吸わないので、ライターやマッチを携帯をする習慣がそもそもないのですが、ファイヤースターターは超コンパクトなのでキーホルダーにつけておけば何かと便利。アウトドアエレメント「ファイヤービナー」のリアルツリーカモモデルを使っています

ITEM



ブッシュクラフト メタルマッチ
【ファイヤースチール】
●サイズ:108x27x20mm
●ロッド:約60×9.5mm
●重量:55g
【ストライカー】
●サイズ:94x22x21mm
●重量:15g

<!–

–>

ITEM



アウトドアエレメント ファイヤービナー
●材質:強化ステンレス 超耐性チタンコーティング
●サイズ:80×35mm
●総重量:28g
●耐荷重、抗張力:22kg
●内容:ブレード、栓抜き、スクリュードライバー、ファイヤーホイール、フェロロッド

<!–

–>

その5 焚き火シート(スパッタシート)

出典:ロゴス

火の粉が直に芝生やウッドデッキに落ちるのを防ぐ耐火シート。もともとは溶接用のスパッタシートを代用していたものの、近年のキャンプブームからアウトドアブランドからもラインナップされるようになりました。

自然環境にインパクトを与えない、そんな最低限のマナーを守れてこそ男前ソロキャンパーですよね。

出典:DOD

野営や直火NGのキャンプ場に行った際は、重宝するアイテムです。撤去の際、灰の処理もかなりラクになるのでオススメ。巻いたらよりコンパクトになり、荷物としても苦になりません

自然にダメージを与えないという考え方は、アウトドアズマンの心得として不可欠です。キャンプブームの今だからこそ、今後も様々なブランドからより面白いものが出てきそう。ただ、耐久性がそれほどないものなので、さらに耐久性があるものに期待します

キャンプ場として整備されていない場所で野営することもあるので、よりマナーは大切にしています。焚き火台を頻繁に変えるのは難しいですが、シートひとつで雰囲気も変わるので、今後はデザイン的にも優れたモデルに期待しています

ITEM



ロゴス たき火台シート ワイド
●重量:550g
●サイズ:幅130×奥行80cm
●収納サイズ:幅15×奥行22×高さ2.5cm
●素材:ファイバーグラス

<!–

–>

ITEM



NOCNEX スパッタシート
●サイズ: 60cm×80cm
●収納時:17cm×23cm
●総重量:約381g
●素材:ガラス繊維+シリカコート

<!–

–>

その6 シンプル&コンパクト鉄板

ソロでは基本的に炭を熾さないというキャンパーが大半です。つまり火器は、バーナーか焚き火ということになりますが、その両方に使えるシンプルな鉄板がいま急速にシェアを拡大しています。

直火のように焦げにくく、スキレット感覚で焚き火にもガンガン突っ込める無骨感にも気分が高まりますね。

撮影:大森弘恵

ハンドルの着脱が可能なモデルも多く、コンパクトになるので持ち運びにも便利。特にソロだったら大きな鉄板も必要ないですし、気楽に持っていけるサイズ感がイイですね。肉のカタマリを焼き、鉄板に乗せたまま食べれるところも良い点です

一人鍋ならぬ一人焼肉として一大ブームになりましたね。これまではコフランの「キャンプクッカー」(ホットサンドクッカー)をバラして使っていたので、まだ試したことはないのですが、最近はソロを意識した小さなモデルも多いですし、取り入れてみたいギアのひとつですね

位置をズラして火加減調整できますし、直火よりも美味しく仕上がるのは当然かと。とはいえ、ぼくはソロだろうと、肉も野菜も魚も食べたいので、できれば大きめが嬉しい。ソロ用だったら2~3枚使うことになるので、多少荷物になってでもやや大きめを選んでいます

ITEM



アウトドア鉄板 キャンプ 野外用 男爆鉄板
●厚み:約4.5mm ×1枚 
●寸法:約90mm x 150mm 
●焼き面積:約55mm x 115mm
●重量:約460g 
●素材:鉄

<!–

–>

ITEM



ベルモント 極厚鉄板
●サイズ:約210×150×8.5(板厚6mm)
●重量:約1.5kg
●素材:
黒皮鉄板、ハンドル/ステンレス
収納ケース/コットン

<!–

–>

ITEM



ユニフレーム ユニ鉄
●サイズ:200×200×17mm
●材質:ダクタイル鋳鉄(FCD)
●重量:1.45kg

<!–

–>

ITEM



BUNDOK 極厚鉄板6mm
●サイズ:約260×180×15mm
●厚み:6mm
●重量:2560g

<!–

–>

プラスαその1 焚き火用陣幕(リフレクター)

出典:QUICKCAMP

海外のブッシュクラフト動画などを観ると、焚き火の風除けや反射板として小さな垣根を組んでいることがあります。その持ち運びできる既製品が焚き火用の陣幕です。

グループキャンプのようにみんなで暖を取るのではなく、最初からソロやデュオ用に設計されているので極めてコンパクト。最近は100均グッズで自作するキャンパーも急増中です。

撮影:大森弘恵

風が強いときや、冬場の焚き火で芯から暖まりたいときに使用しています。コットン地でできているので、火の粉で生地に穴が開く心配もそれほどなく、混んでいるキャンプ場では、目隠し感覚での使用も可能です

焚き火を覆ってしまうのでソロかデュオに限定されますが、あまり木のない吹きさらしのフィールドで重宝します。風除けや輻射熱はもちろんながらら、個人的には秘密基地っぽいこじんまりとした空間が作れるのがお気に入りのポイントです

子供の頃にダンボールで基地を作ったように、自分だけのテリトリーを作れる、まさにソロ向けのアイテムですよね。……じつはまだ使ったことはないんですが、気になるギアのひとつ。広大なアウトドアでも自分のエリアを作りたい照れ屋な方にとって画期的なギアだと思います

ITEM



ロゴス TAKIBI de JINMAKU
●重量:1.5kg
●サイズ:90×90×101cm
●幕帯:90×86×90cm
●収納サイズ:14×56×7cm
●主素材:ファイバーグラス(シリコンコーティング)、スチール

<!–

–>

ITEM



FLYFLYGO 焚火陣幕
●サイズ:幅240(上部140)cm×高さ70cm
●収納サイズ:90cm×φ10cm
●重量:6.2kg

<!–

–>

プラスαその2 焚き火ハンガー

調理、仕込み、湯沸かし、保温などなど、焚き火ひとつで様々な火加減に対応しつつ、やりたいことを一気に済ませたいなら確実に選択肢に入ってくるはず。

重量が若干気になるものの、アフターケアの簡単さと鉄ならではの質感はやっぱり魅力。サイトの無骨さを格上げしてくれる見た目にも気になるプラスαギアのひとつです。

出典:Amazon

あまり荷物を広げたくないとき、特に夜や暗い時間帯に重宝します。ランタンを掛けたり、ケトルやスキレットを置いたり、火吹き棒を立てかけたり、身の回りのものを全てハンガーにまとめられるのでとても便利

ソロ需要の伸びを実感できるギアですよね。本来なら何品か調理する際の火加減調整を目的としていると思うのですが、多くのソロキャンパーさんは身近なギアをひとまとめにハンギングして使っているようですね

調理だけでなくグローブやランタンを掛けたり、ラック感覚で使っていますが、個人的にはソロだと重量が若干気になるのでメインはグループキャンプ。サイトを無骨な雰囲気に仕上げるには最適なギアですね

ITEM



ペトロマックス ファイヤーアンカー
●材質:スチール
●サイズ:103.5×83.5×20cm、アーム長さ/20cm、グリル/40×40×2cm
●重量:6.7kg

<!–

–>

ITEM



FLYFLYGO 焚き火台 ファイアスタンド 収納バッグ付き
●サイズ:73×10×10cm
●重量:3.2kg
●材質:スチール

<!–

–>

ITEM



男前 無敵の焚き火フック セット
●素材:鉄筋

<!–

–>

自分のスタイルに合ったギア選びを!

撮影:まつい ただゆき

ソロキャンプ人口急増中のいま、多くのブランドからシーンに特化したギアがリリースされています。ここで紹介した6ギア+αだけでなく、それぞれのスタイルに合った様々なギアがこれからも注目されることでしょう!

とはいえ、無骨派、UL派、コスパ派とソロキャンプの流儀も人それぞれ。自分のスタイルにハマるギアを探すのもまた、ソロキャンプの醍醐味と言えるのではないでしょうか。

The post 男前ソロキャンパーたちの共通ギア6選 first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

【2020年総決算】CAMP HACK編集部が選んだ「マジで買ってよかったモノ」発表!

編集部の5人に聞いた!「マイベストギア2020」



今年も取材や撮影(という体裁)で様々なキャンプ場に足を運んできたCAMP HACK編集部のスタッフたち。しかもみんな、プライベートでも大の外遊び好き。

だからこそ新しいギアは気になるし、評判のいい定番モノがあれば、自ら試してみたくなります。単純に、「物欲が止まらないッ!」って噂もありますが……。

なんにせよ、編集部員は今年も様々なアイテムを(仕事を言い訳にして)購入し、実際にフィールドで使ってきました。ということで、そのなかで各自が本気で選んだ「買ってよかったモノ」2020年ランキング1位を、発表します!

「自宅でも重宝するメンテフリーのダッチオーブン」

撮影:烏頭尾 拓磨
CAMP HACK元編集長・のりさん 

2020年のキャンプは20泊ほど。なかでもお気に入りのスポットは西湖湖畔キャンプ場。「それなりに都内から近く、水量次第ですが湖畔ギリギリまでサイトが作れます。それと、トイレが綺麗」。今年から本格的にSUPも満喫中。

TSBBQ(村の鍛冶屋)のライトステンレスダッチオーブン6

出展:TSBBQ 

「今年はキャンプでも自宅でも、自分で料理をすることが増えました」というのりさんが選んだギアは、新潟県の燕三条を拠点としたブランド、TSBBQのダッチオーブン。人気ガレージブランド、村の鍛冶屋が携わるだけに、多くのキャンパーも注目する逸品です。こちらは6インチ(全幅 約218mm)のモデル。



ということで、まずは購入の決め手から聞いてみましょう。

のりさん

YouTubeのCAMP HACKチャンネルで紹介されていたのを見て入手しました(笑)。丁度、小さめのちょっといい調理器具が欲しいなと思っていたので。500mlのペットボトルと比べると、コンパクトなサイズ感がわかると思います。



確かに小さい。キャンプではどんな料理で活躍していますか?

のりさん

ソロキャンプや少人数でのキャンプでは肉や野菜をグリルしたり、人数が複数人いる場合はスープを作る鍋としても活躍しています。ちなみに先日はビーフシチューを作ってみました。

おお、これは美味しそう! やっぱりダッチオーブンで作ると味も変わりますか?


のりさん

もちろん! 実は今までは登山でも使えるアルミのクッカーでを使っていたんですよ。でもこれで野菜や肉をグリルしたら、味が段違いにアップして感動しました。しかも家でも使いやすいスペックを備えているんですよ。



ほうほう。どんなところが自宅向きなんですか?

のりさん

ステンレス製だからメンテフリーなんです。家庭用洗剤で洗うだけでシーズニングの必要がなく、気楽に使えるってのいうのは最大のポイントかと。だから自宅でも頻繁に炊飯やスープ作ってます。むしろメンテが必要なら買っていなかったかも。

なるほど。気軽に使える素材、そしてコンパクトなサイズ感がちょうどいいのですね!

今後はどう使っていく予定でしょうか?

のりさん

今後はキャンプでも定番になりそうですね。まだやったことがないけど、ハンガーにかけて焚き火料理にも挑戦したいです。ちなみにアイテムの詳細は、CAMP HACKチャンネルで詳しく説明されているので、チェックしてみてください!

詳細はこちら

ITEM



TSBBQ ライトステンレスダッチオーブン6
本体材質:ステンレス三層鋼
(SUS304+アルミ+SUS430)
蓋材質:SUS430
ツル金具材質:SUS430
重量:約1.67kg
(本体:0.75kg、蓋0.79kg、ツル0.13kg)
サイズ:本体厚さ/底3.5mm、フタ厚さ/底4mm
本体内径:約148mm
深さ:(本体内面より)約83.5mm
高さ(蓋付き):約112mm(ツマミの高さも含む)
外形寸法:幅/約218mm(ハンドル含む)
容量:約1.0L

<!–

–>

「人気のハンモック泊をリーズナブルに実現できた」

CAMP HACK編集・たぐち

のりさんと同じく、2020年のキャンプは20泊ほど。車中泊好きのため、ホームスポットのキャンプ場は持たず、愛車のモビリオスパイク(DIYで車中泊カスタム済)で各地を回っている。「海が好きなので千葉に行くことが多いです」。そんななか、今冬は雪中キャンプにも挑戦予定。

One Tigrisのコンパウンド4シーズンハンモック

出展:Amazon

編集部イチのAmazonフリークと自他共に認めるたぐちさんが、この冬にAmazonでポチったばかりのアイテムがこちらのハンモック。なんと吊り下げ用のロープまで付属して5,000円(税抜)というコスパの高さをキープしています。ちなみにワンタイガーは中国のブランドで、他にも要注目なアイテムが揃っているとか。



最近、ULハイカーの間では人気のハンモック泊ですが、やはりテントよりも断然コンパクトに持ち運べるのが魅力です。

たぐち

そうなんです。このハンモックも収納サイズはそれなりに小さいです。もっと小さいモデルもあるけど、価格とのバランスで考えたら合格点かなと。Amazonには他にも多くの激安ハンモックが存在するけど、編集部のきむ23が、このブランドのテントを愛用していて評価も高かったから、安心感もあり購入しました!

実際に活躍しているみたいですが、寝心地はどうでしょう?




たぐち

いい感じです! 蚊帳付きはもちろん、熱シールドと呼ばれる布で冷気対策もできる4シーズン仕様なんですよ。これはハンモックでは珍しいポイント。ただ、生地は薄いから真冬ならハンモックダウンは必須ですね。これから購入予定です。



そもそも、なんでハンモック泊をしようと思ったんですか?

たぐち

いびきがうるさいから、人と寝れないんです(笑)。迷惑かけたくない、ということでグルキャンでもソロテントか車中泊。それが好きなのもありますけど。でもこれを購入してから、木があればハンモック泊になりました。

おかげで朝まで誰にも迷惑をかけず、邪魔されることもなく快適に過ごしています。もちろん寝心地も最高っす!

詳細はこちら

「3人分の調理に絶妙なサイズの鉄板を発見!」

CAMP HACKチャンネル・けっそん

主にソログルキャンプを満喫し、2020年のキャンプ実績は40泊という、自身の最高記録を更新。ホームスポットは上毛高原キャンプグランド。「段々畑のような構造なので、お隣さんと同じ目線になることが少ないけど、かっこいいサイトもチェックできます。しかも露天風呂まで!」

Mac Outdoorのマックパン

出展:Mac outdoor

のりさんがハマったダッチオーブンを、YouTubeのCAMP HACK チャンネルで紹介していたけっそん。今年は様々なギアに触れてきたけど、個人的に最も気に入ったのは韓国のブランド、マックアウトドアの鉄板に決定。キャンプヒルズのECサイトで入手したとか。

出展:Mac outdoor
マックアウトドアは、まだ日本では珍しいブランドです。なので、まずはブランドの詳細から教えてもらいましょう。
けっそん

韓国発、テントのグラウンドシート専門メーカーなんですよ。2020年2月よりヘキサタープの販売を開始したのですが、これがまた人気絶大で、販売開始と同時に売り切れ御免状態でした。このマックパンは9月にリリースされたばかりのアイテムです。



早速、使ってみてどうでした?

けっそん

先日、3人のキャンプに持参して、夕食時に持ち寄りのお肉や野菜を焼き続けました。鉄板だけど表面にテフロン加工が施されているから焦げ付かないし、サイズ的にも扱いやすい感じでしたね。





野菜や肉だけでなく、いろんなものが焼けそうですね。

けっそん

そうなんですよ。翌朝に目玉焼き3個とベーコンを焼いて朝食を作りました。フライパン感覚ですね。しかも起床後に水洗いをして拭いた後、そのまま再度焚き火に放り込むだけ。かなりお手軽ですよ。


けっそん

あとは付属の専用リフターも便利ですね。持ち運びもしやすいけど、これがあると焚き火の上に直接置いても取り出しやすいんですよね。テーブルの上にも置けるサイズだから、焼いたものをお皿に移す必要もありません。



確かに、ソロや少人数のキャンプで扱いやすそうな大きさです。

けっそん

友人のファイアーディスクの上に置いてみたら丁度いい感じでした。しかも3人分の調理に絶妙なサイズ感。最近は大人数のグループキャンプ行くことも少ないから、今の自分にはこのくらいのサイズがちょうどいいなと再確認しましたね。同じようなスタイルの人にオススメです!

詳細はこちら

ITEM



Mac Outdoor マックパン
重量 : 約1Kg
サイズ : 直径220mm
付属品:収納ケース、リフター
原産地 : 韓国

<!–

–>

「手の平サイズになるジャグは、使い勝手も抜群でした」

CAMP HACKチャンネル・きむ23

2020年に限らず、キャンプは毎年平均して30〜40泊ほど。両手で持てるぐらいのコンパクトなギアを持ち込み、足りない場合は現地で何とかするスタイル。好きなキャンプ場は四尾連湖だけど、その理由は「外界から閉ざされた空間で、人工の音がしないから」。最近は畑にも興味があるとか。

BUNDOKのフォールディングジャグ

出展:Amazon

たぐちさん曰く、ワンタイガーのリーズナブルなテントを愛用するきむ23は、同じく財布に優しいキャンプギアを展開するブランド、バンドックに注目。こちらのフォールディングジャグは、なんと527円(税込)という、驚異的な高コスパを実現しています。



ではジャグを購入したキッカケから聞いてみましょう。

きむ23

炊事場まで遠かったり、無かったりするキャンプ場でも快適に過ごしたかったんです。でも洗練されたデザインや高機能のジャグもいっぱいあるけど、かさばるのが嫌で。なるべくコンパクトになるタイプを探しました。

これはかなりコンパクトになりそうですね!


きむ23

折り畳むと手の平サイズになるんですよ。それでも水は7Lまで入る優れモノです。でもこのタイプのジャグは、無色かブルーカラーがほとんどで、どうしても災害時用のイメージがあったんですよね。そのなかでも、これは唯一キャンプギアっぽいカラーだったのも購入の決め手です。



バッグに入れてもかさばらないですね。キャンプ場ではどんな感じで使っていますか?

きむ23

このタイプならではですが、ちょっと傾斜があってもフレキシブルに形を整えて、安定させられるのが便利なんですよ。注水口の使い勝手も非常に良くて、一気に水をかけたいときも、ピンポイントで狙いやすくて重宝しています。

多分キャンプだけでなく、帰宅してからの部分的な洗車にも使えそうですね。悪路を走って汚れたホイールとかを洗うのに活躍してくれるんじゃないかと。

詳細はこちら

ITEM



BUNDOK フォールディングジャグ
サイズ:約420x150x320mm
耐熱:80℃
耐冷:-20℃
重量:約80g
材質:本体/ポリエチレンPET コック/ポリプロピレン・ポリエチレン・熱可塑性エラストマー

<!–

–>

「ミリタリーなフォールディングMTBに夢中」

CAMP HACK編集長・まっつん

最近、第二子が誕生したこともあり、2020年のキャンプは少し控えめに12泊ほど。ソログルキャンが主体ながら、2021年はマイカーを購入して家族で車中泊を楽しむ予定。「もちろんファミキャンもがんばります!」とアウトドアパパとしても奮闘中。

MONTAGUEのパラトルーパー

出展:Amazon

「自転車キャンプに興味があったんです」という、まっつんが選んだベストギアは、折りたたみ式のマウンテンバイク。しかもUSMC(米軍の海兵隊)で実践配備されていた、ミルスペック仕様のタフな1台。外遊びだけでなく、日常でも足代わりとして大活躍しているとか。



MTBとしては珍しい、折りたたみ式を選んだ理由を教えてください。

まっつん

クルマに載せて色んな場所でサイクリングを楽しみたかったんです。先日は友人の軽バンに自転車3台入れて遠方に行き、そこからサイクリングを100kmほど楽しんで風呂入って帰る、という遊びをしてきました。



今後は自転車キャンプにも、どんどん挑戦していきたいとか。

まっつん

もちろん。サイクリングの遠征先でテントを張ってデイキャンプっぽいことはしたけど、本格的な自転車キャンプもやってみたいし、クルマでキャンプ場に連れて行って、その周辺を探索するのもいいですね。

この1台は頑丈で設営が簡単だから、キャンプギア感覚で扱えるんですよ。パラシュート部隊が体に付けて飛び降り着地後組み立てて作戦ポイントへ移動するのに使っていたルーツがあるみたいです。



実際、かなりタフなルックスですね。

まっつん

しかも最初からキャリアが付いていて、パニアバッグも簡単に取り付けられて積載力も充分。UL過ぎない自分のギアたちにはちょうどいい自転車です。ただ、あくまでマウンテンバイクなので、ロードやクロスバイクに比べると走行性は落ちますけど。

とりあえず本格的な自転車キャンプのデビューに向けて、先輩キャンパーたちの積載術をチェックして勉強します!

詳細はこちら

ITEM



MONTAGUE パラトルーパー
折りたたみサイズ:W92×H72×40cm
総重量:14.5kg

<!–

–>

お気に入りをギアを探すのもキャンプの魅力のひとつ



ということで、外遊び好きが集結しているCAMP HACK編集部ならではのラインナップとなりました。しかも各自が独自のキャンプを自由に楽しんでいる様子も伝わってきます。

自分の好きなキャンプで新しく入手したアイテムを試したり、お気に入りのギアを使う瞬間は、いつだってワクワクしますよね。もちろんそんなモノを探したり、発見するのも楽しみのひとつです。

みなさんも、今年はどんなアイテムに出会いましたか? 年末ということで、マイベストギア2021を決定してみてはどうでしょう。

The post 【2020年総決算】CAMP HACK編集部が選んだ「マジで買ってよかったモノ」発表! first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

北欧のブランド「Savotta(サヴォッタ)」が本格上陸!軍用スペックにブッシュクラフターが熱視線!

フィンランドの老舗ブランド「Savotta(サヴォッタ)」って知ってる?


1955年に誕生した「Savotta(サヴォッタ)」は、北欧フィンランドのブランド。フィンランドといえばブッシュクラフトの本場であり、サヴォッタも非常に武骨で魅力的なギアをラインナップしています。


サヴォッタと言えば、定番アイテムとしてモジュール式のカスタマイズできるバックパックがあげられますが、じつは他にも薪ストーブやサウナテントまでリリースしています。

そして声を大にして伝えたいのが、50年以上にわたってフィンランド国防軍と提携していること。過酷な環境に耐えうる軍用スペックをギアに落とし込んでいる本気スペックのブランドなんです。

そんなサヴォッタが、アウトドアショップ「UPI」でも取り扱いが始まり、日本に本格上陸。今回は2つのアイテムをご紹介します。

ステンレス板で組み上げる「ハッピー ストーブ」


軍用スペックの話をしておいて紹介するのも気恥ずかしいのですが、まずはこちらの可愛らしいウッドストーブを。「プレートの形状が偶然にも笑顔に見える」というわけでなく、明らかに狙って製作されている模様です。

ステンレスのプレート7枚で構成される組み立て式で、分解すればコンパクトに持ち運べます。

秀逸な携帯性で調理能力も上々。


ハイクや渓流釣りの途中で、さっと使えるのがウッドストーブ。小枝を集める手間はかかりますが、ガスもアルコールも必要としないため携帯性はバツグンです。

収納サイズは15.5×14cmとなり、厚さはたった1cm。重量も250gと軽量です。素材にコーデュラ(超強いナイロン)を採用した、贅沢な収納ケースが付属します。

先ほどの写真では、ケトルが約10cm四方のボディをはみ出し、理想的なバランスで載っていましたが、小さいクッカーでも問題ありません。構成パーツの7枚のプレートには、十字型のゴトクも含まれています。

高く評価したい遊び心


名称は「ハッピー ストーブ」なんですが、リフレクターに反射した光はまさしくハッピーなものとなります。当アイテムは兄弟のようなサイズ違いもラインナップされていて、それはまた違った表情が演出されますので、ぜひチェックしてみてください。

「ハッピーストーブ」の詳細はこちら

ITEM



サヴォッタ ハッピー ストーブ
●サイズ:W14×H14×D14cm
●重量:250g

<!–

–>

ITEM



サヴォッタ グランピーストーブ
●サイズ:W14×H14×D14cm
●重量:250g

<!–

–>

手のひらサイズになる「ウォーター バッグ」


炎の次は水系のギアをご紹介しましょう。一見どんな用途で使うのか分かりづらいかもしれませんが、こちらは「ウォーター バッグ」です。

アウトドアにおける「水を汲む、溜めておく」で活躍します。柔らかい素材ですが、そのまま地面に置いてもたぷんたぷんの状態で安定。容量は12リットルと頼もしいサイズです。

驚きの折りたたみサイズ


12リットルもの容量がありながら、折りたたむと手のひらサイズに。折りたためるソフトジャグやウォータータンクはそれほど珍しくないかもしれませんが、容量比で考えると驚きの小ささではないでしょうか。

水を現地調達したいミニマムキャンパーにとって、非常に魅力的なギアが上陸してくれましたね。

ハンドル付きで使い勝手もよさそう


ハンドルがついているので、ザブッと水を汲み上げることができます。こうしてバケツのように水を汲むことができるのは、当アイテムの大きな特長。

地面に置けば、そのままウォータータンクに。川や湖の水を汲んで料理に使う場合は、浄水ボトルも用意しておきたいですね。ともかく一気に大量の水を汲んできて、溜めておける便利なアイテムです。

「ウォーターバッグ」の詳細はこちら

ITEM



サヴォッタ ウォーター バッグ
●素材:70Dポリウレタン、ポリアミド
●容量:12リットル

<!–

–>

以上の2アイテムの他にも、サヴォッタには魅力的なアイテムが勢揃い。正規輸入代理店はモーラナイフやスロストーブも扱うUPIです。新年1月には、新たな直営店が表参道にもオープン予定。サヴォッタの製品を手に取れる機会も増えるので、今後の展開にも乞うご期待です。

UPIの公式サイトはこちら

The post 北欧のブランド「Savotta(サヴォッタ)」が本格上陸!軍用スペックにブッシュクラフターが熱視線! first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

セットでこの価格?!NANGAの「ダウンシュラフ+マット」がコスパ良好と話題沸騰中です!

お得なセットアイテムを準備して、クラウドファンディングに挑戦中!



ダウンシュラフメーカーとして信頼度と認知度の高い『NANGA(ナンガ)』。シュラフ製造25年の経験と数々の冒険家を支えてきた第一線のプロ意識で、国内屈指のメーカーとして成長してきました。

そのナンガが、現在クラウドファンディングに挑戦中です!



今回のプロジェクトでは、「超軽量ダウンシュラフ」と「エアマット」のセット販売を実施。なんとセットで3万円台というお得感のあるアイテムを打ち出しています。気になるその内容について、詳しく見ていきましょう。

シュラフ&マットのセット割で高コスパを実現



ナンガのダウンシュラフと言えば、品質にこだわり数万〜10万円オーバーとお値段も本格派なイメージ。

しかし今回は、できるだけ多くの方にダウンシュラフの良さを知ってもらうため、第三者機関の品質測定を省き、直接ユーザーに届けることでコスパを実現しています。

3シーズン対応の本格モデル





新開発のダウンシュラフは、3シーズン(春、夏、秋)に対応。羽毛は通常のナンガ製品にも使用されている、760FPのDXダウン(スペイン産ホワイトダックダウン90-10%)が採用され、日本国内の自社工場で縫製、充填されています。品質を下げない、その心意気が感じられますね。



また、シュラフと同時開発されたエアマットのR値(断熱力を表す指標)は3相当。これはシュラフと同様、3シーズン対応をイメージするといいでしょう。

シュラフとマットがあれば、まさに鬼に金棒。自宅以外で十分な睡眠を得るのに、最適な組合せと言えますね。キャンパーのみならず、万が一の防災用としても備えておきたいアイテムです。

軽量・コンパクト・快適性をさらに追求!



軽量・コンパクト性にもこだわり開発されているのが本モデルの特徴。どんな環境でも使いやすいシュラフとマットを目指して、なんとこのセットで総重量1.4kg未満に抑えることに成功。しかも収納したときのコンパクト性にもこだわっています。



シュラフの形と言えば、一般的に細身のマミー型かボックス状の封筒型で大きく分かれます。それぞれに長所・短所があり、シュラフ選びで悩むポイントでもあります。

しかし今回のモデルは、両者の良いとこ取りをしたテーパードシェイプ型! 一見封筒型のように見えますが、実は先細りのシルエットになっており、就寝時の快適性を追求しています。



シュラフの縫製ラインは横向きにステッチされ、ダウンが入る部分は横長のチューブ形状。それにより、チューブ内でダウンを移動させることができるんです!

シュラフとして使用する場合、背中側のダウンは体重で潰れてしまうと性能を発揮できません。そんなとき動画のようにダウンを移動をさせればOK。

寒ければ身体の表側にダウンを集中させ、暑い場合は背中側にダウンをあえて移動させることができるというわけです。ダウンの断熱効果を調整できるという、画期的なアイデアですね。

細部までこだわり抜いた、独自機能も見逃せません!



さて、ここまでもかなり気持ちの入ったアイテムになっているんですが、さらに細かい部分までこだわった独自機能も見逃せませんよ。

実はシュラフに備え付けの袋が、衣類などを詰めれば枕として使えるし、足元に入れる湯たんぽケースとしても使える仕様に!



またこのシュラフが2つあれば、サイドのジッパーで連結することもできます。子どもと一緒に寝るときなど、寝かしつけにもちょうどいいですね。家族やカップルには、なんとも魅力的な機能と言えます。



エアマットの収納バッグにもこだわりが。エアマットに空気を吹き込む際、ポンプ代わりのインフレーションドライサックとして使えます。

収納袋をマットレスのバルブに接続し、空気を押し込むだけ。バルブには逆戻り弁が付いているので、空気を無駄なく注入できます。

気になるお値段は…?数量限定のお得価格も!



そして、気になるお値段は、シュラフとマットのセットでなんと36,300円(税込)! しかも今回プロジェクト応援価格として、10%OFFの32,670円(税込)で購入できるんです。

さらに、2個セット特価や早割などのお得感が増すバリエーションもあり、話題性も十分。普通にダウンシュラフとマットをそれぞれ家族分揃えようと思うと出費も大変。このお得に手に入る機会に、安心の品質ナンガのセットアイテムを揃えてみるのもいいのではないでしょうか。

車中泊や災害時のマストアイテムとしても、この最強コンビはオススメです!



いかがでしたか? ナンガの新開発ダウンシュラフとエアマットのコンビ。これはキャンプだけでなく、車中泊や、災害時のアイテムとしても最適です。

シュラフはジッパーを開ければ、ダウンの毛布としても使えるので、その活用の幅は広がるばかり。「ダウンシュラフの魅力を広く伝えたい」そのナンガの強い気持ちを感じる個性的なセットアイテムでしたね。

気になる方は、下記クラウドファンディングページを是非覗いてみてください。

クラウドファンディングの詳細ページはこちら

 

 

 

The post セットでこの価格?!NANGAの「ダウンシュラフ+マット」がコスパ良好と話題沸騰中です! first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

着火方法は?後始末は?「スウェーデントーチ」のやり方と注意点まとめ

アイキャッチ・記事中画像撮影:筆者
※この記事の撮影は直火での焚き火が許可されているキャンプ場で行っています。

新しい焚き火の楽しみ方に挑戦してみたい



家族でキャンプに行くときは、焚き火のかたわらでのんびり過ごすのが好きな筆者。焚き火を使って子供たちと普段できない経験をするのが楽しみでもあります。

これまでフェザースティック作りやファイヤースターターでの着火などをしてきましたが、今回はやったことがない焚き火がしてみたくなり、気になっていたスウェーデントーチに挑戦してみました。

そもそもスウェーデントーチって?



丸太を燃やして焚き火をするのがスウェーデントーチ。スウェディッシュトーチとも呼ばれ、北欧では古くから“かがり火”として使われていたようです。

一度火をつければ薪をくべる必要もなく数時間燃え続ける便利なもので、焚き火同様に暖を取ったり料理を作ったりすることができます。

今回初挑戦のスウェーデントーチ、やり方や注意点を交えながらその魅力をお伝えしていきます!

準備~点火まで



まず必要なのが丸太。種類はスギやヒノキなど基本的には何でもいいようですが、しっかりと乾燥されていることが重要。これは焚き火にくべる薪と同じですね。

スウェーデントーチが燃える仕組みは?

単に丸太に火をつけるのではなく、切れ目を入れます。そこから空気が入り込み、煙突効果で発生する上昇気流によって燃焼し続けるというのが燃える仕組み。切れ目の数が多いほど多くの空気が中に入り込むため、火が大きくなり素早く燃焼します。



ただそもそも丸太をすぐに調達できる方や、切り込みを入れるためのチェーンソーを持っている方は少ないはず。初めはアウトドアショップや材木屋さんのネットショップで販売されている、完成品のトーチを使うのが手っ取り早くオススメです。

今回は直径約25×高さ40cmのヒノキで作られた市販品のトーチを使ってみました。では、さっそく点火と参りましょう!

着火はとても簡単だった



普通の焚き火では着火剤から細い枝に火をつけ徐々に太い薪に移していくのがセオリーですが、どうやらトーチは上の切れ目のところに着火剤を置いて、火をつけるだけでいいのだとか。果たしてこんな太い丸太に、そんな簡単に火をつけられるんでしょうか?

「中の方まで火をつけないと燃えないのでは?」と不安だったのですが実際にはそんなことはなく、拍子抜けするほどあっさり着火。10分ほど経って着火剤が消える頃にはトーチ自体に火が燃え移り、そのまま安定して燃え始めました。

何もしなくてもみるみる燃えていく



最初のうちは中の方でじっくり燃えているな……という感じでしたが、30分も経つと炎が大きくなり、外から見てもよく燃えているのがわかるように。



点火から約1時間後の状態。全体に火が行き渡り、勢いよく燃えています。焚き火は燃やし方によっては途中で消えてしまったりしますが、何もしないでここまでしっかり燃えるとは、とても楽ですね。

どのぐらい暖かいの?



点けて間もなくはまだ火の勢いが弱く煙が多いため、ほんのり暖かい程度。このまま何もしなくても徐々に火は大きくなりますが、早く暖かくしたい場合は切れ目のところから火吹き棒で吹くと燃えが良くなります。



30分ぐらい経って全体に炎が行き渡る頃になると、焚き火台で薪を燃やしているのと同程度の暖かさに。燃えが進むにつれて、暖かさもだんだんと増していくのが感じられました。

スムーズに着火できたところで、やってみたかったことのひとつ「スウェーデントーチで調理」に挑戦です!

スウェーデントーチで料理をしてみた



これだけの火力があれば料理も問題なくできそうということで、試しにフライパンで肉を焼いてみることに。



まだ火が小さい状態でフライパンをトーチの上に直置きしてみたところ、空気の流れが悪くなるせいか急に火の勢いが弱くなってしまいました。煙ばかり出て、なかなかフライパンが熱くなりません。



そこで、普段から焚き火のときに使っている焚き火ハンガーをセット。少し離して空気の通り道を確保したところ、また勢いよく燃え始めました。ジュージューといい音がして、みるみる肉が焼けていきました。

火が近いと高火力での調理は難しいので、火加減の調節のためにもロストルやゴトクを使うなどした方がやりやすそうです。

ITEM



ポルテスアウトドアツールズ MITI
●サイズ:約205x65mm
●重量:約1.30Kg
●素材:3.17mm 304L stainless steel

<!–

–>

ITEM



スウェーデントーチ用 五徳
●材質:鉄
●サイズ:長さ約115mm、高さ約32mm、太さ約4.8mm
●内容量:3本入り

<!–

–>



またトーチは時間の経過と共に崩れてくるので、ダッチオーブンや直径が大きく重いスキレットなどは置かない方が良さそう。長時間火にかけるような煮込み料理にも、あまり向いていないことがわかりました。

気を付けるべきことは?

筆者のように、ある程度普通の焚き火に慣れてくると物珍しさから「スウェーデントーチをやってみたい!」となる方もいるかもしれません。しかし実際やってみると予想以上に注意しなければいけない点がありました。

みなさんが安全にできるよう、気をつけるべき点についてもまとめておきます。

スウェーデントーチをやる上で知っておきたいこと

キャンプ場のルールに従って楽しもう



丸太に直接火をつけるスウェディッシュトーチは、1時間を過ぎたあたりから全体に火が回り、ご覧のようにトーチの一部分が崩れはじめました。地面に火のついた薪が落っこちてしまいます。

そのため実施する場合は直火OKなキャンプ場を選びましょう。



ただほとんどのキャンプ場は直火NGなことが多いので、そういった場所でやる場合は下に防火シートを敷くのはもちろん、熱伝導を防ぐため焚き火台の上に置くなどして必ず地面から距離を取ること。

また崩れるとき思いのほか広範囲に飛び散ることがあるので、崩れる前に火挟みでそっと崩すなどして充分にご注意を。スウェーデントーチは普通の焚き火以上に対策が必要ということを心得て、しっかり準備した上で実施することが大事です。

ITEM



ロゴス たき火台シート・ワイド
●サイズ:(約)幅130×奥行80cm
●収納時サイズ:(約)幅15×奥行22×高さ2.5cm
●重量:(約)550g
●素材:ファイバーグラス

<!–

–>

ITEM



ムラコ アンチスパークラグ レクタ
●サイズ:680 × 400mm
●重量:110g
●素材:耐熱クロス, シリコンコーティング(黒色面)

<!–

–>

キャンプ場や他の利用者の迷惑にならないよう、しっかりとマナーを守って楽しみましょう。

最後まで燃やし切り、後始末も忘れずに!



最終的にはすべての木が崩れ落ち、普通に焚き火をしているような状態に。ただ一番下の切れ目が入っていない丸太の部分は、そのままにしておくと燃え残ってしまいます。



切れ目の深さにもよりますが、すべて燃やしたい場合は落ちた木をなるべく集まるように置き、火吹き棒で吹くなどすれば最後まで綺麗に燃やすことができます。

燃え残ってしまった場合は、普通の焚き火のときと同じように冷めるのを待ってから持ち帰るか、指定の灰捨て場に処分しましょう。



鎮火は予想より早く、着火から約3時間ほどでここまで燃えて、あと1時間以内には完全に鎮火しそうな状態に。トーチの大きさや切れ目の数・樹種の違いで時間は異なりそうです。

ただ、薪1本ごとに燃え加減や時間をコントロールできる普通の焚き火と比べると、火をつけたらあとは燃え切るまでそのままなので、時間の余裕を持って行うに越したことはありません。もし途中でやめなければいけない場合は、水をかけて鎮火させることもできます。

注意点にさえ気をつければ雰囲気のある特別な焚き火を楽しめるスウェーデントーチ。最後に便利なキットをご紹介しておきます!

便利なスウェーデントーチキット紹介

出典:楽天市場

今回使った直径25cm級のどっしりした丸太や、より手軽に試せるコンパクトなものまでいろいろあります。小ぶりのサイズなら焚き火好きの方へのギフトとしても良いかもしれませんね。

ITEM



スウェディッシュトーチ(ナラ)2本入り
●丸太の直径:20〜25cm、長さ約45cm

<!–

–>

ITEM



スウェディッシュ バーチキャンドル M
●サイズ:W12φ×H30cm
●燃焼時間:約2時間30分(目安)

<!–

–>

ITEM



T-KRAFT 津山銘木ウッドキャンドル(スウェーデントーチ)
●サイズ:直径約18cm〜25cm 高さ約40cm
●燃焼時間:約1.5〜2時間

<!–

–>

いつもとは違う焚き火の面白さを味わえた



かがり火という名の通り手がかからず、普通の焚き火とは異なる幻想的な燃え方を楽しめるスウェーデントーチ。ただ準備や後始末が簡単というわけではないので、そこは普通の焚き火と同じようにしっかりとマナーを守って準備を整えて行いましょう

この記事が気に入ったあなたに、オススメの3記事

The post 着火方法は?後始末は?「スウェーデントーチ」のやり方と注意点まとめ first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

【じつは気軽に使える!?】憧れの車中泊・バンライフカーに泊まってみたら予想以上でした

アイキャッチ・記事中撮影:宿利泰蔵

ある日、CAMP HACKの濱松氏と話していると……


濱松

最近、日本でも密かに注目を集めている「バンライフ」に興味があるんですよね。

ライター加茂

バンライフですか……? よく聞く「車中泊」とは違うんですか?

濱松

バンライフはアメリカを中心に広がっているスタイルで、カスタムしたバンで生活、仕事をしながら「旅をするように生きよう」という新しいライフスタイルなんです。

ライター加茂

今年は日本でもリモートワークやワーケーションが広がりました。バンライフはその一歩先を行くライフスタイルと言えそうですね。

濱松

そうなんです! とはいえ、いきなりバンを買うっていうのはハードルが高い……。なのでまずは、バンライフが体験できる車を借りてどこかに泊まりに行ってみたいんですよ!

ライター加茂

いいですね! そういえばこの前ちょうど「Carstay」っていうキャンピングカー・バン専用のシェアカーサービスの話を知り合いから聞きました。このサービスを利用してみるのはどうですか?

濱松

おお! まさにバンライフ体験にうってつけのサービスじゃないですか! このサービスを使ってみましょう!

さすが加茂さん、頼りになるわ〜。

早速「Carstay」のHPでバンを予約


濱松

では早速「Carstay」で検索っと。無料でアカウントを作ったら、出発地のエリアとシェア開始日と返却日を選択して「車を探す」をポチ。


出典:Carstay
ライター加茂

おお〜! いろんな車種が出てきますね。HPもキレイで見やすい! キャンピングカーもありますけど、今回はやはり“バン”にしましょうか。

濱松

そうですね。これとかどうです? ハイエースのカスタム車で初心者でも運転しやすそうですし、ベッドにテーブル、水道の蛇口まで付いてますよ。

ライター加茂

いいですね、最高じゃないですか! これにしましょう。


提供:Carstay
Carstay概要】
2020年の4月発足のバン・キャンピングカー専用のシェアサービス。全国に約100台もの登録車を要している。車だけでなく、車中泊スポットの検索や旅プランも提案など、キャンピングカーで旅がしやすくなるサービスを網羅。
濱松

家族旅行とか、地方を巡る出張のときなどに利用するのもアリかも。これひとつで宿とレンタカーの予約が済みますからね。

いざ!念願のバンライフカーでキャンプへGO!



12月某日、濱松と筆者は予約した車のホルダー(所有者)さんのもとに向かい、はじめてバンとご対面!



今回利用した車は『トヨタ』の「ハイエース」をバンライフ仕様にカスタムしたいわゆるバンコンと言われる一台。オシャレな板張り仕様に内装がカスタムされているほか、荷台部分には広々としたセミダブルサイズのベッドが!

slider image

slider image

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}

さらに、ワンタッチで開閉するサイドテーブル、水道、冷蔵庫、寒い夜に役立つ石油ヒーターなど、ラグジュアリーなバンライフを送るための装備一式が完備されていました。

濱松

ここまでカスタムされた車が気軽にシェアできるなんて、最高なサービスですね。

ホルダー

ありがとうございます! Carstayさんは個人ホルダーもいますが、弊社は会社事業の一環としてCarstayさんに登録させてもらっています。

濱松

事業者の方も登録されているんですね! 初めての利用だったら、個人よりも安心かも。

ライター 加茂

装備についてですが、冷蔵庫もついてますけど、バッテリーは大丈夫なんですかね?

ホルダー

予備バッテリーも積んでいるので、ご安心ください。一酸化炭素の検知器もセットされてるので、ヒーターも安心してお使いいただけます!

ライター 加茂

そうなんですね、それは心強い!

いざキャンプ場に向けて出発!



ヒーターや水道、テーブルの使い方などの説明を受けたらいよいよ出発!

濱松

いや〜いよいよ出発ですね。バンライフ仕様のカスタム車は運転が難しいのかなって思ってましたけど、通常のハイエースの乗り心地と変わらないですね。ちょっと運転替わってみますか?

ライター 加茂

ぜひぜひ! お、本当ですね。バンって運転席が高くて運転しやすい! 大型のキャンピングカーだとちょっと運転が怖いですけど、これならかなりハードル低いですね!

バンライフカーなら優雅な時間を過ごせる



高速道路を走ること約2時間、撮影隊一行を乗せたバンは西湖湖畔キャンプ場へ。

濱松

着きました! 大自然のなかに車を止めたら、そこが今日の宿になる。まさにこれぞ「自由」って感じですよね。というか、設営が10分で終わるいう衝撃(笑)。

ライター 加茂

テントやシェルターを設営する必要がないので、サイトのセッティングもあっという間でしたね。設営も苦ではないし、新幕だったらなんなら設営したいときとかありますけど、時短はやっぱり嬉しいです。

濱松

それもバンコン(キャンピングカー)のメリットですよね。荷物が少なくて済むので設営時間を短縮でき、のんびりとした時間の使い方ができる。

ライター 加茂

念のため持ってきたけど、使わなかったアイテムもけっこうありましたもんね。

アイテムについては別記事でオートキャンプ、通常の車中泊した場合とどう違うのかを詳細に検証しています。ぜひご覧ください!

ゆっくり夕飯を食べ終えて、「え!まだこんなに早い時間なの?」



調理道具を並べたら、ゆっくりと料理をスタート。バンライフとオートキャンプの最大の違いは、テントや就寝時の設営・準備が不要だという点。



すぐに設営が完了するので、手の込んだキャンプ飯を作ったり焚き火をしたり、周辺エリアの散策やSUPやサイクリングを楽しむなど余裕のあるキャンプ時間を過ごすことができます。



急に寒い風が吹いてきても、車内にはグランピング施設のような快適空間が。そして車内から窓の外を見ると、燃えるような夕焼けが湖畔の空を赤く彩っていく……。キャンプとはまた一味違う、心が洗われるような贅沢な時間が流れていきました。





風が強くなってきたので車内にて夕食を食べ、片付けが終わってもまだまだ夜は浅い時間。ということで、この日は濱松がいまハマっているというボードゲームをプレイすることに。

時が経つのを忘れ、久しぶりに深夜まで……と思いましたが、はじめるのが早かったため深夜帯になることなく就寝することに。

濱松

眠くなってきましたね、そろそろ寝ましょうか。

ライター 加茂

撤収するテントもありませんし、起床時間もゆっくりで大丈夫ですよね。


濱松

そうですね。ゆっくり9時くらいまで寝ちゃいましょうか。

ライター 加茂

はい。それではお休みなさーい。

一夜明けて、撤収もささっと!


ライター 加茂

おはようございます。よく眠れました?

濱松

もうぐっすり! 車の後部座席をフラットにしてマット、寝袋を敷いた車中泊とは違い、もはや自宅のベッドと変わらない寝心地でしたよ!

ライター 加茂

確かに! 昨夜は風も強かったですけど、車内は静かでめちゃくちゃ快適でしたね。


ライター 加茂

ぼちぼち片付けますか。撤収するアイテムも少ないですし、バンコンって本当にラクですね。

濱松

雨や結露でテントが濡れると乾くまで撤収できなかったり、家で乾燥させたりと大変じゃないですか。それがないのはかなり有難いですよね。

ライター 加茂

夜のうちにアイテムを片付けておけば、朝一で次の目的地に向かう、なんてこともできそうですね!

「移動」と「宿泊」の概念が変わるバンライフ



仕事柄、キャンプ場での泊まりロケや野外フェス取材なども多い筆者。今回、実際にバンライフを体験してみたことで、「バンライフカーがあれば移動と宿泊がより自由になり、フットワークを軽くできるなぁ」と、かなり心を揺さぶられました。

宿の予約や電車、飛行機のチケット手配も不要で、いつでも旅をしながら仕事もできるバンライフ。リモートワーク、ノマドワークが進むいまこそ、新しい選択肢としてライフスタイルに取り入れてみてはいかがでしょうか。

Carstay」のHPはこちら

撮影協力:Carstay株式会社、西湖湖畔キャンプ場

The post 【じつは気軽に使える!?】憧れの車中泊・バンライフカーに泊まってみたら予想以上でした first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

車中泊となにが違う?話題のバンライフを体験してみて分かったギアの違い

アイキャッチ・記事中撮影:宿利泰蔵

旅をするように暮らす「バンライフ」とは



オシャレにカスタムしたバンに乗り、旅をするように暮らす「バンライフ」という新しいスタイル。近年、日本でもキャンプイベント等でバンライフ仕様の車が数多く展示されるなど、新しいモノ好きキャンパーさん達の間でこのバンライフが話題になっているんです。

「車中泊」とどう違うの?



バンライフは車中泊と重なる部分もありますが、少し趣向が異なる部分も。

車中泊はあくまで出先での宿泊手段を指すのは皆さんもご存知の通り。ですが、バンライフは暮らしや仕事の軸足をバンに置き、旅をしながら暮らすというオルタナティブなライフスタイルそのものを指す言葉なんです。

実際に持って行ったアイテムはこれだ!

今回の記事では、実際に使ったキャンプ道具を紹介しながら、バンライフの魅力を深掘りしていきたいます!



長期にわたり車内で寝泊まりをするバンライフでは、きちんと熟睡できることがかなり重要! ということで、荷台スペースに本格的なベッドを備え付けるのがスタンダードなスタイル。

なので、車中泊やオートキャンプに比べて用意すべきアイテムが格段に少なくなります。ここからは、バンライフにはどんなアイテムが必要でなにが不要なのか、実際に体験してみて分かったことをご紹介していきます!

調理や食事、団欒するためのテーブル



今回使用したバンにはセミダブルサイズのベッドがカスタムされており、残念ながら複数名が座ってくつろげるほどのスペースはありませんでした。そこで活躍したのがキャンプ用テーブル。

調理をするのにも、食事をするのにもテーブルは欠かせないアイテムです。

ITEM



カステルメルリーノ キャンパーテーブル 赤

<!–

–>

最低限の自炊ができる調理道具セット





1〜2日程度なら食事は外食で済ますのもアリですが、外食が続くと心身のストレスになることも。

長期にわたりバンライフな生活を送るなら、最低限の調理器具は持参するのがオススメ。アウトドアでご飯を作ることでキャンプ気分を味わうこともできます!

ITEM



TSBBQ ステンレスダッチオーブン 6インチ

<!–

–>

ITEM



MSR ALPINE DX キッチンセット

<!–

–>

手元を照らすLEDランタン



テーブルで夕飯を食べる際や夜間にトイレに行く際など、LEDランタンはバンライフにおいても欠かせないアイテムでした。車内は密閉空間なので、ガソリン、灯油タイプではなくLEDタイプのものがベターです。

ITEM



GOAL ZERO LIGHTHOUSE MICRO FLASH

<!–

–>

ITEM



LUMENA2

<!–

–>

やっぱり焚き火はしたい



アウトドアの醍醐味のひとつといえば、ゆっくりと焚き火と向き合う時間ですよね。

テント設営・撤収が不要なバンライフでは時間を贅沢に使えるので、バドニングで小割を作ったりフェザースティックを作るなど、丁寧に焚き火を熾すことができました。自由を謳歌できるバンライフと焚き火は相性抜群です!

キャンプとここが違う!?持参したけど使わなかったアイテム

ここからは、念のため持参したものの結局使わなかったアイテムをご紹介。併せて、一般的な車中泊やオートキャンプとバンライフはどこが違うのかをご紹介していきます!

リビング用のテント類(シェルター・2ルームテントなど)





冬だったこともあり日中でも寒い場合は風除けが必要かと思い、シェルターを持って行きました。しかし、寒ければ車の中に避難するほうが早く、暖かいので使用せず。

本来、キャンプの最大マストアイテムであるテント。設営→乾燥→撤収(総じて約2時間ほど)の手間がないので、ゆったりのんびりとしたアウトドア時間を過ごすことができました。

スリーピングマットと寝袋



オートキャンプはもちろん、車中泊でも必須アイテムのマットと寝袋ですが、今回のバンライフカーはベッド&掛け布団も完備だったのでこちらも出番はありませんでした。寝具の撤収時間も意外とかかるので、その分の時間も節約!

そのほかコットなど多々使わず…

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}



実際に持参したアイテムの一例がこちら。クーラーボックスやコットなど、念のためキャンプに必要な道具一式を動員したのですがほぼ使わず。

実際に使ったアイテムが上記スライドの2枚目の画像です。その差は歴然ですよね。バンライフカー(今回の使用車はバンコン)ならこれだけの装備で快適に過ごせることが判明しました。

バンライフはキャンピングカーとオートキャンプのいいとこ取り!?



キャンピングカー(キャブコン)ほどの設備はありませんが、一般的な車中泊より快適な空間が広がるバンライフカー。車の外に焚き火料理をテーブルに並べればキャンプ気分も味わえる。

キャンピングカーとオートキャンプをいいとこ取りしたちょうど良いスタイルとして、バンライフは今後ますます注目を集めそうです。



使う道具が少ないということは、設営&撤収がスピーディーになるだけでなく、事前の準備や帰宅後の片付けも楽チンということ。車を乗り替えようと考え中のキャンパーさん! 次の一台はバンライフ仕様のカスタム車にしてみませんか?

その前に、一度試してみたい方は、今回使用したサービス『Carstay』がオススメです。

Carstayの車一覧はこちらから

憧れのバンライフを体験してみた



今回、CAMPHACKの濱松と筆者は、カスタムバンやキャンピングカー専門のカーシェアサービスCarstayの「バンシェア」を利用してバンライフを体験。以下の記事では、バンライフカーを利用して1泊2日のキャンプへ出かけた模様を紹介しています。

The post 車中泊となにが違う?話題のバンライフを体験してみて分かったギアの違い first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

テントサウナを初体験!キッチリ整ってきました【YURIEの“ゆるっと”バンライフ #17】

YURIEさんが行く!おしゃれで気ままなバンライフ

キャンプだけでなくライフスタイルからファッションまで、そのセンスが多くのアウトドアファンから注目されているYURIEさん。愛車のバン「サンシー号」で行くアウトドアライフをつづります!

YURIE

1988年群馬県生まれ。キャンプや旅・アウトドアを楽しみながら、その魅力を「ソトアソビ」というライフスタイルとして発信。グランピング施設のスタイリングや執筆のほか、ファッションや雑貨の商品企画・アウトドアアイテムのプロデュースも手がける。

インスタグラム(@yuriexx67)のフォロワー数は約7万人。愛車のVAN(サンシー号)で日本各地を旅するのが好き。著書に『THE GLAMPING STYLE 〜YURIEの週末ソトアソビ〜』(KADOKAWA)がある。
公式サイト www.yuriexx67.com

キャンパーの新たなホットスポット・茨城へGO

ヤッホー! YURIEのゆるっとバンライフです。本格的に寒くなってきましたね〜。こんな季節は体の芯まで温まりたい! ということで今回は「テントサウナ」に初挑戦しました。

初心者なので不安もありましたが、いざ体験してみるとそんな心配はよそにサウナの虜に。サウナ愛好家(通称:サウナー)が口を揃えて言う「整う」を体験。そしてそのあとのサウナ飯(通称:サ飯)は格別に美味しかったのです。今思い出してもよだれが……。

最近グルメ記事に近づいている感がありますが、それはさておき。ディープなテントサウナ体験を、相変わらずゆるっとお届けしてまいります。それではレッツゴー!

まずは恒例の寄り道から



今回の目的地は山梨県小菅村にある玉川キャンプ村。ですが、その前に定番の寄り道! 「道の駅 こすげ」です。

小菅村は多摩川源流の美味しい水が自慢の山里とのことなので、いてもたってもいられず地ビールを調達しにきました(笑)。



さっそく地ビールを発見。わたしのアンテナは今日も絶好調のようです。小菅村で醸造されているクラフトビール、その名も“源流”。君に決めたっ!

サウナの後のビールはきっと美味しいんだろうなぁ……なんて妄想を膨らませながら目的地へと向かいます。

「道の駅 こすげ」から車で約10分、玉川キャンプ村に到着



川が岩で区切られているので、一段一段が天然のプールのようです。こんな大自然の中でサウナを楽しめるなんて贅沢すぎますね。期待に胸が膨らみます。



サクッと通常の設営を終わらせて、テントサウナの準備を開始します。今回使うのはロシア製テントサウナ「MORZH(モルジュ)」。左がストーブで右がテントです。

車に積んで持ち運べるコンパクトさに相反する超本格仕様。-25℃にも達する厳しいロシアの冬でも楽しめるように設計されているようです。

春〜秋ならあっというまにテント内が120℃まで上がってしまう、“恐ろシア”なテント。120℃って……ちょっぴり怖くなってきたかも。



まぁでも大丈夫だろうと自分に言い聞かせ、着々と準備を進めます。わたしは形から入るタイプなので、ちゃっかりマイサウナハットを準備してきました。

このハットは高熱によって髪が乾燥してパサパサになるのを防いでくれる優れもの。頭皮へのダメージも軽減してくれるようです。あと水分補給も忘れずに! ということでナルゲンボトルを用意しました。



そしてこれです。おにぎりじゃないですよ、サウナストーンのケルケスです! テント内のストーブでこの石を熱し水をかけて熱気を発生させる、ロウリュもやってみます。



テントサウナの設営が完了しました。外にはコールマンのインフィニティーチェアを配置。サウナ後にこの椅子で寝転んで休むと、とても気持ちいいらしいです。

ITEM



コールマン インフィニティチェア
●サイズ:約92×69×110(h)cm
●リクライニング最大時サイズ:約166×69×76(h)cm
●収納時サイズ:約15×69×90(h)cm
●重量:約8.8kg
●座面幅:約46cm
●座面高:約50cm(通常時)
●耐荷重:約100kg
●材質:シート/ポリエステル、フレーム/スチール

<!–

–>

さぁ、サウナウェアに着替えればあとは中に入るだけ!

いざ、サウナにIN



何だか小人みたいな格好になってしまいました。ついにサウナを始めるぞ〜! うお~~! とハイテンションでテントの中に突入します。

ちょっと待てぃ。

大事なことを忘れていたので一旦外に出ます。テンポが悪くてすみません(笑)。



これこれ。源流ビールを源流で冷やします。私としたことが危うく致命的なミスを犯してしまうところでした。気づいて本当によかった。



最重要ミッションを完了したところで、気を取り直してテントの中へ。熱い……汗がじわぁっと出てきます。ここでロウリュをしてみることに。

水をかけるとものすごい熱気が……熱すぎて痛いくらいです(笑)! 約5分経ちましたが、もう限界なので一旦外に出ます。

灼熱からの~川へダイブ!!



くぅ〜。少し小走りで川へダイブし、天然の水風呂でクールダウン。空を見上げて、とてもいい気分。自然と一体化した感じがたまりません。



そしてチェアで休憩。サウナ→川でクールダウン→チェア。これを3セット行いました。3セット終わってチェアで休んでいるとき宙に浮くようなふわふわした感覚になり、私やばいかも!? と焦っていたら先輩サウナーに「それが整うってやつだ」と言われて一安心。

整うってこれか! 新しい感覚です。確かにこれはハマってしまいそう。サウナが流行っている理由が腑に落ちました。

サウナの後はお待ちかねの晩酌スタート



念願の「整う」を経験したところで、本日のテントサウナは終了です。明日もやるから干しておこうっと。すでに明日のサウナが楽しみで仕方がない(笑)。

さぁ整った後のおまちかね、サウナ後のビールとご飯(通称:サ飯)をいただきます。



川の源流でキンキンに冷やした源流ビール。IPAとホワイトと2種類買いました。そして合わせる料理は、こちら!



骨付きリブアイ熟成肉です! 見てください、この肉の塊。サウナでお腹がペコペコなので、全部食べられそう(笑)。



サファイアのように光る赤身肉。一口サイズに切り、いさ実食です。やわらかい、そして口に入れたときにふわっと香るナッツのようなフレーバー。

これは赤ワインと合わせたいところですが、今日の相棒は源流ビール。IPAを合わせました。ホップの香りに、熟成肉の濃厚な味わいが引き立ちます。控えめに言って、最高でした。



お腹がいっぱいになったところで、焚き火タイムです。サウナ後の疲労感が程よいスパイスとなって、いつもよりリラックス。何だか眠くなってきました。明日のサウナに備えて早めの就寝です。おやすみ~。



いかがでしたでしょうか。私はすっかりテントサウナの虜になってしまいました! 大自然の中というのが、たまりません。銭湯にある水風呂はどうしても苦手であまり入ったことがなかったのですが、今回のテントサウナでは目の前の川にすんなり入ることができました。

自然の中にいる開放感のおかげかな? 初めて「整う」という感覚を味わうことができ、大満足のテントサウナデビューになりました。次は本場フィンランドで雪中サウナ、やってみたいぞ〜! ゆるっとバンライフ、フィンランド編。いつになるかわからないけど、お楽しみに。バイバーイ。

YURIEの過去記事一覧はこちら!

The post テントサウナを初体験!キッチリ整ってきました【YURIEの“ゆるっと”バンライフ #17】 first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

天空のキャンプ場でエアズロックステーキと夜景撮影を堪能【写風人の駒ヶ根アウトドアライフ~第3章#17】

アウトドアマン・写風人さんが送る“南信州の森暮らし”

長野県・駒ヶ根市に居を構える写風人さん。アウトドアと密接な日々の暮らしを綴ります。

写風人

1955年生まれ。GRIP SWANYオフィシャルカメラマン。FIRESIDE薪ストーブエッセイ著作家。2019年より南信州に移住し、薪ストーブを中心とした火のある生活を愉しんでいる。Instagramのアカウントは@syahoo_jin

南信州も冬景色

家の周りを鮮やかに彩っていたモミジもすべて落葉し、いよいよ冬の様相になってきました。冬は最も好きな季節です。薪ストーブシーズンというのが一番の理由ですが、標高800mにある我が家から見る冬の星空はどの季節よりも美しく輝きます。

残念なのは、周囲の針葉樹が視界を遮り満点の星空が眺められないこと。ただ、南信州には星空トリップを楽しめるスポットが数多くあります。



そのひとつが陣馬形山キャンプ場。#15でもご紹介した「南信州キャンプセッション」のメンバーであり、長野県中川村が管理する無料の施設です。

今年度はコロナの影響もありキャンプ場は閉鎖されていますが、観光協会の依頼で特別にキャンプシーンを撮影する機会を得ました。

サイトからの眺望は最高!まさに「天空のキャンプ場」



最大の魅力は、天空のキャンプ場と言うべく絶景のロケーション。昨年までは管理人不在・区画なしという状況で連日テントがひしめき合う人気ぶりでしたが、新たにサイトが増え来年度の再開に向けて対策を検討中とのことです。



トイレも新しくなり、とても清潔感があります。ただ汚れた場合は各自が清掃するマナーが大切ですね。



サイトから更に階段を上がると標高1,445mの展望台があり、中央アルプスと伊那谷が眼下に広がります。



雰囲気作りのための即席キャンプサイトではありますが……テントを張ってみるとこんな感じで、中央アルプスがバックグラウンドになります。



この日は夜景を撮影する予定だったので、その前に腹ごしらえとして極厚ステーキを焼いてみました。

そのステーキが、並じゃないんです



キャンプ用塊肉や骨付き肉の販売を立ち上げられた「マウンテンサパークラブ」さんのエアズロックキャンプステーキ。「肉こそ最高のキャンプギア」という謳い文句だけあって、パッケージもかっこいい!

下味をつける用のジップロックやステッカーも嬉しいサービスです。



まさに一枚岩のエアズロックを彷彿させるような肉厚さは、迫力満点。キャンプ飯の画力も格段に上がりますね。



焼いてからしばらくアルミホイルに包んで肉を休ませ、肉汁を閉じ込めます。それから食べやすいサイズに肉を切り、お好みの焼き加減で焼きながら食べます。



ちなみにこのステーキを自宅では、ファイヤーサイドの「ダブルプレイグリル」で焼き上げてみました。グリル面とフラット面、両面使い分けができる1台2役の万能グリルです。



まずはグリル面でしっかり焼き色を付けてアルミホイルで包んで休ませ、一口大に切ってからフラット面で野菜と一緒に焼き上げました。黒毛和牛の上質な脂と柔らかい肉質を存分に楽しめる贅沢な味わいです。

ITEM



ファイヤーサイド LAVA ダブルプレイグリル
●サイズ:W377×D220×H18mm
●重量:4.0kg
●材質:鋳鉄(1コートホーロー仕上げ)

<!–

–>

今回使用させていただいたのは1kgのエアズロックステーキでしたが、他にもソロ用ステーキや骨付きのトマホークステーキなど人数に応じて選べます。

お腹が満たされたら、夜景撮影スタート



話を陣馬形山キャンプ場に戻しましょう。夕陽は中央アルプス側に落ちていきます。標高3,000m級の山脈のため陽が落ちるのは意外と早く、照明器具も早めに用意する必要があります。



キャンプサイトからは飯田方面の夜景がわずかに望めますが、眼下の伊那谷は樹木に遮られてしまいます。



夜景の絶景スポットは展望台。参考までにカメラは「キヤノンEOS-R」、レンズは「フルサイズ14mm」で撮っています。撮影データはISO1600、絞りF2.8、シャッタースピード8秒。三脚を使用してピントはマニュアルフォーカスで固定、シャッターはリモコンで操作しています。

展望台と言っても少々狭いので譲り合って撮影しましょう。陣馬形山キャンプ場をはじめ高台にそびえるキャンプ場を訪れる際は、カメラを携えて夜景撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。

陣馬形山キャンプ場について、詳しくはこちら

写風人の過去の連載記事はこちら

The post 天空のキャンプ場でエアズロックステーキと夜景撮影を堪能【写風人の駒ヶ根アウトドアライフ~第3章#17】 first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK

【ogawa2021年新作まとめ】見逃し厳禁なNEWテント・タープ全7型を一挙見!

ヒット候補の新作続々!2021年春頃発売予定のNEWモデル



日本発の老舗アウトドアブランド『ogawa』より、2021年春頃発売予定の新作テント・タープのラインナップがお披露目されました。

ユーザーからの声に応え、既存人気モデルのT/C版を拡充。さらに伝統の「オーナーロッジ」シリーズには、話題になること必至、フォルムの美しさが際立つ新作も発売を控えています。



また広がる車中泊需要に向けたカーサイドタープも豊作。より使いやすく、充実のサイズ展開で幅広いスタイルをカバーしてくれそうです。それでは気になる新作全7型を見ていきましょう。

【T/Cバージョンが仲間入り】人気の3モデルが、選べる素材展開になった!

続々とヒット作を飛ばすogawa。そんな中ユーザーからの要望も多かった「オーナーロッジ タイプ52R」「タッソ」「アポロン」の既存モデルに、T/Cモデルが追加されました。



T/C(ポリエステルとコットンの混紡繊維)は、通気性・吸湿性に優れたコットンと、強度と耐水性を備えるポリエステルの特徴を兼ね備えたハイブリッド素材。

2021年は、既存のポリエステルモデルと選べる素材展開となっています。

オフホワイトカラーが映える「オーナーロッジ タイプ52R T/C」



格子状の窓枠が印象的な「オーナーロッジ タイプ52R」。ogawaの歴史ある「オーナーロッジ」シリーズの復刻版として、「タイプ52R」が2020年に発売されましたが、早くもT/Cバージョンが仲間入りしました。

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}

既存モデルはインナーテントにのみT/Cを採用していましたが、新作「オーナーロッジ タイプ52R T/C」では、フライシートもT/Cに変更。

通気性・保温性が向上しただけでなく、T/Cならではのオフホワイトカラーが美しく、ナチュラルな見た目の可愛らしさもパワーアップしました。



またフライシートの屋根部分のみ、あえてT/C素材ではなくポリエステル素材(耐水圧1,800mm)にすることで、耐水性にも配慮されています。

「オーナーロッジ タイプ52R T/C」の詳細はこちら

さらに使い方が拡張された「タッソ T/C」

slider image

slider image

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


ポールの高さを調整することで6角形、7角形、8角形とフォルムを変化させることができるバリエーション多彩なモノポールシェルター「タッソ」にも、T/Cモデルが追加。

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


ファスナーの開閉により本体を展開していく機能はそのままに、T/Cを採用したことで室内の快適さがアップ。天井部のベンチレーションや巻き上げ可能なスカートを完備しているので、幕内の温度調節も容易です。

「タッソ T/C」の詳細はこちら

大人気トンネル型2ルームテント「アポロン T/C」



すでに先行発売が始まっている「アポロンT/C」は、素材がT/Cに変更になった以外にも変更点が! 下記記事では、企画・広報の大木さんに話を伺いながら、既存モデルとの違いを詳しくご紹介しています。購入を検討している方は、ご参考にどうぞ。

伝統シリーズの新星「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」がデビュー!



次は、2021年の注目作! 完全新型として登場する「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」を見ていきましょう。ユニークな中抜け構造になっており、そのスタイリッシュなフォルムに目を引かれますね。

テント中央の玄関口から入ると両サイドに居住スペースが広がる、全長520cm×225cmフロアレスシェルター です。

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


使用スタイルの幅もアレンジが効き、左右それぞれのスペースに別売りの専用T/Cインナー(2人用)を吊り下げ可能。



1つ付ければデュオキャンプに丁度いい2ルームテントに。両サイドに付ければ、家族4人で使用できる大型テントとしても機能してくれます。

テント入り口の中央部分の天井高は、最大205cm。メインの動線となる中央の高さがしっかり確保されている上、四隅にサブポールを設置することで圧迫感のない居住空間が広がります。

「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」の後部

さらに「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」には、ユニークな点が。それは、本体後部に張り出し可能なキャノピーが備わっているということ。

通常キャノピーと言えば、テントの入り口に設定されているのが定説。しかし本モデルは、玄関から入り、後部の張り出し部分を自宅の中庭のような感覚で使って欲しいという思いの元デザインされているのだそう。



ロッジ型ながらも個性的な雰囲気漂う「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」。幕体側面はT/Cを使用し、屋根部分にはポリエステルを採用。適材適所な生地の使い分けにより、快適さと安心感を両立させた新生テントです。

「オーナーロッジ ヒュッテレーベン」の詳細はこちら

タープは3モデル追加!カーサイドタープが充実

しっかりと影を落とす「システムタープ ヘキサDX」



美しい曲線を描くogawaのヘキサタープの真髄が、新色サンドベージュカラーで登場。明るい色味ながら、遮光コーティング加工を施した210dポリエステルの生地で日差しをしっかりカットしてくれます。



もちろんogawaの代名詞である機能も健在! テントとタープをスムーズに連結するための「セッティングテープ」が付属しています。いわゆる“小川張り”と呼ばれる設営スタイルが楽しめるというわけです。



セッティングテープは4mもの長さがあるので、大小問わず幅広いテントと連結できますよ。

「システムタープ ヘキサDX」の詳細はこちら

連結・単体使用もできる「カーサイドリビングDX-Ⅱ」



誕生から18年を数え、ロングセラーアイテムとして愛され続けている「カーサイドリビング」が新色のサンドベージュカラーでリニューアル。

どんな車にも合わせやすいナチュラルなカラーとブラックのフレームで、シックなキャンプサイトを演出できます。

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


チェアやテーブル、コットを置いてもまだまだ余裕のある大空間。フラップで開閉可能な大きなメッシュ窓やランタン吊り下げ用のリングなど、キャンパーにとって嬉しい細かい気配りも行き届いています。



別途ポールを2本準備すれば、タープ単体として使用することもできるというギミックも。

ちなみに車とジョイントさせる場合の対応車輌は、車高が170〜200cm程度を推奨。この他詳しい設置内容については、下記詳細ページよりご確認を!

「カーサイドリビングDX-Ⅱ」の詳細はこちら

常に車に忍ばせておきたい!コンパクトサイズの「カーサイドタープAL-Ⅱ」

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


最後にご紹介するのは、よりコンパクトなサイズ感の「カーサイドタープAL-Ⅱ」。落ち着いた印象のダークブラウンカラーの本体に、要望の多かったメッシュ窓を追加し、新たにラインナップされました。



なおこちらのタープはカーサイドだけでなく、車のリアゲートにも装着が可能。荷台から下ろしたアイテムをその場に広げれば、車内と繋がった快適空間を作ることができますよ。

「カーサイドタープAL-Ⅱ」の詳細はこちら

ogawaの新作テント・タープで快適なキャンプを!



2021年ogawaの新作、いかがでしたか? T/C素材のアイテムが追加され、さらに選択の幅が広がりましたね。

もちろんogawaでは、T/C素材ではない従来のテントも引き続き販売する予定。カラーリングの好み、素材感、使用する人数に合わせて、お気に入りのアイテムを探してみてください!

The post 【ogawa2021年新作まとめ】見逃し厳禁なNEWテント・タープ全7型を一挙見! first appeared on CAMP HACK[キャンプハック].
Source: CAMP HACK