野食ハンターって何者!?河川敷で見つけた「雑草」でランチを作ってみた

アイキャッチ・記事中画像撮影:筆者
※記事中で採取している場所は法的に問題のない場所です。私有地などでの採取は固く禁じられていますので、ご確認の上行ってください。

気になる“野食家”に取材敢行!


先日『野食のススメ 東京自給自足生活』(星海社刊)なんて本を見つけてしまいました。野食と書いて「やしょく」……ピクニック的な……?

なんて思いながら本を読んでみると、著者いわく野食とは「野生食材を採って食べること」だそうです。平たく言うと、野にある食べられそうなヤツはとりあえず食べちゃいましょう、ということ。

著者である野食家 茸本朗(たけもと あきら)さん

そんな野食家の茸本朗さんとは、一体どんな人なんでしょう……? あれ? なんだかとってもお茶目な感じ! てっきり筋肉隆々のゴツい感じなのかと思っていました。

それにしても、大きいキノコですね(笑)。「ニオウシメジ」という日本最大の食用キノコだそうですよ。

そんな、日々食材を探し求めて東奔西走している茸本さんに、無理を承知で「野食を食べさせてほしい!」とお願いすると、なんと快諾してもらえたんです!

ついに野食デビューするときがきたか!?

そして、取材という名のおねだりを快諾してくれた茸本さんに、これまた無理を言って自宅まで来ていただいて、野食を振る舞ってもらうことに。

いらっしゃ~い、からの意外な展開

牛島

いらっしゃ~い!

茸本

お邪魔します。本日はよろしくお願いします!

牛島

今日は何をごちそうしていただけるのか、とっても楽しみです。

茸本

じつはですね、メイン食材は持ってきたんですけど、付け合わせを忘れてしまいまして……。今から採りに行きません?

牛島

採りに行く? どこへ? 何を?

茸本

じゃあ、さっそく行きましょう!

牛島

ちょ、ちょっと待って〜! どこへ!?

茸本

河川敷です。まあ、ついてきてください。

牛島

河川敷に食べられるものがあるんですか?

茸本

ハマダイコンっていう、小さい大根みたいな野草があります。

牛島

え!? 大根が採れるの!?

到着した河川敷は、見渡す限り雑草

茸本

着きましたよ!

牛島

着いたって、ただ雑草が広がっているだけじゃないですか。

茸本

いえいえ、よく見ると食べられる野草がたくさん生えているんです。

茸本さん、何かを発見!

茸本

あ、そこにノビル

牛島

え? どこどこ!?

茸本

牛島さんが踏んでいます……。

茸本

これがノビルです。芽ネギみたいでしょ?

牛島

これが食べられるんですか?

茸本

根も食べられるんですけど、ボクは葉が好みで。薬味にしてもいいし、炒めても美味しいです。

牛島

確かに見た目も万能ネギみたいですね。

またまた食べられる野草を発見!

茸本

あ、ここにもギシギシという野草があります!

牛島

こんな大きな葉っぱが食べられるんですか!?

茸本

食べるのは中心にある新芽の部分だけです。クルッと巻いていてジュンサイみたいなところから「オカジュンサイ」とも呼ばれるんですよ。

ついに本命のハマダイコンをゲット!

茸本

ありました! ハマダイコン

牛島

え、そんな普通に大根が!? どこですか?

茸本

牛島さん……踏んでます。

牛島

…………(またか。)

茸本

うぅ〜、これは固い……あっ抜けた!

見た目はまさに大根!

牛島

おぉ〜! 大根そっくりですね! 先程の2種類とは違い、これは食べられそう!

茸本

旬も野菜の大根と一緒で冬なんです。春が近くなると、根の中央が木質化して硬くなってしまうんですよ。

牛島

ではでは、旬のハマダイコンをゲットしたところで、さっそく戻って調理しましょ〜う!

やっと野食ランチの調理開始!

作るのはなんと、キョンのステーキ!

茸本

じゃ〜ん、こちらが今日のメイン食材!

牛島

……なんのお肉ですか?

茸本

キョンのお肉です。

牛島

あの「八丈島のきょん!」のキョンですか!?

茸本

……え?

牛島

昔あった漫画のギャグで……なんでもありません。


キョンは特定外来生物に指定されているシカの仲間で、千葉県や伊豆大島では増えすぎてしまい、駆除の対象になっているのだそうです。

茸本

このお肉も千葉の猟師さんから分けていただいたものなんです。今日はこれをステーキにします。

火を通しすぎると硬くなってしまうので、低温調理でいきましょう!

牛島

いろんなルートから食材が集まってくるんですね。キョンのお肉、どんな味がするんだろう!

興味津々!秘密のスパイスたち

茸本さんオリジナルのキノコ塩(ホンシメジ、ハツタケ、アカモミタケ、ムラサキシメジ)
茸本

隠し味として、キノコエキスたっぷりの自家製キノコ塩を用意してきました!

牛島

キノコ塩? なんですか、それ?

茸本

刻んだキノコを塩漬けにして、エキスを抽出するんです。そして、エキスの出た塩とキノコを煎って水分を飛ばします。

それをさらにすり鉢ですって、食べやすくしたオリジナル調味料です。

牛島

すごい! 香りも干しシイタケみたいですね。これはウマいでしょ!

茸本

ホンシメジ、ハツタケ、アカモミタケ、ムラサキシメジの順に風味が強くなります。

風味が弱い塩は魚向き、強い塩は肉向きなので、キョンのお肉には、アカモミタケにしましょう。

調理の手際もプロ並み!


茸本さんによると、ジビエ料理で注意することは、しっかりと火を通すこと。63°C以上で30分以上加熱すれば食中毒の原因は死滅するそうなので、今回は63°Cで30分、低温調理器で加熱します。

メインを加熱している間に、薬味を作ります


キョンのお肉にあわせるのは、辛みの強いハマダイコンおろし。わざわざ河川敷にとりに行ったくらい、今回の料理に不可欠な薬味です。

ギシギシは灰汁が強いので多めの塩で茹で、5~10分水にさらします。そしてバターでソテーしたあと、包丁で細かくたたいたら完成。

付け合せもあっという間に!


ハマダイコンの葉とノビルは、茹でてからざっくりと切って、オリーブオイルとキノコ塩で味つけ。ステーキの付け合わせにします。

ステーキを焼いたら、いよいよ完成……!


メインのキョンは、ロース肉とモモ肉の2種類。低温調理してから、フライパンでバターソテーにします。味の決め手は、特製のキノコ塩!

待望の野食ランチが完成!

気になるステーキのお味は?


完成したキョンのステーキ! 上の細いのがロースで、下の太いのがモモです。薬味にハマダイコンおろしギシギシのたたき、付け合わせはハマダイコンの葉とノビルのおひたし

牛島

いただきま~す! ん、ウマい! すごく柔らかくて、それでいて身が締まっている独特の食感ですね。

ワイルドな味わいに、ハマダイコンのピリッとした辛みがすごく合います!

茸本

ギシギシのたたきも、お肉によく合いますね。どちらもバターでソテーしたのが正解でした。

牛島

付け合わせもウマい! ハマダイコンの葉のちょっとした苦みと、ノビルの甘さが絶妙で、とってもいい箸休めになります。

茸本

筋肉繊維のきめ細かさと歯切れのいい柔らかさ。たまらないですね~!

ところで、なぜ野食に興味を?

牛島

しかし、普段誰も食べないようなものが、こんなに美味しいだなんて。いつから野食に興味を持ったんですか?

茸本

小学5年生のとき、釣ったハゼを自分でさばいて、母に天ぷらを作ってもらったんです。それがきっかけですかね。

その後、本気で釣ってみようと思って100匹ほど持って帰ったんです。そうしたら母が怒って「自分でやりなさい!」って(笑)。そのとき父が出刃包丁を与えてくれたんです。

牛島

100匹は釣りすぎ(笑)。出刃包丁をくれるお父さんってかっこいいですね!

茸本

もっと言えば、物心ついたときに買ってもらったキノコ図鑑が、野食のきっかけかもしれません。これを読んで食べられる生き物が気になるようになりましたから。

牛島

「三つ子の魂百まで」とは、よく言ったものですね。最後にひとつだけ質問いいですか?

もし野食に興味が湧いた場合、どうしたらいいですか?

牛島

茸本さんと一緒だと、いろんな野食を楽しめますけど、まったく知識がない人が同じことをしたくなった場合、どうすればいいですかね?

茸本

図鑑を正しく使うことです。よく間違いを起こす人は、図鑑の写真だけで判断してしまいます。でも写真だけでなく、そこに書かれている文章もしっかりと読むことが大事なんです。

特徴が10書いてあったら、10すべて満たしているものだけを採る。8でも9でもダメです。そうすれば間違いありませんよ。

「野食」とはアウトドアを楽しむための、ひとつのジャンル

茸本

もし野食に興味があるけど、どうしても自信がない人は、ボクが主催する「野食会」に参加してみてください!

牛島

そんな会があるんですね。行ってみたいな~!

茸本

全国各地で月1回程度開催しています。詳細はボクのブログ「野食ハンマープライス」をチェックしてみてください。

牛島

今日は本当に貴重な体験ができてよかったです。アウトドアの新しい楽しみ方が見えました。ありがとうございます!

茸本

こちらこそ、ありがとうございました!

茸本さんのことをもっと知りたい!という方のために


テレビや雑誌の情報提供や寄稿、ビッグコミックスペリオールで連載中の漫画『僕は君を太らせたい!』の原作、近著には『野食ハンターの七転八倒日記』(平凡社刊)もあるので、ぜひご覧になってみてくださいね!

月間100万PVを超える人気ブログ「野食ハンマープライス」はこちら

ITEM



野食ハンターの七転八倒日記

<!–

–>

ITEM



僕は君を太らせたい!(1)

<!–

–>

ITEM



野食のススメ 東京自給自足生活

<!–

–>

今回の記事を読んで、新しいジャンルのアウトドアアクティビティに挑戦したいと思いましたか?

回答ありがとうございます。

(function(){
var cookieName = ‘send-reaction-5499’;
var getCookie = function (name) {
var value = “; ” + document.cookie;
var parts = value.split(“; ” + name + “=”);
if (parts.length == 2) return parts.pop().split(“;”).shift();
};
var funcSendReaction = function(ans) {
ga(‘send’, ‘event’, ‘yasyoku’, ‘click’, ans);
console.log(ans);
document.cookie = cookieName + ‘=send; max-age=31536000’;
funcDispSendReaction();
};
var funcDispSendReaction = function () {
if(getCookie(cookieName)) {
document.querySelector(“.func-send-reaction-buttons”).style.display =”none”;
document.querySelector(“.func-send-reaction-thanks”).style.display =”block”;
} else {
document.querySelector(“.func-send-reaction-buttons”).style.display =”flex”;
document.querySelector(“.func-send-reaction-thanks”).style.display =”none”;
}
document.querySelector(“.func-send-reaction-button-yes”).addEventListener(“click”, function(){
funcSendReaction(‘yes’);
}, false);
document.querySelector(“.func-send-reaction-button-no”).addEventListener(“click”, function(){
funcSendReaction(‘no’);
}, false);

};

funcDispSendReaction();

})();

Source: CAMP HACK

【ザ・ノース・フェイス】9モデルを一気見せ!今年のヌプシ選びはここで決めちゃおう!

記事中画像撮影:烏頭尾 拓磨

定番のWPモデルは、選べる3サイズ


まずは、いわゆる定番のヌプシブーティーのWP(ウォータープルーフ)タイプからご紹介。アップデートを繰り返しながら、2019年の今季に第6世代を迎えるWPタイプには3種の丈感がラインナップされています。

通常モデルの他、ショートタイプとロングタイプがリリースされ、自身のライフスタイルに合う高さの一足をチョイスできるのは嬉しい限り。

ヌプシブーティーウォータープルーフⅥ

こちらはテックプルーフ防水メンブレンを採用し、軽量で保温性に優れるサーモライト®中綿を入れたスタンダードモデル。ヌプシブーティーといえばコレ! と思い浮かべる人も多いのでは?

そんな安定感ある一足は実績も抜群。今回紹介する9モデルの中でも、選んで間違いのない一つと言えます。

公式オンラインサイトはこちら

ITEM



ノースフェイス ヌプシブーティーウォータープルーフVI
●サイズ:23-29㎝

<!–

–>

ヌプシブーティーウォータープルーフⅥショート

先程のスタンダードモデルよりも2〜3cmほどハイト(丈)が下がったショートブーツ型のヌプシブーティー。雪上はもちろんですが、よりカジュアルに防寒シューズを履きたいという、都会派にオススメの一足です。

公式オンラインサイトはこちら

ITEM



ノースフェイス ヌプシブーティーウォータープルーフVIショート
●サイズ:23-29㎝

<!–

–>

ヌプシブーティーウォータープルーフⅥトール

そして、スタンダードモデルよりも5cmほどハイトが上がったロングブーツ型のヌプシブーティー。アッパーの余白部分にはブランドロゴを大胆にプリントするなど、デザイン面でも他の2足とは一線を画しています。

公式オンラインサイトはこちら

ITEM



ノースフェイス ヌプシブーティーウォータープルーフⅥトール
●サイズ:23-29㎝

<!–

–>

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


全モデル共通で、軽量で保温性に長けるサーモライト®中綿が入っています。またアウトソールには、セラミック粒子が練りこまれ雪上・氷上でのグリップ力を高めたビブラム社のアイストレックを装備。

定番のWPモデルは、今記事で紹介する9モデルの中でもベーシックな見た目ですが、雪国でも十分に活躍するスペックを持ち併せているのです。

キャラクター引き立つ個性派モデルも要注目です!






定番モデルのお次は個性派モデルをご紹介。ダウンを封入したもの、ウールを使ったもの、スニーカーライクに履けるもの。ヌプシは今やデザインのバリエーションも豊富です。

そんなキャラクター性豊かで、個性を表現できる仲間たちをここではピックアップしました。


ヌプシダウンブーティー

より高い保温力を求めるのなら、ダウンを封入したこのモデル一択でしょう。不純物を取り除いた高品質のダウンでヌクヌク。

ダウンならではロフト感がウィンターブーツ然としており、冬の歩みをより軽快にしてくれます。タウンもフィールドも垣根なく履けてしまう、クロスオーバーな一足。


リップストップナイロンとコットンテキスタイルを組み合わせたデザインが、ストリートシーンにもハマります。ソールにはこちらもビブラム社のアイストレックを採用しているので、雪も凍結もなんのその。

公式オンラインサイトはこちら

ITEM



ノースフェイス ヌプシダウンブーティー
●サイズ:23-29㎝

<!–

–>


ヌプシブーティーウールⅤ

見るからにウォーミーなウールファブリックをアッパーに使った一足。撥水加工が施された圧縮ウールのマットな見た目がアーバン感を演出しつつ、季節相応に足元を彩ってくれることでしょう。ショートタイプも展開あり。



メルトンのような圧縮ウールに撥水加工が施されており、悪天候にも対応。ヌクさを絵に描いたようなスタイルが老若男女問わずウケています。

公式オンラインサイトはこちら

ITEM



ノースフェイス ヌプシブーティーウールV
●サイズ:23-29㎝

<!–

–>


ヌプシトラクションライトモックⅣ ¥12500

ヌプシブーティーに見慣れている人ほど「これもヌプシシリーズ!?」と思うかもしれない、ファーストインパクト強めのコチラもれっきとしたヌプシシリーズの一足です。

足首への保温機能は捨て去り、そのかわり他のモデルにはない機動力で勝負。より都会派な人はコレで決まりでしょう。



アウトソールにはドライ&ウエットの両コンディションにグリップ性を発揮する、THE NORTH FACEオリジナルの柔らかなソールを採用しています。

公式オンラインサイトはこちら

ITEM



ノースフェイス ヌプシトラクションライトモックⅣ
●サイズ:23-29㎝

<!–

–>

ヌプシシリーズ史上初のゴアテックスモデルが登場!


意外にもシリーズ初となるゴアテックスモデルが今季登場! 雪国の厳冬期にも対応した新作は、さらにスペックごとに上位モデルと下位モデルをラインナップしています。

デザインで選ぶもよし、スペックで選ぶもよし。新登場で最高峰のゴアテックスモデルは見逃せません!


ヌプシプロゴアテックス ¥28000

ゴアテックスを採用し、防水透湿性を格段に高めたシリーズ最上位となるモデルがこちら。ゴアテックスだけではなく、「エアロゲル」と呼ばれる特殊な素材を繊維に練り込むことで、フットベッドの断熱性をさらに高いものにし、底冷えをシャットアウト。

さらにソールには濡れた氷上でもグリップ力を発揮するという、ビブラム社のアークティックグリップを採用しています。豪雪地帯の厳冬期にも耐えうるスペックを持った至高の一足です。

slider image

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


履き口に雪の侵入を防ぐバックル、足首のところにフィッティングを高めるバックルをそれぞれ装備。マイナス20℃まで硬化しにくいというビブラム社のアークティックグリップを使ったアウトソールは、THE NORTH FACEオリジナルのソールパターンを採用しています。

公式オンラインサイトはこちら

ITEM



ノースフェイス ヌプシプロGORE-TEX
●サイズ:23-29㎝

<!–

–>

ヌプシブーティーゴアテックス ¥22500

そしてこちらは、従来のデザインを踏襲したミニマルなスタイルに、ゴアテックスを採用したニューモデル。ソールにはビブラム社のアイストレックを採用。

豪雪地帯の厳冬期にも十分対応するハイスペックモデルながら、洗練されたデザインは街履きとしても重宝します。

 


耐久性に飛んだリップストップ素材をアッパーに使ったゴアテックスモデルには、アイキャッチな「GORE-TEX」の文字がアッパー上部にプリントされています。

公式オンラインサイトはこちら

ITEM



ノースフェイス ヌプシブーティーGORE-TEX
●サイズ:23-29㎝

<!–

–>

ファッションと機能を突き詰めた番外編!


日本のファッショントレンドにぴったりなアイテムを毎シーズン繰り出すTHE NORTH FACEのパープルレーベル。もちろんヌプシブーティーも、毎年パープルレーベルモデルがリリースされています。

今季は機能素材とヘビーデューティな素材をハイブリッド。完売しちゃう前の早めのチェックが鉄則です。

THE NORTH FACE PURPLE LABEL 「ヌプシブーティーウォータープルーフレザー」 各¥27000

撥水加工が施されたカウレザーと白のグリッドが目を引くナイロン素材「スペクトラ」をコンビ。しっかり機能を持たせつつ、ファッション目線で見てもかなりイケてるデザインにまとめているところ、さすがですね!

slider image

slider image

{“pagination”:”true”,”pagination_type”:”bullets”,”autoplay”:”true”,”autoplay_speed”:”3000″,”direction”:”horizontal”,”auto_stop”:”false”,”speed”:”300″,”animation”:”slide”,”vertical_height”:””,”autoheight”:”false”,”space_between”:”0″,”loop”:”true”}


パープルレーベル謹製を証明するブランドロゴはシンボリックに縫い付けられています。

ボディカラーに合わせてまとめられたソールには、ビブラム社のアイストレックをオリジナルパータンを配備するなど、デザイン性と機能性が高次元で混じり合っている一足です。

今年の一足、どれが気になりましたか?

ゴアテックスモデル、ウォータープルーフシリーズ、ダウン・ウールといったオムニバス、ファッション視点強めの一足。4ジャンルに渡って9足を紹介してきましたが、お眼鏡に叶う一足は見つかりましたか?

最初に述べたとおり、毎年アップデートを繰り返しているため来年も全く同じデザインやスペックのものが登場するとは限りません! 今ここで気になったのがあったのなら、とりあえず実物を見に行くことをオススメします。

しかも足元のヌクさを担保してくれるヌプシブーティーシリーズは、本格的に寒くなり始めると完売が続出! まだまだ在庫厚めのいま時期だからこそ、本格検討してください。

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事

Source: CAMP HACK

【モンベル定番ダウン】VS【ユニクロ新作ダウン】買ったダウンを比べてみた

記事中画像撮影:筆者

ユニクロの新作ダウンジャケットが気になる…



2019年はエンジニアド ガーメンツとのコラボフリースが話題になったユニクロですが、それ以外にも注目の新作ウェアが登場しています! それは、「ウルトラライトダウンボリュームジャケット」(以下、ボリュームジャケット)。

これまでのユニクロのウルトラライトダウンは、薄さや軽さを重視したインナー志向のラインナップでした。それに対してこのボリュームジャケットは、より暖かさを意識したアウター向けな一着!

モンベルのアレにそっくり?



このボリュームジャケットについて、ふと気になったことが一点。それは、筆者が愛用しているモンベル「ライトアルパインダウンジャケット」にそっくりじゃない!? ということ。

上の画像を見てみると、どちらがユニクロのダウンか一瞬分からないですよね。じつはカラーも同じようなオレンジ色が展開され、モンベルのダウン(左)を持っていた筆者は既視感が強かったのです。



見た目は似ているけど、実際に性能はどうなの? モンベルのダウンに比べて、ユニクロのボリュームジャケットがどうなのか比べてみることにしました。

ユニクロのボリュームジャケット、その実力は?



ということで、どういった特徴があるのか詳しくチェックしていきます! 着用しているモデルは身長168cm、体重58kgでXLサイズを着用しています。

従来のULダウンの2.5倍のダウン量



まず気になるのは、どのぐらいの暖かさなのか、というところ。写真を見るとわかる通り、同じユニクロのウルトラライトダウンと比べて、厚みの違いは一目瞭然!

650フィルパワー相当のダウンが、従来の2.5倍とたっぷり封入されています。フワッとしていて、見た目の時点でもう暖かそう!

ちなみにこのフィルパワーとは、わた状のダウンボールのかさ高(密度のようなもの)を表す数値で、数値が大きいほど保温力が高いダウンを使っている、という意味。



重さについてはユニクロでは公表されていません。試しに測ってみたところ、携帯袋込みですが391g

モンベルは平均重量319gと公表されているので、ユニクロの方が若干重め。とは言え、ともに軽量であることは間違いありませんね。



実際に冬のキャンプで着用テスト。日中は7〜10℃ほどあり、暑すぎて汗ばむぐらいで設営中は思わず脱いでしまいました。夜は氷点下でしたが、これ一着で充分耐えられる暖かさ!

パッカブルで携行しやすい



通常のウルトラライトダウンと同様に、コンパクトに収納できる携帯袋が付属しています。アウターの着脱が多いアウトドアでは、収納性が優れているのはありがたいですね。



ちなみにモンベルのダウンにも携帯袋は付属しています。収納時の大きさは、モンベルの方が若干小振り。バックパックに入れて運ぶような状況の時は、モンベルの方が使いやすそう。

アウトドアウェアに劣らぬ撥水性



そして、アウトドアで使う上で気になるのは、撥水性。ダウンは水に濡れると保温力が低下してしまうため、水はしっかりと防いでもらいたいところ。

確かめたくても都合よく雨は降ってくれないので、霧吹きで水を吹きかけてみました。さすがにジャケットそのものは気が引けるので携帯袋にですが……(ジャケットと同じ素材です)。水玉になっているのはしっかり撥水している証拠。



5分ほど放置して拭き取ってみたら、染み込んでいる気配はありません。その点に関してはモンベルも同じで、パッと見だと撥水性能は差が無いように感じました。

機能的な細部の仕様



首元をジッパーで挟んでしまわないように、ジップ上部にはカバーが付いています。男性はジッパーでヒゲを挟むという思わぬ事故の恐れがありますが、これなら安心です。



この点はモンベルも標準装備。どちらもアゴに付くぐらいのハイネックで、ネックウォーマー無しでも首元が暖かそうです。



そしてもう一ヶ所共通しているのが、内ポケット。財布のような貴重品を入れておくのに便利ですね。

驚きの価格設定!



そして忘れてはいけないのが、その価格! 定価で税抜7,990円と、モンベル(税抜14,600円)の約半額。さらに、期間限定プライスで税抜4,990円で販売されているのを見かけてしまいました! ここはさすがのユニクロ、圧倒的なコストパフォーマンスです。

モンベルはこんなところが良い!



ユニクロのボリュームジャケットがとても優秀なのは分かりましたが、モンベルもアウトドア専門メーカーとして負けてはいられません。モンベルのダウンの優れた点もチェック!

こちらは身長172cm、体重68kgのモデルがXLを着用しています。

ダウンのクオリティが高い!



モンベルのアルパインライトダウンジャケットに封入されているダウンは、800フィルパワーの高品質ダウン。ユニクロは650フィルパワー相当でしたから、ここは大きく差が出ました。

しかも一般的なダウンに比べて、モンベルはひとつひとつが大きなダウンボールを使用しているので多くの空気を蓄えることができ、より高い保温力を生み出しています。ダウン自体の品質が高いお陰で、さほど量が無くても、暖かさを保つことができるんですね。



こちらもこれまでに度々キャンプで着ていますが、重量がユニクロより軽い分、着心地はふわっと軽やか。ダウンが詰まってムチっとしているユニクロよりも、動きやすく感じました。

軽い割に中はしっかり熱がこもって暖かく、冷え込む早朝の時間帯でも寒さに震えることなく、心地よく過ごすことができます。

引き裂き強度のある生地を使っている



写真を見ると、モンベルのダウンの表地は、格子状の模様があるのが分かります。この表地はバリスティックナイロンリップストップという生地で、引き裂きに対する強度には定評あり。

木の枝などによるダメージを受けがちなアウトドアで、しっかり活躍してくれます。

ドローコードですきま風をしっかりガード



ポケットの内側にドローコードがあり、ポケットの中から裾を絞って風を防ぐことができます。寒いとき、ポケットに手を入れたまま絞ることができ、手が冷たい思いをしなくて済むので助かりますね。



ポケットのジッパーにも若干の違いがあり、モンベルは開閉しやすいように、ジッパーの引き手にシリコン付きのコードが標準装備。



これがあると手袋をしたままでも開け閉めがしやすく、便利なんですよね。

ポケットと首周りの裏地が暖かい



ユニクロはポケットの中と首周りが表地と同じ素材でしたが、それに対してモンベルは、柔らかなフリース生地になっています。

ツルツルのナイロン生地は触った時にヒヤっとしますが、モンベルは裏地があるお陰で手を入れた瞬間、ホッと落ち着く暖かさ。

さすがのモンベル。ユニクロも侮れない!



やはりアウトドアに特化したブランドのモンベル。単に軽くて暖かいだけでなく、丈夫な生地や裾のドローコード、ポケットの裏地など、細かい配慮が行き届いています。アウトドアを知り尽くしているからこその機能は、実際に使う時に大いに役立ってくれますね。

ただそれでも、ユニクロのダウンは価格を考えるとかなり優秀。これは持っておいて損はない一着!

モンベル「アルパインライトダウンジャケット」についてはこちら
ユニクロ「ウルトラライトダウンボリュームジャケット」についてはこちら

記事を読んで、実際どちらのダウンが気になりましたか?

回答ありがとうございます。

(function(){
var cookieName = ‘send-reaction-5499’;
var getCookie = function (name) {
var value = “; ” + document.cookie;
var parts = value.split(“; ” + name + “=”);
if (parts.length == 2) return parts.pop().split(“;”).shift();
};
var funcSendReaction = function(ans) {
ga(‘send’, ‘event’, ‘montbell‘, ‘click’, ans);
console.log(ans);
document.cookie = cookieName + ‘=send; max-age=31536000’;
funcDispSendReaction();
};
var funcDispSendReaction = function () {
if(getCookie(cookieName)) {
document.querySelector(“.func-send-reaction-buttons”).style.display =”none”;
document.querySelector(“.func-send-reaction-thanks”).style.display =”block”;
} else {
document.querySelector(“.func-send-reaction-buttons”).style.display =”flex”;
document.querySelector(“.func-send-reaction-thanks”).style.display =”none”;
}
document.querySelector(“.func-send-reaction-button-yes”).addEventListener(“click”, function(){
funcSendReaction(‘yes’);
}, false);
document.querySelector(“.func-send-reaction-button-no”).addEventListener(“click”, function(){
funcSendReaction(‘no’);
}, false);

};

funcDispSendReaction();

})();

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事

Source: CAMP HACK

「何コレ、頭いい!」思わず一目惚れしてしまう、4つの今どきブランド〜Part.2〜

アイキャッチ画像出典:Instagram by@deviseworks

アウトドアシーンに旋風を巻き起こす一陣の風!

出典:Instagram by@38explorer

ひとたびキャンプの楽しさにハマると、今度はギアへの飽くなき探究心が高まってくるのがキャンパーという生き物。より自分のスタイルにフィットするギアや、新たな楽しみをもたらすギアに焦がれる気持ちは止められません!

出典:Instagram by@takcruyff14

今回ご紹介するのは、知名度こそ発展途上なれどコアな新進気鋭ブランドの4つのギア。一目惚れ必至のデザイン性&斬新な発想が光るその様は、まさにアウトドアシーンに旋風を巻き起こす一陣の風。

ベテランキャンパーほどその秀逸さを実感せずにはいられない「何コレ、頭いい!」系ギアたち、とくとご覧あれ!

「そうキタか!」思わず唸る“最旬”アイテムたち

クールなルックス&発想力に思わず唸ってしまう“最旬”アイテムたちを早速見ていきましょう!

38explore × assimocrafts「A38grate」

出典:Instagram by@38explorer

男前な軽バンキャンプスタイルと「38パレット」テーブルで有名なキャンパーのミヤザキさん(@38explore)と、コアな焚き火ギアが人気の「assimocrafts(アシモクラフト)」が夢のコラボ!

用途不明でも欲しくなるレベルで男前なこちらのアイテム、一体何なのでしょう?

出典:Instagram by@38explorer

カバー(全3種)を外すと、金属製のロストルにピッタリ組み合わさったウッドテーブルと、おまけのマルチホルダーパーツが出現。

出典:Instagram by@38explorer

このマルチホルダーパーツは、立てれば小型ランタンハンガー、サイドに接続すればシェラカップなどが掛けられるサイドバーに。

ウッドテーブルを水平にずらせば、天板サイズは150mm〜250mm幅まで拡張が可能。そして、ロストルにスライド収納された脚パーツは、HI(207mm)・ LOW(133mm)の2段階に高さ調整もできます。オプションのアタッチメントで三脚にも取り付けできます。

出典:Instagram by@38explorer

HIの状態なら背の高いシングルバーナー、LOWは分離型やCB缶用シングルバーナーなどの五徳に。ドリップスタンドと兼用したり焚き火の上に直接置くも良し! さらに中がパイプ状のロストルには6Φの棒材が入り、さらなるカスタムの可能性が広がるマルチぶり。

出典:Instagram by@38explorer

さて、気になる購入方法ですが、各アウトドアガレージブランド取扱店でのラインナップは来年頃の予定。12月7・8日に名古屋で開催された「FIELDSTYLE  JAMBOREE」など、各アウトドアイベントで手に入るチャンスも。

クールなルックスに隠れた奥深いギミックにミニマム派垂涎もののアイテム、欲しい方は最新情報を要チェックです!

詳しくはこちら

ANCAM(アナキャン)「メタヘキサテ」

出典:Instagram by@ancam.eiji

静岡発ガレージブランドANCAM(アナキャン)は、自動車部品を製作する「小林工業株式会社」より展開されているブランド。得意の金属加工技術が生んだ高品質でニッチなギアが魅力です。

今回ご紹介するのはヘキサフォルム(六角形)のアイアンテーブル。写真右から「メタヘキサテL」「メタヘキサテM-ラック」「メタヘキサテS-ラック」、その他「メタヘキサテL+10cm脚追加」と「メタヘキサテL-脚長」がラインナップされています。

出典:Instagram by@ancam.eiji

もうその形状でピンときた人もいるかもしれません。じつはこちら、The Arth(ざぁ~ッス)の「ヘキ次郎」系テーブルにジャストサイズで、真ん中をピタリと埋めてくれるニッチなテーブルなんです。

真ん中で焚き火をしない時にそのスペースを有効活用する、逆転の発想がニクいアイテム。

出典:Instagram by@ancam.eiji

出典:Instagram by@ancam.eiji

2段のラックタイプなら上部の空間までさらに有効活用。脚長タイプを追加すれば写真の通り、より幅広いレイアウトが楽しめるスグレモノ。

ヘキ次郎愛用キャンパー&六角マニアにぜひおすすめしたいアイテムです。

公式オンラインストアはこちら

DEVISE WORKS×OLD MOUNTAIN「HIJIWARU」

出典:Instagram by@deviseworks

38exploreとのコラボアイテム「38パレット」始め、オリジナルコラボアイテムやレアな品揃えが魅力の横浜のアウトドアショップ、DEVISE WORKS(デバイスワークス)。

今回は「OKAMADON(オカマドン)」など超個性派ギアが人気のブランド・OLD MOUNTAIN(オールドマウンテン)とタッグを組んだ逸品を製作。

出典:Instagram by@deviseworks

その名も「HIJIWARU(ヒジワル)」。ネイティブインディアン調の美しい文様が彫刻された、カーミットチェア専用の肘掛けカスタムパーツです。

見た目に美しいだけでなく、肘掛がワイドになり快適性もUP。

出典:Instagram by@deviseworks

また、サイトインテリアに合わせてオークとウォールナットの2種の素材が選べます。使い込むほどに味わい深い風合いへと変化し、ミツロウやクルミオイルを塗り込んでエイジングを楽しめる一生モノのアイテム。

公式オンラインストアはこちら

Urban Blind Design「ルーメナー2LEDランタン用 シェード」

最後は、洗練デザインとスマートな設計のギアでファンが急増中の、韓国発ガレージブランドUrban Blind Designs(アーバンブラインドデザイン)のアイテム。

美しい木目が目を引くこちらのシェード、やはりただのシェードではありません!

裏返すとこの通り、なんと四角にくり抜かれたスペースにはLEDランタン「ルーメナー2」がジャストフィット!

上部の穴からフックを出せるので、ランタンハンガーにぶら下げて使えます。ルーメナー2の無機質なデザインもクールでカッコいいけれど、ナチュラルインテリアにこだわったサイトにはやっぱり木製シェードが馴染みます。

出典:Instagram by@urban_blind_design_japan

出典:Instagram by@urban_blind_design_japan

その他、「ベアボーンズ ビーコンライト」や「スノーピーク たねほおずき」にフィットするタイプもラインナップされているので、LEDランタンの利便性はそのままにナチュラルなルックスにカスタムしたい人におすすめです。

公式オンラインストアはこちら

感性を刺激するギアで常にキャンプをアップデート!

出典:Instagram by@deviseworks

一目惚れ必至の洗練デザインと斬新な発想が光る“最旬”ブランドのアイテムたち、いかがでしたか? 感性を刺激するギアとの出会いは、キャンプをより楽しくアップデートしてくれます。常に“最旬”ギアのアンテナ感度はMAXに、マンネリなきキャンパーであれ!

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事

Source: CAMP HACK

お座敷スタイルの必需品「リビングシート」は赤ちゃんとのキャンプでも大活躍!

アイキャッチ画像出典:Instagram by @snowpeakstore_swenshimizu

赤ちゃんがいるとキャンプスタイルが変わる

出典:Instagram by @nisidak

赤ちゃんや小さい子供がいると今まで通りのキャンプとは違い、気をつけるべきポイントが増えるもの。そんなファミリーキャンパーにおすすめなのが、お座敷スタイルのキャンプです。

自宅のリビングのように自由に動き回ることができ、チェアから落ちる心配がありません。

出典:Instagram by @naopion
そんなお座敷スタイルで活躍する「リビングシート」をご存知でしょうか? 普通のレジャーシートとは違い、四隅が立ち上がっているのが特徴です。今回はリビングシートがなぜファミリーキャンパーにおすすめなのかをご紹介しますよ!

リビングシートをおすすめしたい3つの理由

①赤ちゃんがシートから飛び出しにくい

出典:Instagram by @snowpeakstore_swenshimizu

リビングシートの特徴である四隅の立ち上りのおかげで、赤ちゃんがシートの外に出て行くのを防いでくれます。ただし壁になるほどの高さはないので、飛び出してしまう子も。出て行きにくいとはいえ、目を離すのは厳禁ですね。

②土や虫が入りにくいので安心

出典:Instagram by @321day_camp

キャンプ場にはアリや毛虫など、地面を這う虫がたくさんいます。中には毒虫もいるので、子供が刺されるのはなんとしても避けたいですよね。そんなときにも、リビングシートが活躍!

虫だけでなく石や砂など、完全に防ぐとはいかないまでも、シート内に入りづらくしてくれます。

子供とのピクニックでも大活躍!

ピクニック

リビングシートは、キャンプだけでなくピクニックでも活躍してくれます。四隅をペグで打ち込めるので、風で飛ばされる心配がありません。

それでは各社から発売されているリビングシートのサイズ感や特徴をチェックしていきましょう!

各メーカーから発売されているリビングシートをチェック!

コールマン「リビングフロアシート/270」

リビングフロアシート/270

出典:Instagram by @camp_debut
こちらはスノーピークのランドロックに、コールマンの270×270cmのシートを組み合わせたパターン。サイドにできた地面のスペースは、クーラーボックスなどを置くのにちょうど良さそうですね。
ITEM



コールマン リビングフロアシート/270
●フロア素材:300Dポリエステルオックス
●使用時サイズ:約270×270×H10cm
●収納時サイズ:約30×45cm
●重量:約1.5kg

<!–

–>

コールマン「リビングフロアシート/320」

リビングフロアシート/320

出典:Instagram by @laugh.laugh.camp

コールマンの320×320cmのシートは、ogawaのツインピルツフォークにぴったり! ゆったりとしたリビングを作りたい方におすすめです。

ITEM



コールマン リビングフロアシート/320
●素材:210Dポリエステルオックス、PVC(コーナー)
●使用時サイズ:約320×320×H10cm
●収納時サイズ:約35×45cm
●重量:約2.1kg

<!–

–>

次は人気のスノーピークのリビングシートから見てみましょう!

スノーピーク「リビングシート」

出典:Instagram by @lccteppei

正方形のコールマンとは違い、スノーピークは160×300cmの長方形。タープとの相性が抜群です。

ITEM



スノーピーク シート リビングシート TM-380
●素材 : 210Dポリエステルオックス・PUコーティング
●使用時サイズ : 160×300×H10cm
●収納時サイズ : 24×44cm
●重量 : 1.1kg

<!–

–>

ogawa「リビングシート ロッジ用」

リビングシートロッジ

出典:Instagram by @junarok

ogawaは310×210cmと、コールマンより少し幅のある長方形のシート。こちらはDODのカマボコテント2と組み合わせています。他のシートに比べて地面に固定する箇所が多いので、ズレる心配がありませんね。

ITEM



小川キャンパル リビングシート ロッジ用
●使用時サイズ:310×210cm
●重量:約3.7kg

<!–

–>

ogawa「リビングシート ティエラ用」

ティエラ

出典:ogawa

先程のロッジ用よりも少し小さい、270×190cmのシート。大型のシェルターと組み合わせて、空いた地面のスペースに収納ボックスなどを置いても良さそうです。

ITEM



小川キャンパル リビングシート ティエラ用
●使用時サイズ:270×190cm
●重量:約3.5kg

<!–

–>

ロゴス「土禁スペース砂よけマット」

出典:Amazon

カラフルなチェック柄が可愛い、180×125cmのシート。今回のラインナップの中では、もっともピクニックで使いやすいサイズ感です。キャンプでは物を置くスペースとしても活躍します。

裏面はアルミ加工が施されており地面からの冷えを防いでくれるほか、座る部分にはクッション素材が使われているので座り心地が良いのが特徴。

ITEM



ロゴス 土禁スペース砂よけマット
●サイズ:(約)幅180×奥行125×高さ7cm
●収納サイズ:(約)直径15*高さ35cm
●重量:約900g
●材質:アクリル、ポリエチレン

<!–

–>

リビングシートでお座敷スタイルを快適に!

子供

出典:Instagram by @narumi884

キャンプは小さなお子さんがいても、安全に過ごせるのが一番大切なこと。お座敷スタイルが簡単に作れるリビングシートがあれば、赤ちゃんがいても安心して過ごせますよ!

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事

Source: CAMP HACK

話題のキャンプドラマ「ひとりキャンプで食って寝る」の劇中使用アイテムをウォッチ!

アイキャッチ画像出典:ひとりキャンプで食って寝る

ドラマ「ひとりキャンプで食って寝る」観てますか?

10月からテレビ東京で放送されているドラマ「ひとりキャンプで食って寝る」。主人公の健人と七子それぞれが思いのままソロキャンプを満喫するシーンが、何とも魅力的なドラマです。

そんなキャンプドラマ、キャンパーとして気になるのは、やはり「どんなギアが使われているのか」。すでに観ながら「あ、あれだ!」とチェックしている方もいるのでは? そこで、現時点で放送が終わっている第8話までの劇中使用ギアをまとめてみました!

簡単なあらすじ紹介も兼ねているので、気になっていたけど観ていないという方もぜひ読んでみてくださいね!

第1話:健人が焚き火料理を作るシーン

ライターを使うはずが、火打石で火をおこすことになった健人。いきなりのブッシュクラフトに汗だくで奮闘する姿は、経験ある方なら「わかる!」と共感できるストーリーでした。その流れで使われていたのが、こちら!

スノーピーク「焚火台・グリルブリッジ」

出典:Amazon

シンプルでスタイリッシュなステンレス製で、しかもタフなスノーピークの「焚き火台」。コンパクトに折りたためて、設営は広げて地面に置くだけですぐに使えます。

劇中のようにグリルブリッジを使えば、焚き火だけでなく焼き物やプレート調理も楽しめますよ。

ITEM



スノーピーク 焚火台 M スターターセット
●サイズ:350×350×248mm(焚火台M)
●収納サイズ:450×515×32mm(焚火台M)
●素材:ステンレス(焚火台M)
●重量:3.5kg(焚火台M)
●セット内容:焚火台M、焚火台ベースプレート、炭床Pro M、焚火台M コンプリート収納ケース

<!–

–>

ちょっと重いですが、その分頑丈に出来てます。デザインも素晴らしく機能性も良いです!長い付き合いになりそうです。

ITEM



スノーピーク 焚火台グリルブリッジM
●サイズ:352×373×150(h)mm
●収納サイズ:352×373×22(h)mm
●重量:1.1kg
●素材:ステンレス

<!–

–>

商品自体がガッチリしており、横へかわしても自立するので気に入っています。

コールマン「ノーススター(ガス)」

劇中で健人が使っていたランタンは、コールマンの「ノーススター」。ガソリンとガスの2種類ありますが、点火もメンテナンスも簡単でビギナーでも使いやすいガスをチョイス。

ドラマではベンチレーターがグリーンのものが使用されていました。

ITEM



コールマン ノーススター
●本体サイズ:約φ14.5×26(h)cm
●重量:約1.3kg
●明るさ:約320CP/200W相当(レギュラーガス使用時)約1543lm(ルーメン)
●燃焼時間:約4-8時間(470g缶 使用時)

<!–

–>

普段、WG仕様のランタンを使用していますが、より手軽で簡単に明かりを灯したい時にやっぱりガスは便利。しかも明るい!

第2話:七子が友達と海辺でキャンプするシーン

友達とデュオキャンプ……のはずが!? 忘れ物やその他ハプニングが起こるなか、あくまでキャンプを前向きに楽しむ七子のポジティブさが痛快だったこの回。使われていたギアをチェックしてみましょう!

ザ・ノース・フェイス「カイジュー4」

出典:instagram by @yuki_kiyr11238

海辺で強風にあおられながらも女子二人で設営していたテントが、こちら。自立式でポールは3本と作りがシンプルなうえ、スリーブとポールが色分けされているため設営も簡単。前室が広めで使いやすいのも魅力です。

ITEM



ザ・ノースフェイス カイジュー4
● サイズ:224×244×173cm
●重量:4.83kg
●素材:キャノピー/68Dポリエステルタフタ、フロア/150Dポリエステルタフタ 1,500mmPUコーティング、フライシート/68Dポリエステルタフタ1,200mmPUコーティング
●収容人数:4名

<!–

–>

コールマン「ファイアープレイス フォールディングチェア」

七子と友人が使っていたお揃いのチェアが、こちら。焚き火の側でも使いやすい難燃性ファブリックで作られたローチェアです。折りたたんでスマートに収納できるうえ、取っ手が付いていて持ち運びにも便利!

ベンチタイプもあるので、ファミリーにもおすすめですよ。

ITEM



コールマン ファイアープレイス フォールディングチェア
●サイズ:約54×55×61(h)cm
●収納時サイズ:約54×9×57(h)cm
●重量:約2.2kg
●素材:シート/ポリエステル、フレーム/アルミニウム、アーム/天然木
●座面幅:約47cm
●座面高:約28cm
●耐荷重:約80kg

<!–

–>

第3話:健人がマッタリ本を読んでいるシーン

家族連れで賑わうエリアに設営したもののしっくり来ず、ひっそりとしたサイトへ移動した健人。穏やかな時間を愛するソロキャンパーの共感を誘うひとコマでした。使われていたギアはというと……

ヘリノックス「チェアワン リアルツリー」

出典:victoria

キャンプチェアの代表格と言えば、言わずと知れたヘリノックスの「チェアワン」。やはり登場していました! 第3話だけではなく、劇中で建人のメインのチェアとして使われています。

軽量で丈夫、かつ組み立ても簡単で座り心地も良いなど、アウトドアチェアに必要なものを全て備えたチェアワン。キャンパーの絶大な支持を集めているアイテムです。

ITEM



ヘリノックス チェアワン リアルツリー
●サイズ:52x50x66cm
●収納時サイズ:35x10x12cm
●重量:890g
●耐荷重 : 145kg

<!–

–>

軽量、コンパクト、とてもいい商品です。リアルツリー柄も、とても気に入っています。 

SOTO「フュージョン」

提供:フィグインク

健人が好物の缶詰料理を作るのに使っていたのが、こちら。カセットコンロと同じCB缶が燃料ながら、コンパクトで手軽に使える便利なストーブ。たった250gの軽さにして高火力で、五徳の安定性も高い人気アイテムです。

ITEM



SOTO フュージョン
●サイズ:410×120×90mm
●収納時サイズ:110×奥行75×高さ90mm
●重量:250g

<!–

–>

驚くほどコンパクトで、届いた箱の小ささにびっくり。火力も十分で、コードが短いかと思ってましたが、ちょうど良い長さでした。

第4話:七子が“ひとり天ぷら”を満喫しているシーン

七子が山へキノコ狩りへ出かけた回。ビール片手にキノコ汁と山菜の天ぷらを作り、できたてを菜箸のまま食べる! そんな臨場感ある食事シーンも、このドラマの大きな見どころです。さて、この回ではこんなギアが使われていましたよ。

テンマクデザイン 焚火タープ 「コットンソロレクタ」

愛用タープはテンマクデザインのソロ用レクタタープ。赤のラインが可愛らしいですね。七子は赤いポールを使っており、女性らしさも伺えました。コットン素材で火の粉に強く、遮光性が高いのもポイントです。

製品の詳細はこちら

イワタニ 「カセットフー スーパー達人スリム」

出典:Amazon

“何でも採ってその場で食べる”が信条の七子は、スムーズに調理できるカセットコンロをチョイス。ここで使われていたのは、イワタニのカセットフーシリーズの中で最も薄型の「スーパー達人スリム」。スタイリッシュで可愛いだけでなく火力も強く、コンパクトで運びやすい実力派です。

ITEM



イワタニ カセットフー スーパー達人スリム
●サイズ:335×275×84mm
●重量:1.3kg
●火力:3.3kw(2,800kcal/h)

<!–

–>

軽くてスリムですが、火力も強く、とても使いやすいです。とても良い買い物ができました。

キャプテンスタッグ「アルミ ロールテーブル」

出典:Amazon

ロースタイルでじっくり料理と食事を楽しむのにちょうどいいサイズの「アルミロールテーブル」。折りたたむと幅も高さも10センチ以下と非常にコンパクトになるので、荷物を軽くしたいソロキャンプにぴったりです!

ITEM



キャプテンスタッグ アルミロールテーブル
●サイズ:400×290×120mm
●収納サイズ:70×60×400mm
●重量:700g
●耐荷重:30kg
●材質:甲板/アルミニウム(表面加工:アルマイト)、脚部/鉄(エポキシ樹脂塗装)

<!–

–>

ソロキャンプやツーリングでも、家庭用品でも何でも使える一品!収納もコンパクトで、軽量。これ持ってて損は無い!お勧め!

第5話:遊びに来た友達と“家キャンプ”するシーン

すっかりキャンプにハマった健人。新しいテントを買うも台風でキャンプは中止に……というわけで、家に張って室内キャンプ。この展開、身に覚えのある方も多いのでは?

そこへ遊びに来た友人とのシーンでは、こんなアイテムが使われていました。

ヘリノックス「テーブルワン ソリッドトップテーブル」

出典:plywood

キャンプにとどまらず、インテリアもアウトドアライクでおしゃれにキメている健人。ヘリノックスのミニテーブルは、アウトドアはもちろん、室内でも使えるおしゃれなアイテム。安定性が高く、使い勝手のいいアイテムです。

ITEM



ヘリノックス テーブルワン  ソリッドトップ ウォールナット
●サイズ:57×40×38cm
●収納時サイズ:43×11×13cm
●耐荷重:50kg

<!–

–>

ヘリノックス「チェアワン アイボリー」

出典:montbell

リアルツリー柄に加えて、再びヘリノックスのチェアワンが登場! カラーバリエーションの多いチェアワンの中でも、アイボリーはインテリアとして馴染みがよく、室内で使いやすいですね。

ITEM



ヘリノックス チェアワン アイボリー
●サイズ:52×50×66cm
●収納サイズ:35×10×12cm
●重量:960g
●耐荷重:145kg

<!–

–>

数年前に同じヂェアワンを購入し、その座り心地の良さを気に入っていました
今回、妻の為に追加購入、ボール部分がしっかりとした印象です
レプリカも多く出回っていますが、やはりヘリノックスは満足度が高いですね

第6話:七子がメジナ釣りの後に味噌汁を作るシーン

回を追うごとにワイルドさを増す七子、今度は釣りに挑戦です。なかなかうまくいかないところ、地元の少年とカニを捕ることに。そしてできたのは、カニの味噌汁! ここで使っていたバーナーと鍋をチェックしてみましょう。

イワタニ 「ジュニアコンパクトバーナー」

出典:Amazon

釣り道具などで荷物が嵩張る時も、これならコンパクトで◎。驚くほど小さくて軽量ですが、ガスカートリッジをつければしっかり安定するので、お鍋での調理も可能。五徳が風防になる、風にも強い設計です!

ITEM



イワタニ ジュニアコンパクトバーナー
●サイズ:155×155×127mm
●収納サイズ:82×68×109mm
●重量:274g
●材質:本体/アルミニウム、 バーナー・ごとく・脚・風防/ステンレス

<!–

–>

バーナー自体は小型ですが、取り付けたボンベのおかげでとても安定感があり、五徳に鍋をのせてもぐらつくことがなくいい感じに使えています。

ユニフレーム「山フライパン」

出典:UNIFLAME

深型で、1つあれば汁物も焼き物もできるフライパン。そのまま食器としても使える、ソロキャンプにもってこいのアイテムですね。別売りで専用の蓋もあり、調理の幅が広がります。

ITEM



ユニフレーム 山フライパン17cm 深型
●収納時サイズ:φ170×65mm
●素材:本体/アルミニウム・フッ素樹脂加工、ハンドル/ステンレス鋼
●重量:205g
●満水容量:1.3L

<!–

–>

フライパンとしてもお鍋としても使えて、とても便利なフライパンです。キャンプですき焼きや寄せ鍋など今まで持っていたフライパンでは出来ない事が出来るようになり重宝しています。 

第7話:健人がキャンプデートに行くシーン

キャンプ好き女子とキャンプデートをすることになった健人。いつものマイペースなソロスタイルとはちょっと勝手が違うキャンプ……。楽しさと戸惑いが入り混じった健人の表情が、印象的な回でした。この回に限らず、健人が荷物の運搬に使っていたカートはこちら!

ホールアース「フォールディングキャリーカート」

テントサイトに荷物を運ぶのに便利な「フォールディングキャリーカート」。カラーバリエーションは2タイプありますが、健人は使っているのはテントやチェアに馴染むアースカラー。レインカバーがついているので、雨が降っても安心です。

ITEM



ホールアース フォールディングキャリーカート
●サイズ:本体/470×880×440mm(ハンドルを含んだ高さ 1060mm)
●タイヤ径:φ210mm
●収納時サイズ:220×430×830mm
●重量:13kg
●耐荷重:100kg
●容量:160リットル

<!–

–>

沢山荷物を載せることができる。でこぼこでも安定して進める。

第8話:ヤマメ釣りで大量のクレソンを天ぷらにするシーン

接待キャンプ中の団体の横でひとり気ままに過ごす七子。採ってきたクレソンを、またも得意の天ぷらに! ファッションもどんどん釣り人化していますが、ここで使われているアイテムは……?

アライテント 「ライペン オニドーム2」

出典:楽天市場

4話以降で七子が使用しているのは、アライテントライペンの「オニドーム2」。山岳メーカーの軽量テントで、フレーム2本のシンプル構造でコンパクト。設営も簡単な使い勝手のいいアイテムです。

ITEM



ライペン アライテント オニドーム2
●サイズ:間口166(最大240)×奥行157(就寝部115)×高さ98cm
●収納時サイズ:31×14φcm
●重量:1480g
●素材:本体/28dnリップストップナイロン、フライ/30dnリップストップナイロンPUコーティング、シート/40dnナイロンタフタPUコーティング、フレーム/NSL9フェザーライト(DAC社製)

<!–

–>

テント内は183㎝の僕でも広々してて最高です

イワタニ 「カセットフー マーベラスⅡ」

撮影:編集部

食べることが最大の目的というだけあって、七子は調理器具をたくさん持っているようですね。取り外し可能なトップカバーとバーナーの周りを取り囲むリングのダブル風防で、風に強い「マーベラスⅡ」。

縦置き可能で取っ手付きと、収納に持ち出しに非常に便利です。

ITEM



イワタニ カセットフー マーベラスII
●サイズ:380×329×324mm
●収納時サイズ:380×329×110mm
●重量:2.8kg
●素材:本体、トップカバー/鋼板(粉体塗装)、トッププレート/鋼板(耐熱塗装)、ごとく/ステンレス、バーナー/鋼板(ニッケルメッキ加工+ステンレス) 器具せんつまみ/耐熱ABS樹脂

<!–

–>

早速屋外で使用しました。火力も安定していて、蓋の部分も風よけになり、使い勝手が良かったです。コンパクトに持ち運びができ、デザインも非常に優れています。

フュアーハンドランタン「ジンク」

出典:DECEMBER

七子がテーブルライトとして使っているのは、こちら。ドイツの職人が作り出す美しいランタンで、20時間以上持続するという燃焼効率の高さと、誰にでも扱えるシンプルな構造が魅力です。

ITEM



フュアーハンドランタン ジンク
●サイズ:15×26cm
●重量:480g
●燃料:灯油
●タンク容量:340ml

<!–

–>

ソロキャンプに使用するために購入。使用しているうちに愛着がわきます。消した時に灯油の臭いがしますが、屋外使用なのでさほど気になりません。雰囲気も出ますし、癒されます。毎回使用するのが楽しみです

その他シーンで使われているアイテムもチェック!

その他公式ギャラリーに載っている以外のシーンで、注目どころのギアもチェックしてみました!

ニーモ「ギャラクシーストーム」

ITEM



ニーモ・イクイップメント ギャラクシーストーム 2P
●サイズ:フロア面積/3.0m2、前室面積/1.0m2 x2、室内高/98cm
●重量:2.38kg
●素材:本体/20Dポリエステル、フライ/68D PeUポリエステル、フロア/75D PeUポリエステル

<!–

–>

何より設営が楽で、いつも思い立ってすぐキャンプに行くスタイルの自分としては、設営のストレスが解消して満足です。ポールも直感的に組み立てができ、またサブポールのおかげで室内も広くなっています。大人2人が座る・寝るには十分な広さ。全体的に品質が高いです。

5話で健人が購入したテント。機能的で美しいデザインが特徴で、初心者でもあっという間に設営でき、居住性も高いテントです。

ミンテージ「ウォータージャグ」

ITEM



ミンテージ ウォータージャグ 10L
●サイズ:φ26×34cm、外周/78cm
●素材:ステンレス

<!–

–>

色々迷うジャグですが、1.ステンレスでないと匂いやカビが出そう。2.見た目がプラスチックはイマイチ3.保温がないと冬外で凍結や夏熱中症が心配で、こちらにしました。2泊3日なら十分です。

劇中で健人が自宅冷蔵庫横に置いて使用していたジャグ。これからの季節なら、保冷に加え保温機能がついたタイプが狙い目です!

ベアーボーンズリビング「ビーコンライト LED」

ITEM



ベア—ボーンズリビング ビーコンライトLED
●サイズ:9.5×12.5cm
●充電時間:4~5時間(リチウムイオン電池内蔵)
●素材:スチール、プラスチック、ゴム

<!–

–>

七子がテントの中で使用していたLEDライト。クラシカルなデザインと、その手軽さで人気のアイテムです。

ナンガ「UDD BAG」

ITEM



ナンガ UDD BAG 380DX
●サイズ:210×80cm(身長178cmまで)
●収納時サイズ:φ13×25cm
●重量:680g
●ダウン量:380g
●素材:15dnナイロンシレ撥水加工

<!–

–>

今まで濡れを気にして化繊を使っていたんですが、撥水ダウンの登場で、気になっていたが、高価なので二の足を踏んでいたが、思い切って購入。容積が減ってやっぱりGood!ちょっとパッキングが楽になった。 

健人使用のシュラフ。いくつかグレードがあるうち、ドラマの中でどれを使用していたかは不明です。もし冬キャンプ用で選ぶなら、保温機能の高い380か450がおすすめです。

サーマレスト アウトドア 「クローズドセルマットレス Zライト ソル」

ITEM



サーマレスト Zライト ソル レギュラー
●サイズ:51×183×2cm
●収納時サイズ:51×13×14cm
●重量:410g
●素材:軽量EVAフォーム

<!–

–>

これまでは、空気を入れるタイプを使用していましたが、こちらのほうが寝心地が良いです!

二人が共通で使用しているマット。コンパクトに折りたためる3シーズン用マットで、表面に蒸着されたアルミが冷気を遮断してくれます。

「ひとりキャンプで食って寝る」絶賛放送中!

「ひとりキャンプで食って寝る」は、毎週金曜日深夜0時52分より絶賛放送中。健人と七子のまったりとしたソロキャンプの様子は「キャンプあるある」や、参考にしたいレシピなど見所満載!

放送も残すところわずかですが、一話完結なので見逃した方も間に合いますよ。是非ともご覧ください!

番組公式ホームページはこちら
番組公式Twitterはこちら

この記事を読んで、ソロキャンプに興味が沸きましたか?

回答ありがとうございます。

(function(){
var cookieName = ‘send-reaction-5499’;
var getCookie = function (name) {
var value = “; ” + document.cookie;
var parts = value.split(“; ” + name + “=”);
if (parts.length == 2) return parts.pop().split(“;”).shift();
};
var funcSendReaction = function(ans) {
ga(‘send’, ‘event’, ‘dorama’, ‘click’, ans);
console.log(ans);
document.cookie = cookieName + ‘=send; max-age=31536000’;
funcDispSendReaction();
};
var funcDispSendReaction = function () {
if(getCookie(cookieName)) {
document.querySelector(“.func-send-reaction-buttons”).style.display =”none”;
document.querySelector(“.func-send-reaction-thanks”).style.display =”block”;
} else {
document.querySelector(“.func-send-reaction-buttons”).style.display =”flex”;
document.querySelector(“.func-send-reaction-thanks”).style.display =”none”;
}
document.querySelector(“.func-send-reaction-button-yes”).addEventListener(“click”, function(){
funcSendReaction(‘yes’);
}, false);
document.querySelector(“.func-send-reaction-button-no”).addEventListener(“click”, function(){
funcSendReaction(‘no’);
}, false);

};

funcDispSendReaction();

})();

Source: CAMP HACK

アウトドアウォッチPRO TREKの「エルネスト」コラボモデルが話題沸騰!【アウトドア通信.522】

アイキャッチ画像出典:PRO TREK

外遊びのタフな相棒!アウトドアで映える腕時計に大本命が登場

出典:PRO TREK

外遊び用の腕時計といえば、Gショックやスントが定番ですよね。だからこそ周りと差をつける1本として注目したいのが、カシオの「PRO TREK(プロトレック)」シリーズの限定モデル。

“実用的なアウトドアギア”として作られているため、フィールド対応のタフな機能性が充実しています。

ELNEST CREATIVE ACTIVITY×PRO TREK PRW-60ECA-1AJR

出典:PRO TREK

さらに今季は井浦新氏がディレクションするブランド「ELNEST CREATIVE ACTIVITY(エルネスト クリエイティブ アクティビティ)」とコラボしたスタイリッシュなモデルも登場。3つの注目ポイントをご紹介します。

デザインが圧倒的にスタイリッシュ

出典:PRO TREK

ミニマルなデザインが魅力のPRW-60をベースに、自然の静寂をイメージしたブラックアウトダイアルを採用。デュラソフトバンドとインデックスリングには、森林をイメージしたフォレストグリーンでナチュラルかつタフな印象がプラスされています。

文字盤のソリッドなブラックやバンドのマットな質感が、アーバンな雰囲気も漂わせているため日常でも愛用できますね。こうしたスタイリッシュなデザインは、エルネストコラボならでは!

オリジナル迷彩のクロスバンドも用意

出典:PRO TREK

交換用クロスバンドもセットになっていますが、こちらはエルネストのオリジナル迷彩柄「BOOKTREE CAMO」を採用。白神山地のブナ林などをイメージしたテキスタイルを、ジャカード織りで表現することで、アクティブだけど落ち着いた雰囲気に仕上げられています。

ちなみにデュラソフトバンドの方は裏面に特殊蓄光素材を採用しているため、暗闇でバンド側面をライン状にうっすらと照らしてくれるギミックも。どちらをメインで使うか迷うくらい、それぞれ異なる魅力に溢れています。

もちろん機能性もぬかりなし

スマートなルックスが注目されがちなコラボモデルですが、もちろんハイスペックな性能も見逃せません。方位、高度・気圧、温度を測定するトリプルセンサーや、-10℃まで対応する耐低温仕様、高い視認性を誇るSTN液晶など、アウトドアシーンで活躍する機能性が満載。

防水性や耐衝撃性にも優れているため、タフに扱っても安心。ダウンサイジングされたコンパクトなサイズ感も使い勝手が抜群です。

外遊び用のタフな腕時計は、日常ではちょっとオーバースペックに見えがちだけど、このコラボモデルなら、そんな心配も無用。むしろデイリーで愛用したくなるデザインに仕上げられています。

出典:PRO TREK

さらに詳しい性能や情報が知りたければ、プロトレックの特設サイトをチェックしてみてください。井浦新氏が出演するプロモーションムービーも要チェックです。

【PRW-60ECA-1AJR】
価格:¥62,000(税抜)
サイズ:H50.5mm×W47.2mm×D13.3mm
重量:69g
プロトレックの特設サイトはこちら

CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

Source: CAMP HACK

ワイルドシングスのロゴが映える!タフなスマホアクセを発見【アウトドア通信.521】

スマホも外遊び仕様に!ワイルドシングス別注アクセに注目

出店:Hamee

デナリジャケットなど、数々の名作プロダクトを世に送り出してきた定番アウトドアブランド「WILD THINGS(ワイルドシングス)」。今季も多くの機能美アイテムがリリースされていますが、今回注目したいのは日常で活躍するスマホのアクセサリー。

スマホグッズを開発する「Hamee(ハミィ)」や、ITアクセサブランド「iFace(アイフェイス)」とのコラボレートで実現したタフなグッズは、アクティブライフのお供に最適ですよ。

サコッシュよりも、コンパクトで機能的「X-PAC IDネックポーチ」

出店:Hamee

スマホだけでなく、カードや小銭もまとめて収納できるコンパクトなポーチ。X-PACを使ったタフな質感と、使い勝手のよいクリアポケットのコンビがアクティブシーンで重宝しそう。

出店:Hamee

本体上部にはループも付いているため、カラビナをセットすれば腰から吊り下げることもできます。スタイルのアクセントにいかがでしょう。

【X-PAC IDネックポーチ】
価格:¥3,500(税抜)
カラー:ブラック、ホワイト、コヨーテ、カモ
詳細はこちら

水に浮く!冬は雪山でも大活躍「DIVAID フローティング防水ケース」

出店:Hamee

定番の防水スマホケースも、ワイルドシングスのロゴを入れてミリタリーカラーで仕上げれば、スタイリッシュな機能美アイテムに。水の中に落としても沈まないためプールや自宅のバスルームでも安心して使えます。

出店:Hamee

そしてこの季節は、雪山に持っていくのもオススメ。ウィンタースポーツに出かける前には、スマートフォンを保護するために装着しておくといいですね。

【DIVAID フローティング防水ケース】
価格:¥3,000(税抜)
カラー:ブラック、リーフ、カモ
詳細はこちら

無骨なケースでスマホをカスタマイズ!iFace「ファーストクラスケース」

出店:Hamee

こちらは抜群のグリップ感を発揮するiPhoneケース。もちろん耐衝撃性もあるため、タフに扱うことも可能です。

出店:Hamee

背面にはワイルドシングスのロゴと共にストラップホールも付いています。自分の好きなストラップを装着してカスタムすると、さらに使い勝手がアップします。

【iFace ファーストクラスケース】
価格:¥4,800(税抜)
カラー:ブラック、リーフ、カモ
対応機種:iPhone XS/X/8/7
詳細はこちら

スタイリッシュなロゴ入りケースも魅力「ハイブリッドケース」

出店:Hamee

「スタイリッシュなケースが欲しい!」という人にはこちら。薄いけどポリカーボネートとTPUの2つの素材で、スマホを衝撃から守ってくれます。しかもワイルドシングスのロゴは、内側からプリントされているため擦れて剥がれることもありません。

出店:Hamee

背面がクリアのモデルは、スマホ本体とケースの間にステッカーや写真を挟んでアクセントにするなど、オリジナリティをプラスすることも可能です。

【ハイブリッドケース】
価格:¥3,800(税抜)
カラー:クリア、カモ
対応機種:iPhone XS/X/8/7/6s/6
詳細はこちら

ミニマムなアクセでもこだわり満載「バンカーリング」

出店:Hamee

最後のアイテムは、愛用者も多いバンカーリング。スマホの背面に貼り付け、指を通して使うことで落下防止になるアクセサリーです。カモフラ柄のモデルはアクセントにもなるし、「ファーストクラスケース」とセットで使うこともできますよ。

出店:Hamee

リングは360度の回転、180度の角度調整できるから好みの角度で使用でき、リングを立てることでスマホスタンドにもなります。

出店:Hamee

さらに、貼り付けタイプの専用ホルダーもセットになっているため、スマホを壁にかけたり、車内にセットして使うこともできます。

【バンカーリング】
価格:¥3,400(税抜)
カラー:ブラック、リーフ、カモ
詳細はこちら

無機質なデザインが多いスマホのアクセも、アウトドアブランドのロゴが入るだけで、アクティブ感が一気に増しますよね。ワイルドシングスのファンはもちろん、外遊び好きならこんなアクセをスマートに取り入れてみては?

Hameeの公式サイトはこちら

CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

Source: CAMP HACK

某国から革新的なギア来航!完全無欠のテーブルシステム、あなたのリビングはこれで完成だ!

記事中画像提供:@hxo_design_jp

近日発売予定という謎のギアの情報を入手



情報通の友人キャンパーから、心躍る噂が。その内容は「2019年の最後に、今までにない新作ギアがリリースされる!」というもの。



噂によると、そのギアは台湾のガレージブランドのもので、まだ日本では流通していないとのこと。ベールに包まれた謎のギアは一体どういったものなんでしょう……?

それでは、これから注目されるであろう注目株の新型をチェックしていきましょう。

組み合わせ自由自在の「モジュラーテーブルシステム」



その正体は、こちら。インテリアデザイナーの蕭勇殿(シャオ・ヨンディン)氏が手がけるブランド「hxo design(エイチエックスオー デザイン)」の、様々な要素が組み合わさったテーブル「モジュラーテーブルシステム」。

軸となるテーブルに、バーナーやランタンスタンドなど必要なものを組み合わせることができる、拡張性に優れた新型テーブルなんです。

hxo designの注目ポイントはココ!



では、気になるこの「モジュラーテーブルシステム」の特徴について見ていきましょう!

ソロから大人数まで対応できるテーブル



システムのメインとなるのは、幅64.5cm×奥行57.5cm×高さ35.5cmの中型サイズのローテーブル。1台だと、ソロからデュオにちょうどいい大きさ。



テーブルはバーナー用のモジュールを挟むことで、何台でも連結可能。同じテーブルを持っていれば、3台、4台と繋げて大人数用宴会テーブルの出来上がり!

一人でしっぽりにも、みんなでワイワイにも対応できちゃいます。

家族揃ってテーブルを囲めるバーナーモジュール



テーブルとテーブルの連結部分には、「ギガパワー・プレートバーナー(別売り)」などの、スノーピークのIGTシステムと互換性のあるバーナーをそのまま載せることが可能。テーブルを囲んで会話を楽しみながら、気軽に料理をすることができます。

ちなみにIGTシステムとは、アイアングリルテーブルの略で、スノーピークのパーツを組み合わせて作るキッチン&リビングシステムのこと。日本で販売されているバーナーを使えるので、安心感があります。

調理しやすくなる便利なスタンド



テーブルに取り付けられるオプションのスタンドは、ショートとロングの2サイズ。スタンドにはランタンなどを吊り下げることができるフックが付属。フックにランタンを吊り下げれば、手元が明るくなり、調理がやりやすくなります。

さらに、スタンドに追加できる調味料用ラックも使えば、使い勝手に優れたキッチンシステムの完成! このパーツは、アイデア次第で色々な使い方ができそうです。

炭火料理も気軽にできる!



こちらはテーブルと連結して炭火料理をするためのオプションパーツ。テーブルのすぐ横で、よりアウトドアらしくステーキや焼き鳥を焼いたりすることが可能に。

ただし、テーブルとの距離が近いと、天板が焦げてしまう可能性があるため「焚き火は推奨しない」とのこと。網ではなくロストルを使っているので、使用後の掃除も簡単! 洗い物を干すためのディッシュラックとしても使えますね。

コンパクトに収納できる



これだけ大掛かりなシステムだと、「収納時に嵩張ってしまうのでは?」と思ってしまいますよね。テーブルは、脚を折り畳めば3.5cmと薄くなり、各オプションパーツたちも、分解して付属の専用ケースに収めることができるんです。



全て収納すれば、一人でまとめて持ち運べるほどコンパクトに。積載・運搬も考慮して、機能性が追求されているのがよく分かります。

とにかくカッコいい、細部までこだわったデザイン



機能性の高さに加えて注目したいのは、まるで高級家具のようなモダンなデザイン! キャンプだけで使うにはもったいない、インテリアとしても映えるクオリティです。

素材の持ち味を活かして作り分けられた各部のパーツは、コンピューター制御の削り出し加工による、寸分の狂いもない精密な仕上げ。サイトの雰囲気を格段に良くしてくれること間違いなし!



この「モジュラーテーブルシステム」の日本での販売を手掛けるのは、こだわりのあるキャンプスタイルと抜群の撮影センスで、多くのフォロワーから支持を集めている@hikw__さん。すでにご自身でも愛用しているという、このシステムの魅力について語ってもらいました。

このテーブルシステムは、デザインと機能の両面で非常に優れていて、一目見て気に入りました。

テーブルやバーナーをはじめとした主要な要素が、使いやすく、美しく統合されています。その上、拡張させられるので、用途や人数に応じて様々なシチュエーションに対応可能。ちょっと専門的ですが、接合部のディティールが非常に丁寧に処理されており、小さな部品の仕上がりからも美学を感じられます。

より機能を向上させるオプションパーツをメーカーと開発していく予定、とのことで今後の拡張性にも期待大!

hxo design「モジュラーテーブルシステム」を買うには?



こちらのモジュラーテーブルシステムは、公式インスタアカウント@hxo_design_jpでオーダー受付予定。テーブルひとつからパーツ単体でも購入できるので、スタイルに合わせて、好みの組み合わせを作ることが可能!

詳しい入手方法やモジュールの使い方、最新情報などを随時更新予定とのことなので、気になった方はフォローして欠かさずチェック!



公式アカウントでのオーダー開始に先立って、横浜にあるお店「TARP to TARP(@tarptotarp)」にて、2019年11月30日から、国内初となるお披露目と先行受注会が開催中! いち早く見てみたい方は、ぜひお店に足を運んでみてはいかがでしょうか。

機能的でカッコいいサイトを作れる万能システム!



よく考えて選んだつもりでも、実際に使ってみたらしっくりこなかった、というのは度々あること。オールインワンのhxo designのモジュラーテーブルシステムなら、見た目でも使い勝手でも失敗しないサイト作りができそうです。

この記事が気にいったあなたに、オススメの3記事

Source: CAMP HACK

尾上製作所から新発売のトランスフォームする焚火用「マルチハンガー」に注目!【アウトドア通信.516】

焚き火の魅力引き出す、変幻するマルチハンガー登場



12月の訪れとともに一気に冬らしい気候になり、本格的な冬キャンプシーズンが到来しましたね。冬キャンプで欠かせないのが、なんといっても焚き火。

そこで今回ご紹介するのが、尾上製作所から新発売となった「マルチハンガー」です。



この「マルチハンガー」は4本の支柱とポール(長×1、短×2)、フック等がセットになったアイテムで、アイデア次第でさまざまな使い方ができるまさに“マルチ”なアイテムなんです。どんな使い方ができるのか、早速見ていきましょう!

支柱1本+短ポール1本の場合



支柱の先端はペグのように尖っているので、地面に打ち込んで使うことができます。そのため支柱1本と短ポール1本でも、このように飯盒やケトルなどをぶらさげるハンガーとして使用可能。ランタンハンガーとしても一役買ってくれそうですね!

支柱2本+長ポール1本の場合



また、支柱2本を地面に打ち込んで長ポールを渡せば、ダッチオーブンなどの重量のある調理器具も吊るすことができます。支柱には上段、中段、下段と3箇所に穴が空いているので、高さの調整も可能。

ハンマーなどで少しずつ支柱を打ち込んでいけば、さらに細かい高さの微調整も簡単にできます。

支柱2本+短ポール2本の場合


支柱2本と短ポールを2本使ったこんなアレンジも。ゴトクとしてはもちろん、焚き火台のグリル化できます。

付属パーツ全部使いの場合



セットのパーツをすべて使うと遊び心をくすぐる焚き火スタイルの完成! 焚き火を活用した調理アイテム一式がこれひとつで完結してしまうのので、料理がますます楽しくなりそうですね。

焚き火をいかに楽しむかがポイントとなる冬キャンプ。マルチに焚き火を活用できる「マルチハンガー」を取り入れてみては? 発売は2020年1月予定です。

【マルチハンガー】
総重量:約5.3kg
価格:オープン
尾上製作所の公式サイトはこちら

「マルチハンガー」も見て触れる!今週末のアウトドアイベント情報



ここからは、尾上製作所も出展予定のアウトドアイベント情報をお届け! 12月7日(土)8日(日)の週末、愛知県と東京で開催される2つのイベントをご紹介します。「実物を確認してから購入したいな」という方は、この貴重な機会をぜひお見逃しなく!

「FIELD STYLE JAMBOREE」@愛知県 AICHI SKY EXPO



中部国際空港から徒歩5分という好立地にある「AICHI SKY EXPO」で開催される中部地区最大の外遊びの祭典。総勢450ものブースが結集し、ショッピング、ワークショップ、アクティビティなど、「遊び」をテーマにした多種多様なコンテンツが広大な会場を埋め尽くします。

イベント詳細

【FIELD STYLE JAMBOREE】
日程:2019年12月7日(土)12:00〜19:00、8日(日) 9:00〜17:00
会場:AICHI SKY EXPO 愛知県国際展示場
住所:〒479-0881 愛知県常滑市セントレア5丁目
入場料:1日券 前売 1,000円(税込)/当日 1,500円(税込)、2日通し券 前売 1,800円(税込)/当日 2,500円(税込)
ローソンチケット Lコード:412540
※小学生以下無料 ペット同伴可
イベント詳細はこちら

「Columbia TAKIBI CLUB」@東京都 若洲公園キャンプ場



東京23区内で焚き火ができる貴重な場所のひとつとして人気の「若洲公園キャンプ場」で開催される、焚き火を中心とした野外イベント。メインコンテンツは、焚き火台に実際に火入れをし使い勝手を体験することができる「試焚火」。

多くの焚き火台が一堂に会し、一部商品はその場で購入することもできるイベントとなっています。その他ワークショップやライブなども充実していますよ。

イベント詳細

【Columbia TAKIBI CLUB】
日程:2019年12月7日(土)11:00〜20:00、8日(日) 10:00〜20:00
会場:若洲公園キャンプ場
住所:〒136-0083 東京都江東区若洲3丁目2-1
入場料:1日券 1,800円(税込)、2日通し券 2,500円(税込)
※中学生以下無料
イベント詳細はこちら

CAMP HACKトップはこちらCAMP HACKトップページではアウトドアアイテム情報も満載! ぜひチェックしてみてください。

Source: CAMP HACK